< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2018年02月24日

小物の修正やら、、、

前回からの続きです。

最終工程に進む前に、気になった部分の手直し等を行います。



まずは予備キャタピラ! 本来はキャタピラホルダーと共に車体にネジ留めされていたのを、ホルダーを板状に削り車体に接着して、
そこに、駆動用キャタピラを差し込む形にしたけど、塗装被膜で、そのキャタピラの出し入れがキツいので、



車体側の見えない方をヤスリで削って薄くします。



上が削り終えたキャタピラです。



全部削り終えて装着テスト♪ 
スムーズに脱着出来るようになりました! ホルダーへの差し込みがキツいと接着固定しているホルダーが外れるリスクがあり、
ホルダー自体には負担が掛からないようにするには、キャタピラを薄くするのが一番かなと、こんな対策にしました。



次に、金属製の牽引ワイヤーは、ステンレス用のブルー液の中にドブ漬け!



数分で真っ黒になるんだけど、ほとんどススで、それを拭き取り、又、漬けるを繰り返して、



こんな色合いにした。



後は、パーティングラインの残っていた消火器を取り外して、ヤスリで修正して、



サーフェイサーを厚塗りして削って、



着色し直して、こんな感じにして、後で白を上塗りしやす。



奥の方が白かった機銃は黒くしたけど、



こっちの機銃は、まだ、奥が白かった、、、、汗



鉄十字周辺に残っていたスプレーの白いブツブツは除去♪



キャタピラに付着していた白も極力落としました。
その以外の場所も溶剤で色を落としてますが、似たり寄ったりなので掲載は省略!w



次に行ったのは、白の追加着色です。
最終的にはどうするか分かりませんが、余分な予備キャタピラを白く塗って見ました。



迷彩って意味合いなら白く塗ると思うんだけど、模型として見ると、茶色のキャタピラで残したいような気も、、色的に、、、笑
その辺は、駆動キャタピラが仕上がってからになるけど、場合によっては、予備キャタピラは、白と茶色の二種類作ればいいか?



それから、今回は装着する予定は無かった予備車輪も、一応、白く塗っておきました。



アンテナも白くした♪



消火器も白を塗って、現在、溶剤で色を薄めているとこを撮影、、、



黒染めした牽引ワイヤーも白く塗った。



後は、アクリルかラッカーのクリアーで全体をコートして、再びエナメル系の塗料でサビ等入れて完成かな。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月23日

白塗料の剥がし完了

前回からの続きです。

エアブラシで塗って乾いたエナメル白塗料に、溶剤を塗って、それを筆や綿棒、爪楊枝、テッシュ等で伸ばしたり、剥がしたりする事、
3時間? いや4時間近く行ったかな? ハマりました!(笑)



中塗りの時には浮きが気になっていた鉄十字は、剥がれた部分に溶剤やエナメル塗料が入って、接着剤の役目を果たしたのか?
浮きが見えなくなりました♪



中塗りの時の黄土色と、その黄土色に塗った他の色も剥がした白部分から顔を出しています。
最終的には、この上からサビが流れた感じや、追加の色塗りをして仕上げる予定です。



砲塔後部の鉄十字には、まだ、スプレーの点々が残っている、、、ここは、後で、もう一度溶剤で拭き取ろうっと。



失敗したのが赤い消火器! 白色の剥がしはいいんだけど、パーティングラインを消してなかったので、ご覧のあり様、、、、
もう、瞬間接着剤で車体に固定しちまったんだよねぇ、、、、ここ、、、、泣



あと、前回のヤークトパンターあたりから気づいたけど、こうした汚し仕上げをすると、どれも同じ感じになってしまうよね。
色の違いはあるけど、塗装の落とし方とか同じ作り手だと似た感じになるのは仕方無いのかなぁ??



この後のサビ色の追加をすれば、もっと似た感じと言うか、いつもと同じような出来上がりになりそうな予感がするけど、
深く考えると楽しくないから気にしない事にしよっと・・・(笑)



細かな部分の修正が終わったら、ここまでの塗装を守る為にクリアーでコーティングしてから、サビ色とか加えた方がいいよね?
サビに使いたい塗料がエナメル系だったから、、、、



つか、後部には、一度、金属製の牽引ワイヤーを付けて、白塗って、その白を落として、車体に合せなるのが先かな?



