< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2016年12月31日

どれもナンバーワン!

2016年後半はライフル系にハマッた! 以前にライフル系がマイブームだった時は、結局、空撃ちしても音がショボイので飽きたが、
再び、そんなライフル系に舞い戻ってしまった! その中で一番のお気に入りは何だろうと考えた時、順位がつけれなかった!
だって、どれも長短あるし、それぞれがNo1なとこがあるんだもん、、、だから、増えちゃうのね、、、(笑)


タナカM40A1バージョン2(カート式ガスガン)

こいつが、私にライフル熱を再発させた主犯格の銃! とにかく排莢アクションはNo1モデル!!



マルイプロハンターG(エアコキ)
私にライフル熱を加速させた共犯格の音の出る銃!  夢だった銃声の再現? それだけでNo1モデル!




普通のプロハンター(エアコキ)

副産物で生まれたケースレスでつまらない銃だけど、一見Gモデル風の外見は、詐欺度No1モデル!



クラウンU10シニア(エアコキ)

排莢繋がりで購入した昔のSS9000の子孫となる銃! コストパフォーマンスではNo1モデル!!



マルシンM1カービン(ガスオペレーション)

一気にトリガーを引けば、立派な排莢アクションが楽しめる銃!  希少なカート式ガスブロ度No1モデル!



WE・M14(ガスブロ)

重さの迫力、ガスブロの迫力、質感の迫力、限りなくリアルな銃!!  まるでモノホン度No1モデル!



コクサイM700BDL(エアコキ&モデルガン)

モデルガンとエアガンを合体した歴史的銃! パッと見の美しさはNo1で壊れやすさもNo1モデル!



タナカL96(ガスタイプ)

WEのM14に負けない重さと質感! ストックのデザインや色がお気に入りの銃!  欲しかったんだ度No1モデル!(笑)



WA・AR-7(モデルガン)

念願のスコープマウントも手に入り、やっと思い描いていた形になった銃! 分解の容易度とスパイチックな所がNo1モデル!



マルゼンAPS2?(ケースレスなエアコキ)

第一次ライフルブームの生き残り銃! 使い込んだボロボロ感と重さが変にリアル度No1モデル!



マルシンM1カービン(エアコキ・カート式)

経年劣化による使用感、戦場を感じさせる銃!  普及の名作度No1モデル!



Bボーイズ・Kar98K(エアコキ・カート式)

チープな木ストを仕上げ直して、金属部分は黒染めに変更した銃!  外装手直し度No1モデル!(笑)



KJワークス・ホークアイ(ガスブロ)

長いのが好きな私仕様に見た目を変更した銃!  完成後、狭い室内だと触り難い度No1モデル!



WE・ドラグノフ(ガスブロ)

ド迫力のリコイルや作動音に美しさが加わった銃! 唯我独尊的なデザインの芸術指数がNo1モデル!



マルコシ・スーパー9(エアコキ)

ケースレス化されてカートが使えず金色シリンダー装備の銃! このままだと要らない度No1だけど、なぜか捨てれない銃(笑)



以上が、我が家のライフル系かな? 

どれもこれも甲乙つけがたし!! でも、もう買わないから、、いや、マジに、、、(笑)




と言う訳で、今年もお世話になりやした!
来年も皆様にとって良い年になる事をライフルと共に祈ります!

  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)

2016年12月15日

変換マウントベースを購入

前回からの続きです。

WAのAR-7純正レールが細くて、現在主流の20mmレール対応のスコープ類が装着できず、10mm仕様のスコープを
装着して自分を誤魔化していましたが、本当は、やっぱ、普通の20mmレール対応のスコープを付けたかった。



で、ヤフオクを探したら、10mmレールを20mmレールにするマウントを見つけた! 
速攻で落札したけど、長さがAR7に合うのか?



そして届きました♪



WAのマウントベースの後方にお尻を合わせると、ご覧のようにバレル側にレールが飛び出します。 案の定、レールが長かった!



でも、リアサイトが隠れてしまいますが、レシーバーの幅に合わせて装着する事は出来る! 
4本ある6角ネジのうち3本が、WAのマウントベースにしっかりと締め付けてあるので問題ないけど、見た目は、ちょっと、、、?



