< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2017年07月26日

お掃除と染め直し

お掃除再開!
今度はAGMのMP44です。

このMP44は、発射機能を無くし、マガジンの中にはタングステンなどを詰め込み、総重量で5270gと、ほぼ実銃重量に近づけた
無可動電動ガンです! ちなみに実銃重量は5220gです♪



マガジンが茶色く変色して埃だらけですが埃は画像だと分かり難い?



埃部分を指で触った所を見れば、その違いは、、、笑!
まっ、ビンテージ風な仕上げなので、若干の埃はいいんですけど、ブルーイングの変色が気になるなぁ、、、



ハンドガードも茶色に変色してる、、、、汗



マガジンとハンドガードはスチール製なのが変色した理由かな?



と言う事で染め直す。



手持ちのいくつかのブルー液で、ダイキャストの本体に近い色に染め直す。



まったく同じ色にはならないけど、まっ、妥協できるレベルに修復。



この手のガスブロは出ないのかなぁ? MP40とかトンプソンとか、今の時代では人気が無いんでしょうね?
M4みたいに着飾る楽しみが無いから? 



お金持ちは無可動実銃、、、庶民は無可動電動ガン、、、これでいいのだ!w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)MP44

2017年07月25日

61式戦車を、、

前回からの続きです。

ずっと続くトイガンの清掃作業ばがりだとストレスが溜まるので、ちと息抜きで、再び61式戦車をイジる。



と言っても、外装をイジるのではなく、、



前回のブログでも書いたと思うけど重量アップするだけ♪



砲身を外して内部に粘土を詰める! たった、それだけで手にした時の感じが大幅に変わる。



ただ、あんまし重くすると足回りとか重量に耐えれずボキッと行く場合があるので適度な重さに♪



金属製のミニカーほどの重さは無いけど、いい感じっす。



息抜き終了!
再び、トイガンの掃除に戻ります、、、、泣  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)戦車

2017年07月24日

P38軍団

再び、清掃活動の再開! (一体、いつまで続くのやら、、、汗)

ワルサーP38軍団、、、これらも一杯、粉塵被害にあってます。



集合写真だと分かり難いよね?



これなら分かる?
グリップ前方のロアレシーバーの二か所が指で埃を拭きとったとこ!w



グリップを日本の指で、さっと、撫でてみたwww



ちゃんと埃を拭きとれば黒いグリップになる。



で、こっちのP38も、、、



拭けば、オリジナルのビンテージ塗装に戻った♪



まぁ、、、塗装の粉塵だけじゃなく、長期、ほったらかしだったので、普通の埃も一杯付着してたんだろうな。



清掃と作動チェックを兼ねてるんだけど、、



このマルゼンのガスブロだけがマガジンNGでした、、とも先生! ガス漏れ患者でぇぇーす!(笑)



マルゼンのマガジンはモレやすいのに、他のは大丈夫でした♪



我が家のマルゼンP38軍団!



マルゼン以外は、マルイのプラモと、WAの固定スライドが2丁と、サウンドガンのおもちゃw
総勢8丁の38軍団! もう、これ以上は増える予定無し♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ワルサーP38

2017年07月23日

Co2のシリンダーGET

先日、中身のパーツを揃えて、完動品のVSRを1丁誕生させて、それに代わる中身の無いVSRも1丁増えた。

不足パーツはインナーバレルやチャンバーとシリンダー等です。



予備ストックに装着して外見を楽しむだけなら、インナーバレルやキャンバーは要らないけど、シリンダーは、やっぱ、欲しいよね。



どうせ買うなら、未経験のCo2ガスシリンダーって言うのを買ってみようかと、、、
ずっと、興味はあったけど、高いし、なかなか勇気がなくて、買えなかった品w



一応、国内規制値仕様のシリンダーで、装着するVSRはチャンバーもインナーバレルも無いので、問題は無いかと判断してGET。
ただ、生ガスを吹き出るようにするには、シリンダー自体の放出量を上げるなどの改造が必要で、そうなると、そのシリンダーを
他のVSRに装着すれば極悪パワー銃になるので自主規制して、規制値内のまま使う事に♪



シリンダーは、放出バルブがCO2カートリッジへ直接接続されるタイプのダイレクトバルブで、大昔、スタスケと呼ばれた構造に似てる?



CO2カートリッジは、マルシン製のものが一杯買い置きしてあるので、それを使用します。



組み立ては、説明図を見て、私でも簡単に出来るレベルでした。



ただ、コッキングレバーが最大でも、ここまでしか後退しない事と、引くのも戻すのも、エアコキと比べて大差なく重い事、、、、
タナカのM700のガスシリンダーなんか、まったく軽いのに、、、、構造の違いなのかな?



