< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年06月16日

VSR最後のストック終了

前回からの続きです。

当日、ラッカーを塗り、そのまま二液ウレタンを塗って、最後の研磨まで、、全部、一日で終えちゃう実験作業!
休みの日の午前中から作業して、ウレタン塗りが終わったのが昼頃で、18時頃にはウレタン研磨を始めました♪



手で触った感じでは、少しベトつくような感じもしましたが、塗装粒のダマや、埃部分を粗めのスポンジやすりで削り落としてから、
全体を細かめなスポンジやすりで整えて、各種コンパウンドで磨き上げるのですが、、、



今までは、粗目、細目、極細、そして更に、極細液体タイプ、最後にセラミックコンパウンドで磨いていましたが、
粗目や細目だと、艶消しになり過ぎるので、今回からは極細からスタートしました。



結果としては、無用に皮膜の光沢を落とし過ぎないので、仕上がりは早かった!
最初はベト付いた感じもあり、実際にストックを押さえていた指の指紋が皮膜にくっきりと残ったところもありました。



そうした部分を再びスポンジやすりで落として、次のコンパウンドに行くまでに、途中、1時間くらい夕食で休憩したので硬化した?
手直しのコンパウンド作業では指紋の跡が残る事はなかった。 ただ、多分、思いっきり指で押さえれば指紋の跡はつきそう?



と言う事で、今までは基本を守って二液ウレタンを行って来ましたが、最後は、自己流? 時短作業にチャレンジして、
その気になれば、ラッカー塗りからウレタン研磨まで丸一日で出来るかなと感じられました♪



ただし、ウレタン皮膜も、その下のラッカー皮膜も絶対に完全硬化していないし、二種類の塗料の乾燥時間も違うので、
後日、クラックなど発生するかも知れません、、、まっ、その実験も兼ねていますので、、2週間後、どうなったか、又、報告致します。



これにて、VSRのストック塗りは全て終了! 艶消し系緑と並べて見た♪
多分、光沢仕上げにしなければ普通の迷彩風なカラーになったと思うけど、その辺は、個性の主張!(笑)



VSRを持ってる人なら分かるけど、ストックの付け替えは、2本のネジだけで行えるので、1911やデトニクスのグリップ交換の半分の作業。
ただし、マガジンチャッチボタンの付け替えが、少し面倒なんだよね、、、ボタンを各ストックに装着して外れないように工夫すれば問題解決?



まっ、その辺は、そのうち、トライしてみます。
そうすれば、その日の気分で1分以内でストック交換して遊べるかと♪



以上で緑ストック終了!♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月15日

最後のストック塗り

前回からの続きです。

2本の二液ウレタン塗装も終わり、塗装ブースの環境が整っているうちに、残り1本の手つかずのストックも急遽仕上げる事に、、
そうすると、新たに未使用の使い切り缶スプレーを使う事になるのですが、その1本のストックだけだと使い切れないので、、



だいぶ以前に仕上げた青ストックに再度ウレタンクリアーを塗る事にしました。



この頃は、確か1本の缶で3本のストックを塗ってた頃? 
クリアー皮膜が、ちと薄いかなと思っていたので、表面を足付けして、適当に上塗りした。



かなり、ボテボテな皮膜になってもうたが、後で削れば何とかなるべと?



で、塗装用で購入した最後の1本の黒ストックは、前回購入した緑やアイボリーなどを適当に重ねて迷彩風にします。
今回は、最短仕上げを目指して、下地の研磨もサーフェーサー塗りも省略して、、、



即座に塗ってもうた!(笑)



ラッカー塗料のアイボリーとグリーン、それにイエローやブラックなどを交互に塗った。
下地研磨してないので、パーティングラインが丸見え(笑)



塗装自体も、マスキングもなく、適当に色を塗り重ねただけなので、



10分くらいで色塗り終了♪



ラッカー塗りから30分くらい経ってから、なんと二液ウレタンクリアーを、まずは軽く一度吹き!



ラッカー皮膜に異変は発生しなかったので、二度塗りは、10分くらいかな、、経過したとこで全体を厚塗り!



更に20分後、三回目の重ね塗り!



