< 2017年03月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年03月25日

三色ラップのストックは

二液ウレタンクリアーを塗り終えた三色ラップのストック!

クリアーを塗る前は半艶に近い感じだったけど、クリアーを塗ったら各色の発色に光沢が増して良い感じに変身した。



全体に軽くペーパーを掛けて、後は、いつものように5種類のコンパウンドで磨き上げた。



元々は、ヤフオクで落札した迷彩色カラーのストックで、部分的に迷彩塗装が剥げて下地が出ていた状態の上から、
全体を黒ベースを塗って仕上げただけなので(その詳細は過去ブログを参照ください)



元々の塗装剥げ部分が段差として残っているけど、模様に隠れて気にしない!(笑)



画像より実物の方が光沢あります。



で、ストックが仕上がってくると、、問題になるのが、、、本体が無い事!!



以前に木ストックの本体を取り付けて完成イメージを膨らませたけど、この時より、ストックは光沢あるし、黒い本体だと合わない気がする。







だから買ったよ!

部品取りとして中古のプロハンターをヤフオクで24500円にて落札した! 室内で数発撃っただけの新品同様と言える品との事で、
付属品も全て揃っていて、即決価格は3万で、誰も入札がなくて、再出品されていたものだと記憶します。



これでVSRは5丁めとなりますが、、、今回の購入も、あくまで部品としての購入です!  コクサイのM700も、4丁めのVSRも、
全て部品取り用で買った物ですから、、今年の誓いである「もう、鉄砲は買わないぞ!」は守っていると、、自己解釈しています(笑)



てか、届いて開封したらマガジンが入っていない!! 取引ナビでやり取りして、後日送ってくれるそうです♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(5)新次元VSR系

2017年03月24日

無残な黒デト、、、泣

前回からの続きです。

ラップデトの次は、この黒いデトです! 以前にエアブラシによる二液ウレタン塗装した物だと思っていましたが、ウレタンで塗ったのは
フレームのみで、スライドはインディの黒系塗料を塗って磨いただけだった事を忘れており、ウレタンのつもりでゴシゴシと研磨したら、
黒い塗料が剥げてしまい、その下に塗った銀塗装がエッジ部分に顔を出してしまった! この時点でウレタンじゃない事に気づいた(笑)



ウレタンクリア層、黒塗装、銀塗装が表面に顔を出している、ややっこしいスライドは先送りする事にして、フレーム側を片付ける事に♪
昔塗ったウレタンの上に今回塗ったウレタンを塗っただけなので、表面のデコボコをゴシゴシと削り滑らかにすれば完成のはずが、、



削り過ぎて黒い樹脂地肌が出てしまった!



元々、黒地肌にウレタンクリアーを塗っただけだったので、この上から、もう一度ウレタン塗れば消えると思い、、



冷凍庫で残っていた缶スプレーをお湯で温めてから上塗りしたら、



再び、デコボコ!(笑)



まぁ、、それを気長に削り、、、



なんとか我慢できそうなレベルまで修復、、、



これ以上磨くと、また、クリアー層が無くなってしまうので、、フレームは終わり!



次に途中で投げ出したスライドをなんとかしようと、削って平面に近い状態にしてから黒鉄を塗ってみた。。。



削って平面に近づけたと言っても、ウレタン皮膜や黒や銀の皮膜が残った上への塗装でしたので、超悲惨な状態に、、、汗!



泣きながら、そのザラザラしたものを削り落としても、かなり奥まで皮膜破壊を起こしている、、、、泣!



エッジ部分の銀下地がますます顔を出てくるし、、、こりゃ、さすがに修復不可能だと、代わりのスライドをヤフオクで探したけど無い!!



とりあえず、ウレタン皮膜も残っているので、水抜き剤では剥離できないだろうと思ったけど、一応プールの中にドボンしておいた。
そして、数日後に歯ブラシで擦ったら、銀下地以外の皮膜は簡単に落ちた! 銀皮膜も数日後には落とす事が出来ました♪



黒地肌に戻ったスライドに、冷凍庫で保存してたウレタンクリアーで再度塗るべきか? いや、そんなにウレタン塗料残っていないし、
缶スプレーで塗れば、また大変な事になるのは学習したので、普通にインディーの黒スプレーで塗った!