タイヤのゴム部分?に付いていた白は落として汚れた感じになったけど、キャタピラには、まだ白塗料が残っているし、
一度、キャタピラを外して、もっと、真っ赤にサビた感じに仕上げるのが先か?



それよか、これが完成しても、搭乗させる白い防寒服を来た戦車兵が居ないんですけど、、、滝汗w



白い部分をクリアーでコーティングしていいのか? コートしたら、もう、今の白は剥がせなくなるど、、よく考えろよ、、、自分!



てか、、白っぽいキャタピラでもいいような? 



デカールのデコボコは、ほとんど気にならないレベルになった?



ラジコンで稼働しなければ、キャタピラ部分は、情景テクスチャーペイントでザラザラ感一杯に塗ればリアルなんだけど、
たぶん、それで塗ると、キャタピラの動きが超シブくなるよね? 悪い意味で、、、、



本当、キャタピラ次第ですね、、、冬季迷彩の白が生きるか死ぬかは?



ケツはロープだな。
金属ロープは一度染めて黒くしてから白を上塗りしてみよっと♪



大体の白塗料の剥がしは終わって、細かな部分の剥がしを追加工して、それから、ネジ類から流れ落ちたサビ色を追加して、
最後が、やっぱ、キャタピラだよねぇ、、いや、、先にキャタピラかなぁ、、、、悩むなぁ、、、、手順、、、汗



上の機銃の根元が白いのもおかしいし、下のヘンロン純正の機銃はマズルの穴も開いていないんだよね、、
この辺の手直しが先かぁ?



それと、フロント側の予備キャタピラは、白塗装の厚みのせいで、脱着がキツくなっている、、、
そのキャタピラも最終的に色を塗れば、もっと脱着が困難になるので、裏側を削って薄くしようかな?
とにかく、次は、そうした微修正を行いますね♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月22日

ウォッシングなのね

前回からの続きです。

エアブラシで綺麗に白く塗って、下地を出そうと溶剤を綿棒に付けて白塗料を落としたら、上手く行かなかったので、
今度は筆で、その剥がした部分を白く上塗りしたら、元々塗っていた白塗料が、新たに塗った塗料で溶けちゃう、、、、、



てか、それでいいんだよね!
チッピングしてるんじゃないもん! どっちかと言うとウォッシングの要領で 溶けた塗料を筆や綿棒、爪楊枝で表情作るべさ?♪



溶剤を平筆につけて、作業したい部分にパァーと塗り、白塗料が柔らかくなって来たら、毛足の短い筆で叩いたり、
綿棒で余分な塗料を吸収したり、爪楊枝で色を剥がしたり、、



当初、気に入らなかったスプレーで塗りましたって痕跡も、溶けた白塗料を筆で擦るので、スプレー粒子の白い点々も消えるし♪



乾きの遅いエナメル塗料だから、もう、完璧にウォッシングの要領なのね。



塗る前までは、エッジ部分とかに下地の色が少し顔を出すくらいで、どちらかと言えば綺麗な白戦車にしようかと思っていたけど、 
白落としが面白いので、どんどん、下地の黄土色が顔を出してます、、、、笑



剥がし過ぎて気に入らなければ、溶剤じゃなくて、再び白いエナメル塗料を筆で塗り重ねればいいだけだし、
いろいろ剥がしたり、伸ばしたり、実験と本番を兼ねて遊んでいる私♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月21日

冬季迷彩は失敗か?

前回からの続きです。

ついに白く上塗りをしてしまったヘンロンのⅢ号L型、、、、、汗



使った塗料は、タミヤのエナメルの艶消し白で、それをエアブラシに入れて塗ったんだけど、初のブラシによるエナメル塗装は
希釈の割合が分からず、塗りながら濃くしたり薄くしたりと、超いい加減に、、、、笑



てか、エナメル塗料って、普段はスミ入れやウォッシングする時に使うくらいで、こんなにデカい面積に塗った事は無いような、、、



デカール部分は後で剥がすので薄塗りしています。



赤い消火器は、車体から外して薄塗り、、、これが後でワンポイントになるはず、、、



冬季迷彩は、現地で兵士たちが白く上塗りをしたと言う想定で、車輪やキャタピラを外さずにエアブラシでラフに塗ったんですが、
塗ってから思った! 当時って缶スプレーってあったの? つか、あったとしたら何十本も必要じゃん! スプレー塗りは間違えだった!