まっ、とりあえず、スコープを装着してみようと、以前のMP5マウントベースを加工した時に取り付けていた20mm用スコープを装着♪



やっぱ、腰高になる、、、つか、、仕方ないよね、、、マウントベースの上にベースが積み重なっているんだから。
つか、こうゆう変換マウントが世の中にあるって事は、、他にもいいのがあるのかも? 続く。
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)AR-7

2016年12月09日

バトラーキャップ

新次元プロハンターに装着するバトラーキャップが中々いいのを手に入れる事が出来ません。

つか、今まで単品で、こんなキャップを購入した事がないので、サイズがピッタリとスコープに合うのが買えません、、、、汗!
でも、若干のサイズ違いは、内側にマジックテープとか貼り内径を小さくすればスコープへの装着は可能なので気にしない。



前回のブログでは、このキャップで完成としていたのですが、キャップをオープンさせると、かなり後方に倒れ込みます。



私のイメージとしては、オープンさせても、これ位の感じで、フタが止まるのが理想! よって、新たにGETしたこのキャップで変更!



初めて見ましたが、赤いオープンレバーが近代的って感じがします♪



その他、新次元用の黒いマウントベースやスコープマウント、サイレンサー変更時に使うかも知れない逆ネジアダプターも購入。



スコープマウントは、銀と黒のツートンスコープにすると言う目的には合いましたが、マウント位置が高くてボツになりました。



写真撮影を忘れましたが、こんなスコープも購入しました! レールが付いているので、ここにライト型スピーカーも装着可能ですが、
受信機をどう取り付けるかが決まらないので、、、これも同じくボツ!



結局、バトラーキャップの変更のみでスコープのマウントはノーマルのまま!  今度は黒い純正マウントでもGETしようかな?  

2016年12月07日

WA・AR-7スコープ装着

前回からの続きです。

念願のAR7純正のスコープマウントが手に入ったのですが、レール幅が最近主流の20mmではない10mmでした、、、汗!



とりあえず、20mmのマウントベースをスコープマウントにネジ付けすれば問題は解決するけど、、



スコープマウントの下側は、AR7本体に密着する感じで取り付くので、ネジの長さが少しでもオーバーしたら装着出来ないし、、、
そうゆうシビアな加工は面倒くさいので、、



家中を探して、以前に間違えて購入した10mm幅のマウントが付いたスコープを発見!



おおおおおっ、、ポン付けやん!



がっはっは、、、細いスコープだけど、これはこれでアリかな?



これで良しとしよう! 楽だし♪



めでたし、めでたし! (つか、、このスコープ、バレルと太さ変わらないなぁ、、、ほそっww)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)AR-7

2016年12月02日

プロハンターG完成

前回からの続きです。

ライト型スピーカーを装着したマルイの新次元プロハンターGの最後の小物類が届きました。



手当たり次第に購入したミニプラグ用の短い延長コードと2分配用コード類など、、、つか、、買い過ぎた、、、汗!



まっ、これだけ買えば、どれか合うのがあるだろうと、、、笑!



本採用は、これで決まり♪



分配器の空いてる側には外部スピーカーやヘッドホンを追加で接続できるし、受信機自体はワンタッチで銃本体から外せるし♪




ミニプラグの接続コードも見えにくいし、、



これで完成と思ったけど、、



バトラーキャップのゴム連結部分が上下に位置してると、その突起が目立つような、、、、



よって位置を変えた! 



続いて気になったのが、スコープ側のバトラーキャップやスコープマウントなど、箱出しのままじゃつまらないと、、、



マウントとキャップと、、ついでに、レーザーも購入した♪



ゴムひもタイプのキャップより、フタが上下に開くタイプが個人的に好みです。



マウントは新品で購入したけどサビてるど、、、、汗!



つか、スコープの膨らみに干渉して使えないマウントだったので、もう、サビはどうでもいい、、要らんわい!ww



よって、再び、ノーマルマウントに戻した!
前後のキャップの黒色は、本当は真ん中のマウントを黒くする事で調和できるはずだったんですけど、、、、マウントの馬鹿!



で、レーザーポインターも装着♪



スナイパーライフルにレーザーが必要なのかは知らないけど、左側のパイボットレイルが余っていたので、、、笑!