で、ウレタンレシーバーと合体させて強制完了!!!(笑)



ウレタンレシーバーはユズ肌&波打ちしてるし、、いつか、スライドと同じ普通の黒塗装に戻します!
ストック等の大きな面積へのウレタンスプレーは部分的にユズ肌になる部分はあるけど、人並みレベルでは塗れていると思うけど、
ハンドガンのような小物だと、昔やったエアブラシでも今回の缶スプレーでも、塗装面のほとんどがデコボコになる。
塗り方に何か致命的な欠陥があると思うけど、それを解析するにはもっと塗らないと分からない、、そして、それは面倒だから嫌!

ウレタン塗装はストックの時だけにしよっと(笑)
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系

2017年03月23日

ラップデト完成!!!

前回からの続きです。

デコボコだったウレタン皮膜を800番のペーパーから番目を上げながら削り落とし、細目や鏡面用のコンパウンドで艶を出していくと、
半艶な時には目立たなかったデコボコが目立つ、、、この辺は、艶消し塗装ならヒケが目立たないけど磨いたら目立つのと同じ現象かと。



コンパウンドで磨いて目立つ窪みなどは再びペーパーで削ってやり直すを繰り返したら、削り過ぎてエッジ部分は黒い地肌が出ている。



エッジ部分が黒いラインになるのは、模様が模様なので気にならず、とにかく、削っては磨いての繰り返しを2時間近く行って整地した。
元が凄いデコボコだったので完全に平面化は出来ないけど、まっ、大分目立たなくなって来たのでOKかと。



画像だと分かり難いけど、ラップ塗装の上に薄い透明皮膜があって、模様で目立たないけど、薄く景色が映るくらいになった!



そして、手触りは別物になりました! 固い皮膜に覆われてツルツルした感じです! 



なんとなく大理石で出来た鉄砲って感じになった(笑)



今回、ストックのついでにハンドガンも缶スプレーでウレタンを塗ってみましたが、結論は、私の技術だと缶では無理だと自覚した!
つか、以前に、噴出量が調整できるエアブラシで塗った時も厚塗りし過ぎて失敗したけど、それでも、エアブラシの方が塗りやすいかと。



いつになるか分からないけど、エアブラシで再度ウレタンを塗る気になったら、
画像では分からない微妙な凹み部分に薄く塗り重ねて、修正しよっと。



ラップデトはこれで一時終了! てか、ずっと終了かも?(笑)



ハンドガンのウレタン塗りは難しいっす!



あじゃさんとか改めて凄いと思う! ウレタン塗ってめっき塗料塗って、その上から、またウレタン塗ったり、、人間じゃないな!ww  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ラップ塗装デト

2017年03月22日

ウレタンクリアーを研磨

前回からの続きです。

ストック3本とデト2丁の外装、その他、スーパー9のトリガーガードとフロントサイトを二液ウレタンクリアーで塗り終わり、、、
硬化を待ってから表面を削って仕上げて行きます。



ウレタンクリアーはスプレーで塗ったままでも非常に光沢があるので、ヤフー知恵袋などの教えてサイトだと研磨する必要が無いとか、
せっかくの光沢が研磨すれば光沢落ちするとかアドバイスする方がいるけど、塗りっ放しより研磨した方が綺麗になると思いますよん。



まぁ、私の家の塗装環境だと、マーカー部分に乾いた塗料の粉塵が付いたり、単純に下地にゴミが付いてたり、こうしてマーカーすると、
これだけの箇所に小さなブツブツがあります。 これを鏡面になるまで磨き込みツルツルなお肌に整えます。
粗い研磨だと光沢は落ちますが、番目を変えながら微粒子コンパウンドで最終研磨をすれば、ちゃんと光沢は復活しますんで♪