空撃ちすると、明らかにシリンダー内での作動音がうるさくなったけど、、ただ、そんだけ!(笑)



コッキングの動きもスムーズじゃないし、後退量の少ないし、音は大きくなったけど、「ガン!」って感じの音でライフルらしくないし、、、
これなら普通のマルイのシリンダーを買えば良かったと後悔!w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年07月22日

61式戦車手直し

前回からの続きです。

砲身の根元のカバーにテッシュを被せて塗装したけど、造形が失敗!



よって、砲身ごと、もぎ取る!




同一メーカーの未組み立てのプラモが、作るのが面倒くさくて、手つかずで残っていたので、中身を見たら、



砲身周りのパーツ自体の組み立ては簡単そうだったので、今回、付け替える事にした。



3分後!(笑)



砲塔と砲身で微妙に色が違うけど、この辺はいくらでも修正できるし、今回は、砲身カバーは、余計な事せずに、そのまま茶色に塗ろっと♪



塗装中!
砲身は濃いめの緑を塗って、後はスポンジやすりで色を落としながら、ウェザリングで色を加えて、砲塔と同じ感じの色にします。



後は、茶色の部分を汚します。



こんなもんかな?



茶色にはフラットベースを混ぜて塗ったんだけど、、なんか、半光沢に、、、
まっ、布と言うよりはビニールのカバーみたいにも見えるので、これでいいかな? と、妥協するw



プラモの箱のイラスト画に近づいた?



車体と砲塔は簡単に外れるので、する事が無くなったら、中に粘土でも入れて重くしようかと、、、



アホみたいに重くすると足回りとか壊れる恐れがあるけど、適度に重量を増せば、メタル製の戦車のような感じになる、、、、はずw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)戦車

2017年07月21日

61式戦車・完成?

前回からの続きです。

それでは、この完成品の61式を自分好みに修正して行きます。
一番、気に入らないのが砲身の根元にあるカバーなんですが、他の金属部分と同じ色だし、布っぽくないので、、



霧吹きで水を掛けて、その上からテッシュを重ねてみた、、、



うーむ、、、どうだろう?



なるようになるさ、、、、



一晩放置して乾燥したテッシュ、、、、
なんか、イメージと違うど、、、でも、色塗れば、なんとかなるかと、、、



色塗った!
ついでに各部にウェザリング追加して、艶消しクリアーを塗ったばかりの状態!



クリアー乾燥♪



砲身のカバー、、、、
シワの感じがデタラメで、なんかドロッとした感じに見える、、剥がそうと思ったけど塗料でくっついて剥がせないので、、まっ、、いいか?



車体には、白だ、茶色だ、黒などのパステル粉を擦りつけてみた。



一応、、怪獣と戦った後をイメージしてみた(笑)



やっぱ、これくらい汚れてた方が好みです。



元がしっかりと作られているので汚し甲斐があります。



こんだけ汚しても、、、



遠目から見ると、一見綺麗な車体に見えてしまうのは私だけでしょうか?



以前は、こうした35/1サイズや48/1サイズの戦車で遊んでいたけど、その後、16/1サイズのラジコン戦車に移行したせいで、
小さいと汚しても目立たないし迫力不足を感じます、、、と言っても、16/1サイズは、もう、どこにも置き場が無いので増やせません、、、泣



まっ、これで絶対に欲しかった61式は手に入ったので、もう戦車遊びは終了かと思います。



ただ、砲身カバーは失敗したので、、、まだ組み立てていない61式のプラモで砲身周りだけ作って付け替えようかとも思います、、、、



たぶん、思うだけで、やらないと思いますけど、、、だって、面倒くさいやんかw



まっ、気分次第ってとこで♪



つか、、、最近、ラジコン戦車も全然動かしていないど、、、、汗



16/1サイズの61式戦車って無いのかな?



まっ、画像で見る分には、35/1も16/1も違いは無いけど、現実には、天と地くらいの差があるんだよねぇ、、、



つか、、16/1は置き場が絶対に無いじゃん、、オレ!(汗)



10式戦車が性能的に素晴らしいのは分かるけど、でも、自衛隊の戦車と言えば61式がいいです。
えっ、、もし、乗って戦うなら? そりゃ、10式の方がいいに決まってるw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)戦車

2017年07月20日

61式戦車をGET

国産の戦車で一番好きなのは61式です。
だって、怪獣映画を観て、一番最初に興味を持った国産戦車がこれだったのでw

以前、プラモの完成品戦車を購入して、自分の手でウェザリングを追加して遊んでいた頃、中々、安値の61式の完成品がなくて、
結局、未組み立てのプラモを購入したままだった。



当時、箱を開けて中身を見たら、誰がこんな面倒くさいの組み立てるの? 見なかった事にしようと、蓋を閉じて押し家に放り込んでたw



で、やっと、ヤフオクで5000円ちょっとの完成品が出ていて無事に落札できた。
製品は、後ろの箱にあるのと同じ、ファインモールド製の61式戦車です。 これで組み立てずに済んだ、、、、笑!



