< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年10月19日

新次元を直す

戦車ばかりで飽きたので、前回のブログで中断していた新次元に再度トライする事にしました。

音の出ないガンサウンドシステムを簡単に調べたけど、原因が分からなかったので、今回は徹底的に調査する事にしました。 
前回取り外した送信機は、その後、黄色のストックに入れていましたが、その送信機を再び取り出して調べます。



前回はシールの貼られた未使用と思えるボタン電池が付いていましたが、シールを剥がしても音が出なかったし、
正常に機能していた別の新次元の電池を入れても音が出なかったけど、今度は、新しく購入したボタン電池を入れて端子を針金で繋いで、
電池BOXのフタを連打したら音が出た!



謎です! 前回は正常に機能していた別の新次元の電池を入れても鳴らなかったのに?? 謎だ??
でも、まぁ、、音が鳴るのなら問題ないと思いストックに組み込んだら、やっぱ、音が出ない! どうなってるんだぁ、、こりゃ?w



再度、レシーバーをストックから外して、、



ストック内部から出ている配線に再び針金を入れて、、



ストック内の電池BOXの金属製の丸いフタを連打! うん、ちゃんと音が鳴るじゃん!



と言う事は、トリガースイッチ周りがおかしいのかと、、、ただ、、この辺は見ても分からないんだよね、、、汗!
以前に同様のトラブルを経験した時は、微妙な端子の変形で導通できなかったので、、、つか、、まずは、端子まで電気は来ているのか?



二つの端子の間に、鉄のレンチを入れて電気が通電しているようにして、電池BOXのフタを連打すれば音が鳴った!
ただ、レンチを外して左右の端子を接触させても音は鳴らず、、、何度か微妙に曲げたりしてたら、、、ついに音が鳴った!
新次元の端子って本当に繊細!(笑)



慎重にストックにレシーバー類を入れてネジを締めても音が出る! 5~6回、トリガー引いても音が出るので、
最後に、ゴルフクラブのように、部屋で何度か振り回してみたけど、それでもちゃんと音が鳴った!
微妙な配線の接触不良やスイッチの接触不良なら、ぶん回せば音が出なくなるかと思ったけど、、これで、安心して良さそうです♪



と言う事で、ついに我が家の新次元VSRは全部で3丁になった!
全て音の出る完動品です!  (つか、どれもBB弾を入れた事が無いので、弾が飛ぶかは未確認ですけどw)



ヤフオクで出品される新次元は音が鳴るか未確認の物も多いし、つか、我が家の1号機だって最初は音が出てたけど、
いきなり鳴らなくなって直した事がある位だから、非常にシビアなオモチャですよ、、これ(汗)



我が家の場合だと、スイッチ部分の端子の接触不良が一番多いトラブルですね、、、ストックを外したり付けたりする時に、
スイッチの端子がストックに当たって変形させてるのかもね、、、なるべくストックは外さない方が良さそうだな、、、オレw
最後に、忘れない為にメモを残しておこっと♪



自己流・自分メモ「音が鳴らない時の基本チェック」
1.送信機+受信機の電池を新品に入れ替える。
2.ストックからレシーバー類を取り外し、トリガースイッチから延びる赤い接続端子を外す。
3.その赤い端子の左右の穴に針金を入れてスイッチON状態にする。
4.ストック後部の電池BOXのカバーを開けて、中の丸い金属板を指で連打する。
5.それで音が鳴れば、針金で接続したコードより先の、トリガー側に異常がある。
6.トリガースイッチの2つの金属板の間に金属を入れてスイッチON状態にして「4」の動作を行う。
7.それで音が鳴らなければ、赤い端子からトリガースイッチまでの配線コードやハンダ部分を疑う。
8.「6」の状態で音が鳴る場合は、二つの金属板の接触面が微妙にズレているので微調整で直る。
  金属板の変形が怖い場合は、ストックの脱着を行わなければ、多分、変形はしないと考えるw
  

自己流・自分メモ「マルイガンサウンドの仕組み」
1.トリガーを引いて、トリガースイッチの左右の金属板が接触しただけでは音は鳴らない。
2.トリガースイッチの左右金属が接触した時に電池BOXに振動が同時発生して初めて音がなる。
3.よってプロハンターGは、リアルショック機能の付いたGスペックになっている。