で、20分も経過しないうちに4度目!  どの工程も、ウレタン皮膜はベトベトしていた上へ重ね塗り、、(笑)



迷彩風なカラーリングだけど、なぜか、光沢ウレタン仕上げ!
多分、艶消し仕上げにした方がリアルだけど、こんな変なストックも1本あってもいいかと♪



実験の収穫としては、ラッカー塗って30分位の乾燥後に二液ウレタンを軽く塗ってもラッカー皮膜に異常は発生しなかった事。



まぁ、今回のラッカー皮膜は何色か重ね塗りはしたけど厚塗りではなかった事と、あくまで、現時点で異常が無いだけで、、
数日後に異常が発生する事も考えられます、、、まっ、それも含めての実験です。



とりあえず、これで使い切りタイプの二液ウレタン塗装は終了しました。
続いて、実験として、この6時間後には緑のストックを研磨する荒技に、、、触るとベト付いた状態でも研磨は出来ました、、、続くw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月14日

ウレタン塗装開始

前回からの続きです。

塗装ブースに扇風機や空気清浄機を増やした環境で、いよいよ塗装スタート!



使い切りタイプの缶スプレー1本で2本のストックを塗り終えました。



塗りっ放しで、皮膜は少し荒れていますが、乾燥後の研磨で修復可能。



大量にクリアーが塗られているので濡れたように艶々な光沢です。



ただ、表面にはゴミの付着や、塗装粒などもいくつかあるので、塗りっ放しの状態では艶があっても見た目はNG。



毎度の事ですが、乾燥したら地道な研磨作業が待ってます。



今回の塗装は、扇風機効果か、ベッドの置いてある部屋の方には粉塵がほとんど届かなかった。



ただ、反面、ブース側の空中に粉塵やゴミが舞っているせいか、画像では分からないけど、細かな付着物が多い気がする。



まっ、ひと皮、ふた皮、研磨で剥いてしまうので問題ないかと。



白ストックの方も透明皮膜が増していますが、画像だと分かり難いかな?



こっちは、やはり画像では分からないけど、黒や灰色の埃が目立ちます。



まっ、、ライフルのストックだし、細かい事は気にしない♪



そんなの気にしてたら、このステッカーの貼りミス、、、致命的やんか!
パッと見は綺麗だけど、長年使い込んで、各部にアラが一杯なストックと言う位置づけで問題から脱出!(笑)



これで一応、缶スプレーの中身を90%くらい消費しました。



残りの10%は、後日、研磨した後に部分的に補修が必要になる場合があるので、いつものように冷凍庫に保存しておきます。



これにて、まだ、未塗装のVSRストックの残りは2本となり、1本は新品黒ストックで、これはノーマルのまま保存して、
塗装するのは残り1本のみ、、、



せっかく、扇風機や清浄機を追加して塗装環境が整っているので、急遽、残り1本のストックも塗っちゃおうと思います。
そのストックは実験を兼ねて、スピード仕上げで、一気にウレタンまで行く予定♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マルイVSR

2017年06月13日

ウレタン塗装準備

さてと、ウレタンクリアー待ちの2本のストックをボチボチ塗る事にします。

毎回、部屋中が粉塵だらけになり、やっと、綺麗になりかけた頃に、次なるウレタン塗装がスタートして、再び、粉塵だらけ、、、汗!



今回は、そんな粉塵対策として、まずは、塗装エリアにあるトイガンとかを新聞紙でカバーして、



そして、扇風機を移動して、



空気の流れが塗装ブースに行くようにして、



そのブースには、ブース用のエアダクトと空気清浄機に空気が向かうようにして、



更にベッド横にあった、もう一台の空気清浄機もブース横に置いた。



まっ、こんな感じで空気が流れれば、とりあえず、ベッドの置いてある部屋側への粉塵は抑えられるかと?



後は、二液ウレタンクリアーで2本のストックを塗ります。



今回は、缶スプレー1本で2本のストックを塗る予定ですので、かなり厚塗りになるかと思う♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月12日

余ったサイレンサー

前回からの続きです。

新次元用に購入した長めのサイレンサーが余ってしまったので、、



こいつに装着した♪



そう、一時期ハマッたM93Rです。
確か、全部で6、7丁くらい持ってたはずですが、今では部屋のいろんなとこにバラバラで保管されていて、数えるのが面倒くさい。



で、この93Rは、KSCのHW製モデルガン!
発火するワケでもないので、完全に壁の置物と化してました。



色々と装着しているので重さは2kgを超えていて、久しぶりに持ってみたけど、いい感じでした。



新次元と並べると、この93Rがブローバックして、音が出て、光ったら、、、と妄想が膨らみます。



音と光のギミック、、、、、、マルイしか作れないだろうなぁ、、、リベンジ新次元、、、それに挑んだら勇者だ!



