アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
QRコード
QRCODE

2016年08月26日

本格的に作業スタート

前回からの続きです。

ギガマキシウエイトのエンフィールドに実験的に行ったブルー液による着色に成功! 素材下地の赤銅色は見えません!
気分的には駄目元での実験で、これが駄目ならメッキ工房で着色、ほんで駄目なら塗装と考えていたのが拍子抜け!
染まるなら、それを活かして完成させるぞぉ、、、、(笑)



まずは、マーカー部分の塗装落とし! ここは、ラッチで見えないかと思い塗料を剥がさなかったんだけど、、



ばっちり見えるやん!(汗)



一段窪んでいるので、一番小さい平やすりに水抜き剤を付けて黒塗料を削って落とすんだけど、
中々落ちないので、面倒になり、シンナー付けて削った! 画像では分かりにくいですが、赤銅色が顔出していますので、後で染める♪



ほんで、そのまんま、平ヤスリとカッターと針で各部にキズを入れます、、、この辺はラジコン戦車の仕上げと同じかな?



トリガーガードの側面もキズ入れ!  この作業は、やり直しが効かないので、超怖いっす。



光の具合で白いキズに見えますが、実際にはギラギラした赤銅色のキズ。



バレルのエッジ部分にもキズ入れます。



で、染めます! 部分的に真っ黒な所は、黒塗装が剥げていないとこですが、、こうゆう色むらがジンテージ仕上げには重要かと、、、笑!



小さくブツブツとした点は針でツンツンした謎のキズ♪



デコボコ大好き!



この2つの窪みがリアルなんです! (←変態です)



どこにキズ付けたか分かりますか?



ギガマキシに混入されている金属粒子の粗さがビンテージ仕様の表面にはマッチしています。



次は、箱出しのままで真っ黒な各ネジ類の修正かな? これは染めているのか? それとも塗装なのか? 塗装なら塩素系剥離剤で
簡単に色が落とせるんだけど?  後は、金属の小物パーツ類やグリップを修正すれば完成かな?  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(0)マイカスタム

2016年08月24日

ギガマキシ染まるやん

前回からの続きです。

特製秘伝のブルー液プールに一晩ドボンして染めてみたがイマイチ染まらなかった。



そうとなれば、手持ちの各種ブルー液の原液を直接布で塗って試してみると、あるブルー液で反応して、こんな感じになりました。



ギガマキシ自体を光沢が出るまで研磨していないので、染まっても艶消しな状態ですが、一番恐れた素材の赤銅色は隠せた。
次に恐れていた事が定着しているのかどうか? 特製秘伝のブルー液では布で拭くと色が落ちたけど、今回の液では大丈夫だった。



つか、隠れて見えなくなる部分は虹色に染まってる! 一体、どのブルー液で、こんな反応が出たのかは、謎です。(役立たずww)



以前に塗装で仕上げた喧嘩エンフィとのツーショット!
色合い的にも、今回のギガマキシの色は問題ないかと思います。



ギガマキシは染まらないイメージがあったけど、光沢仕上げのブルーイングに関しては知らないけど、こんなグレーぽい色なら染まります。



バレル側の染めが他の部分と比較して色が薄いな、、、 まっ、、細かな修正は後日です、、、今は、あくまで染め実験♪



エッジ部分を拡大すると、適度なギザギザ感とでも言うのでしょうか? 
たぶん、ギガマキシ自体の樹脂が、異物混入されているので粗い表面なのでしょうが、それが逆にリアルな感じがします。



懸念されるのは、使用していくうちに、エッジ部分の色が落ちて、下地の赤銅色が顔を出す事なんですが、上でも書いたように、
染めの色自体の定着は、布で強く擦っても、まったく色落ちしないので大丈夫でした。



よく考えれば、普通のHWを綺麗に磨いて銀色っぽくした上に染めて、黒や青の光沢仕上げされたブルーイングのエッジが剥げる事って
まず、無いように思うし、素材自体が、赤銅色だろうが銀色だろうが、それを隠す染めが充分されてれば元が何色だろうが問題無いっす。



染めは成功したので、この後の作業は、エッジ部分等に人工的なキズと言うか窪みを加えて、再度、染めあげて、
その次が、金属小物パーツやグリップの仕上げかな?



画像だと上手く伝わりませんが実物は亜鉛製のモデルガンかと錯覚してしまうほどです!
重さがあるし、固いし、冷たいし、とても樹脂製だとは思えない。 ギガマキシ特有の厚塗りを剥がして染めると大変身するのね♪



今回、樹脂パーツと一緒に金属小物パーツ類も一晩ブルー液のプールに漬けてしまい真っ黒になったのを研磨で剥がして染め直したけど、
部分的に真っ黒部分が残っている、、、まぁ、、こうゆうのも使い込んだ実銃にはあるよね? ね?



それと、一晩、漬け込んでしまったので、綺麗だった亜鉛表面がブツブツと穴が開いている? まっ、これもビンテージ風でありだな♪
ハンマーは、あえて、少しだけ虹色に染めました♪



ギガマキシウエイト、、、NETの情報や先入観で染まらないと思っていましたが、染まるみたいですので、皆さんも是非お試しください。
尚、試されて取り返しのつかない事になっても当ブログでは一切関知致しませんのでヨロシク・・・・(笑)
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マイカスタム

2016年08月22日

ギガマキシの剥離

前回からの続きです。

水抜き剤のプールに入れて一週間、毎晩、帰宅後に様子を見ました。



その間、プールにハケを入れて擦ると、塗装被膜がペロリと剥けてプールの底に溜まっていたので、塗装剥離は出来たのかと思って、、



一週間後に取り出して磨くとこんな感じで、なぜか、黒っぽいままでした。
ギガマキシって下地は赤っぽい銅色だったはずなので、完全に黒い塗装が落ちていないって事?



そのまま、適当なブルー液を擦りつけたら、若干、染まるやん!  つう事は、まずは塗るより染める方向でカスタムするべか?



水抜き剤では、ベロっと黒い皮膜が剥がせたけど、それでも黒っぽいので、いくつかの溶剤で直接拭き取ってみると、
アクリル系とラッカー系の溶剤で少しですが黒塗装が取れる、、、ただ、樹脂に直接溶剤はヤバいので、スチールウールや
真鍮ブラシで研磨して地肌を出す。



研磨しては水抜き剤のプールに漬けて、スチールウールで磨く方が黒が落としやすかったです。



とりあえず、シリンダーとサイドプレートの黒塗装は落ちたみたいで、それほど銅色っぽくないです。



こうなりゃ、他のパーツの黒塗装の剥離も水抜き剤にノンキに漬けて待つより、スチールウールで強制的に色を落とす。



バレル以外の部分は試しにブルー液を塗った部分です。



バレルは剥離すると、エッジ部分などが適度にデコボコしていつように見えて、実銃っぽいかも。。



テストでブルー液を塗ったサイドプレートと他の部分の色の違いの分かる画像です。
ギガマキシ、、もしくして、染めればなんとかなる?



そうとなれば、黒塗りされていた金属パーツ類! こちらは金属なので塩素系剥離剤を塗って、あっという間に亜鉛地肌になる。



マーカーのパーツだけ部分的に黒染めされていましたが、あとは綺麗さっぱり塗装が落ちて、意外にもパーテングラインも綺麗に処理されてる。



一度、そのまんま仮組み!  光線の加減では、やっぱ、全体的に赤味がかっています。



で、本格的に染めの実験を開始! どこの家にでもあるキャロムのブルーペンでサイドプレートを擦る。



変色してるの分かりますか?



なんとか染まっているような?



これならビンテージ風仕上げに使えそうな色合い?



