< 2017年02月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
過去記事
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年02月24日

VSRレッド完成

前回からの続きです。

VSR軍団の最後の仕上げは、このレッド君ですが、



この子は革製のスリングを付けただけで終了!  重量UPさせた前回のウッド君より手抜き作業!!(笑)



それも、新品のスリングではなく、このタナカに付いていたのを強奪して移植しただけ!



装備は、そんなもんですが、後は、ひたすら磨いた!!
ラップ塗装で仕上げた2丁の中では、ダントツに、この赤ストックの方が艶がある! 多分、下塗り成分の違いだと思うけど。。



赤クリアーの下に塗った銀メタリックのせいか、茶色く見えたり赤く見えたり、デジカメのオート撮影だと、中々、実際の色が撮影できない。
まっ、とにかく、ラップ塗装としては定番の色艶って感じです♪



革製のスリングは本当は黒い方が似合ったかも知れませんが、、まっ、、これはこれでいいかなと?



このレッド君のイメージは、テカテカなストックに銀メッキの本体、そして、革スリングと来れば、、、そう! 成金バブルなイメージです♪



ラップ塗装で仕上げた2丁、それぞれ、まったく個性の違う感じに仕上げたつもり♪
butchさんが表現されたセクシーなライフル達!



うん、確かに、セクシーだ!! エロいでしょ?



今回、チャレンジしたラップ塗装は、乾燥時間や研磨に凄く時間が掛かるけど、面白いですね! 模様付け自体は難しくないし♪
やり方を忘れないうちに、もっと何かを塗りたい気もするけど、、部屋中、粉塵だらけになるのが悩みどころです。
ハンドガンくらいなら、まだ塗装出来るスペースあるけど、ストックを塗るスペースはキツいっす、、、でも、また、やりたいかな?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(1)新次元VSR系

2017年02月23日

VSRウッド完成

前回からの続きです。

木ストックのVSRウッド君には、前回のイエロー君と同様にバイポッドを付けます、、つか、このパイボットはマルイ製じゃないヤツですけど。



で、完成!  銀色スコープがワンポイントのウッド君!



でも、これだけじゃ、面白くないよね? 
全てのVSRに対して言える事ですが、世間では長所となるのでしょうが、我が家では短所扱いになるとこが、、、



重さです!
スコープやパイボットが付いて約3kgですが、VSRはM700を模造しているので、そのM700の実銃だと付属品無しの状態で2.9kg前後。
タナカのカート式M700が2.78kgで実銃に近いけど、VSRのリアルショックは付属品がないと約2kgだったと思う。。。



実際にゲームとかで持って撃つにはVSRの重さは最高だと思うんですけど、、お座敷鑑賞派としては、ちと軽いのです、、、汗!
だからと言って、実銃重量に拘り過ぎると、装備品を装着した時に、重くて触るのが嫌になるのが我が家には何丁もある(笑)



と言う事で、少しだけ重くしようかと、、、アウターバレルからインナーバレルを抜き取ります。



そして、厚さ1.5mmの鉛をインナーに巻き付けます。



いくつかのブロックに分けてインナーに差し込み、



アウター内部のバレルスペーサーとマズルキャップの間に収まるように調整します。



そして各鉛をテープで連結させて、内部でガタガタと音が出ないようにした。



これで、約400gの増量となりました! フロント側に重みが加わったので体感的には、もっと重くなったように感じます。
このウッド君は、見た目ではバイボッドが付いてるだけですが、見えない所で、他のVSRとの違いを地味にアピールしました(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)新次元VSR系

2017年02月22日

VSRイエロー完成

前回からの続きです。
つか、まだ続くのか、、VSR!!  時間掛かってるのよ、この子達! でも、あと二日で終わるかな?

とりあえず、形になった3種類のストックを装着したVSRを1丁1丁、最終的に装備品を付けて完成させて行きます♪



黄色いストック君をイエローと命名して、木ストックはウッドと名付けた、、、笑!
最終形態に向けて仕上げて行きます。



まずは、イエローにバイポッドを付けて、



様子見、、、、笑!