念願の61式戦車到来!



ガキの頃、このT字バレルが超カッコよく思えた♪



落札金額は5250円だったかな? 一応、前オーナーさんがウェザリングされています。



細かな塗り分けはされているみたい。



テールもいい感じですね。



今までも一杯戦車の完成品を落札して来たけど、、ウェザリングって、皆さん、少なめな感じのが多いような?



こうしたアップ画像で見れば確かに汚されているけど、遠くからパッと見た時には、細かくて分からんw



まっ、老眼&近視&乱視の私の目のせいでもあるけど、、



よって、ひと通り鑑賞させて頂いたら、自分好みに汚したいかと♪



つか、本来の汚れはこれくらいが妥当なんだろうね、、、



私の場合は汚し過ぎるので、今回は、ちょっとだけ手を加える事にしようかと。



1/35サイズの戦車、、、面倒くさい組み立てを本当に有難う御座います! 最後の一番楽しいとこだけ頂きますw



これが、ドイツ軍やアメリカ軍の戦車なら、弾痕とか入れて遊べるけど、自衛隊の戦車だと実戦経験無いと思うので弾痕はおかしいよね?



てか、イメージは東宝の怪獣映画だし、、、笑



そして、戦車と言えば日の丸ですね、、、昭和世代には♪



なんちゃって自衛隊仕様と並べて記念撮影!



ねっ! こうして各部アップではなく全体像だと汚れ目立たなくて綺麗じゃん?
もうちょっと、デフォルメしたいと思う。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)戦車

2017年07月19日

WAのアマゾンSHOP?

前回からの続きです。

WAのめっきガバに真っ黒なマガジンは似合わないと、、、



アマゾンで鉄バンパー シルバー〈WA-GM5〉と言うマガジンを購入したんですけど、購入元がWAネットショップ [ウエスタン アームズ] と、
表示されていて、WAって、アマゾンでも直販してるのかと調べたら、目黒区にある株式会社ダブリュー・エーってとこだった?
渋谷のWAの子会社???  謎だ!




まっ、ややこしい話は忘れて、早速、マガジンを交換!



あんまし、気にした事がなかったけど、マガジンも時代の変化と共に新型になっているのね? 形状とか違うし、
最初、別物かと思って焦ったけど、普通に本体に差し込めばブローバックするし、使えれば何でもいい♪



マガジンのスプリングは側面から見えるのか前面から見えるのか、、どっちでもいいです、、、つか、BB弾を入れる事は無いのでw



その他、きっと違いがあるんだろうけど、、私には、ガスが入ってブローバックすれば良いだけで、、、笑



欲を言えば、クロームメッキのマガジンがあればいいのにね。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)M1911系

2017年07月18日

悲惨なファイブ-7


マルシンのCo2ガスガンのファイブ・セブンも粉塵被害で悲惨な状態に、、、、泣!



お気に入りのガスガンだったのに、、、汗



でも、汚れていただけなので、綺麗に清掃して、全体にシリコンオイルを塗ってしまいテカテカに、、、笑



見た目のデザインは好き嫌いがはっきりと分かれるタイプで、私は好きではないと思うけど、
でも、Co2のブローバックが、そんな事を吹き消すくらい魅力的な1丁です。



国内でのCo2ガスブローバックは、もう出ないのでしょうか? 国際的にはCo2ガスなのに、、、変な国、日本、、、、、泣  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ファイブセブンCo2

2017年07月17日

WAの銀めっきガバ

前回からの続きです。

小汚いプロテックガバの対極に位置するWAの銀メッキガバ!



めっきモデルのガバは希少です!



金属小物パーツ類も全部めっきされてます♪



ブツブツと荒れがあったり、ヒケがあったりはするけど、我慢できるレベルかと?



最近のWAは、塗ったり染めたりと色々なトライをしているけど、めっきモデルは今は販売してるのかなぁ?



ヒケに関しては、マルシンを比べたら無いに等しいw



ABS素材なので軽くなるから木目風のメタルグリップを付けてます。
こんなグリップを作るWAには、トイガンで重要な「重さ」に対しての拘りが見えるので好きなメーカーでしたw



久しぶりにガスを入れてみようとマガジンを出したら、真っ黒マガジンだった!
これは、やっぱ、銀色マガジンの方がいいよね、、、汗!



ガスブロは絶好調! 本当に、この季節のガスブロは楽しい♪



綺麗なガバと汚いガバで交互に遊んでいます。



つか、、、銀マガジン買うかな、、、、  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)M1911系