ストックはデカいので、ある意味、研磨はやりやすいのですが、ハンドガンは超面倒くさい! 特に、今回は、塗り過ぎて液ダレしてたり、
この黒いスライドは、元々ウレタンで塗ってた物かと思ったら違ってた! 以前にウレタンで塗ったのは奥のフレームのみだった。



スライドは研磨したら下地の黒塗料が現れたので、ある程度、デコボコが消えたら、再度黒塗装して、その上からウレタンクリアーでも
塗ろうかと思っていますが、ウレタンの上への違う種類の塗料って塗れたっけ? まっ、やれば分かるか?(笑)



ウレタンの上にウレタンの重ね塗りしたフレームも、ヤフー知恵袋などでは止めた方がいいとか言う方もいるけど、
下のウレタンが完全に硬化してれば、足付けしての重ね塗りなら今回は大丈夫でした。



ただ、塗り過ぎと脱脂不足か、表面がデコボコしてますが、気長に研磨すれば修復できるレベルかと思います。



で、こっちのデトもウレタン塗りでデコボコになり、そのデコボコを削って修復途中です。



ウレタンクリアーの下は、すぐに銀色ラップ塗装の皮膜ですので、ウレタンを削り過ぎるとラップ模様も削ってしまうので慎重な作業です。
ストックの時はラップで模様を付けた後に、普通のクリアーを塗って削って模様の段差を平らにしましたが、このデトではやってない。
やっていれば、ウレタンの下に別のクリアーの層があるので研磨作業は、もっと楽だったと思います。



とにかく、もう、ハンドガンは缶スプレーでウレタン塗るのは、これが最後! 次回塗る時は、やっぱ、エアブラシで塗ります。
大量に塗料が噴出される缶スプレーより、噴出量の調整が出来る方が、間違いなく塗装後の研磨が簡単かと、、、あらためて実感(笑)



くそぉ、、、まだ、デコボコしてるな、、、、面倒くせぇな、、、、ストックは面積がデカイし、平らな面が多いので塗るのも削るのも簡単だけど、
ハンドガンのウレタン仕上げは大嫌いになりました!(笑)
  

2017年03月21日

二液ウレタン塗る!

前回からの続きです。

1200番の耐水ペーパーで水研ぎの終わったストック達を、いよいよ二液ウレタンクリアーで塗ります♪



途中経過省略! クリアー塗装終了! 艶々です!



3色カラーのストックが塗る前より大きく光沢が増しました! 赤いストックは、元々ウレタン仕上げされてましたが、更に厚みが増したような?



この後は、一週間完全に硬化させてから、耐水ペーパーで表面を整え、最後にコンパウント磨きをして完成かと♪



今回、赤ストックは薄塗り1回、厚塗り2回施したので、画像では分からないけど、透明皮膜がかなり厚くなっています。



黄色ストックは計5回くらい厚塗りしてます、、、後は、研磨でどう変化するのか?



それから、黒いトリガーガードにもウレタンクリアーを塗りました!
画像忘れたけど、金色のフロントサイトにも同様に塗って塗装を剥げにくくしています。



ウレタンクリアーを塗って、一番変化したのが、このストック! 実物は、かなり光沢あって、いろんな色が輝いています。



缶スプレーは1本で足りました! 
後日、研磨した後に、補修用として塗る分冷凍庫に少しですが保管してあります。



黄色ストックのスイベルはマスキングが面倒くさいので、そのまんま塗ってます、、、笑!
以上、ストックの塗装は簡単でした♪




問題はハンドガンです!  以前にエアブラシで二液ウレタンした時に難しくて、以後、やらなくなったワケですが、ブラシで難しいのが、
大量に塗料が吹き出る缶スプレーで上手く塗れるワケが無い! 



脱脂も足らなかったのか、この画像だとスライドストップの穴あたりに、ブツブツと窪みが多数あるのが分かると思います。



ラップデト自体は、塗っても大してイメージは変わらなかった! つか、乾燥後の修復研磨がウルトラ大変そうです、、、、泣!



