< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年11月24日

カート作りの続き

前回からの続きです。

前回のブログでMG42の空カートを一杯作り、三突に貼り付けましたが、、、



そうなると、やっぱ、MP40のカートも散らかっていないと不自然かと思い、、、



使えそうな素材を探したら、こんな配線を見つけた!



緑のビニールを剥がすと、丁度良さそうな針金が、、、、



これを、マガジンの大きさに合わせて、



切った!
うん、大丈夫だべ?



大量に切断して、



金色に塗ったら完成!



MG42の大きなカートとは別にMP40の小さなカートがあるのが分かります?



1個、1個、接着しています。



これで戦車長もご満悦!



もちろん、接着してるので、車体を横に倒してもカートは落ちません♪



てか、兵隊や後部の荷物が落ちて大変でした!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年11月22日

薬莢固定する!

前回からの続きです。

針金で作ったカート! 後は、どうやって車体から落ちないようにすべきか?



色々と考えましたが、素直に一個一個を爪楊枝を使って、アロンアルファーで接着する事に、、、、、、笑



とぉッても地味で細かな作業!




でも、車体を画像のように傾けても、カートが落ちて転がる事は無くなった♪



これに見慣れると、以前のようにカート無しの状態が、いかに不自然だったかと思う。



乱射が大好きなオーベルシュタイン軍曹!(笑)



後ろの長物も1丁追加した。



根っからの鉄砲好きな軍曹です♪



そうなると、隣の黒い戦車長が、、、



お前だけ自己主張してズルいなと、、、



シュマイザーを取り出して、自分も鉄砲が好きなんだとアピール!



こんな三突に出会いたくないよね、、、、、笑



シュマイザーのカートも作りたかったけど、、MGと比べると、更に細い針金を短く切断しないといけないし、
例え、それが出来たとしても、その小さいのを車体に貼るのはウルトラ面倒くさいので無理!



まっ、、、気が向いたらチャレンジしてみるけど。



とにかくカートは大成功!



ドイツ軍の中で一番弾丸の消費が激しいと師団長に怒られた二人!
そう、、一杯撃ってはいるけど、戦果が伴わない、射撃がヘタクソな二人と言う設定でいかがでしょうか?(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲小物作り

2017年11月21日

薬莢作った!

この前、ミニチュアの金属エンフィールドを購入して思い出した!

我が家には1/6サイズの鉄砲用のカートがあった事を!



その中の一列に繋がっているカートが、1/16サイズのMG42に使えそうな予感!



長さをMGのマガジンの大きさに合わせて、1個、切り取ってみた♪



そして車体に置いてみると、、ウルトラリアルじゃん!



ただ、調子にのって、全部、切り取ってみたけど、、切断面があり、円筒では無いんだよね、、1個1個削るのは超大変、、、



で、閃いた!



針金でいいじゃん!
試しにその針金をMGの銃口の穴に入れたらジャストフィットだし! 後は適当な長さで切るだけ!



いいやんか!(笑)



次に金メッキ風塗料を吹き付けて、、



出来上がり♪



車体に置いてみる!



針金だから、いくらでも大量生産できるので、どんどん置いてみる!



切断面がニッパの跡で変形してたり、針金自体が曲がっていたりもあるし、、長さも目測での切断だからマチマチですが、、、



そうしたアラが分かるのは、画像にして実物より大きく見た時だけで、実際には小さなカートですので、まず、気にはならない。



まっ、、それでも気になるのは捨てちゃえばいいし、、、だって、いくらでも作れるから(笑)



どう? 凄くリアルな情景になってませんか?



カートの散乱は、1/35や1/48サイズの戦車模型だと小さ過ぎて難しいよね? 1/16だから出来る装飾かと♪



ただ、問題は、車体に置いただけなので、ラジコン操作で動かせば落ちるって事くらいです、、、、てか、、致命傷やん、、、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲小物作り

2017年11月15日

三突手直し&動画

前回からの続きです。

助手席のハッチが開いて射撃兵がバッチリと収まったけど、



ハッチの中は未塗装で、ご覧の通り、、、、汗



そう言えば、こっちのハッチの中も塗っていなかったので、、



いつものようにアイボリーを塗って汚しも加えて完成させた。



慣れてくると作業時間が短くなり、手の抜きどころも分かってくるw



撮影時間帯が、丁度、朝日が窓から差し込む時間だったので、味わいのある画像になりました♪



ラインハルト戦車長とオーベルシュタイン射撃兵と命名!
どっかで聞いた事のある名前だw



やっぱ、こうして撮影すると空薬莢が欲しいな、、、、後日、自作すっか?



自作ヘッドフォン最高!w



自作の木製アンテナも最高!!w



ガンマニアのオーベルシュタイン君の後ろに並ぶ彼のコレクション(長物)達。



ポージング出来るアクションフィギュア最高!!!



1500円なのに、袖口や指のシワとか、ちゃんと作られているんですね。



こうした光と影の撮影って初めてかも♪



朝日と共に出撃!



そして二人は再び戦地から戻る事はなかった、、、、てな、、悲しい物語?



今でも世界では戦争は無くならないし、殺戮も終わらない、、、自分も含めてだけど、、本当に人間って、どうしようもないね、、、泣



どうでもいいが、陽を浴びるとタコ糸が毛羽立っているのが目立つな、、、とても金属製のワイヤーには見えん!
クリアーでも塗って毛羽立ちを抑えるかな、、、そのうちw



とりあえずは、三突は、これにて終了!



オマケで、へたくそ動画です!
この三突は白煙の量が結構でるんですよねぇ! マズルフラッシュはヘンロン純正だけど、余計な作動音が気になるかな、、、汗  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年11月14日

三突に追加と発見

デトニクス遊びに飽きたので再び戦車に戻りましたw

三突ですが、前回のブログの時にフロント周りが少し寂しいと感じたので、、



バケツを追加しました♪



バケツを付ける為に、タイガー1型の余り物だったU字型のフックを左右に取り付けましたが、三突用に流用するにはフックの
横幅が広くて、車体側の穴から外れやすかったので、接着剤で少し盛って加工しました。



バケツは少しブツブツ感のある仕上げにした♪



これで終わりかなと各部を見直していたら、、大発見!



ここの扉が開いた!
最新型は開かないらしいが、旧型は開くとはNET情報で知っていたけど、、今まで何度も開けようとしても固く閉ざされていたので、
我が家の三突は開かないタイプだと思っていましたが、多分、前オーナーさんの塗装のせいで貼り付いていただけみたい♪



早速、アクションフィギュアを入れてみると、、、



これがバッチリと決まります!



元々、この三突の助手席の後部には。マシンガン等が一杯立て掛けてあり、銃器コレクターが掃射手で乗ってる設定でした。



やたら、長物をぶっ放すガンマニアの兵隊さんです♪



本当は周辺に空薬莢が一杯落ちていれば、もっとリアルですが、一応ラジコンなので、そんな小さな粒を接着して固定させるのが
面倒くさいのでやりませんけど、、、、笑



やっぱ、、兵隊さん達の顔が描かれていると、全体のクオリティがアップしますね、、、もう、ヘンロン製の兵隊さんには戻れない。



この辺にも薬莢が落ちていると臨場感が増すんだけど、、接着固定の問題が良い案が出ない、、、
小さな薬莢なので、接着剤が丸見えになると思うんすよねぇ、、、超微量だと薬莢は取れそうだし、、接着しないと風で飛んじゃうだろうし、



まっ、、、その辺は今後の課題として残しておきます。



代わりに閃いたのが、モーゼル98Kにヒモを接着して、



側面のフック?にブラ下げて、ガンマニア度をアップしやした! これで兵隊さんのガンマニア度がひとつUPしました、、、、、(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年11月10日

三突に追加

前回からの続きです。

戦車長がリアルなアクションフィギュアに変わり、ますます、お気に入りの三突ですが、
こうなると、以前から不満に思っていた箇所をなんとかしたいと思い、、やっと、方法を見つけました♪



その問題解決に使うのは、どこにでもあるトイガン用のシリコンスプレーの透明な延長管!



それを適当な大きさに切る。



そして購入時からの不満点とは、、、



ロープが引っ掛かっている突起部分! ここは本来アンテナがあるんですよねぇ♪



そこにさっきの切断した管を差し込み、、



同じく管を差し込める木の丸棒を2本用意して、



自作のアンテナ作り!
まっ、以前にタイガー1型で作ったのと同じように、この後に削って色を塗ります♪



その前に透明な管を、、



グレーに塗って接着しました♪



先に向かって細く削った木棒を、黒く塗って挿せば完成!



自作アンテナが出来た♪



現在は2.4Ghz仕様なので、もちろんラジコン用のアンテナは要らず、あくまで実車風なダミーのアンテナっす。



私の中での三突はガルパンで一杯のぼり旗を付けていたのが原点だったので、、アンテナの無い三突には違和感があった。
でも、、ガルパンみたいな、のぼり旗は要らないですw



まぁ、、いろんな資料を見るとアンテナの無いのもあるので、あっても無くても良いのだろうが、私はアンテナが大好き人間なので♪



管に塗ったグレーの色が合ってないけど、この辺は後日ウェザリングしちゃえば車体と同じ色には誤魔化せます。



正直、当初は、我が家のⅢ号戦車やⅣ号戦車と比べると、車体のジオラマ化では見劣りしていた三突ですが、
今では負けていないレベルまでデティールアップ出来たかと?



でも、史実無視だし、知識のある人からは、突っ込みどころ満載だと思うけど、、そうゆう人はヘンロン買わないでしょ?w



木で出来たアンテナ、ウェットティッシュを茶色く塗って作った布、タコ糸をグレーに塗ったヒモ、サランラップの中に
テッシュを丸めて縛って作った緑のゴミ袋、頂いた転写シートで作った布製のナチス旗、ガンダムの鎖、要らないビニールチューブ、
庭で拾った枯れた木や、葉っぱの付いた枝など、、安上がりなドレスアップで一杯楽しんでいる♪



今は、これで完成だと思ってるけど、又、何日かすると、何か追加したくなるんだろうなぁ、、、、オレw



終わり無きヘンロン戦車遊び、、、、、それは、トイガンより安上がりで色んなカスタムが出来るからかな?
M4とか着飾るには、安物の外装パーツ代でも揃えると結構お金掛かるし、、、収入減の私にはヘンロンがマッチするんだと自己分析。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)三号突撃砲

2017年09月22日

ボッシュライト仕様に

以前にヘンロン出目金ライトをボッシュカバーの付いた物に交換しようと思ったけど、

ライトを丸ごと付け替えるのは面倒くさかったので、、、



買っただよ、、、ライトカバーだけ(笑)



出目金ライトの突起部分を適当に削ってカバーが接着出来るようにするだけで、これで何回目だろ、もう、何度も過去にやっている。



初めてやった時は、「どれくらい削ればいいんだろう? 電球は壊れないのか?」とか、
不安だらけで時間が掛かったけど、今では、2分も削れば、こんな風になり、、、、



削ったところに、ヤスリの粗目なキズが残っていても、どうせ見えないので気にしないw



カバーを接着して右側ライトは終了♪



左側ライトは、すぐ横に謎の物体が付いていて邪魔なので、



壊さないように取り外してからゴシゴシとヤスリがけ♪



そして点灯、異常なし!



後は色塗りで、当時使った塗料は無いので、適当なグレーを塗って、



こんな感じでライトだけ他と色が違うけど、



茶色の粉を塗って、艶消しクリアーを塗れば、こんな感じ♪



反対側も同様に♪



これにてⅣ号戦車は完成です!
やっぱ、この方がリアルに見えます、、、てか、、いい加減、ヘンロンも出目金ライト止めないすかね?



同じく三突も、、、出目金を削り、、



こんな感じ!  つか、三突は、ここに1個ライトが付いてるだけなので簡単っす♪



はい! 接着終了!!



ベースカラー塗装終了!



汚して色合わせ終了♪



でけた! でけた!
これが一番簡単だべさ♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(6)三号突撃砲小物作り

2017年09月17日

三突と中型戦車達

前回からの続きです。

元々は、去年の7月に、中古で12000円で買ったヘンロン製27Mhz仕様の三突を自分好みにウェザリングし直した品を、
今回プロポとマルチファンクションユニットを12000円で購入して2.4Ghz化しました! つか、、高くても最初から2.4Ghzを
買った方が絶対に安上がりです! ラジコンとして動かした場合の動作や操作性は別物ですから。



車体面を装飾してのジオラマ(情景作り)が終わったので、ついでに背景をジオラマ風ボードを使って撮影してみた。



やっぱ、背景も手を加えると、より一層、ドラマが見える!(笑)



これ以上、お金を掛けれないので、キャタピラや前後車輪は樹脂製のままですが、、見た目は金属製と大差無しかと♪



この物体が動いて音がして煙も吐くんですよ、、、それに赤外線仕様なので、砲塔は赤く光ってリコイルまでするし、、、、笑



1/16サイズなので、1/35などのプラモと比べれば、面積がデカいので色塗りや加工も目に優しいので年寄り向きですw



てか、、、出目金タイプのヘッドライトが気になるな、、、、面倒くさいけど、ボッシュ風ライトに付け替えるかな、、、そのうちに?



特殊メイクしたドロ汚れもお気に入り♪



ヘルメットやバックは上部を車体に接着留め♪



うううううう、、、映画のワンシーンみたいw



と言う事で、中型サイズのドイツ戦車は全て2.4Ghz仕様となり、走行中での発煙のON/OFFも簡単に行えるようになったし、
3台とも、車体面でのジオラマ化装飾も完成しています。



三車三様!w



これで、我が家のヘンロン戦車で、タイガー1型(2号機)以外の7台は全て2.4Ghz仕様となった。
タイガー1型(2号機)は、ストロボ発光の砲身にSHOPカスタムしてもらい、配線加工されていたのでお手上げでしたが、、
もう一度チャレンジしてみようかな?(汗)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年09月16日

三突・装飾完了!

前回からの続きです。

無事に27Mhzから2.4Gmz仕様にユニット交換が終わったヘンロンの三突、、、何も装飾していない状態ですが、、、



我が家では、こうなります!(笑)



最近お気に入りのメッシュのウエットティッシュを砲身に巻き付けて、



フロント側には木箱やスコップを追加して、



小物類や布っぽい物は両面テープで貼りつける。
テープは、あまり強力なのを使うと剥がす時に車体側の塗装を剥げる恐れがあるので、紙製の安いテープで付けてます。



バッグとヘルメットは、軽く瞬間接着剤で固定♪



後部の荷物は灰色に塗ったタコ糸で縛りつける。



ケツ周りはこんな感じで♪



車体面を使ったジオラマ、、、情景作りの完成です。



ドラマが見えますか?(笑)



むしし、、、超お気に入りの外見になった! 自己満足度200%です♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲

2017年09月15日

三突、無事に2.4Ghz化

前回からの続きです。

新しくドライバーを購入して上下分解出来たヘンロンのⅢ号突撃砲戦車♪



内部には見慣れた27Mhzのマルチファンクションユニットが♪
つか、ユニットを確認せずに新しいのを発注していたので、万が一、中身が違うの付いていたらと不安でしたが、これならOK!(笑)



この三突は、我が家で唯一のヘンロン純正の赤外線対戦仕様のバージョンで、分かり易く言うとBB弾は飛ばないけど、
その代わりに銃口が光るヤツ! だから、マーカー部分の接続がBB弾仕様の物と何か違うような?
まっ、新しいユニットに同じように接続すればOKなので気にしない。



つか、、、こんなユニットで、いろんなアクションの指令を出してるワケでしょ? 電気の世界は物凄い、、(笑)



で、途中省略! 
ユニットの付け替え終了して、古いユニットや不要になる青い基盤、それと発煙スイッチにボリュームスイッチを袋詰めして、



専用の旧送信機と共に保管!
そして、新しく2.4Ghz化した三突は、赤く閃光する主砲や機関銃、前進後進旋回など問題無く動いたけど、、、



問題が発覚したのが発煙ユニット! 煙が出ません!



発煙ユニットの蓋を開けて内部を見たら綿はカラッカラに乾燥しており、そこにオイルを染み込ませても一切煙が出ないので
新しいユニットと交換する事にした。



新しいユニットの蓋を開けて、こんな感じに綿にオイルを染み込ませて、電源を入れたら煙が出た♪



と言う事で、上下パーツをネジ締めして合体!
後は、車体を装飾すれば終わりです。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)三号突撃砲