自己流・自分メモ「他の長物への流用」
1.タナカのM700などリコイルが発生しない銃には加工して装着してもリコイルが無いので音は出ないはず。
2.逆に、ガスブロでリコイルするような長物にはトリガースイッチを自作すれば取り付ければ流用は可能と思える。
3.似たようなトリガースイッチはラジコン用パーツで市販されている。
4.ちなみにマルイ純正のガンサウンドパーツは以前に問い合わせた時は在庫なく全て修理対応と言われた。
5.流用する場合は、ストック内に送信機が入る空洞タイプなら簡単だと思う。(M16とか?)
6.ただし、フルオートには使えない。 (トリガーを1回引いたら1度鳴る仕組みなので、ずっと引いても続けては鳴らない構造)
7.ちなみに、送信機側の左右の端子に針金など入れて通電させた状態で、電池BOXの金属製フタを連打すると、
  バッ、バキュ、バっ、バキューン、バキュ、バッと単発音が指の速度に合わせて鳴るけど、、とても変!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年10月13日

新次元の修理

前回からの続きです。

14500円で手に入れた新次元に必要となるパーツ一式、、組み込んだけど、音が出ない、、、世の中、甘くなかった。
でも、今までに2丁の新次元で、同様のトラブルを直して来たので、なんとかなるはず。



受信機は、新品電池を入れて、スピーカーに繋げば普通に音が出るので問題無しと判断。
出品者さんからの情報だと、新品を動作テストもなく、バラして販売したとの事。



受信機には異常が見られないので、次は、取り出すのが面倒くさいストック内の送信機をひねり出す、、、、笑



送信機内部のボタン電池を調べたら、新品の絶縁テープも貼られており、そのテープのせいで音が出なかったのかと思い、
これなら、簡単に問題は解決すると、早速、テープを剥がして送信機にセットした。



次に針金を用意して、



送信機の端子に入れる!
これで、配線は繋がったままになり、



最後に送信機の電源を入れて、電池カバーを開けて、内部の電池の後部の丸い銀色のカバーを指で連打。
そうすれば、正常なら、音が出るんだけど、まったく反応しない。他の正常な新次元から電池を抜いて入れ替えても音が出ない、、、、、、汗!
こりゃ、原因調べるのに時間が掛かるな、、、、、しばらく放置決定w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マルイVSR

2017年10月12日

買ったど、、、、

久しぶりのVSRネタです。

ヤフオクを散歩してたら、このマルイ純正のウッド風ストックがスタート価格7000円で出ていた。
純正ストックの相場からしたら倍近くのお値段。



ただ、違うのは、これ!



新次元のストックで、送信機内蔵!



受信機も付いており、出品ページには、「作動させるには別途トリガースイッチユニットが必要です」と記載があり、



その人の出品物を調べると、スタート価格3000円でスイッチ付きのトリガーユニットも売りに出ていた。
両方足して1万円のスタート価格でしたが、競合もいたので、合わせて14500円で落札となった!



でも、これで手持ちのVSRが1本、新次元に変身できると思えば、まっ、お買い得な品かと♪



早速、レシーバーやバレル類は、以前に新次元モデルに付いていた、このガンサウンドでは無い赤ストックとニコイチにする事に。。



レシーバー部分をストックから取り外すと、普通のトリガーユニットが顔を出し、、



それをスイッチ付きの今回GETしたトリガーユニットに付け替えた。



そして、送信機内蔵のウッド風純正ストック内の配線と繋いで、普通のガンサウンド仕様の新次元になった。
でもさぁ、、、、音が出ないんだよね!
受信機側は音が出るので、送信機側か、トリガースイッチ側に異常がある。
出品者の方に問い合わせると、新品をバラして出品しただけなのでメーカーに相談してくれと、、、汗!
部品でバラバラにされた品をメーカーで保証してくれるのか? そんな訳ないじゃん、、、世の中甘くはなかった、、、泣
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年08月24日

新次元のサウンド直す

6月6日のブログで掲載した音の出なくなった新次元を音が出るようにしたいと思うようになった。
ラジコンの戦車は、走行音や機銃、主砲の音もバンバン出るのに、音の出ない新次元は、やっぱ、新次元じゃないぞ!(笑)

前回までに分かっている事は、トリガー部分をもう1丁の新次元の物を外して付け替えれば、問題無く音が出るようになるし、
また、正常に音の出る新次元に、この音の出ない方のトリガーユニットを付けたら音が出なくなるので、



だから、絶対に、このトリガーユニット部分のスイッチ、もしくは配線になんらかの欠陥があると思うのでバラします。



どうも、マクロ撮影がヘタでピンボケ画像ですが、スイッチの端子には、しっかりと配線がハンダされているように見えます。



新次元の面倒くさいのは、配線が接触したと同時に、送信機が振動を感知しないと音が出ないので、ストック内から送信機を取り出します。
で、トリガーの配線と繋がるカプラーから、送信機側のカプラーを抜いて、その中にU字状のハリガネを入れて通電状態にします。



この状態で、送信機の電池を入れる部分のフタを叩けば、バッキュン、バッキュンと叩いた数だけ音が出ます。
と、言う事で、このカプラーまでは異常が無いと判断!