どのVSRにどのパーツを付けるか意外と悩みます。。



全てのVSRを並べて、どうするか考えてたら、重要な事を忘れていた事に気づいた!



このイエローはガンサウンド仕様だったけど、まだ、送信機をストックの中に入れていなかった!
で、組み込んでサウンドテストして無事に音は鳴った♪



そして、思った! このイエローには、この長くてデカいスコープは似合わないと!



手前にあるのが、我が家のライフルブームの火付け役? タナカのカート式M700! 一番のお気に入りライフル!
長いスコープはこのタナカに移植して、タナカに付いているのをイエローに付け替えようと思います。



うん! 真っ黒でシンプルなタナカにデカいスコープは似合います、、、てか、似合う似合わないは人それぞれですけどね、、、汗!



ほんで、ある意味、普通サイズのスコープをイエローに装着。



そして、ちょっと寂しいので、、、



ストックホルダーを装備♪



うし! 段々イメージが出来上がって来た!



フロントサイトを両面テープで取り付けて、、



スコープにはバトラーキャップを付ける。



雰囲気が出て来た♪



で、スイベルだっけ? ヒモを付けて、、、



うーん、なんか、足りない、、



で、小さなレーザーサイトでも付けた(笑)



これでイエローは完成です。
次は木ストックだな。。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)新次元VSR系

2017年02月21日

我が家のVSR軍団

前回からの続きです。

レシーバーとバレル、そしてスコープを丸ごと木ストックに移植しました!



渋い感じのVSRになりました♪



つか、スコープ長いなぁぁ! 我が家のスコープの中で一番長いかも?



後で、スコープの付け替えしよっかな?



木ストックも、まっ、良い感じかな?



このスコープが付いて12000円なら安いよね?



そして揃いました! 我が家のVSR軍団!! 黒ストックと黄色ストックがガンサウンド仕様で残りは普通のVSR♪
どれも、1発もBB弾を装填した事の無いお座敷ライフル!(笑)



で、木ストックに付けたスコープは、、



黄色ストックのスコープと交換。



ちなみに、今回手に入れた中古のVSRのマズルキャップは専用レンチで簡単に取り外せたけど、サイレンサーを付ける予定は無し。
つか、個体差なんだろうけど、以前に断念した黄色ストックのマズルキャップに再度トライしたけど、ビクとも動かない!
これってある意味で不良品です! ネジロックじゃなく瞬間接着剤で貼りつけているみたいで、マルイでも外せないだろう、、、笑!
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)新次元VSR系

2017年02月20日

VSR4丁め!(笑)

前回からの続きです。

3本のVSR用のストックが仕上がり、木ストックだけ組み合わせる中身が無い! レシーバーやバレルを単品で買い揃えると
新品で丸ごと買うより高くなるし、又、新品を買ってしまうと、スコープやマウントやら余計な出費も増えるので、、、、、



スコープの付いた中古のVSRをヤフオクで買っただよ。



ストックが迷彩色にカスタムペイントされているけど、部分的に塗装が剥げている代わりに、スコープが付いて12000円の品でした。



どうせ、ストックは要らないし、また、人様のペイントを見るのも勉強になるし、ヒマなら再ペイントしちゃうし、
でも、そうなると、又、本体欲しくなる? 無限地獄に陥りそう、、、、汗!



で、塗装剥げは、結構目立ちますね。



元々はマルイの茶色のストックにいくつかの塗料で上塗りしたみたい。



まっ、迷彩塗装だから、こうした剥げもある意味でリアルなんだけど、、まっ、、我が家では要らないかな?
手直ししたり塗り替えたりしたら、また、本体を購入しちゃいそうなので、、、笑!