現実には大きな布にペンキ等を付けて塗ったんだよね、、、よくて、大きなペンキ用のハケとかで塗ったのかな? 
全体に白く塗った部分は気にならないけど、さっきの車輪周りや奥の壁面にあるスプレーの飛び散りはリアルじゃないかと、、、、汗



初挑戦のエアブラシによるエナメル塗装は、元々、シャバシャバな液体なので薄めずにそのまま吹いたら、粒子の粗い塗料が飛んで、
慌ててブラシのカップに溶剤を継ぎ足して塗ったら、今度は薄くてビショビショな液体が飛び散り、、、つか、塗りながら濃度調整すな!w



ここの鉄十字は、ますます剥がれて来るし、、、



でも、真っ白の戦車って存在感あるよぉぉ! 他の戦車が全部、汚い仕上げのせいかも知れないけど、、、笑



後ろの鉄十字周辺は悲惨な状態です。
白いエナメルが流れた跡や、大きな濃いめのエナメル粒子が飛び散った跡とか、、、後で、剥がしたりするけど、どうなるんだろ?



結局、タミヤのエナメル白を一瓶、丸々使ってしまった、、、そのせいで、白い部分が、結構厚塗りになってるけど、、剥がせるのか?(汗)



戦地でスプレーで塗っていたなら、キャタピラ側面とかにも白い塗料が付くけど、筆やウェスで塗ってたら、こうはならないよね、、、



タイヤに付いた白い粒子は溶剤で落とすとして、、、キャタピラはどうするべ? 



ほんで、溶剤で色を落とす実験を、、、一番目立つ場所でいきなり行った!
今回の塗装の失敗点は、とにかく大きな白い粒子がアチコチにある、、、最初は原液のまま塗ったせいかと思ったけど、
ブラシのノズルに塗料が溜まっていて、それが、まばらにいろんなトコに飛んでたんだと、終わってから気づく、、、笑



同じく溶剤を綿棒に付けてデカールの上をなぞれば、隠れていた数字やマークは現れるけど、そこに残る白粒子が気になる、、、、
つか、、この鉄十字は、それ以前に浮きが気になる、、、、汗



溶剤を綿棒に付けて、ペンチやスコップの色落としをしたけど、リアルじゃないよね、、、下側にしっかりと白が残ってると、、、、
雪なら、こうゆう溶け方はあるけど、白く塗った小物を使って色が落ちたって感じじゃないわな、、、、、



大失敗はここ!
人の出入りの激しい部分だから、綿に溶剤を付けて色を落としたら、超不自然! つか、なんでもかんでも綿棒かい!w



筆で白エナメルを塗って隠そうとしたけど、、乾くの遅いし、つか、、逆に、筆の白塗料のせいで、元々の白塗料が落ちてくるし、、、



塗ってはドライヤーで乾かすを繰り返す、、、



キューポラの一部も白を剥がして、下塗りの黄土色を出してみたけど、、なんか色合いが白に合わない、、、
なんか、大幅にイメージしてたのと違うぞ、、これは、、、、汗  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月20日

冬季迷彩の白塗り

前回からの続きです。

以前にも書いたと思いますが冬季迷彩って、雪の戦地で車体を目立たなくする塗装で、戦車の製造工場でしっかりと塗装したもんじゃない、
戦地に合わせて、現地で兵士達がペンキや石灰で白く塗っているので、その仕上がり具合は、千差万別だと思います。



海外サイトでググッて調べるのは当時の白黒画像です。 大戦中のカラー写真は、後から着色されたのもあるので参考にならない、、
でも、白黒写真だと本当に白なのか? もしかしたら黄土色なんじゃないかって画像もあり、見分けるのが困難な場合も、、
そんな中で、この画像のは、多分、白く塗られているんだけど、下回りは塗りが浅いのか、かなり白が落ちているように見える。



これなんかは、真面目な戦車兵が一生懸命に白く塗ったのでしょうか? ホイールも白く塗られているように見えるけど、
キャタピラの接地面は雪が付着してるけど、内側は白くは塗っていないように見えるし、つか、キャタピラまでは塗らないか、、、笑



こっちの戦車は車輪奥の壁面やホイールなんかも白く塗ってある?



これは白なのか? 黄土色なのか分かり難いけど、どちらにしても、ホイールや壁面は塗っていないか、もしくはドロだらけ??



これはホイールは塗ったけど剥げた? それとも雪? でも、奥の壁面は塗ってないような?



冬季迷彩のカラー画像だと、多くのモデラーさんの作品で見る事は出来るけど、でも、それって、モデラーさんも想像して塗ってるだけで、
私と変わらない訳でしょ? 参考にするのが想像で生まれたカラーリングで、そこから、又、想像して塗ったら、インチキ度MAXやん(笑)



と言う事で、難解な白黒写真とにらめっ子しながら、どこまで白く塗るかを考えても、答えが出ないので、、、








塗った!

考えても分からなければ、とりあえず、塗ってしまえと、ただ、戦車兵の気持ちになって、イチイチ小物を外したりせず、
キャタピラや車輪も付いたまま、エナメルの白をエアブラシで塗った!



エナメル塗料なら簡単に剥がせるし、、つか、、これでいいのか? 本当にいいのか?  (滝汗!)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月19日

中塗り完成!

前回からの続きです。

一番悩みましたが、結局、まだ、細部の色合いが気に入らずに中塗り層の手直しをしています。
隠された本音は、未知の白塗り塗装を恐れて、足踏みしてる?(笑)



デカール部分は粗目のスポンジやすりで段差部分を削ってクリアーを塗ってみました!
砲塔右側のこのデカールは段差が目立たなくなりましたが、肉眼では気づきませんでしたが、2の文字の一部に浮きがある、、、、汗



砲塔左側も同様に削ってクリアーを塗ったけど、、以前よりは良くなったけど、、波打ってるとこは隠しきれないかぁ、、、、、



鉄十字のデカールは、横ラインの右側が少し浮いてるな。。



ここは大丈夫そう♪



ここもOK!



艶消しクリアーが乾いたら、再度、削って、もう一度、クリアーを塗ってみます。



もうすぐ見納めになる黄土色を眺めて、この日は終了!



翌日、忘れ物があったのに気づく!



消火器が未塗装だったので、赤と黒で塗り分けて仮付けしやした。



消火器は、現時点では白くするか、赤いまま残すか分からないので仮付けのままです。



構想では、若干白が残っているけど、ほとんど赤ってのを考えているけど、、そんな色塗りと削りテクニックあるのか、、、オレ?(笑)



気になるデカール部分は、削って塗ったけど、まだ、2の文字の一部が気持ち浮いている、、、肉眼では分からないレベルですが、、、



こっちの面も、これが限界かも、、、、



画像で拡大アップしなければ気にならないでしょ?



中塗りはこれで終了にして、もう一度、クリアーでコートしてから、いよいよ白塗りです!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月18日

もうチョイ!

前回からの続きです。

冬季迷彩で白く塗る前の下地塗装です。
頭の中のイメージでは、今塗ってる層は全体の一割くらいしか見えなくなる予定です!(笑)



色を重ねながら、未処理のアンテナも仕上げて行きます。 前回は真鍮用のブルー液が無かったので、新たに液を購入!
真鍮はステンレス用で染まったはずなので、そのまんま容器の中にアンテナを突っ込んだら、その部分だけは真っ黒に、、、、笑



ただ、黒いのはほとんどススで、それを拭き取っては染めるを繰り返します。
この画像だと光が反射して銀色みたいですが、一応、黒っぽく染まってます。



装着すると、こんな感じで、表面は、後で車体と一緒に艶消しクリアーを塗って保護します。



車体は、ウォッシング液以外には、タミヤのウェザリングマスターも使って色を追加♪



どこに、どの色が加わったかは本人にも分からん!w



番号部分は白い粉を多めに付けて、デカールの厚みを誤魔化したけど、ここは、最終的にクリアー塗るまで、どうなるか分からん、、、汗



防盾の上の方は白くした!
ただ、このまんまなら良いけど、冬季迷彩の白を塗って、この部分が見えた時には、白より黒系の方がコントラストがいいのかな?



四角い蓋部分も、コーナー部分を白く仕上げたけど、、、最終的に吉となるのか凶となるのか??



デカい鉄十字は、デカールの厚みは、そんなに気にならないすね。



大分仕上がって来て、今、頭が痛い事は、、この上に塗る白は、、一体、何系の塗料で塗るんだろ?



家にある白系は、タミヤのラッカー系のスプレーと、エナメルの白と、情景用ペイントの白とライトグレー、水性アクリルのスプレーがある。
それ以外にも、ホームセンターで売ってるラッカー系の白も残ってる。 以前にコメントでアドバイス頂いた修正液は無い!(笑)



情景テクスチャーペイントの二色は、以前に足回りのドロで使った塗料の色違いですが、確かにブツブツ感は出せるけど、
これを全体の塗装には使わないよね? 部分的には使うかも知れないけど、、、



簡単に塗れそうなのは白のスプレーだけど、ラッカー系は、後で色を剥がすのは大変だし、そうなると水性アクリルかなぁぁ?
ただ、缶スプレーだと厚塗りになるし、細かなとこに塗るのが難しい、、そうなると、面倒くさいけど、タミヤのエナメルをエアブラシで吹く?



私って、エアブラシで今までエナメル塗料を使った記憶が無いと思います。  アクリル塗料とかと同じ感覚で塗れるのかしら?



塗れる塗れないは別にして、白を剥がす等の作業は、やっぱ、エナメル系が一番いいよね?
失敗したら溶剤で全部落とせそうな気もするし、、、、笑



この中間層の塗装も仕上がってくると、、次の塗料をどうするか? そんな悩みが出て来ます。



つか、その前にする事あった!



三突で不要になった塗装済みの樹脂キャタピラを付けるんだけど、この茶色のキャタピラはイメージと違います。



私の冬季迷彩のイメージって、キャタピラは真っ赤に錆びているんです。
それに、砲塔側面の赤文字も加わり、基本は紅白で、細部に下地色と汚れがある? そんな脳内イメージなので、
赤味の強い茶色のサーフェーサーで全体を塗る。



適当に銀色も追加するけど、、



最終的な仕上げは、白塗装が終わってから!
白を活かすも殺すもキャタピラの仕上がり具合になるかと予想します。



砲撃を多数くらって、黒のスス汚れの多いH型と、まだ、砲撃をさほどくらってないL型って感じかな?
さぁ、、どうする、、この後、白く塗る準備に入るか? それとも、まだ、色直しを続けるか? 一晩、悩もうっと♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月17日

終わらないウォッシング!

前回からの続きです。

中華トラックに使った茶色のウォッシュ液を塗っただけで、色合い的には、ベースの黄土色とそのウォッシング液の2色だけで深みが無い。



足回りには、塗りムラがあったので、再度、同じウォッシング液を塗り重ねる。



微妙に違う茶色も追加したけど分からない、、、、笑



車体部分には、このオレンジ系のウォッシング液も追加!



変な感じでしょ? でも、これでいいんです♪  今回の塗装は、最終的に冬季迷彩で白を上塗りする訳で、その白を部分的に剥がして
見えるのが、今、仕上げている塗装の層で、その白が剥がれた部分から見える黄土色が同じ色合いだと面白くない。



薄い黄土色が見えたり、オレンジぽいのが見えたり、それが白塗装に良いワンポイントになるだろうと、、、、
つか、初めての冬季迷彩なので、結果はどうなるかは分からんけど、、、、笑



分かっているのはデカール部分は番号が見えるように白塗装を剥がすんだよね、、、だから、重要なトコなんだけど、



ヘンロン製の厚みのあるデカールは段差が目立つ、、、、白く塗る前に、やっぱ、ペーパーで平面出ししてみるかな、、



黒系やグレー系の色も追加!




右側に写る各種ウォッシング液もフル活用♪



塗っては溶剤で落としてを繰り返す。



塗り重ねるうちに、、、



3号潜水戦車と似た感じになって来た!
黒系を、もっと加えれば、同じような色合いにする事も可能!



逆に白系を追加してみたり♪



終わり無きウォッシング!



フェンダーの裏側も茶色くして、



車体の底部分だけ未塗装(笑)



もう少しかな?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月16日

ドロ汚しって最高っす!

前回からの続きです。

ホイールに基本色の黄土色を塗った時に黒いタイヤ部分まで一緒にスプレーしちまった部分を、、



溶剤で拭き取り、黒を露出させました。
ただ、この部分は、冬季迷彩の白も塗るし、ドロだらけにもするので、ここで露出させても、ほとんど意味が無いかもね。
問題は、そのドロなんです!  モノホンの冬季迷彩ってのは期間限定で兵士達により、剥がし易い白塗料で塗られているんでしょ?
ドロだらけになった車体を綺麗に洗車して白く塗った人もいれば、ドロなんか落とさずに、そのまんま白く塗った人もいるよね?



と言う事なら、私は間違いなく後者ですね!  固まったドロの上から気にせずに白ペンキを塗る派です!(笑)



そうと決まれば、この段階でドロ塗装が必要で、先日買ったタミヤの情景テクスチャーペイントを使います!
ドロドロとした塗料っす! てか、それを塗りたくて我慢出来ないから、今、この時点で塗るんだろって?  
正解!w



今まで10台以上の戦車にドロ付けして来ました。 木工ボンドにピグメント粉を入れたり、 樹脂や木くずを混ぜた塗料で塗ったり、
グルーガンで溶かした樹脂を色塗ってドロに見せたりと、色々と試行錯誤して来ましたが、こんな情景塗料が市販されてるとは♪



ベタベタと筆で塗りたくるだけ! 色は、なんでもいいんです、どうせ、着色するし、、つか、最後に白く上塗りされちゃうし、、、、笑



今、塗ってるドロの層は、冬季迷彩の白を塗る前に、固まってこびり付いているドロ、、、落とすにも、車輪が邪魔で残っていた感じ?
ふと思ったんだけど、本物は足回りは白く塗っていないかも、、だって、雪の上を走れば、雪で白っぽくなるだろうし、



雪が解けたドロの上を走れば、足回りは茶色になってしまうし、、車体上側は敵飛行機から身を守る為に塗るとは思うけど、、、、
私が戦車兵なら、足回りは面倒くさいから塗らないかもね。



ただ、今の私は、ラジコン戦車の色塗りが大好きな変態おじさんなので、白く塗られる前のドロ塗装と、白く塗った後のドロ塗装、、、
二度もドロ遊び出来る事に幸せを感じています!(笑)



下側へのドロ付けも終わったので、上側にも部分的にドロを塗ります。




こんなトコに塗っても、最終的に白く塗ったら、デコボコ感は残るけど、、ドロは見えないだろうなぁぁ、、、、笑



こうゆうエッジ部分のドロは、完成後に取れやすいんですよね、、、今回使ったタミヤの塗料は、その辺の強度はどうなんだろうね?



ひと通り塗り終えて、一晩置いて乾燥したので、、、



お気に入りの茶色のウォッシング液で着色しました♪



ドロ以外の部分で気になったデカール部分もウォッシングして、浮きは、ほとんど目立たなくなってます。
つか、ヘンロンのデカール自体が厚いので、文字全体が浮き上がってるのは仕方がないっすw



ケツ周りはいい感じになりました!
溶きパテによるシワ模様に、チッピングによる段差、ドロにウォッシングによる色合い、、、この段階で、この仕上がりは予想以上です。



今回は、ピグメント粉を使わなくてすむのかな? 今までは必ず使っていたけど、ピグメント粉は、そこら中に飛び散るので
後が大変なんだよね、、、、まして、茶色の粉はフローリングの床に落ちると分からないので、気が付けば、足の裏がまっ茶色!w



ここまでの着色は、茶色のウォッシング液が一色と、ドロ塗料の成分に含まれていた茶色成分のみですが、ドロ塗料の色は
ほとんど茶色のウォッシング液で塗り重ねたので、黄土色の下地カラー以外は、ひとつのウォッシング液の濃度を変えて塗っただけ♪



まだまだ、違う色で、未使用のウォッシュ液があるので、もっと色を追加して深みのある色合いにして行きたいかと、、、



デカール部分の浮きは大丈夫そうですが、こうして画像で見ると、やっぱ、デカール自体の厚みが気になりますね。
この後に、まだ、数色ウォッシングやウェザリングで色を重ねて、その後にクリアーで保護して、最後に白塗装ですが、
クリアーで保護した後に研磨して、デカールの段差を消そうかな、、、でも、面倒くさいし、、その時点になったら考えよっと♪



ちなみに全体がテカテカしているのは、ラッカーのクリアーが半艶しか残ってなかったからです。
どうせ、この先、艶消しクリアで再度コーティングされちゃうので、現時点ではどーでもいいかと適当です、、、、、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月15日

小物の塗装とコーティング

前回からの続きです。
流れにまかせて、ついついウォッシングをしてしまいましたが、小物類の塗装が先ですよね! 

ただ、取り外せない小物類の着色は面倒くさいので嫌いっす! ヘンロンって全ての小物を自分で付けろってのもあるし、
今回の3号L型みたいに、小物類の半数近くが車体に接着されているのもある、、、訳の分からんメーカーだ!(笑)




まずは鉄色の塗料を細い筆で慎重に塗りました。
以前に鉄砲には使った事のメタルカラーのアイアンですが、鉛色とでも言いますか、戦車にもとても合う色でした♪



慎重に塗っても、筆がはみ出し、車体の床部分にも塗料が付着してるけど、後々のウェザリングなどで見えなくなる予定なので
気にしないでください、、、、、笑



小物類の柄の部分は、油彩絵具で適当な茶色を作って塗り、最後に車体も含めて全体をクリアーでコーティングしたら、
茶色の部分は、味も素っ気も無い色合いに変ってしもうた、、、



クリアーを塗る前は艶消しでいい感じだったんだけど、、、でも、、ここも最終的に冬季迷彩すると、ほとんど見えないので、まっ、OK♪



問題は、やっぱ、デカールでした! 今回のクリアーはラッカー系で塗りました。 下地の黄土色もラッカー系だったし、ただ、先走って、
その上にエナメル系の茶色のウォッシング液やシール式のデカールを貼っているので、ヤバいかなぁーとは思いましたが、
薄く塗っては乾燥させて、又、薄塗りを繰り返せば大丈夫かなーと思いましたが、こっちの面は、若干、浮きが出たくらいですが、



反対側は、かなり浮き上がってしまい、クリアーを塗っては半乾きの状態にして、デカールの上から筆の柄や指で押し付けて、
デカールの下に入り込んでいるクリアーが乾いていないので、それを接着剤代わりにして浮きを抑えました、、、
後は、ウェザリングとかで誤魔化せるかと、、、、、汗



砲塔側面以外のデカールは、なんとか大丈夫そうです! 今回、ラッカー系のクリアーに拘ったのは、やっぱ、皮膜が強固だから、、
ただ、重ね塗りの場合はラッカー系を上塗りするのは基本的にタブーです、、本当に少量塗っては乾いてから重ねるように塗らないと、
溶剤の力が強いので、下地の塗装やデカールを駄目にします! ただ、今回はこの後に冬季迷彩塗装をするので、強固な皮膜が必要でした。



次は、車体を上下に分解して、車輪の黒いゴム部分に塗られた黄土色を溶剤で落とし、この後のドロ塗装の準備を済ます。



ドロ塗装に入る前に、最終的に車体上部の小物を見直すと、この木箱、、、なぜか、ヘンロンが丁寧にオレンジっぽく塗装してるけど、
気になるのは、その色ではなくて、、、、笑




取り付ける場所なんだよね。
S字のフックみたいな物の上に装着する仕様になってるんだけど、、



私としては、このS字フックが見える方が好みなんだよね、、、、ただ、木箱を載せないと、木箱取り付け用の穴が2個、丸見えなんです。



と言う事で、裏側からパテを詰め込み穴を埋めました♪




ほんで、余ったパテを、以前に真鍮線をL字に曲げて作ったアンテナに盛り付けた!



実物のアンテナが、確か、こんな風になっていたような、、、後日、削って、造形を整えるのも視野に入れて、大きめに盛った♪



車体上側は、後は適当に汚せば、冬季迷彩の下地が完成となる♪
問題は、車体下側だよね、、、ドロを付けてから冬季迷彩するのか、冬季迷彩してからドロを付けるのか?  一晩考えよっとw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型