< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年09月22日

ボッシュライト仕様に

以前にヘンロン出目金ライトをボッシュカバーの付いた物に交換しようと思ったけど、

ライトを丸ごと付け替えるのは面倒くさかったので、、、



買っただよ、、、ライトカバーだけ(笑)



出目金ライトの突起部分を適当に削ってカバーが接着出来るようにするだけで、これで何回目だろ、もう、何度も過去にやっている。



初めてやった時は、「どれくらい削ればいいんだろう? 電球は壊れないのか?」とか、
不安だらけで時間が掛かったけど、今では、2分も削れば、こんな風になり、、、、



削ったところに、ヤスリの粗目なキズが残っていても、どうせ見えないので気にしないw



カバーを接着して右側ライトは終了♪



左側ライトは、すぐ横に謎の物体が付いていて邪魔なので、



壊さないように取り外してからゴシゴシとヤスリがけ♪



そして点灯、異常なし!



後は色塗りで、当時使った塗料は無いので、適当なグレーを塗って、



こんな感じでライトだけ他と色が違うけど、



茶色の粉を塗って、艶消しクリアーを塗れば、こんな感じ♪



反対側も同様に♪



これにてⅣ号戦車は完成です!
やっぱ、この方がリアルに見えます、、、てか、、いい加減、ヘンロンも出目金ライト止めないすかね?



同じく三突も、、、出目金を削り、、



こんな感じ!  つか、三突は、ここに1個ライトが付いてるだけなので簡単っす♪



はい! 接着終了!!



ベースカラー塗装終了!



汚して色合わせ終了♪



でけた! でけた!
これが一番簡単だべさ♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(6)三号突撃砲

2017年09月17日

三突と中型戦車達

前回からの続きです。

元々は、去年の7月に、中古で12000円で買ったヘンロン製27Mhz仕様の三突を自分好みにウェザリングし直した品を、
今回プロポとマルチファンクションユニットを12000円で購入して2.4Ghz化しました! つか、、高くても最初から2.4Ghzを
買った方が絶対に安上がりです! ラジコンとして動かした場合の動作や操作性は別物ですから。



車体面を装飾してのジオラマ(情景作り)が終わったので、ついでに背景をジオラマ風ボードを使って撮影してみた。



やっぱ、背景も手を加えると、より一層、ドラマが見える!(笑)



これ以上、お金を掛けれないので、キャタピラや前後車輪は樹脂製のままですが、、見た目は金属製と大差無しかと♪



この物体が動いて音がして煙も吐くんですよ、、、それに赤外線仕様なので、砲塔は赤く光ってリコイルまでするし、、、、笑



1/16サイズなので、1/35などのプラモと比べれば、面積がデカいので色塗りや加工も目に優しいので年寄り向きですw



てか、、、出目金タイプのヘッドライトが気になるな、、、、面倒くさいけど、ボッシュ風ライトに付け替えるかな、、、そのうちに?



特殊メイクしたドロ汚れもお気に入り♪



ヘルメットやバックは上部を車体に接着留め♪



うううううう、、、映画のワンシーンみたいw



と言う事で、中型サイズのドイツ戦車は全て2.4Ghz仕様となり、走行中での発煙のON/OFFも簡単に行えるようになったし、
3台とも、車体面でのジオラマ化装飾も完成しています。



三車三様!w



これで、我が家のヘンロン戦車で、タイガー1型(2号機)以外の7台は全て2.4Ghz仕様となった。
タイガー1型(2号機)は、ストロボ発光の砲身にSHOPカスタムしてもらい、配線加工されていたのでお手上げでしたが、、
もう一度チャレンジしてみようかな?(汗)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年09月16日

三突・装飾完了!

前回からの続きです。

無事に27Mhzから2.4Gmz仕様にユニット交換が終わったヘンロンの三突、、、何も装飾していない状態ですが、、、



我が家では、こうなります!(笑)



最近お気に入りのメッシュのウエットティッシュを砲身に巻き付けて、



フロント側には木箱やスコップを追加して、



小物類や布っぽい物は両面テープで貼りつける。
テープは、あまり強力なのを使うと剥がす時に車体側の塗装を剥げる恐れがあるので、紙製の安いテープで付けてます。



バッグとヘルメットは、軽く瞬間接着剤で固定♪



後部の荷物は灰色に塗ったタコ糸で縛りつける。



ケツ周りはこんな感じで♪



車体面を使ったジオラマ、、、情景作りの完成です。



ドラマが見えますか?(笑)



むしし、、、超お気に入りの外見になった! 自己満足度200%です♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年09月15日

三突、無事に2.4Ghz化

前回からの続きです。

新しくドライバーを購入して上下分解出来たヘンロンのⅢ号突撃砲戦車♪



内部には見慣れた27Mhzのマルチファンクションユニットが♪
つか、ユニットを確認せずに新しいのを発注していたので、万が一、中身が違うの付いていたらと不安でしたが、これならOK!(笑)



この三突は、我が家で唯一のヘンロン純正の赤外線対戦仕様のバージョンで、分かり易く言うとBB弾は飛ばないけど、
その代わりに銃口が光るヤツ! だから、マーカー部分の接続がBB弾仕様の物と何か違うような?
まっ、新しいユニットに同じように接続すればOKなので気にしない。



つか、、、こんなユニットで、いろんなアクションの指令を出してるワケでしょ? 電気の世界は物凄い、、(笑)



で、途中省略! 
ユニットの付け替え終了して、古いユニットや不要になる青い基盤、それと発煙スイッチにボリュームスイッチを袋詰めして、



専用の旧送信機と共に保管!
そして、新しく2.4Ghz化した三突は、赤く閃光する主砲や機関銃、前進後進旋回など問題無く動いたけど、、、



問題が発覚したのが発煙ユニット! 煙が出ません!



発煙ユニットの蓋を開けて内部を見たら綿はカラッカラに乾燥しており、そこにオイルを染み込ませても一切煙が出ないので
新しいユニットと交換する事にした。



新しいユニットの蓋を開けて、こんな感じに綿にオイルを染み込ませて、電源を入れたら煙が出た♪



と言う事で、上下パーツをネジ締めして合体!
後は、車体を装飾すれば終わりです。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年09月14日

結局、買った、、泣

前回からの続きです。

ヘンロンのⅢ号戦車、Ⅳ号戦車共に2.4Ghzで金属足回りになっているけど、この三突だけは、27Mhzで樹脂製の足回り、、、、泣
でも、他の2台と同じ仕様にすると27000円くらい掛かるし、、ただ、金属足回りを断念すれば12000円くらいで2.4Ghz化には出来る。



27Mhzのままだと、音量調節や発煙スイッチのON/OFFする度に、こんな風に車体をひっくり返して操作する事により、
装飾品が外れたりする。 それ以外にも27Mhzだとスムーズな低速発進が出来ないのよ、、、、スピードが出過ぎる、、、、泣



だから、買ったよん! 
いつもの2.4Ghzにするパーツ一式!(笑)



早速、三突に組み込まうと、まずは車体を上下に分解する事に♪
そして、ここで思い出した! この三突って中古で購入してから一度も分解した事が一度も無かった!! 
でも、他の戦車と同じで、簡単だと思ってた。



しかし、実際には分解が出来ない!
車体底部から上部に繋がっている穴の中のネジがビクとも緩める事が出来ない!!!
ヘンロン付属のドライバーだと先端の構造がいい加減でネジ山を舐めてしまいそうだったので、手持ちの精密ドライバーも駆使したけど、



外れたのは、穴が浅いフロント側の一本だけ!
それ以外の穴には、精密ドライバーは短いので穴の奥にあるネジまで届かない。。




ちなみに穴には太くて入らない大きなドライバーなら、ネジ溝にジャストフィット!
そんな大きなネジ溝に小さなドライバーを入れて回したらどうなる? それも穴の奥で見えないネジに対して、、舐めるに決まっている!



と言う事で、新しいドライバーまで購入するはめに、、、、泣



底部の穴にはジャストフィットして、ネジ溝への食い込みもガッチリ!



簡単に取り外す事が出来た。
この三突は前のオーナーさんが塗装したので、その時に分解して、そして、しっかりとしたドライバーでバッチシ締め付けたんだろうな。
ちゃんとしたドライバーがあれば簡単だけど、以前の私なら純正ドライバーで無理に回してネジを舐めて分解不能にしたと思う。
つか、手持ちのヘンロン全てに言える事だけど、樹脂自体がモロそうなので、あんまりしっかりネジを締めない方がいいと思うんだけど?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年09月13日

どうする三突

前回からの続きです。

Ⅳ号戦車にゴチャゴチャを小物を盛り付けて、物語や光景が浮かぶような意思の注入もほぼ終わったので、、、



次は、27Mhz仕様で、足回りも樹脂製のままの可哀そうな3号突撃砲でもイジる事した。
本当は2.4Ghzにして金属足回りにしたいけど、そうすると部品代だけで27000円くらいになるし、、高すぎる、、、泣



この子も、Ⅳ号戦車と同じように、ワイヤー類がいい加減で、、針金丸出し!



この太いワイヤーは良いとして、それ以外は、タコ糸でやり直し決定!



と言う事で、全部、取り外す♪



そして、載せたい荷物類を選んで、イメージを思い浮かべて、最終的にタコ糸で縛る予定。



ヘルメットなんかも、どこかに付けたいな♪



大きな木箱も♪



車体上面を使ってのジオラマ作り、、、いろいろ想像しながら、、載せてみる。



あと、最近お気に入りのウェットテッシュ!
汗取り用の品で、新品を水洗いして薬品成分と匂いを落として、乾燥させてから、茶色系のシャバシャバ液で染めて出来上がった物です。



今回、このテッシュを巻き付けた大きな理由が、この砲身根元にある穴隠し!
この穴は、最新の3号突撃砲には付いていないんだよね。 もちろん実車にも、こんな赤く光る穴はありませんw



削ってパテ埋めも考えたけど、車体の明るいグレー系の塗料を作るのが面倒くさいし、、テッシュで隠せるなら、この方がラクやん♪



あと、Ⅳ号戦車にも使った、プラモから外したドラム缶! これは、何か色塗って仕上げないと。



ゴチャゴチャと盛り付けはこんなもんかな?



全部、載せているだけなので簡単に落ちます!
タコ糸を色塗ってから、適当に縛りつけて、それに合わせて両面テープや接着剤で固定して行くんだけど、、、



いいのか? このまま仕上げて??
2.4Ghz化と金属足回りにすると27000円するけど、、足回りは、この樹脂製のままにして、2.4Ghz化するだけなら12000円くらいやん。
今のままだと低速発進が出来ないし、ラジコン操作も不便だぞ、、、、組み上げる前に考えろ!
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年08月07日

ヘンロン・三号突撃砲も

ヘンロン戦車イジリが再発中です(汗)

前回は奥にいるタイガー1型をイジリましたが、今回は手前の三号突撃砲が気になってきた、、、汗



三号も、一年近くの埃と、半年間の塗装粉被害に晒され、全体に白っぽくなっていましたので、



部分的に、若干のスミ入れを加えて、後は、艶消しと半光沢のクリアーを埃の上から吹き付けた♪



クリアー吹いた後ですが、天然の汚れ具合が素敵です。



素晴らしいです! 蜘蛛の巣が張ってる!(笑)



実物では気にならないけど、アップで撮影すると文字がシールなのがバレバレですが、、、今更、修正は不可能!w



この汚さは快感です♪



この辺も蜘蛛の巣かぁ?



あっ、このビニールチューブは今回追加しました。



アップ画像だと小汚いけど、遠目で見れば普通の感じ。



本当、置き場があれば、ヘンロンの戦車は全部揃えたいくらいですが、、もう、絶対に買いませんよ、、マジに置けない、、、汗



だから、既にあるものを、プチプチと手直しして遊びます、、、
てか、いくらでも、その気になれば追加で小物を足したり、細部を手直し出来るのが戦車の良いところ♪



このヘッドライトだって、ヘンロン純正のままだし、パテでライトカバーを作ったりとか、、、でも、今は面倒だから、やらない!(笑)



全てのヘンロン戦車に言える事だけど、低速ギアBOXに交換すれば、戦車らしい低速走行できるらしいけど、
どこのSHOPも売れ切れで入荷待ち、、、、ただ、手に入れても、私には交換する技術が無いかも、、、汗



まっ、ほとんど走らせないんだし、そんな高いパーツは要らないと、、、自分に言い聞かせてますw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2016年09月06日

する事がない!

前回からの続きです。

樹脂製キャタピラに2コマ追加して、ダルダルに延長された3突のキャタピラ!
これだけ緩んでいても、のんびり走らせる分には直進、後退、転回でも異常無く走行は出来る。



キャタピラの雰囲気には満足しましたが、改めて、この3号突撃砲を見ると、綺麗すぎるように感じた。



一応、キズや汚れは付いているんですが、何か控えめ???



それと、弾着で出来る黒煙みたいな汚れが無い!



よって、黒を追加!



キズも更にいくつか追加して色付け♪



飛び散る黒ww



車輪のゴム部分にはキズ追加。



完成!



遠目で見ると、黒い色が少し加わったくらいにしか見えない、、、笑!



地味な作業でした、、、泣!



新しい戦車や鉄砲、フィギュアが欲しいけど、もう借金増で無理な状態、、、こうゆう地味な作業で半年は暮さないと、、、、、



つか、今までは、キャタピラの緩んだ感じが欲しくて、金属キャタピラ装備のヤツをメインで購入してたけど、
樹脂製でも、色塗って弛ませる事が出来るので、今後は、安い樹脂キャタピラ仕様で充分かと思いました、、、つか、買えないけどww
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2016年07月25日

3号突撃砲イジる

前回からの続きです。

この綺麗な冬季迷彩をいかに調理しようかと、、いろいろNETで調べました!



問題は下半身ですね! 車輪やキャタピラをどう仕上げるかです! 冬季仕様で雪の上を走った感じにするのか、
それとも、色は冬季カラーだけど、他の戦車と同様に土の上を走った感じにするのか? 
答えは後者ですね、、他の戦車と並べた時に1台だけ雪が付いていたらおかしいので、、、目指す方向決定!



そうと決まれば、まずは軸となる足回りの着色から!
今回はキャタピラだけ外して、あとはそのまんま色塗りしちゃいます、、だって、この方がラクなんだもん♪



ハデに明るいピグメントを塗り付けましたが、乾いてからクリアーを吹けば、こんな感じになりやす。



車体側にも同様にピグメントを置き溶剤で定着させます。



ほんで、今回は、以前に戦車置き場の棚とか作った時に保管しておいた木屑に、顔料とクリア塗料を混ぜてドロを作りました!



このまま放置しても、接着力はクリア塗料の微々たる力だけなので、、



部分的に瞬間接着剤や流し込み用接着剤など塗って、上から茶色く重ね塗り、、、これを、この後、何度も繰り返し定着させます。



車輪にも色を追加したり、それから、それに合うように、キャタピラを塗ったり、、、



車体下側のドロも色を重ねながらクリアーを吹いてを繰り返す。



だいぶ、定着して来ました。



車体側も色を追加してはウォッシングを繰り返し、ある程度、整ったので小物を付けました。



ケツ周りの小物はこんな感じ♪



土が乾いて変色した車体後部♪



MG34の後ろには適当な長物を突き刺してます。



ある程度仕上がってきたので、、、



各部にキズを入れてチッピング風にします。



キズを付けた後は、薄い茶色を含ませた溶剤でウォッシング。



この辺のキズは着色してからウォッシングかな?



キャタピラは濡れた路面を走って来た感じを出す為に艶有りクリアーに変更。



おっと、MG34のストックとか黒いまんま?



茶色に変更! つづく♪




  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(0)三号突撃砲

2016年07月22日

ヘンロン三号突撃砲

置き場は無いので、もう増やせないなぁーと思っていましたが物欲が勝って衝動買い!
だって、ヤフオクで赤外線バトル仕様の三号突撃砲が即決12000円で売りに出ているんだもん。

もちろん、中古です。
このバージョンはもう絶版らしく、新品では入手困難かなと思います。



ヘンロンの赤外線仕様って、まだ、所有してないし、どんな物かも興味あったし、 それと、前オーナーさんが軽くウェザリングを施した
出品画像にも興味があった! 人様の塗装仕上げって勉強になるし、よって、迷わずに落札!




品物が届いて、最初に、斬新だなぁーと感じたのは付属のフィギュアの造形とでも言うのか、、、




この微笑んでいる兵隊さん、、、なぜ、こんな表情にしたのか? www



それと、もう一体、犬を抱いている兵隊さんも付いて来たけど、これはNGかな?
最初、靴や手が異様にデカく見えて違和感を感じたけど、これって冬季仕様なので、厚手の軍手とかブーツを履いてるんですよね、、多分。
厚手のグローブに見えるような塗装にすれば、まだ見れるかな? つか、私にはそんな技術は無いので部品置き場にポイ!!



フィギュアの塗装は難易度高いので、元々、期待はしてなかったけど、戦車本体の塗装は、私では真似できない綺麗な冬季カラーで満足。



粗目な白塗料を上からスプレーして雰囲気を出している感じです。



それ以外には、ウェザリングもウォッシングもされていないように見えます。



木箱も綺麗過ぎますし(笑)



タイヤも白塗料の粒子が付着してイメージ出していますが、、やっぱ、私としては物足りないかな?



元々は人様が自分の好みで仕上げたのですから、私の好みに仕様変更する楽しさが残っています♪



外装をイジる楽しみは先送りして、我が家では初の赤外線バトル仕様! 作動させて見ました。



と言っても、BB弾機能か、砲身がリコイルして光るかの違いだけですが、やっぱ、BB弾仕様よりはリアルです。



ただ、我が家にはRRZ砲身リコイルシステムを搭載したタイガー2号機があるので、それと比較すれば全てが見劣ります。
一番見劣りしたのが、砲身のリコイル速度? なぁーんか、モッサりしています。 でも、リコイルしないBB弾仕様よりは良いです♪



後は、旧型送信機なので、走行させると早すぎる事、、、狭い室内で遊ぶには、超低速で遊べる新型送信機の方がいい。



同じ3号戦車同志で撮影。



外装の仕上がりが違い過ぎて違和感ありありですが、そのうち、突撃砲は軽く汚れを追加してウォッシングするので、多分、OKになる?



まずは、冬季迷彩の仕上げなんかやった事が無いから実物画像とか探して勉強すっかな。



で、増殖を続けるヘンロン軍団の為に置き場を拡張した!  
えっ、、何が違うかだって? 従来の置き場の前にあるソファー2つを戦車置き場にしただけ! 
人間使用禁止! 
一番簡単な方法が残ってた(笑)  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(0)三号突撃砲