次に、トリガースイッチに付いていた配線を外しました。
撮影を忘れましたが、外した配線2本を結んで通電状態にしてから、送信機のカプラーに繋いで電池BOXを叩いても音が出ました。



だとすれば、2本の配線が、それぞれの端子にちゃんとハンダされていないのかと思い、何度かハンダゴテで付けてみましたが、音が出ない?
いや、正確には、トリガースイッチを接触させたまま、電池BOXを叩いて振動を与えるんだけど、30回に1回くらい音が出る事があった。



今度は、トリガー部分からスイッチを外しました。
そして、原因が分かりました! この画像でも分かりますが、スイッチ左右の銅色の板の先端内側部分に、銀色の細い配線のような突起がある。



このマーカー部分に剥き出しの配線のような突起があって、それが正しく接触しないと音が出ない。



突起部分をクリップで確実に接触させていれば、いくらでも音が出るようになったので、この後は、左右の板の微妙な位置合わせを行い、
正しく突起部分が接触するようにした! 



その後、銃本体に組み込んでも異常無くガンサウンドが楽しめるようになったけど、、調整したスイッチ部分、本当に、コンマ数ミリって感じで、
ストックから本体を抜いたり入れたり何度もすれば、何かの拍子で位置がずれる可能性も大! 
正常に機能するガンサウンドは、出来るだけストックの取り外しなどしない方が良いですね。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年07月23日

Co2のシリンダーGET

先日、中身のパーツを揃えて、完動品のVSRを1丁誕生させて、それに代わる中身の無いVSRも1丁増えた。

不足パーツはインナーバレルやチャンバーとシリンダー等です。



予備ストックに装着して外見を楽しむだけなら、インナーバレルやキャンバーは要らないけど、シリンダーは、やっぱ、欲しいよね。



どうせ買うなら、未経験のCo2ガスシリンダーって言うのを買ってみようかと、、、
ずっと、興味はあったけど、高いし、なかなか勇気がなくて、買えなかった品w



一応、国内規制値仕様のシリンダーで、装着するVSRはチャンバーもインナーバレルも無いので、問題は無いかと判断してGET。
ただ、生ガスを吹き出るようにするには、シリンダー自体の放出量を上げるなどの改造が必要で、そうなると、そのシリンダーを
他のVSRに装着すれば極悪パワー銃になるので自主規制して、規制値内のまま使う事に♪



シリンダーは、放出バルブがCO2カートリッジへ直接接続されるタイプのダイレクトバルブで、大昔、スタスケと呼ばれた構造に似てる?



CO2カートリッジは、マルシン製のものが一杯買い置きしてあるので、それを使用します。



組み立ては、説明図を見て、私でも簡単に出来るレベルでした。



ただ、コッキングレバーが最大でも、ここまでしか後退しない事と、引くのも戻すのも、エアコキと比べて大差なく重い事、、、、
タナカのM700のガスシリンダーなんか、まったく軽いのに、、、、構造の違いなのかな?



空撃ちすると、明らかにシリンダー内での作動音がうるさくなったけど、、ただ、そんだけ!(笑)



コッキングの動きもスムーズじゃないし、後退量の少ないし、音は大きくなったけど、「ガン!」って感じの音でライフルらしくないし、、、
これなら普通のマルイのシリンダーを買えば良かったと後悔!w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年07月13日

VSRが1丁うまれた

前回からの続きです。

余ったこれらのパーツですが、今回、シリンダーとか無い外装だけのVSRが1丁増えた訳でしょ?



そうなると、以前のシリンダーまで付いているけど、インナーバレルとか付いてないのも1丁あるワケで、
合わせて2丁もパーツの足らないVSRがある。。



その、シリンダーまで付いてるパーツに緑ストックやスコープを付けて、だいぶ、形になったので、
不足していたガスケットとチャンバーブロックだけ買い揃えて、いつかは地道に1丁、完動品のVSRにしようかと♪



緑ストックからレシーバーを外して、装着しようと思ったら、、、



チャンバーブロックだっけ? それって、インナーバレル類が無いと付かないじゃん、、、汗



結局、5千円近くの追加出費で、インナーとチャンバーセットを購入!



これにて、組み込めば、1丁、完動品のVSRが出来上がるワケですが、部品代の総額は、最初から分かっていたけど、
新品VSRを買うより遥かに高い買い物になった。。



そして、全バラにして組み込もうと思ったけど、何が何だか分からなくなって来たので、、



銀色バレルが付いた1丁をストックから取り出して、同じように組めば間違いないかと♪



ふむふむ、、ブロックの付け方もOKですね?



トリガーやシリンダーもちゃんと動く!