スコープに関しては、でかい、と言うか長くて、これは使えるかと。。
では、早速、木ストックに付け替えるとしますね♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)新次元VSR系

2017年02月19日

3本目のストック研磨

前回からの続きです。

二液ウレタンクリアーの研磨、ラストの木ストックです。
元々はウレタンニスで鏡面に仕上げた物でしたが、一液ウレタンでは硬度が弱いので二液で上塗りしました。



いつものようにペーパーで削り、この後にコンパウンド磨きです。



で、終了!(笑)



光沢自体は、ニスで仕上げた時と大差無いですし、手触りも同じでツルツル、、違うのは硬度だけ。
長物はハンドガンより重いので、床やラックに置いていても、その自重で、エッジ部分の塗装が剥げたりするので硬度は重要です。



元々、鏡面まで仕上げていたので、3本のストックの中では一番平面が綺麗です。
つか、他の2本はラップ塗装の模様のせいで、研磨しててもデコボコが分かり難く、光の加減では結構ボコボコが見えました。



ただ、反面、ケバいストックを2本続けて作業した後だと、この、何にも無い木ストックが地味に見えて、、つか、木目も目立たないし、
苦労したワリには、つまんないストックだなぁーと思ってしまう。



まっ、地味だけど、表面の反射は、こんな感じで物が写ります♪



うし、これで、このストックの研磨も終了!



どれも、一応、満足できる出来??



問題は、木ストックに組み込む中身が無い事、、、、、、汗!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)新次元VSR系

2017年02月18日

2本目のストック研磨

前回からの続きです。

1本目がほぼ終わったので、次は、この赤いストックを研磨して仕上げて行きます♪
塗り立ての綺麗なウレタンとも、これでお別れです、、、笑!



作業手順は、1本目のストックと同じで、まずは、ペーパー掛け!



で、後は、コンパウンドで磨いて完成!
ウレタンクリアーの研磨は、塗りっ放しの面を整えるのが目的で、磨いても光沢自体は、最初の状態に戻るくらいって感じです。



光沢は大差無くても、手触りは、本当にツルツルで滑って落としそうです。



てか、毎晩毎晩の研磨作業で、、腕の筋肉痛が、、年寄りにはシンドイ、、、、笑!



まっ、こんな感じでいいかな? 光沢は、最初に仕上げた黄ストックより、圧倒的に、こっちの方が光ってる。
多分、下地がラップ塗装でポピュラーな銀メタやカラークリアーを使ったせいかな? 黄ストックは下地がウレタンニスだったもんね(笑)



シルバーのレシーバーと仮付けします。



この赤味の強いストックには、このシルバーとの組み合わせが一番かと♪



ラップ仕上げの2丁のVSR!
写真はヘタクソで光沢の違いとか分からないけど、でも、どっちにも薄っすらと景色が映ってるのは分かるかと♪



初めてのラップ塗装に、初めての二液ウレタンスプレーでのストック塗りでしたが、、初めてにしては良く出来たと自分を褒めます(笑)



絶対にやらないと思うけど、デトニクスやエンフィールドの外装をラップ塗装したい気が、、、、や、、やらないぞ、、絶対に、、、笑!



とりあえず、2丁のVSRは、ここに仮置きして、残るは3本目の木ストックの研磨かぁ、、、右腕、壊れそう、、、泣。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)新次元VSR系

2017年02月17日

1本目の続き

前回からの続きです。

結局、このストックは何時間磨いていたのだろう? 翌日は右手が筋肉痛でした!



それなのに、再び、毎晩シコシコが始まって、やっと満足行くレベルになった時には、筋肉痛倍増&指先水膨れ状態、、、、笑!



写真では絶対に分からないと思うけど、前回のブログよりは綺麗になっているのだよ、、、筋肉痛と水膨れの分だけ、、、、笑!



こうなると、本体と組み上げたい気持ちが勝り、、仮組みですが、黒いレシーバーと合体させました!



このストックには、この黒いレシーバーで決定です!



と言う事は、このレシーバーのトリガー部分にはガンサウンドのスイッチが付いているので、必然的にガンサウンド仕様になります。



まっ、ストックの中に送信機を入れるのは最後の最後ですけどね♪



この見た目でガンサウンド? 目立つだろうなぁ、、、ゲームすれば? つか、やらないけど、、、、笑!
そんな先の事を夢見るより、まだ残り2本のストック研磨を片付けるのが先決か?、、、、筋肉痛の水膨れなのに、、、泣。。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)新次元VSR系

2017年02月16日

1本目のストック研磨

前回からの続きです。

二液ウレタンクリアーを塗った3本のストック! 塗りっ放しの状態は非常に光沢がありますが、、、



近くで見れば、部分的にブツブツがあったり、液ダレもあったり、光沢のムラがあったり、更に、手触りもザラザラしており、
とても、完成って言うレベルとは言えず、最終的に、この塗装被膜を研磨して手触りをツルツルして、凸凹を整えて完成かと?