光の強い所での撮影だと、こんな感じです。
それでも、サイドプレートとシリンダーが濃い色になってるのが分かると思います。



よし、本格的に染めてみよっと!  特製ブルー液のプールにドボン!!
綺麗な青や黒に染まらなくていいんです、、濃いめのグレーに染まって、ギガマキシ素材の赤銅色が消えれば、、
もしくは、赤銅色が茶色っぽく赤サビ風に見える感じでもOK!  さて、、どうなるギガマキシ?    

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マイカスタム

2016年08月20日

さび錆びエンフィのその後

3年近く前のブログになるのかな? さび錆びエンフィ!

以前のブログ以降、壁の置物になってたけど、、久しぶりに手に取り眺めると、やっぱ、グリップが気に入らない。



戦車用のパステル粉やピグメントで若干着色した後に艶消しクリアー♪



古い実銃画像など見ると、ここまで外見が錆びた鉄砲だとグリップ付いていないのが普通なのか、、
グリップの経年劣化した良い資料が見当たらない、、、泣!



あっ、、何度も書きますが、このエンフィは樹脂製ですからね! 錆びた感じに演出して無可動になったモデルガンす。
銃口も重さを稼ぐ為に封鎖してますし、、折れ曲がらないのでカートを入れる事も出来ない、手にすると軽いオモチャです(笑)



グリップも外せないので上から色を重ねるくらいしか出来ず、、、せめて、外せれば、部分的に割ったりしてビンテージ感出せるのに。。



白い物体はテッシュ! 粉を拭き取る時に使った残り切れが付いたまま、上からクリアー吹いて固めた。 
ワケの分からん付着物は貴重ですww



ただ、今、こうして見ると、エッジ部分のラインが綺麗だよねぇ、、、本当なら朽ち果ててデコボコのはずなのに、、



エッジ部分を削ったりして、再度、粉を付けて錆びを付ける? やろうと思えばやれるけど、、面倒くさい(笑)



そこまで気にする人いないし、こうして野外で撮影すると、樹脂製のオモチャには見えないし♪



私はお気に入りなんですけど、、オフ会とかでは評価低いです、、つか、、触るのも汚らしいって感じで敬遠される?



ビンテージ風のリアルさを追求したら、行きつく先は、こうなるんだけど、、ここまで傷んでいないレベルが、やっぱ一般的? 
現在、作業中のギガエンフィ、、、一般的なレベルでの仕上げを狙ってるけど、しくじったら、さび錆び仕様にするかもね、、、(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マイカスタム

2016年08月17日

最後に葉っぱ!

オフ会に来てた人は部屋の一角に謎の緑があり、さぞ不思議だったのではと思います。

お盆休みで庭の雑草を刈ってた時に、この葉っぱを確保しやした。



ドライフラワーにする方法とか調べるのは面倒なので、刈ってから3日目くらいで塗装ブースで色塗りした!
えっ、、、何の為かって?



戦車に付ける為に!(笑)



いいじゃん、いいじゃん! デカい1/16サイズだから出来るワザ? 小さな戦車だと、そう簡単に車体の大きさに合う葉っぱは無いのでは?



なんと言ったって、元手がタダ! いくらでも庭に生えてる雑草!
乾燥してないのに色を塗ったりしたから、後で、どうなるのか分からないけど、、いくらでも補充できるのでOK♪



ちなみに、この葉っぱは、3種類の緑色のスプレーで塗って深みを出していますww



ついでに、枯れ草風の着色! こっちは2種類の黄土色スプレーに艶消しクリアー塗ってます♪



しばらく様子を見て、使えるようなら、もっと庭から引き抜いて来ます、、、葉っぱ!



もうする事がないので、戦車遊びは、こんな、しょーもない事やってます(笑)
  

2016年08月16日

ギガエンフィ再び

戦車ばかり続いているので、息抜きでエンフィ♪

夜な夜な磨いて、グリップはマルシン純正のスターグリップにキズ付けて黒く塗ってあった他のエンフィから移植した。
単純にマルシンの黒い外装を磨いただけだけど、光の具合によっては、こんな風に染めたのかと思える見た目にはなっている?



グリップもキズを付けたタイプにして、本体の各エッジ部分も下地の銀色が出るくらいに磨いて(磨き過ぎると銅色になる)
仕上げたけど、やっぱ、インサート部分の下地ラインが気になる。。



染めてみたり、めっき工房で黒めっきしてみたり、少しでも目立たなく出来ないかトライしたけど、無理! 変化なし。
黒いパステル粉を塗ってみたけど、表面がツルツルで食い付き悪いし、パステルだとクリアコーティングが必要で結局全塗装になる。


だったら、イチから全部塗る事に決定! (ここからは海外の実銃画像です)

そうなるとバトルダメージ風の塗装になるのですが、この一見、綺麗に見える実銃エンフィも、、、



拡大すると各エッジ部分に凹みキズがあるのが分かります。



普通の大きさの画像だと分かりませんがバレルのエッジ部分がデコボコしています。
これが私の課題になるのです。 今までもビンテージ風? バトルダメージ風? 呼び方は何でもいいんですが仕上げた時に、
銃の表面の色が劣化して下地まで出ているのに無傷はありえないとキズを付けて仕上げた事もありましたが、何かが違う。。



それは、こうしたコンマ何ミリの世界のキズを付けていないから、、、、1/16サイズのラジコン戦車と違いリアルサイズの鉄砲へのキズ、
これは非常に難しいんです! キズ付けてから色を塗ったら塗装被膜でキズが埋まってしまうだろうし、それも計算して塗る?(汗)



考えれば考えるほど前に進まないので、ギガエンフィを分解しました!



ほんで、まずは、樹脂パーツだけ、水抜き剤の中へドボン!
これで後戻りが出来なくなった(笑)



と言う事で、まずは塗装剥離に何日掛かるのか? それまでに、どうするか考えればいい?
つう事で、しばらくブログ更新はお休みかな? ネタ尽きた(汗)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マイカスタム

2016年08月15日

完成!

前回からの続きです。
つか、昨日はオフ会でした!  オフ会の模様は掲示板でご覧ください\(^▽^)/

オフ会の前日に完成していた元ガルパン仕様のタイガーです! その完成までの作業を一気に掲載、、よって長いです(笑)



ガルパンのデカールを剥がして、元々の黄土色カラーの上から茶色のカラーをエアブラシで適当に塗り、二色迷彩風にしました!



次に、タミヤの余っていた水転写デカールから適当なものを選び、、



貼る!




デカールの文字の番号とか、きっと意味があるんだろうけど、史実は無視! 色合いとデザイン重視で貼る。



つか、、いくつかNETで見た事がある、この逆さ文字の「福」、、、なんでドイツ軍の戦車に貼られているんだろう?  同盟国だったから?



デカール貼ったら、次は、各部にキズを付けます\(^▽^)/



引っ掻いたり、、



刃先で細かく叩いたり、、



エッジ部分も念入りに♪



あとは、それらに粉や塗料で色を付けたり流したり、、



一番大好きな作業を楽しみます(^.^)v



艶消しクリアや部分的には半艶クリアなども吹き付けて、ほぼ完成、、、もう、ガルパンのイメージは完全に消えた。



このままだと殺風景なので、、、



以前購入してた有刺鉄線風のワイヤーを黒染めして装着!



こっち側にも♪



ほんで完成?  いや、待て、、こうなると、弛みの無いキャタピラ上面にリアルさが欠ける、、、ヘンロン箱出しの樹脂キャタピラだから、、



今まで、ヘンロンの樹脂キャタピラは分解できなかったんです、、ピンが抜けなくて、、、でも、今回は、余っていたキャタピラから分解し、
2コマ追加して、緩めのキャタピラにしました! 追加した部分は、あえて未塗装のままです。



ちなみに樹脂キャタピラの分解方法は、ピンを抜く方向が決まっていて、画像上側の矢印部分から押すんだけど、
細い金属棒を刺して押しても、その棒が曲がったりして抜けなくて、毎回断念してたんだけど、今回は下の丸いマーカー部分の金属棒の先端を
ラジペンで撮んで引っ張れば、少し抜けるので、そしたら、反対側の矢印の方に押し出しピンを入れやすくなり抜けた♪



見た目の弛み具合は最高です! 問題は、これで走行させて外れないかですが、狭い室内で直進後退、旋回しても大丈夫でした。
ただ、超低速での走行なので、野外などで速度出せば外れるんだと思います。



色も塗られているので、もう、どっから見ても樹脂キャタピラには見えません。



次に各部に弾痕も追加。



ハンダゴテで適当に穴開けて、黒エナメル塗って、部分的に茶エナメルや銀のパステル塗ってます。



最後に全体を溶剤に気が付かない程の黄土色をまぜて全体をウォッシング! 白い文字が真っ白に見えないようにします。



最終的な仕上げとして、弾痕部分やエッジ部分に黒いパステル粉を塗り、再び、艶消しクリアと半艶クリアを適当に吹き付ける。



うし! これでいいかな?



オフ会の時には既に完成してたので皆さんに見て頂きました。 お褒めのお言葉も頂きました、、つか、、鉄砲塗ってた時より評価が良かった?ww



リア周りの汚れが少ないけど、、まっ、いつでも追加できるので、今は、これでいいのだ。



今回リメイクする前の状態。



そしてリメイク後\(^▽^)/



リコイル砲身でストロボが光る特注車! 金属キャタピラじゃないけど、まずは、それに気づく人がいない着色! 
我が家のヘンロン戦車の中で、見た目も中身も最高峰の一台になりました。



これで、8台あるヘンロン戦車の外装イジリはほぼ完成! 残りは微修正くらい? 置き場の問題があるので、マジでもうお終いです。
ブログが再び休眠になりそうです(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2016年08月14日

さらばアニメ仕様

前回からの続きです。

他のバトルダメージ仕様の戦車と違い、この1台だけがアニメのガルパン仕様になっているので、並べると違和感ありあり!!!
でも、、これはこれで、ありだから、、、普通のドイツ軍戦車と同じバトルダメージにするのは、勿体ない。。。



悩んでいる中、樹脂製のタイガー用キャタピラが余っていたのを思い出して、適当に色を塗ってみた。



あくまで試しで、、真っ黒なキャタピラに、この塗ったキャタピラを付けたら、、、どうなるのか??



いいやん!
車体色ともマッチしてるし!!



やっぱ、、綺麗なアニメ風より、リアルなダメージ仕様がいいよね?
さらば、ガルパン!



水転写のガルパンデカールの上から水性トップコートを塗ってたデカールを塗れたテッシュやドライヤーなどで熱して、こりこりと剥がす。
クリアが薄塗りだった側面部は比較的簡単に剥がせたけど、、、、



デカール貼りに失敗して、手直しした為、クリアを厚塗りした後部は、ここまで剥がすのに1時間、、、、うーむ、、、やらなきゃ良かった!  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2016年08月13日

完成、完成♪

前回からの続きです。

まず、これが、今回手直しする前の勇姿です。
綺麗過ぎるんですよねぇぇ、、、、つか、、まったく無傷で、、全然、リアリティが足りない!



で、やり直して、完成した姿がこれ!  戦って来たって感じになってる?



キズですよ、、キズ!   戦車にはキズ!(笑)



こうした戦車の仕上げ直しは、元の色に上塗りしたり、キズ付けたり、色を落としたりで、重ね作業だから、ある意味、、、、楽!