これにて完動品のVSRは7丁めになりました!
どのVSRも一度もBB弾を入れた事の無い可哀そうな子達です!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マルイVSR

2017年07月12日

VSRの部品が届く

掃除作業はまだ終わらないけど、

いくつかのVSRの純正パーツが届いたので、ちと、VSRイジりで暇つぶす事にしました♪


マガジンキャッチボタンは、前回、ストックに取り付け出来なかった4本分をGET!



前回同様、接着剤で外れにくくしてストックに装着しました♪



それ以外のパーツは、元々、我が家には、アウターバレルとトリガーASSYとトリガーガードがあったので、



今回、GETしたレシーバーに装着して、



シリンダーやインナーバレルの無い外装キットが1丁増えました♪



レシーバーにはスコープマウントが付いていないので、



余り物のマウントを取り付けて、



終了!



で、、、これらのパーツは??? 続く♪























  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月26日

ガスシリンダーってどうなの?

前回からの続きです。

二軍ストック置き場から、



ストック塗装用の為に用意したインナーバレルやチャンバーも無い外見だけの本体を組み合わせて1丁完成!



あり合わせのスコップやパイボットを付けて、それっぽく♪



中身の無いGスペック外装だから、一応、Gスペックのサイレンサーも付けてみたり、、



こうして形にすると、インナーバレルやチャンバー等の中身のパーツが欲しくなるけど、絶対に買わないぞ!



買ったら、これまで揃えたレシーバーやバレル等と合わた総額で、間違いなく、新品丸ごとより高くなるから、、、、汗!



最近、興味あるのは、VSR用のガスシリンダー! マルシンのCo2ボンベを入れて撃てるらしいけど、そのまんま撃ったら極悪銃!
でも、このインナーバレルの無いGスペックに組み込んだらパワーは出ないはずだし、生ガス吹きそうで面白そうだけど、、、、



プロップガスガン仕様って言えばいいのかな?
ガスシリンダーだからコッキングも軽いんだろうなぁ、、、欲しいなぁーと思うけど、、世間がうるさいだろうなぁぁ?(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月25日

VSR一軍と二軍(笑)

前回からの続きです。

付け替え用のストックにマガジンキャッチボタンを組み込んだワケですが、、ストックの数に対して貴重な本体を組み込み済みの1丁に
この木ストック仕様が居た!!



初めての木ストのウレタン仕上げのストックですが、着色ニスを塗り過ぎて、木目もあんまり見えないので、、この木ストックこそ、
予備ストックとして置いておけばいいのでは?



と言う事で、銀色本体に色々なストックを付けてみて、この白ストックとの合体が一番いいかなと♪



ストックと本体が合体してるのがVSR一軍! ストックだけなのが二軍! 
よって、白ストックはめでたく昇格♪



一軍置き場!



二軍置き場!(笑)



めでたし、めでたし!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月24日

キャッチボタンは接着

VSRのストックは全部、ウレタンクリアーで塗り終わり、磨き上げも終わりました。

中身の無いストック達は、いつでも、本体と組み合わせて、その日の気分で見た目の色合いを楽しむワケですが、
付け替えを、より簡単にするには、マガジンキャッチもストック内に外れないように組み込めばいいと、、



色々と考えた結果、一番簡単な接着対応にした(笑)



瞬間接着剤で、まずは、スプリングをマガジンキャッチの突起部分に接着して、



ストックに組み込んでから、スプリングの反対側をストック壁面に接着♪



これで、中身の無い状態でも、キャッチボタンを無理に奥まで押さなければ外れなくなった。
ストック内に本体を組み込むには2本のネジの脱着だけで、その日の気分に合わせて違う色のストックを装着できます。
ネジを4本外さないとグリップ交換出来ないデトニクスやガバよりも簡単♪



で、買い置きのキャッチボタンASSYは、残り3個あるので、



先日、二液ウレタンクリアーを再び塗って研磨も終わった青ストックを取り出す。



何度もウレタンクリアーを塗ったので光沢は問題無し♪



マガジンキャッチを接着!
つか、、気にしてなかったけど、ストック内部、汚いなぁぁ、、、、汗!



キャッチボタンの動作チェックも終えて、わざと外すつもりで押さない限りは、ポロッと取れる事は無い。



青ストック終了♪



同様に黄色ストックや、



白ストックにも装着!



残り4本の中身の無いストックがいたので、ヤフオクでマガジンキャッチを探したら、1944円の即決価格ばかり、、、、、汗!
以前に買い揃えた出品者様は、500円前後だったので、その方が再度ご出品したら、まとめて購入しようと思います。



本当は、各ストックに本体が組み込まれていれば一番ラクですが、撃ちもしないVSRをそんなに増やしても意味無いし、、、、
その日の気分で、容易にストック交換できれば満足です♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR