< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年10月30日

ロープ遊びが続く

前回からの続きです。

オリーブ色のヒモばかりじゃ飽きるので、ジャーマングレーに塗り替えたヒモも数本作ります。



輪っかの根元の接合部分は、液体プラスチックで固めて色を塗ったけど、塗料を薄め過ぎたのか半透明になってるな、、、汗



まっ、後で原液を上塗りすればOKかと♪



多分、このロープの太さは、本物なら金属製の牽引ロープだと思いますが、布製なので、こうして戦車に付けても好きにデザイン出来る。
過去には1/16サイズの金属製のロープ類も何種類か購入したけど、丸めたり、デザイン決めるには硬すぎて困難だった。



先日は、木が素材だけど、それで金属風アンテナを作ったりして思ったけど、、別に金属に拘る必要は無い、、金属に見えれば良い。



ヘンロン戦車自体も樹脂製だし、、ただし、キャタピラ等の動きのあるパーツは金属の方が良い♪ 
つか、、何が言いたいんだオレ?(笑)



分かり難いけど、金属製ロープとタコ糸ロープと、今回のロープの三種類の競演~☆



日々、進化を続ける我が家のⅣ号戦車、、、、今後も、、更に何か着飾るのか??



対するⅢ号戦車へのロープは、無化工の余り物をライトに被せただけ、、、、笑



キングタイガーは、やり過ぎた?



まっ、、いつでも外せるし、、、笑



満足、満足♪  

2017年10月29日

ロープ追加とアンテナ自作

先日購入したロープの続きです。

追加で2本、、計4メートルのロープをGETしました。



前回は瞬間接着剤と布で輪っかを作りましたが、指先が接着剤だらけになるので、今回からは液体プラスチック「ボンディック」を使います。



透明なので、どんな形になっているか分かり難いですが、、



色を塗ればこんな感じ!
塗り立てで光沢ありありで変な感じですが、、、



しばらく物干し竿の代わりとなる砲身にブラ下げて乾燥させれば艶消しになります。



そして、パンターGに適当にデコレーション!
つか、まだ、光沢があるな、、、後で、艶消しクリアーを上塗りして、誤魔化せばいいか?



ついでに、パンターGで、ずっと気になっていたのが、、、このアンテナです!
以前に太いピアノ線を切って作った物ですが、上から下まで寸胴なんだよね、、、本当は上に向かって細くなっていくんだよね?



と言う事で、硬くて削れない金属棒の代わりに、木製の丸棒を使って作り直す事に♪



もちろん、このままでは、アンポンタン過ぎるので、、、、笑



先を削る、、、つか、、焼き鳥の串みたい、、、w



そして色を塗れば、木には見えない!(笑)



いいねぇ、、、砲塔横のヘルメットや木製アンテナw



あっ、、、向かって左側面にある木の束、、、、その丸棒が、今回、アンテナに化けました!(爆)



なんだかんだと、その時々で、いろんなデコレーションが増えていき、お気に入り指数が大幅アップのパンター君です♪



戦車と鉄砲、どっちが好きと聞かれたら、、、まだ、ギリギリ鉄砲の方が好きですが、、このままだと、そのうち逆転されそうな予感、、、
だって、戦車の方がエンドレスでイジり甲斐があるし、イジるの安いし、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ヘンロン製品パンターG

2017年09月29日

車体後退動作抑止ユニット

先日、ブログで掲載した2.4Ghz化したタイガー1型(2号機)

砲身のリコイルシステムは問題なく作動したが、ヘンロン特有の車体リコイルを制御する装置が使えなくなった。



使えなくなったのが、このフェンダー上部にある黒いパーツで、こいつが車体のリコイルを制御してた訳ですが、配線も切られ悲惨な状態。
以前にラブリーさんにカスタム依頼した内容を調べたら、最初は「TG1/16スケール タイガー1型戦車用 RRZ砲身リコイルシステム
(ストロボ付き)&専用アルミ砲身(真鍮マズルブレーキ付き)」を依頼して、それに追加したのが、この切断したパーツでした。
「TM1/16ヘンロンRC戦車 27MHZ&タイゲン2.4GHZマルチファンクションユニット用 ARM-02-DX 車体後退動作抑止ユニット」、
正式名称は長いけど、出来れば、使えたらいいよね?