これが、トイガンだと、下地塗装からやり直しとかになるんだよねぇぇ、、、
以前に一杯、バトルダメージ風のトイガンを作り、後半には、キズを付けてから仕上げたのもあるけど、



まったくの無傷で、色塗りだけでビンテージ感を出した、このエンフィなんかも、素材自体に傷が無い不自然さを感じてしまう、、、
でも、やり直すの面倒くせぇんだよねぇぇ、、、戦車と違って、、、、汗!



まっ、、そんなんもあって、全力でトイガンより戦車に浮気中ですが、、、イジる戦車が無くなって来たし、
sizuさんから頂いたギアエンフィが、俺も色塗って仕上げてくれよぉぉーーーと訴えているような気もする、、、、



戦車長も、そんな訴えは無視しろと言ってます、、、、笑!



この色合いにするのに10回は塗料や粉を塗り、5回はクリアーでコートしたような、、、、洗いは3回くらいかな? 何度も繰り返した。



そうする事でイメージに近づく事と深みが出るのかな?  完璧な自己流仕上げ、、、笑!



逆に手抜きしたのが、この正面下からの汚れのグラデーション! 2度位の作業で仕上げたので深みが出ていない。
まっ、、後から、いくらでも追加作業は出来るし、、ここ、下から覗かないと見えない位置だから、気にしない。



今回の仕上げイメージはグレーと黒が主体にしました。



グレー系だと、我が家にはタイガー1号機が君臨しており、そっちは、グレーと白が主体なので差別化。



部分的に茶色や白も使っているけど、、それらは隠し味って感じ?



とりあえず、完成だべ♪



ジャーマングレーをベースに、ホワイト仕上げとブラック仕上げの2台?(笑)



うーむ、、、大迫力!



こうなって来ると、一台、浮いた子がいるんですよねぇぇ、、、



ガルパン黒森峰仕様のタイガー! 
唯一、残ってる我が家のアニメ仕様のヘンロン戦車! ショップでリコイル砲身にした中身は凄い子なんですが、、(泣)



やっぱ、他の戦車同様、バトルダメージ風に外装をやり直すべきか、、、
それとも、1台くらいはガルバン風仕上げを残しておくか、、、、結果は、、、次回のブログで(^.^)v  

Posted by 塔四郎 at 21:00Comments(0)タイガーⅠ(3号機)

2016年08月13日

やり直し!

キングタイガーが仕上がり、

どれも好みの仕上げになっているんだけど、、、、ど、、、、



このタイガー3号機だけ違和感があるんです、、、、汗!
元々、ダメージの少ない綺麗な車体ってイメージで作ったせいか、今見ると、無傷で、全然リアルじゃない!!



よって、やり直し決定!!
デカールをドライヤーで熱して剥がし、全体を適当に溶剤で洗い、、



ハンダゴテやカッターで、まずはキズを付ける!



キズの無い戦車なんて、ありえない!(笑)



てか、、、ボロボロにするんかとお思いでしょうが、、、



こんだけキズ付けても、、、



上塗りすれば、こんなもんです。



窪んだキズ部分の色付けは後回して、、、



まずは、適当に色を重ねて、ウォッシング。



今回は、上塗りしたグレーがアクリル塗料で、ウォッシングした溶剤もアクリル系、、、よって、上塗りの色が剥がれて、、



部分的に、こんな感じの色合いに♪



次に明るいグレーのパステル粉を擦りつけて、、、



全体にも同様に、、、



キズ部分への着色を開始!



それからデカールは以前に購入していたタミヤの水転写シールを活用♪



つか、、デカールを貼る前に車体にキズを付けたので、デカールの下が凸凹で綺麗に接着できない、、まっ、適当に誤魔化すした。



それと、デカールの余白が半透明で白っぽくなる、、、、



カッターと爪楊枝で余白部分を切り剥がす。



フロント周りに黒色を追加して、、



リア周りには、黒と茶を追加してみる。



うし、、、次回で完成披露だな♪
  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(0)タイガーⅠ(3号機)