以前にウレタンで仕上げた黒デトも、同様にダレなど一杯、、、、ハンドガンに二液缶スプレーは難しいど、、、、汗!  

2017年03月20日

いよいよウレタン!

前回からの続きです。

いよいよ二液ウレタンクリアーを塗る準備に入ります! まず、ストックが3本で、向かって左の赤ストックは前回ウレタンクリアーを塗ったヤツで、
今回は、その上に、もう一度クリアー塗ると綺麗になるよとプロの人に教わったので、まっ、試してみようかと。。。
で、真ん中が急遽増えたストックで、右がスーパー9のストックです。



その足元には、分解したラップデト外装があり、、その左右には、以前に仕上げた黒艶デトが2丁あります。



1丁は、5年以上前にエアブラシでフレームだけウレタンクリアーで塗ったヤツで、つか、ブラシでのウレタン塗装は難しくて、その後やってない!
今回、ラップデトが上手く塗れたら、この辺のデトもウレタンで保護しようかと待機させました。



1本だけだと不安になって来たので、もう1本ウレタンクリアーを購入しました。



で、ウレタンを塗る前に、耐水ペーパーで塗装ムラの整地化と足付けを行います。



塗装面が少し白っぽくなって来ました。



手触りが平らに感じられるようにします、、、まっ、大体、平らって感じで良いです、、、私の場合は、、、笑!



では、この後に、、いよいよ、、ウレタン! 多分、部屋中に白い粉が飛び散ります、、、、泣!  

2017年03月19日

ラップ塗装5本め

オフ会で、適当な黒板に、銀色塗料をラップして、赤、金、青の手持ちキャンディカラーを塗った物!

あくまで、ともさんに、こんな風にやってるんですと実演した物なので、塗料を塗っても、すぐに次の塗料を塗って仕上げた!
ラッカー系の銀塗料に、表面がサッと乾いた状態で、キャンディカラーを塗っても問題なかったので、これって短時間で塗れるやんと、、、



そうなると、すぐに行動したくなり、以前に不要となっていた他人様が塗られたVSRの迷彩ストック! 各部に塗装剥がれしてたヤツ!



それを、適当にペーパーで擦り、ラッカーの黒で塗った!



30分くらい置いてから、同じくラッカー系の銀色でラップした!
今回のラップは、小さく丸めたサランラップに、銀塗料を付けて、ストックにポンポンとスタンプを押すような感じで仕上げた。



模様付けは10分くらいで終了しました♪



そして、10分くらい放置してから、イサムのキャンディカラー(カラークリアー塗料)の赤と金と青を適当に吹き付けた!



一度塗りの状態なので、各色、どれも薄い色だし、銀色も一杯残ってます。



つか、、なんか、和物風に見えるのは私だけ??



10分後、どんどん色を重ねて行きます。



超楽しいんですけど、、、、、笑!



部分的に、この辺には青を追加して、この辺には、、、と、塗っては追加の繰り返し♪



あと、今回が初めてかな? 下地にラッカーの黒を塗ったのは? やっぱ、樹脂の黒地肌に塗るよりは、色が生えるような気がする。



つか、、、、新しいストックが増えるって事は、中身を買わなければいけないのね、、、、、泣!



重ね塗りもほぼ終了!



ほんで、最後は、クリアーを塗る! この後は数日置いてから、表面を研磨して重ね塗りの段差を少なくします。
てか、最初の迷彩カラー自体が塗装が剥げて、一部地肌が出ていたのでデコボコしてるし、模様と色で、あんま、段差は気にならん♪



てか、、このカラーリングでVSRを組み立てるとどうなるのよ??



と言う事で、今では、すっかり地味な存在になっている鏡面仕上げの木ストックのVSRから、、、



中身を強奪!(笑)



シ、、、、シブい???



ハデにするには、やっぱ、銀メッキの中身がいいかな?