名前から判断するとヘンロン27MHZとタイゲン2.4GHZに使えるみたいで、ヘンロンの2.4GHZには使えないのか?
タイゲンってメーカーならOKなの? アマゾンで3300円でドイツ語の説明書付きで売ってたので、説明書欲しさで購入!



もちろん、まったくドイツ語なんて読めないけど、画像とかイラストとかあるんじゃないかと?



パーツと一緒に同梱された説明書は二種類あって、



まずは、これがヘンロン27Mhz用の説明書。



ラッキー! やっぱ写真入りだった! これなら文書読めなくても想像できます、、、笑



そうそう、、、この位置にハンダされてたよね、、、うちの27Mhz用マルチファンクションも♪



画像の向きは逆だけど、説明書通りにハンダされてる。



で、これが駆動モーターに繋がる配線、、、多分、1とか2が右モーター、左モーターって意味なんだろうな、、
まぁ、今回の目的には、27Mhz用の説明図は要らない!



要るのは、これ! タイゲンの2.4Ghz用の説明書!  
まったく無知な私なので、もしかしたらヘンロンの基盤と似てたら、なんとかなるんじゃないかと、、、



モーターに繋がる図解は、ヘンロンのと同じですね。



問題はマルチファンクションの基盤のデザインです! この画像がタイゲン製のユニットなんだろうな、、、



ほんで、以前に撮影したヘンロンの2.4Ghzの基盤の写真と見比べたら、、全然、違うな、、、汗
やっぱ、ヘンロンの2.4Ghzは車体のリコイルはOFFに出来ないのね、、、これで諦めがついた、、、絶対、無理!!



まっ、無理だとは思ったけど、少しでも可能性があるのか調べただけ、、、
気長に待てば、ヘンロンの2.4Ghz用の制御ユニットも発売される時が来るだろう、、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ヘンロン製品

2017年09月23日

買った!

前回からの続きです。

2.4Ghzユニットを2号機に奪われたタイガー3号機の為に、これで4個めとなる2.4GHzデジタルプロポセット(version 3)が届いた♪



ついでに、ヘンロンの発煙ユニットも2個スペア用として届く。



届いた2.4Ghzタイプのマルチファンクションユニットを分解して中を見てみると、こんな感じで、、、



この27Mhzのマルチファンクションユニットとは、まったくの別物で、何が何だかチンプンカンプンです(笑)



と言う事で、以前に付いていた、この後付け配線は、2.4Ghzタイプのマルチファンクションのどこに繋げばいいのか、まったく分からずし、ヘンロン特有の車体リコイルをOFFにする装置は2.4Ghzには使えないらしいので諦めよう!  

2017年09月09日

27Mhzのパーツ類

今回、2台の戦車を27Mhzから2.4Ghz化する為に、受信機側と送信機側のパーツを交換した訳ですが、、、

既に完成した2台の戦車はいいんだけど、、



取り外した27Mhz仕様のマルチファンクションユニットを、このまま保管しても意味が無いみたい。



よって、再度、分解!



この青い基盤と27Mhz仕様のマルチファンクションユニットをセットで保管する必要性があるみたい。
つか、2.4Ghz化しちゃうとこの青い基盤は必要無いし。



これと、これと、、



そして、この送信機と3点セットで保管しておけば完璧、、、、らしいw



基盤を抜かれた車体内部はすっきりしています♪



と言う事で、もう1台の方も、、、



上下分割して、



青い基盤を取り出し、元々接続されていた27Mhz仕様のマルチファンクションユニットと再会させる。



で、すっきりした車体内部を見ると、底部にネジ留めされた音量スイッチと発煙スイッチが丸見えで、共に、2.4Ghz化した今は不要な品。



だから、それもついでに取り外す!