ちなみに93Rの折り畳みストックの開閉方法を完全に忘れていて数分間格闘した事は秘密です、、、、(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月11日

マズル再現ハイダー

マズル再現フラッシュハイダー「クーガー」ですが、素晴らしい製品だと思います。

大手トイガンメーカーと手を結び、もっと数が売れてば価格も下がるし認知度もアップすると思うけどなぁぁ、、、



で、、電源スイッチをOFFにする為、ハイダー内部から機関部を取り出すワケですが、ここで思いついた!
他のサイレンサーとかに、この機関部は付かないのかと?



余っていたタンカラーのサイレンサーの中身を抜いて、マズルフラッシュ機関部を入れてみたら、



おおおっ、ネジ山ピッタリで装着可能やんか!



と言う事で、サイレンサーの直径を計ったら大体35ミリくらいだったので、アマゾンで35ミリ径のサイレンサーを購入!



中身を取り出して、、



発光装置を入れてみたら、、うんが? コンマ数ミリ? サイズが合わず取り付け不可能、、、、汗!



仕方が無いので、最初にジャストフィットしたショートサイレンサーを活用する事にした。



タンカラーはスプレーで自分で塗った色だから、溶剤で拭き取り、黒に戻す。



発光装置のリングは邪魔なので外して装着。



がはははっ! イメチェン終了!!



でも、、サイレンサーでバキューンの音だとおかしいか?
ガンサウンドにはサイレンサー音も入っているけど、マズルフラッシュにはバキューンの音の方が合う?



結局、元のハイダーに戻した。
つか、アマゾンで購入したロングサイレンサーが余った(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月10日

新次元めっき追加

前回、動画までアップして完全に完成とか言っていた我が家の新次元ですが、、

気に食わないとこがあるんです。



まっ、内部のガンサウンドやマズルフラッシュはお気に入りですが、気に入らないのは見た目、、、



コッキングレバーやトリガーは銀めっきで美しいのですが、トリガーガードとか樹脂製の黒いまま、、、



だから、買っちゃいました!



プロハンター純正の銀めっきのトリガーガードとマウントレール♪



ウレタンクリアーで光沢仕上げになった黒いストックには銀めっきパーツは映えます。



マウントレールもピカピカで全体的に高級感がアップしました。



ただ、レールはガンサウンドシステムを搭載したスコープセットを載せるとほとんど見えない、、、笑!



まっ、、トリガーガードは目立つので良しとします。



つか、アウターバレルも銀めっきにすると面白いかも?



と、欲を言い出したらキリが無いし、これくらいの光り物で我慢しよっと、、、てか、めっきパーツ高いし、、汗!



毎晩、シャキーンとハンドル引いて遊んでますが、ガンサウンドなどのギミックはOFFのままです。



塔四郎カスタムの新次元のギミックを稼働させるには、まず、①のパットを外して、ストック内部の送信機をONにして、
次が、②のハイダー先端をクルクル回して内部パーツを取り出して電源ONし、③のライト先端からスピーカーの入っているキャップを
ズラして電源ONにして、最後に④の受信機はPEQカバーを外して電源を入れる、、、以上の工程を終えないとギミックが楽しめない。



4つのスイッチそれぞれを、隠すような障害物を取り除かないと電源に指が到達せず、非常に面倒くさい! 
だから、これらを楽しむのは時間のある休日のみで、平日は、電源OFFのままの空撃ちのみで遊ぶだけ、、、、笑!



音が出て銃口が光る子供向けおもちゃは市販されてるけど、リアルな感じで音と光を再現したトイガンってあれば売れると思うけど?
ガンサウンドだけじゃダメ! 音に合わせて光ると数倍増しの迫力になる、、、更に、弾を入れて撃てば、もっと楽しいのか?