上から見ると、こんな感じ!




これで一応我が家の新次元は完成した。

今、頭を痛めているのはサウンド! サイレンサー付いているのにバァーンとかの銃声はおかしいし、本体にはサイレンサー用の音声も
入っているけど、イメージとは違う音だし、なら、サイレンサー外してバァーンと撃てばいいんだけど、そうするとバレルが短いので
見た目が好みじゃないんですよねぇぇ、、、サイレンサーモデルにガンサウンドをセットしたマルイの考えがイマイチ分からん!!(泣)  

2016年11月30日

ライト型スピーカー?

前回からの続きです。

ご覧の位置に丸いスピーカーを装着した。 ストックポーチと違い、両耳から音が聞こえるのでリアルにはなったけど、
見た目は、なんじゃこりゃ? 何つけてるの? 変なのぉぉぉ~! と、皆が口を揃えて言うのが予想できる!(笑)



何か無いかと家探すると使ってないライトがあった! 大きなレンズ部分にスピーカーが入りそうな予感!



早速、バラす!



ミニプラグの端子が、金属製のライトケースぶつかり、このままでは入らないけど、、



逆さにして、ミニプラグを干渉しない側にすれば、こんな感じでスピーカーが入る!!



スピーカーをビニールテープでライトに仮止めして銃本体に装着してみる、、、 うん、これは使える!!
よし、本格的にライトの中にスピーカーを組み込もう!!



ライトにスピーカーを組み込む為には、スピーカーを正しい向きで固定する必要があるのですが、そうなると、電源スイッチや充電口が
ライトの中に隠れてしまうが、使用する際には、簡単に、これらの部分が脱着できないと使えないし、ミニプラグの端子はライト内に入らない。



何か方法が無いかと、、再び、家探しすると、不要となったスコープのキャップを発見!
そのキャップの中に、丁度、スピーカーが入るし、ミニプラグ用の穴も樹脂製のカバーなら簡単に加工できるし、 うん! これだ!!!



スピーカーの裏側の電源用のプッシボタンを押す為には、バトラーキャップについていたゴム紐をスコープにテーピングします。



その黄色のマスキングテープは、マウントを付ければ見えなったし、ゴム紐はマウントの締め付け圧力で更に固定される。



ほんで、キャップを引っ張れば、スピーカー裏面のプッシュスイッチが押せるようになる!
この瞬間! オレって天才かと思った!(笑)



パッと見には、ライトに見えるべ? えっ、ライトにバトラーキャップが付いてる? なんて気がつくマニアは対象外のカスタムです!



この丸型スピーカーは、スピーカー本体の周りが透明樹脂になっているので、それが、ある意味、レンズ風に見えるのが幸いした♪



後は配線の取り回しと受信機の置き場を解決すれば完成かな?
このスピーカーは、アマゾンで2150円で売ってます~☆
  

2016年11月29日

新世代のスピーカーどうする?

新次元モデルのマルイ・プロハンターGモデルの続きです。

なんとか銃本体から音が出ているようにする為に、前回は、ストック部分を中心に格闘しましたが、今回は、視点を変えてチャレンジです。



今後の作業で必要になりそうなパーツも適当に購入! これは、ミニプラグの分配コードです♪ 
これがあれば、二つのスピーカーで音が鳴らす事が出来るはず。



この辺のマウントは、バイボッドのレイルを活用する時に必要かなと、とりあえず、GET。



あと、自宅のヘッドホンは20年以上前の品で、時々、片側から音が出なかったりしたので、新たに購入!
まぁ、いろんな物が日々届いている状態です。



ほんで、本題の新たな場所へのスピーカーの取り付けは、受信機に直付けの丸いスピーカーを差し込んで、、、、、、、



マジックテープでストック前部の下側に固定、、、、



ここだと、確かに銃声がフロント側から聞こえるけど、、、見た目が、、最悪なので、、ボツ!



次に思いついたのが、マガジン部分を活用出来ないかと、、、、



マガジンと受信機の大きさ比較、、、、受信機が太い、、、、



でも、この薄型スピーカーは装着出来そう♪



うーん! 例えスピーカーを黒く塗ってマガジン風にしても、やっぱ、変なのでボツ!!!



