< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ

2018年04月20日

1号ナーフやり直し

前回からの続きです。

6号ナーフの塗装も終わったら、



以前にもブログで不満を書いた、向かって右端の1号ナーフの塗装が、やっぱ気に入らない。



いろんな色は塗ってるんだけど、のっぺりしてる? バランスが悪い? うまく言えないが心に響く物が無い?



一番の問題は初めてのナーフ塗装で余分な刻印を消さなかった事!



立体文字と言うのか、浮き上がった文字は塗装の邪魔!



と言う事でガリガリ削る!



面倒くさいけど削る!



削り終わったらバラさずにサーフェーサーを吹く!



各部チェックして削り残しを削っては塗るを繰り返し、



金メッキ風スプレーを塗る!



とってもゴージャス!
今回はこれをベースカラーにして色を加えてダメージ仕上げにします。



アクリルガッシュで適当に色を作って、トリガーとシリンダーの後部を塗ったけど、



基本、この塗料は乾くと艶消しになるんだった!  とりあえず、艶有りの塗料で塗りたいんですけど、、汗  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ディスラプター

2018年04月19日

6号ナーフ完成

前回からの続きです。

適当な色を塗ってメリハリの無い6号ナーフこと「ナーフ Nストライクエリート トライアド」ですが、、



全体に黒のエナメルを塗って拭き取ればこんな感じに♪



だんだんとコツを掴んで来た。



これでナーフ塗装5丁めですもん♪



分かり難いけど、エッジ部分に銀色を追加して完成!



トップコートは艶有りを多めに吹いてます。



なんだか訳の分からん物体ですが近未来の鉄砲ですw



不気味な色合い!



でも、元々のこれよりは断然良くなったかと、、、、笑



このカラーリングでデトニクスやエンフィールドを塗りたい気もするけど、色の重ね方やぼかし加減は偶然による部分が多いので
うまくバランスが取れないと悲惨な色合いになりそうなのでパス!



後のネジ3つは、もう少し銀色を塗って別体感を出した方が良かったかな?



まっ、、細かな修正はいつでも出来るのでOK!



3つ並んだ銃口が迫力あるけど、



弾を入れるとナーフガン!(笑)



仕上がり具合はこの6号に似てるかな? 共に金属感はあると思う。



こうなると、あのナーフを塗り直したくなって来た。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)トライアド

2018年04月18日

今度は6号ナーフ

さてと次なるナーフの塗装は、sizuさんからのハワイ土産のこの小さなナーフにします。

あまりにも独創的なデザインで、どんな色に塗ればいいのか、まったく分からないけど、なるようになるべ?w



改めて見ると、このグリップ部分の刻印は、こっちは白いままなのに、



反対側は黒く塗られている謎!
まっ、塗っちゃうから、どうでもいいんだけど、、笑



どんな風に塗ろうかまったく考えていませんが、いつものように余分な刻印(全て立体文字)を消す事から始めます。



上の黒文字と下の青文字、、微妙な突起だから削る事自体は簡単なんだけど、面積が小さく曲線部分にあるし、
その周りの削らなくていい部分まで削りそうで怖いっす。



ちなみに今回も7号ナーフと同様に分解せずに塗装します。



あくまで素人が見た目だけでの判断ですが、分解が難しそうに思えたから、、、笑



で、削り作業の画像は省略! 今までのナーフと同じです!
削り終えたらサーフェーサーを塗って、、さて、何色で塗ろうかと、、ここで初めて悩みますw



単純にサーフェーサーを塗った状態で頭に浮かんだのが、



HWSさんのリバレーター! 奇抜なデザインで、これと同じような銀色に塗れば金属感も出るんだけど、
うちの3号ナーフが銀色主体で塗ったから、色がかぶるのでボツ!



まっ、、悩んでも始まらないので、、、、



まずは下地用の銀色を塗る! 今まではホムセンの銀メタスプレーだったけど、今回はキャロムのチタニウムを塗った。



グリップ下に延びる棒がコッキングバーで稼働するので、その部分はキャロムの塗装のままマスキングして、
その他、数か所マスキングした後に、銀メタや青や黄色やオレンジのクリアーカラーを塗ってみた。



後は適当にスミ入れをすれば色が締まる???



マスキングテープを剥がして黒のエナメルを塗ってみる事にします。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)トライアド

2018年04月17日

4号ナーフ手直し

7号も終わったので、次はどれを塗ろうかと思ったけど、

7号の前に仕上げた4号ナーフを少し手直ししました。



まずは青いカートをアクリルガッシュの金で塗り、弾頭部分も同じくガッシュの銀で塗ったけど、
この吸盤タイプのカートじゃぁ見た目が変だべ?