まっ、その辺は二液ウレタンを塗ってから考えよう!!
と、言う事で、あっと言う間に1本、オリジナルストックが出来ました♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)新次元VSR系

2017年03月18日

頂き物KSCのSTI

前回からの続きです。

プチオフで、「STIは持ってませんでしたよね?」と、ともさんが言うので、「うん! 持ってない!」と頂いたKscのシステム7のSTIです。
この時は変形していなかったんですが、、、



ともさんが壊しました!(笑)
まぁ、、この辺の作りがモロいのが、とっても残念なKscのSTIなんですよねぇ、、、、、、、泣!



ただ、私としては許容範疇なので問題無いです。



銃なんてあくまで道具なので(実銃の場合)、キズついて当たり前ってのが私の考えの原点なので、、、
だから、あえて自分でキズつけたりする位ですから、、、笑!



オフ会が終わり、ともさんが白いジャケットを着たら、昼に食べた醤油のシミが袖口とかに多数ついていて、落ち込んでいた。



その帰り道に、汚れた電柱や、欠けたアスファルト、汚く剥がされた張り紙の跡など指さして、綺麗な物なんて街に無いんだよ?
汚れが美学だと、力説して励ましましたが、綺麗が基準のともさんには思いが届きませんでした! まっ、真逆な考え方の二人でした♪



話しをSTIに戻そう(笑)



今更ですが、やっぱ、KSCの作りはしっかりしてる! まぁ、ノッチ対策とか内部に関しては問題もあるけど、見た目には力を入れてますよね?



刻印なんかも綺麗だし、、



マガジン下の☆マークなんか芸術品!(笑)



オフ会が終わって各部を眺めていたら、、、この2011の刻印に見覚えが???



冒頭に、「STI持ってないよね?」と言うともさんの問い掛けで、持っていないと思った私でしたが、持ってるやん!



以前にKSCのハンドガンを全部揃えるぞと宣言した時に、、最後の銃として、KSC直販で新品で買ってるやん! 
自分のブログ内を検索したら、約2年前の出来事でした(笑)



スライド長や各部の作りが違うので問題ないけど、、、最近、長物ばかり触っていると、こうしたガバ系もいいなと思ったり、、、
でも、買いませんけどね、、(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(6)KSC

2017年03月17日

ともさんとプチオフ

3月11日の休みに、ともさんとプチオフしました♪

牡蠣を頂きました!! つか、冒頭記事がこれかい?(笑)



プチオフのメインは、ともさんが美品だと言うベクターを落札したら、あっちこっちキズだらけで、KSCからパーツ取り寄せたりして
修復していると聞いたので、我が家には一杯マガジンあるよんと、キズ付きマガジンと交換する事になりました♪



で、それだけでお別れも寂しいから? ガス漏れしてるトイガンを用意して直して頂いた!
つか、なぜか、ガス漏れしてるのはWA製品ばかり、、、、笑。



それから、牡蠣だけじゃなく、このシステム7のSTIも頂いちゃいましたが、頂いた時には美品でしたが、後ほど、ともさんが壊します(笑)



こちらは、頂き物ではないのですが、北海道のタケさんが設計施行された貴重な輪ゴム銃を見せて頂きました。
もう、引退されてますが、、いつか、この世界に戻って来ると思います! 体に不自由があっても凡人以上のカスタム出来る人なので♪
元気ですかぁぁ??? タケしゃん!



で、ともさんが問題にしていたマガジンのキズ!
画像は樹脂製のマガジンカバー側面についている謎の凹みキズ!!