では、バイボッドにスリング用の金具を付けて、、



その中にミニプラグ用の延長コードを通して、丸型スピーカーの端子と接続してぶら下げる、、、、
でも、これだと、コードと端子が、何かの拍子で抜けて、スピーカーが落下する可能性が高いので、、ボツ!



それならばと、M1カービンのバヨネット購入の時に目にした、アリイのコンバットライトのプラモを活用出来ないかと購入したが、
マウントレール式ではなく、L字の金具で銃に取り付ける仕様みたいで、、どうやって、プロハンターに取り付ければいいのか?



それと、丸いスピーカーに対して大きすぎるし、受信機が入るけど、アンテナは、そうする?? 色々と面倒くさいので、、ボツ!!



そして閃いた!
M4のハンドガードを短く切断して穴を開けて、



そこに延長コードのメス側を差し込んで、



バイボッドのレイルに装着して、、、



丸型スピーカーを差し込む!  おおおっ、完璧やん!!
前回のブログ時の計画では、ストックポーチの右側にスピーカーを入れて、更に、フロント側に、もう1個スピーカーを付ければ、
両方の耳から音が聞こえると思ったけど、ストックポーチのスピーカーは要らないっす!
ポーチ内のスピーカーを入れると耳まで2センチくらいの距離なので、どうしてもフロント側の音が弱くなってしまうし、、



フロント側1個のスピーカーでも、マルシンのモデルガン・エンフィールドより、若干劣るくらいの音は出ているので、部屋撃ちには丁度良い♪
でも、、音は、これでいいとしても、、見た目はどうよ??   うーむ、、どうするべ??  続く!  

2016年11月22日

新次元にスピーカー色々

前回からの続きです。

プロハンターGを落札後、どんどん、発注したスピーカーの数々! まだ、銃本体が届いていないのに、適当に使えそうなのを通販で、、、
基本は、ストックポーチに入りそうなコンパクトスピーカーと、床置きの外部スピーカーも念の為に、ヤフーやアマゾンで片っ端から購入。



よって、間違えて、同じのを2個買ってしまう、、、、やってもうた、、、、汗www



これは、床置きのスピーカーで音に合わせて光るってのが面白そうで買ったけど、新次元の受信機に接続しても音が出ないっす!
テレビに接続すれば光って音が出るけど、、なんでだ?  分からないのでポイ!



つう事で、床置きは、こっちで決定!
なんか、弾薬ケースみたいで良い感じでしょ? (見た目重視ww)



てかね、性能の良いスピーカーだと、新次元サウンドの致命的な欠点とも言える銃声の余韻が、途中でテープカットみたいに切れるのが
はっきりと分かってしまう、、、大音量になればなるほどに、、そうゆう意味ではコンパクトスピーカーは音のアラが分かり難い?




で、そのメインのコンパクトスピーカーなんですが、まず、これは、ヤフオクで売ってた中古でビクター製? かなり薄型なスピーカー!



余分な樹脂製のフタを外せば、、



ストックポーチの袋の中に受信機と共に収まります!



このままの形で、どこでもガンサウンドが楽しめます!!
が、、ここで、大きな過ちに気づきます!



ライフルって、ポーチ左側に頬付けしてスコープを覗いて撃つワケですが、右の耳はスピーカーに近いので銃声は良く聞こえるけど、
左の耳には銃声が聞こえない? いや、聞こえているんだけど、なんて言うのステレオで例えると、ほとんど左から音が聞こえない状態!



発売当初、ストック内部になんでスピーカーを内蔵しないのかとマルイの設計にブータレましたが、これが理由だったかも、、、、、汗!
手持ちのオモチャのサウンドガンだと、ほとんどがハンドガンサイズなので、腕の伸ばして耳より前方で撃つので音の聞こえ方に問題無い。



頬付けするライフルだと、右の耳にサウンドが集中してしまう、、、、泣!
うーん、、ストックポーチの袋の中にスピーカーを入れるだけじゃ、ダメですね。。。



頭の中では、この後、どうしようと考えながら、目の前の他のスピーカーを検証すると、こいつは受信機のアンテナにぶつかり
イヤホンジャックに入らないのでゴミ!



次が間違えて二つ購入したこのスピーカーですが、今回GETしたコンパクトスピーカーの中では一番音質がいい?



折り畳んだ状態で、受信機共々ポーチの中に入るし、



開けば、、、



ポーチの反対側の隙間に差し込む事も出来た!こりゃ、ストック左右にスピーカーを入れれば両面から音が出る!!
と、一瞬思ったが、入れても右の耳に音が集中するだけで意味無いじゃん、、、笑! だから、マルイはヘッドフォンなのか? 賢いww



で、次は、この球体型のスピーカーですが、バッテリー内蔵型で、USBで充電して使うんだけど、意外とまともな音が出る、、



結論としては、今、手元にある物だけでは、満足する形にならない。
よって、まず、イヤホン端子の分配コードと延長コードを手配中! そうする事により、二つのスピーカーが使えて、
その一つを、本体左側面にあるバイボッドのレール部分に装着すれば、左前面から音が聞こえて、音の左右バランスが取れるかも?



音響? オーディオ? そんなの専門外で、何がなんやら手探り状態、、
分かっている事は、終わりの無い戦いが始まってしまったって感じでしょうか??? (汗)  

2016年11月21日

不人気な新次元を購入

むふふふふふ、、、買っちまっただよ、、、
マルイが力を入れて販売したのに超不人気モデルになっている?プロハンターGモデルを、、、、、笑!

新品は高いけど、ヤフオクの過去データーだと中古なら2万円台でやり取りされていたので、これは、是非、黒いスナイパー軍団
加えたいと思って、ある中古に入札したのが始まりでした。 でも、応札相手の方と競い合い、ついに、3万5千円となり、惨敗!!



つか、そんな金額を出すなら、新品が買えるじゃんと、勢いで、ヤフオクで売ってた36610円と言う新品を落札しちまった!
で、落札後、冷静になったら、別途、消費税や送料も掛かり、総額4万円越え、、、アマゾンや楽天の方が安かった!(泣)



まぁ、、今更、悔やんでもしょうがないし、プロハンターGを楽しみたいと思います。
購入動機は、先に書いた黒いスナイパー軍団にマルイの名作VSRが居なかった事と、この銀と黒のカラーリングに惚れた事っす♪



お座敷空撃ち専門の私にとっては、カートレスなVSRは本来NGなのですが、排莢の楽しみの代わりに、サウンドってものが
付加する新次元! 発売時にはボロカスに言った覚えがありますが、外部スピーカーをストックポーチを入れて、銃に装着すれば、
銃本体から音が聞こえてリアルになる?、そう思って買いました。



発売当時、ボロカスに評価したのは、イヤホンや外部スピーカーで音を鳴らすって部分! やっぱ、銃声は銃本体から発しないと、、、、、、
それをポーチなどを活用して疑似的に演出する為には、まず、この受信機のスリム化として、



裏面に付いてるベルトクリップは外す! 



で、ここ最近お気に入りのストックポーチと、初購入のバッテリーポーチなども落札した。
これらの中に、受信機やスピーカーを入れれば、なんとかなるのではと考えた。



スピーカー類が届くまで、新次元を眺める! このモデルは、スコープとサイレンサー、それにバイポッドも付いているのである意味お得!
だって、銀色のスコープって、滅多に市販されていないじゃん! この辺はマニア心をくすぐるんだけど、大きなマルイ文字は嫌!ww



綺麗なメッキ仕上げのバレルやサイレンサーに対して、スコープは塗装仕上げにして、同じ銀色でも違いを出してコントラストを付けてる。
文字なんかも綺麗に入っているし、ある意味、高級感を演出しています。



サイレンサーはバレルと同じメッキ仕上げで、文字も綺麗に印刷?されてる! 元々、VSR自体が架空の銃なので、
刻印内容は、スコープのマルイ文字同様に萎えますが、、まっ、仕方ないっすね、、こればかりは♪



で、サイレンサーを外すと、、、



銃口のネジ溝が丸見えで、、この辺も観賞派からすると萎えるポイントかも?