よって、普通の弾頭のスポンジ弾を塗って4号ナーフ用にした。



後、この包帯の色は、やっぱ不自然な色合いだし、銃に似合ってなかったので、



カートと同じくアクリルガッシュの金色で塗った!
違うのは水で薄めて塗ったせいか、メタリック感がない黄色みたいな色になったけど、



金色系が前後に配色された事で、以前より色のバランスが良くなった。



元は包帯ですが、一杯塗料を塗り、最後にはクリアコートもされているので布の柔らかさは一切なくなり、
逆に布地が固くなり、硬質なザラザラした感じが手に食い込んでいい感じになった♪



結構、見た目が気に入っており、今度、古びた木製のコレクションケースでも購入して入れたろうかと、、、笑



見るだけなら鉄!w



スポンジに塗ったアクリルガッシュの金色は塗りっ放しのまんまだけど、3回くらい撃ったけど、目立つ色落ちは無し、、、
まっ、色が落ちたら塗ればいいだけ♪



でも、マズルに差し込むとこんな感じ、、やっぱ、マヌケですねw



それでも、以前の青オレンジのカートよりは絶対に良い?




ある意味、この2丁は、モデルガンやガスガンと一緒に置いても違和感の無い実銃志向のカラーリング?



現在、塗装の終わった4丁のナーフ達♪



向かって右の1号ナーフが、やっぱ、初めてのナーフ塗装で、いろんな色を使ってるけど出来がイマイチですね。
魂が感じられない!(笑)



4号とギガマキシのエンフィ!



ビンテージ感がまったくの別物w



銀色の3号ナーフは手塗り感が一杯ですけど、1号ナーフと違い、魂と言うか、着色意図と言うか、制作意図?
そんな物が感じる? と言うか見える?  私だけには、、、、、笑



まっ、、本当にお絵描きの世界ですね、、、ナーフ塗装はw



絵を書いて楽しければいいんです、、、単なる趣味ですから♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ダブルストライク

2018年04月16日

7号完成!(笑)

前回からの続きです。

普通の黒いダメージ仕上げを目指す、元々はカラフルだったスターウォーズのナース銃!



エッジ部分を爪で剥がしたり、ペーパーやスポンジやすりでキズ付けたり、アクリルガッシュの銀色を加えたり、黒い部分には、
薄めたエナメル黒や、茶色のパステル粉を振りかけて擦ってトップコートで保護したり、



もう、好き勝手に色を重ねては落としたりw



バレル上の発光する透明アクリル部分は、厚塗りし過ぎて光が見えなくなったので、溶剤で色を薄めて、中の光が見えるようにした。



エッジ部分の銀出しが爪でガリガリやったので見た目が汚く、過去の私のエッジ出しとは明らかに手法が違う。



真面目に仕上げるなら黒系はエアブラスで薄く吹いて、後は研磨で銀下地を出した方が綺麗なんだけど、ワイルドな仕上げ?
いや、手抜き? こんなのもいいんじゃないかと、、ナーフだし(笑)



トップコートは艶消し、半艶、艶有りの三種類をフル活用♪



フォアグリップとグリップのみ綺麗な艶消し黒のまんま。



フォールデングストックらしき、細くて長いバーの部分は、艶ありクリアーを塗って、更にコンパウンドで鏡面磨きした。



ちゃんと光るし音も出ます♪



正味半日で完成!



マズルを見なければナーフには見えない?



この見た目なら、他のガスガンやモデルガンと一緒に並べてもOK?



金属感あるけど、持ったらナーフ! (笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)デストルーパー

2018年04月15日

次は7号ナーフ!

4号ナーフが終わったので、

次なる塗装は先日買ったばかりの7号ナーフを塗る事にしました!
5号や6号よりも、音が出て光る7号も方が面白そうやん! それに簡単に塗れそうな予感がしたので、、、笑



いつものように余分な立体文字を、



バリバリと削り落とす!



ナーフの文字消しも、これで何丁め? 大分慣れました♪
以前は400番位のペーパーからスタートしてたけど、今は180番からのスタートで、あっと言う間に削れるw



長物なので消す面積はデカいけど、小さなナーフよりは逆に削りやすかった。



20分くらいで全体の削り落としも終わり、



てか、、ダミーマガジンの文字が残ってた、、、汗



丸い突起だけ残して削ったら、



分解もせずに、そのまんまサーフェーサーを吹く! もちろん、マスキングなどもしない!(笑)
これまでのナーフは簡単に分解出来たけど、このナーフは中にスピーカーや電球とかが入ってるので、ヘタに分解すると壊す恐れがw



サーフェーサーが乾いたら、いつものホームセンターの銀メタなスプレーを吹き付けて、



高額なトイガン塗料は勿体ないと思って、同じくホムセンの黒を塗ったら、、



テカテカ過ぎて大失敗!



なら、しょーがないと、高価なブラッセンで塗り直した!
そう、今回は、普通の黒いビンテージ風な長物仕上げを目指します。



元はこんなんだけど、デザイン自体は普通の長物っぽいやん? そんなにSFぽくないので、黒ビンテージで良いかと♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)デストルーパー

2018年04月14日

4号ナーフ完成

前回からの続きです。

銀色主体のカラーだと3号ナーフと似た感じだったので急遽イメージ変更しました。



包帯には血のりを付けたかったけど、、どう見ても血の色じゃねぇなぁ、、、、笑



ビンテージ感あふれるナーフになりました。



銀色下地の上に黒エナメルと茶色のパステル粉を塗り、溶剤で適当に落としただけ♪



適度な茶色がいい感じにサビ風?w



エッジ部分には、アクリルガッシュの銀色で部分的に塗って光らせてます。



まっ、、



カッコイイっす!



シブいっす!



こんな塗装にするはずではなかったけど、



モデルガンやガスガンと並べてもOKなルックスに変貌しました。



リアルな外装になればなるほど、、



とっても残念に思えるのが、、



迫力のバレルに



差し込まれる青くてオレンジなカート!



絶対に似合わない!




他のナーフは直ぐに撃てるように弾を入れたままですが、この4号は普段は未装填のまま飾ります。



弾を入れずに飾るだけなら、最初の黒いままのも良かった気がする! てか、2980円だから食費を削れば、又、買って塗る?



今回の塗装は、銀下地に黒エナメルを塗って、それを溶剤で落として、最後にクリアーコートを吹いて出来上がった訳ですが、
もうチャンスは無いかも知れないけど、エンフィールドでもチャレンジしたい塗装です、、、まぁ、、皮膜強度は弱いけど。



今までのダメージ塗装だと、下地銀を塗って、その上にエアブラシで黒系を塗って、後は研磨で下地を出してたけど、
溶剤で上塗りを落とす塗り方は、研磨で落とすのとは違った仕上がりで面白かった♪



厳密に言えば、この4号もスポンジやすりで研磨した部分はあるけど、全体の10%も削っていない。
逆に、アクリルガッシュの銀色での補修が増えた、、、と言うより、ガッシュが全体にメタリック感を増す要因になってる?



奥に写ってるのは錆びたスチール製のM4マガジン! それと似たような色合いの4号ナーフ!
そして、それらとは全然合わない青とオレンジの弾w



スポンジの弾を銀色に塗って、先端のオレンジの吸盤を黒く塗る? 絶対に直ぐ剥げるよねぇ??(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ダブルストライク

2018年04月13日

4号ナーフ汚す

スターウォーズのナーフも届き、塗装待ちがどんどん増える中、この4号も仕上げないとね、、、、汗

綺麗な金銀カラーの見納めです!



大量に黒のエナメル塗料を塗り、



拭き取ったら、こうなった!



持たなきゃ金属w



まぁ、汚し前よりは質感はアップしたけど、、



なんとなく不満足、、、



グリップのテーピングをしていないせいか?



巻いてみた!



汚してみた。



うーむ、、、、テープも銀色系な色合いになってしまい、銃全体が締まりの無い色合いに、、、汗



更に不満足な点は、、



3号ナーフと基本ベースカラーが同じなんだ! だから、新鮮味が無い。



それから、カートを入れると、、更に変!
もっと奥まで入ればいいかと思い、



スポンジ部分を切断して短くしたけど、



別にカートを短くしても、バレルの内部の芯棒のせいで、この位置までにしか入らない?  1個、弾を無駄にした、、、、笑



弾の問題は先送りにして3号と似たような色合いだったので、



再び、黒エナメルを塗り、



適当に茶色や銀色を加え、



イメージチェンジ中!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ダブルストライク

2018年04月12日

7号はスターウォーズ!

ナーフ塗装中ですが、また、新しいナーフが届きました!

「スター・ウォーズ ナーフ デス・トルーパー ブラスター 」とか言う名前のナーフガンでアマゾンで3200円でした♪



対象年齢6歳以上!(笑)



このナーフの凄いのは、発光もするし銃声も出るらしい! それに弾も光るらしい! それで送料含めて3200円!