ガランガランな車内!(笑)



外したスイッチ類。



それらを3点セットと一緒に保管!
てか、いつかヤフオクにでも出品しようかと、、、、、笑
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ヘンロン製品

2017年09月01日

3万円の出費

前回からの続きです。

買っちゃいました! 
今回もAYARDさんからの購入です。



まずは、タイガー1型(3号機)用の2.4Ghzセット! 
以前にⅢ号戦車で交換は経験済みなので、多分、簡単にポン付け出来る予定!(笑)



次にⅣ号戦車用に、金属ギアBOX、金属前後輪、金属キャタピラをGET!
Ⅳ号戦車は、購入時から2.4Ghz仕様だったけど足回りが樹脂製だったのがマイナスポイント! それを解消しちゃいます♪



それから、Ⅳ号戦車は、ヘッドライトがヘンロン純正の出目金ライトだったので、これも、金属製のを複数手に入れた。



塗装してプラモデル感覚で置いておく分には、別にこの樹脂製のキャタピラでも見た目はまったく問題が無いけど、
実際にラジコンとして走らせると、ダルダルに緩んだ樹脂キャタピラは軽くて、明らかに金属とは違う動きをする事と走行音の違いが。。



とりあえず、、Ⅳ号戦車は交換に手間取りそうなので、まずは簡単なタイガー1型の2.4Ghz化をしよっと♪
  

2017年08月30日

ヘンロン・発煙ユニットについて

タイガー2号機への2.4Ghz化は断念して、その代わりにⅢ号戦車を無事に2.4Ghzにする事が出来た。

上記の作業をした時に、いつもついでにチェックしているヘンロン戦車の大きな特徴である発煙装置について、ちと書いてみようかなと。
我が家には3個の発煙ユニットがあり、内2個は不具合発生で外したジャンク品です。



ヘンロンの発煙装置は、画像だと分かり難いと思いますが、どの車両もマフラー部分に透明ビニールの管があり、
そこから専用オイルを入れます。



そのオイルが管を通って車体内部にある発煙装置に注入されるんだけど、どれ位のオイルが入っているのか分かりません。
その為、オイルを入れ過ぎたり、オイル管が詰まったりして白煙が出なくなります。



我が家の場合は、普段は発煙させると発煙ピストンの音がうるさいので基本的には煙無しで遊んでいますが、それでも、発煙させたい時に
煙が出なくなっていたら、車体をバラして、この発煙ユニットの蓋にある4つのネジを外して、その中にある綿に直接オイルを染み込ませます。



このタイガーの場合なら、車体上下に分解するのは3本のネジを緩めるだけなので、合計7個のネジを緩めればダイレクト注入できます。


従来の27Mhzだと、発煙スイッチは車体の裏側にあるので、ラジコン始動時にONにしなければ、走行させて遊んでいる時に、
車体を持ち上げて底にあるスイッチをONにしたり、発煙ポンプの音がうるさいのでOFFにする時も同様で非常に面倒くさい。
でも、2.4Ghz化すると、送信機から簡単にON/OFFが出来るので、使用頻度が上がっていますし、やっぱ、煙は出ないでは大違い!


それと壊れやすいパーツなので、今はヤフオクで1500円くらいで手に入るけど、無くなると、この手のパーツは数か月待ちになる時も、、
あと2個くらい予備で買っておこうかな?   

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ヘンロン製品

2017年07月29日

洗車置き場増築

トイガン清掃に飽きたので戦車遊び♪

以前は三階建てだったヘンロン置き場!



1か月位前に、各フロアーを低くして四階建てに変更したけど、、出来れば、ここに、もっと積み重ねたいと、、



ホームセンターで材木を購入して作り直す事にした。



問題点は支柱となる柱が、今まで使っていた長さのが最長のようなので、L字の金具でつなぎ合わせて背丈を稼ぐ。



がっはっは! 高層ビルの誕生!!



7階建てになりました♪



最上階の後ろの壁が殺風景なので、



パネルに入ったマルイデトニクスの販売当時のポスターを飾る! 