トリガー周りのメッキも美しいですね! この手のメッキ仕上げはさすがマルイって感じで、見た目は、とてもゴージャスなライフルです。
ただ、爆音装置をOFFのまま空撃ちすると、マルゼンのAPS同様、ビョーンとシリンダーのスプリング音が聞こえる、、、、



まっ、それは、エアコキだから仕方ないのかな? つか、爆音装置を機能させれば誤魔化せるけど、、、、笑
そうこうしてる内に、色々とスピーカーが届きましたので、続きは次のブログで♪
  

2016年10月28日

我が家のライフル軍団

前回からの続きです。

迫力のリコイルで空撃ちでも楽しいWE製M14は、作動音がうるさいので夜間室内での空撃ちは出来なかったけど、
タナカ製M40A1は、ブローバックとかしないけど、カートを入れての排莢アクションが楽しめて、音が静かなので夜間でも遊べる。
この2丁が我が家の一軍入りライフルだとすれば、



コッキング式カートレスなAPS-2とスーパー9? この2丁は、室内で空撃ちしても全然面白くないので二軍、、いや、三軍落ちのライフル(笑)
せっかくなので、この2丁がせめて置き物鑑賞用として二軍に昇格できないかイジッてみようかと♪



まずは、数年前にヤフオクで落札したスーパー9は、大昔に一世を風靡したSS9000の後継モデルで、生まれて初めて購入した長物が、
そのSS9000でした。 つづみ弾仕様で飽きて置き物になってから数年後に、ハイパワーカスタムの時代が来て、イジッて、ぶっ壊した!



そうした懐かしさもあって数年前に中古カスタムのスーパー9を購入したけど、すっかり、弾を飛ばす事を卒業していたのを忘れてた。
鑑賞オンリー、空撃ちオンリーの私にとっては、真鍮シリンダーの色は、とてもトイガンらしく、空撃ちはコッキング重いし、即、押し入れ行き!



それでも、今回、ライフル熱が再発したので、せめて、カート式に戻して排莢が出来ればと、カートを入れてみたけどコッキング出来ない、、



たぶん、このバネの見えるパーツにBB弾を入れて撃てるようにカスタムしてある?せいで、内部はカートレス仕様になってるのが原因。
つか、真鍮シリンダーの色と、このバネの見えるパーツで、どうあがいても観賞用にはならないべ? と言う事で先送り放置決定!



もう1丁のAPS2は、前回、少しイジッたので、この時点で二軍入り出来そうな見た目です。



各部が汚れていたので、アルコールで拭いたり、黒染めの落ちていた部分を適当に染め直しました。
ボルト部分には注油してコッキングも軽くはなったけど、空撃ち後に、ビヨーンと言うシリンダー内のバネ音が少し気になる。。



まぁ、カートレスで排莢もしないので、空撃ちしないと思うので、バネ音はどうでもいいや♪
で、ライフルと言えば、バイポッドが必要で、部品庫に余っていたスイベルネジをストックに穴を開けて装着して、バイポッドはアマゾンに発注!



バイポッドが届く間に、サイレンサーを眺めると、、



5.56mmの文字が??   ダミーカートは7.62mmなので、この文字はおかしいよね?



よって塗装!  最初、ブラックスチールで塗ったらバレルと色が違い過ぎたので、黒組を上塗りした。



そうこうしてる間にバイポッドが届く! M40A1に付けたのと同じ1495円の安物だけど、意外とちゃんとしてる品!(笑)



よし、これで二軍入り、、、いや、、見た目だけなら一軍入りでいいか?♪



うーむ、、かっこいいど。
カートレスだし、空撃ちしてもつまらないので、完全に観賞用の置物ですが、見た目だけならM40よりもタイプなので一軍入り決定!!



一軍仲間のタナカM40A1は、排莢ピョーンのアクションが最高! もちろん、1発1発、カートを挿入する楽しさも最高っす。



WEのM14は、重さと手触り、ブローバックと作動音、最高傑作の長物ブローバックだと思います。 



我が家のお気に入りのタイプの違う3丁の狙撃銃♪  3丁とも、手に入れてから一度もBB弾を入れて撃った記憶は無い、、、、(笑)



で、どうしようもない3軍ライフルのスーパー9君。。。
この子を一軍に昇格させるのは、お金と手間が掛かり過ぎるのでお悩み中、、、、、続く。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)◆長物(ライフル系)