こちらの方の動画を見て、こんなにギミック満載なナーフがある事を知りました!
マルイの新次元VSRの10分の1の価格で、光るし鳴るし飛ぶし、、、ナーフの勝ち!w



でも、、なんで、こんなに安く売れるのよぉ? スターウォーズの版権も使っての価格でしょ? 
この記事自体は3月に書き上げたものですので、4月からタカラがナーフから撤退しているので、在庫処分価格なのか??



こちらのサイトでナーフの歴史が書かれていますが1969年と言う事は昭和44年に登場したトイガンで、
日本では黒い金属製モデルガンが全盛期で、ググッたら王冠マークが付いた年に生まれたナーフ! 歴史長いなぁぁぁ、、、尊敬w



ほんで、この四角いパーツがマガジンなんだろうね、、、ナーフは銃口から装填するので、ダミーマガジン♪



こんな風に装着したけど、、なんか変な感じ、、、映画の銃もこんなんだっけ?



箱開けて悩んだのが電池です!
付属の説明書には電池4本って書いてあるけど、



説明書に従って電池カバーを開けたら、通電防止のシールも無い電池が既に3本入ってた!
説明書には4本と書いてあるので全部取り出しても3本しか入るスペースがなかった!



思い出したように外箱を見ると、ここには3本使用の文字が、、、、
凄いね、、箱と説明書で電池の数が違うってとこが、、、、真面目な6歳児なら悩むぞぉ、、、これは、、、、笑



見た目はフォールディングストックのマーカー部分をショットガンのフォアグリップのように後方にガシャンと引くとマズル部分が点灯して、
弾を撃てば消える仕組みになっており、その弾を撃つと爆音では無いけど銃声がするし、、これは面白い!



凄いのは、ガシャンとコッキングをしない状態で(マズルが光っていない状態で)空撃ちをすると、マーカー部分が後ろから前に
光が流れて銃声がする! コッキング時と空撃ち時で二通りのギミックが楽しめる!



これが空撃ち時での発光! この光が前方に流れて行きます! 3200円なのに凄くないですか?



ほんで専用の蓄光弾かな? これを入れて、部屋の電気を消して撃つと、、もうそこは宇宙空間! 弾道が光線みたい、、、、笑



モデルガンやエアガンとは別のジャンルで進化を続けるナーフの世界♪



フォールディングストックがコッキング用のグリップだったり、ダミーマガジンとナーフの弾の長さが全然違ったり、
そんな事はどーでもいいんですね、、、ナーフの世界では?w



電池が3本内蔵されているので、ナーフとしては重量感があるw



レイルは全てのナーフと共通で20mmの光学機器は付かないので、



以前にも掲載した20mmレイル用のマウントベース(下側は6角ネジで締め込めるので20mm以下のレイルにも装着可能)に、
適当なドットサイトを付けて装着♪



実銃の構造などまったく無視した製品作りかと思えたナーフですが、マガジン装着口には、、、



不要となった内部パーツの入っていない電動M4のマガジンの横幅とほぼ一緒?



それなら、ナーフのダミーマガジンを少し削ればM4マガジンの中に入りそうなので、ロングダミーマガジンが作れる?
てか、そんなの作ってどうすんのよ、、普通の箱出しマガジンでいいのよ! ナーフなんだから、、、笑
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)デストルーパー

2018年04月11日

お気に入りのツートン

前回からの続きです。

バレル先端にスポンジ弾さえ差し込まなければ、この色もいいんだけど、ナーフは撃って遊ぶので、カラフルな弾に合わせて、



グリップ部分の黒を残して、ホームセンターの銀メタスプレーと、塗料置き場で眠ってた、金メッキ調スプレーで塗った。



ブログの常連さんならお分かりかと思いますが、私、金銀のツートンって大好きなんですよねぇ、、、ゴージャスで!



あっ、もちろん、最終的には汚しますよん♪



綺麗な金銀は今だけw



3号ナーフと同様に黒のエナメル塗料を塗り、それを落として仕上げようかと、、手法は同じで新鮮味が無いけど、



塗装待ちのナーフがまだ沢山残っているし、、、この子は、とっとと仕上げたいかとw



初の試みになるのはグリップに最終的に巻くであろう包帯のウェザリングかな?



塗らなきゃいけないナーフがまだあるのに、つい、アマゾンで、また、ナーフをポチッてしまいました、、、、
それも届いたら紹介するね♪



さてと、綺麗な金銀の見納めです。



この後、汚しスタート!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ダブルストライク