こっちは、マガジンの金属部分の凹みキズ! レシーバーに入れれば見えないとこ♪



そして、マガジン底部のカバーに付いた凹みキズ! このキズは、マガジンチェンジか何かで床に落としたキズかな?
それ以外のキズは、どうして、こんな所にキズが? と、ともさんが泣いて不思議がっていたので、、、
「前所有者さんが、トンカチ代わりに使っただけだ」と、私は謎解きしやした。。



今から30年以上前にコクサイが新発売した金属パイソンですが、この時の私は、このパイソンをトンカチ代わりにした経験があるので、
多分、同じ理由だと思うのですが、「どこの家にもトンカチがあるとは限りません!」 又は「探すのが面倒くさい!」で、
トンカチ代わりに代用してついたキズだと思います♪



私の場合は、グリップの底で壁に釘を打つのに使ったけど、ベクターの前所有者さんは、レシーバーの分解もしくは組み立て時に、
レシーバーのピンが固かったので、その抜き差しにトンカチ代わりに使ったと思います。 そして、人は棒状の物を持つ時には
細い側(マガジン上部)を持って打ち下しますので、マガジンの樹脂カバーでピンを叩いた! で、カバーに凹みがついて、
慌てて逆に持ち変えて、今度は細い金属むき出しのマガジン側面で叩いた! ここは本体に差し込めば見えない部分なのでキズはOK!



と、適当な推測は、どうでもよくて、そのキズ付いたマガジンは頂いきましたので、予備の新品樹脂カバーを付けて部品庫へ収納しました。



ともさんが、ラップ塗装済みのライフル達を褒めてくれたので、その場で5分くらいで、こんなラップ塗りを実演しました。
ブタもおだてりゃ木に登る! 塔四郎は褒められると実演する??(笑)



銀を適当にラップで叩いて模様付けして、その上から、すぐに三色のキャンディカラーを適当に塗ったら、意外と良い感じになった!
これは、簡単で面白いと、ともさんとのミニオフが終了後に、ストックを新たに用意して、このカラーに挑戦しました、、、笑!
その他、映画を観たり、寿司食ったり、爆音VSRで遊んだりと、楽しいひと時を過ごせました! ともさん、ありがとね♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)クリスベクターオフ会

2017年03月16日

無駄なお買い物?

ウレタン塗る前にヤフオクで落札した品が届いた。

ブレーンブラザーズ製のスーパー9用ジュラコン強化アッパーフレームとか言うのを間違えて落札しちまった!
ジュラコンって樹脂の事だったよね、、、金属と勘違いしてた(笑)



ステンレスのマウントベースとか付いて4800円でしたが、まっ、今までの純正樹脂製フレームより綺麗なので付け替えようかと思いましたが、



排莢ポートやフロント側に何だか分からないパーツを取り付けるネジ穴や凹みも無い、、、、
凹みはいいとして、排莢ポートが無いのは、例えケースレスタイプのSS9でも見た目が、、、、、、、汗!



と言う事で、今までのフレームにステンレスポートを移植しただけで終了!
落札したフレームは部品庫と言うゴミの山の中に消えました(笑)



そんな無駄遣いもしましたが、こちらの品は逆にお得だった物!



そうです! コクサイのスーパーウェッポンM700用の未使用カートです!
入手困難の品でしたが、なんと、ひと箱1000円の即決価格で4箱出品されてました! 4つも要らないけど、2箱落札しました♪



先日落札した2号機はカート無しだったので、、、つか、、コクサイのM700は3発しか装填できないので、予備カート多過ぎるww



やっぱ、ライフルにはカートです♪



最後にスコープも買いました! アマゾンで6980円で、いろいろ付いてるヤツです。
銀色マウントに装着していると、イマイチ色の組み合わせが気に入らなかったので、、、



結局、黒いマウントベースに戻し、ネジだけ銀色のを使いました(笑)



ただ、このスーパー9のマウントベースは、どのタイプもレール溝が薄くて、マウントリンクが固定しにくいのが難点、、、、、、



こんな細い溝に現在主流のマウントリンクのツメはガッチリと中に入らない!



と言う事でクラウンのU10のマウントベースをアマゾンで購入! 新品で1058円、、、恐るべし、クラウン!



溝の形状がまったく違います! 


元々がスーパー9ベースのU10なので、マウントベースはポン付け出来ました! 



これでスコープが外れたりしなくなった♪
えっ、、なんで、ストックが付いていないかだって?  そうです、、いよいよ、二液ウレタンを塗る為に外しました♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)コクサイM700スーパー9