完璧です!
ただ、問題は、窓ガラスの開閉が非常に困難になった事w



床面積が限られた我が家では、縦に置き場を拡張するしか無いっす!
まっ、これで、ヘンロン戦車は全てこの一角に集まった、、、めでたし、めでたし♪  

2016年09月05日

ヘンロンの樹脂キャタピラ

もう、新たに購入する資金も底をつき、手持ちの鉄砲や戦車をイジッてヒマを潰す今日この頃の私です。

そんな私が重い腰を上げたのが、ヘンロン純正の樹脂キャタピラの手直しです。



金属キャタピラ装備のⅢ号戦車は適度に弛んでいて良いんだけど、、



Ⅳ号戦車の樹脂製キャタピラだとピンピンに張り詰めた感じで弛みが無い!
たぶん、走破性能は、この状態のがいいんだろうけど、我が家は1メートル圏内を走らせるだけだし、見た目を重視したいかと。。。



Ⅲ号、Ⅳ号戦車のキャタピラは共通で、以前のⅢ号戦車の樹脂キャタピラが余っているので、そこから2コマ外して延長させようかと、、
何回か、キャタピラの分解を試みたが、ピンが外れずに断念を繰り返していましたけど、、今回、ヒマなので、やっと分解できた♪
キャタピラ左右に見えるピンの頭をよく見ると、上の画像のように穴の開いたように見える片面があり、そこに予備の金属ピンを挿して、
木材の上でトンカチで叩くと中のピンが木材に突き刺さり、後はキャタピラを上に引っ張れば抜けた。



穴の開いていないように見えるピンの片面が、この滑り止め加工でギザギザになってました、、この手のピンはトイガンでもよくあるね。



2コマ足すと良い感じに弛みが出た。



ただ、、、あんまし弛ませると、走行するとキャタピラ外れるんじゃないのかな?



普通に走行出来る金属キャタピラのⅢ号戦車を持ち上げると、これくらい、キャタピラが下に垂れ下がるんだけど、、、



今回、延長したⅣ号戦車の場合、、下への垂れ下がりがⅢ号より気持ち多いような、、、、



Ⅲ号戦車では、キャタピラ内部の突起が、上の画像のように車輪の外側には出ないが、このⅣ号は出てしまう。。
ただ、車輪の間に突起を入れて走らせれば、通常の走行や旋回では外れる事は無かった。
速度を上げたりすると不具合は出たけど、戦車はのんびり動かすので問題無いと判断!



そうとなれば、このⅢ号突撃砲も、、、、



同様に2コマ追加して弛ませた♪
たぶん、実用レベルだと1コマ追加くらいの方が走行に支障は出ないと思うけど、外れたり、絡んだりする方が、操作が慎重になるので、
重厚感のあるリアルな走りが出来ます。。。  (笑)



つか、、キャタピラのピンの外し方をマスターしたから、いつでも増やしたり減らしたり出来るので無問題♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ヘンロン製品

2016年09月03日

デト城・崩壊

昔、我が家にはデト城と呼ばれる一大勢力があった!

100丁近くのデトニクスが棚一面に陳列されていたが、、、、、新たなデトニクスの購入もなく停滞していった、、、泣!



そんな夏のある日、毎年恒例のエアコンからの水漏れが発生した。



フィギュアはアクリルケースの中にいるので安全ですが、その下にいるヘンロン軍団は、水に濡れるとやばいよね、、ラジコンだし、、、汗!



と、言う事で、デト城の隠し部屋に退避した。
デトを陳列していた棚は、上にスライドすれば、デトを載せたまま、こんな感じで固定されて、その奥の隠し部屋が現れる。



以前は、衣類や本などの生活用品を隠していたが、それらは別の場所に隠して戦車置き場とした。



つか、、本も衣類も一杯捨てた(笑)



こいつだけは、デカくて入り切らない、、、、汗!



デト城が崩壊して、ヘンロン城の誕生??



まぁ、、冷房を使わなければ、エアコンの水漏れは発生しないので、それまでの一時避難です。



デトニクス、、、しばらく我慢してくれ!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ヘンロン製品