約一週間経過して完全硬化したと思えるウレタンクリアーの皮膜を、スポンジやすりと1500番と2000番のペーパーで均していきます。



せっかく、パッと見には綺麗だったウレタン表面が白く濁っていきます、、、、泣!



こんなになってしもうた、、、、、笑!



で、各種コンパウンドで磨き上げます! 使うコンパウンドはホルツの3本セット、次にホルツの超極細、最後が、今回買ったハセガワで♪
研磨する布は、それぞれのコンパウンド用にタオルを切って用意し、コンパウンドが混ざるのを予防します♪



そして、小一時間くらい磨きました。
艶が出るのは、ホルツの液体コンパウンドの超極細からです。 チューブ入りの3本では光沢は出ません。



磨き終えた光沢は、ウレタンを塗ったばかりの時と比べて大差は無いと思いますが、手触りは別物でツルツルです。



研磨して白っぽかった時には見えなかった、窪みやユズ肌も部分的に残っていますが、まっ、気にならないレベルですのでOKかと♪



今回、イサムのエアーウレタンのスプレー1本で3本のストックを塗ったワケですが、研磨したので、クリアーの皮膜が若干薄くなったような?
最終的に研磨する事を考慮して、次回からは、もう少し厚塗りした方が良いかも? (つか、次回はあるのか? 汗ww)



まずは、左側面を磨き終えて、大体のイメージが掴めたので、次は、底面部分をペーパーで研磨して、



反対側の側面も同じくペーパー掛けをしました。



後は、ひたすら、左側面の時と同様にコンパンドで磨くだけ!



磨く時の注意点は、白い布に絶対に下地の色が着色しない事! もし、色が付いたら、クリアー層を削り落とした事になるので。
特に、エッジ部分は気を付けないとね♪



大体の光沢は蘇って来ました! 後は、気に入るまでハセガワのコンパウンドで磨いて、最後に機械でバフ掛けすればいいのかな?



まだ、残り2本のストックが待機してるし、腕が疲れたので、このストックは、ここで一時中断して身体を休めます。



イサムの二液ウレタンスプレーは、さすが、あじゃさんお勧めで塗りやすいっす! クセになりそうだけど、
ハンドガンだと塗るのを10丁くらい用意しないと、使い切りの缶スプレーが勿体ないよね?  (貧乏人、、、汗www)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)新次元VSR系

2017年02月15日

コンパウンド実験

前回からの続きです。

二液ウレタンが完全硬化するのを待っている間に、硬化後に使うであろうコンパウンド達を、ヒマだから調べた。 



我が家で一番多用しているのが、このホルツの3本セット! 



だって、粗目、細目、極細目と、馬鹿でも(私でも)分かるように書いてあるので(笑)
今回、NETで調べてみたら、このコンパウンドセットの研磨粒子は、5ミクロン、2ミクロン、1ミクロンとの事でした。



私の場合は、この3本セットのコンパウンドだけだと、光沢は出ても鏡面にはならず、 いつも、最終的に使うコンパウンドは、
ホルツの液体コンパウンドの超極細で、NETで調べたら、0.2ミクロンの超微粒子だった!



つか、よく見れば、容器に0.2ミクロンって明記されてるやん!(笑)
3本セットの極細目ではイマイチだった艶も、この超極細を使えばテカテカな光沢になった理由が今分かった!(笑)




鏡面仕上げをする時の最終的なコンパウンドは、粒子が細かい方がいいので、もっと良いのが無いのか調べたら、

長谷川のセラミック コンパウンドって言うのが、メーカーHPの記載によると、なんと、0.012ミクロンで、ペーパーなら20000番相当だと!
ホルツの超極細0.2ミクロンより0.188ミクロンも小さい!(笑)    速攻で2本買いました!



さて道具は揃った! 後は磨くだけ♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)新次元VSR系道具類