前回も書いたけど、これでカート式で排莢できたら、それこそ、新次元の名に恥じないトイガンの誕生なんだけど、、、
無理なのか? 売れないのか? メーカーさん、、駄目なのか??(泣)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)マルイVSR

2017年06月07日

新次元の動画

前回からの続きです。

スピーカーと受信機内蔵スコープ搭載の新次元VSRに、マズルフラッシュ再現型フラッシュハイダーを装着して完成した我が家の新次元!
完璧に完成したので、その要約と静止画では伝わらないので、動画も公開致します♪



マルイのガンサウンドは外部スピーカーと接続する方式ですが、それだと、スピーカーの置き場によっては、
明後日の方向から銃声が聞こえたりするので、どこでも気軽にガンサウンドを楽しめるようにスコープに色々取り付けた。



ライトケース内に丸型の小型スピーカーを入れて、



受信機はマジックテープでスコープ側面のレールに付けて、そのままだとカッコ悪いのでPEQケースを被せた。



ほんで、クーガーだっけ? 商品名?
マズル再現フラッシュハイダーを取り付けて、、



これで、銃声とマズルフラッシュの出る究極のガンサウンドおもちゃが完成しやした!



毎度の事ですが、動画ヘタッピです! でも、面白いでしょ? 
マズルフラッシュは、正面のアクリル製のコレクションケースに光が反射するので実際より少し大げさな感じです。
でも、サウンドに光が加わった事で、かなぁーり面白いお座敷ライフルです。
これで排莢が出来れば完璧なんだけど、、そうゆうの作ってくれないかなぁ、、、メーカーさんで、、、(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(8)マルイVSR

2017年06月06日

新次元トラブル

アイボリーストックの完全乾燥待ちでヒマが出来たので、

ウレタン仕上げも終わっていた新次元の黒いストック! まだ、送信機や機関部を取り付けていなかったので組み上げる事にした。
単純に終わるかと思ったら、、、トラブル発生!



音が出ない!
ストック内に送信機を入れて、受信機&スピーカー付きのスコープ付けて、トリガーはスイッチ付きの物に交換したけど、
まったく音が出ない!



調べてみたら、スコープ内の小型スピーカーのバッテリーが上がっていたので、USBメモリーから充電を終えて付けても音が出ず、
次は、送信機内部のボタン電池を新品に入れ替えたけど、音が出ない、、まったくの無音! なんでだ???



となれば、新次元システムが組み込み済みで、ちゃんと音の出る壱号機(茶色い方)を持って来て、組み替えて故障個所を絞り込む事に、、、



それぞれの送信機組み込み済みのストックに、トリガースイッチ付きの本体を移し替えてみると、音の出なかった黒ストックは音が出て、
逆に正常だった茶ストックが音が出ない、、、受信機やスピーカーは、どっちも正常に機能した。
と言う事でトリガースイッチが異常かと思います。



で、面倒くさいので、スイッチは後回しにして、付け替えて正常に音が出るようになった黒ストックに、受信機&スピーカー内臓スコープを
付けて、まずは、一丁上がり!(笑)



内蔵スピーカーも満充電したので、結構、大きめなサウンドになった。



ついでに、サイレンサーを外して、マズルフラッシュハイダーに交換した。



気が向いたら動画でアップするけど、トリガーを引くと、リコイルと銃声、そして、マズルが赤く光る! こりゃ最高!!!



とっても高額なマズルが光って音の出るオモチャ!!
子供用のオモチャなら数千円で売ってるのに、、、、、泣!



とにかく、これで、ガンサウンド搭載スコープ付きの新次元は完全に完成しました!



面白いので、アホみたいに撃ちまくりました(笑)




で、、、なにか、、忘れていたような、、、




こいつか?

黒ストックを活かしたので、この茶ストックが音が出ないまま、、、、



原因は、このスイッチ部分が機能していないんだと思う、、、もしくは、そこから出ている配線のどこかが切れている?
色々と調べてみても、まったく音が出ない! もう面倒くさくなったので、、、



そのままストックに組み込んだ!
ガンサウンドシステムは1丁あれば充分だし、、この子は、普通のVSRって事で今は良しとします、、、面倒くせぇし、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年06月05日

あとはウレタン待ち

前回からの続きです。

シール貼りは終わったので、



シール保護を兼ねてラッカークリアーを塗りました。



後で削る事を考えて何度も重ね塗りしてクリアー皮膜を厚くしています。



☆シールも稲妻シールも先端部分が尖っていますので、完全にクリアーで埋めてから削らないと、ベロッと逝きそうなので。



クリアー皮膜の研磨は一週間後、、そして、それから更に一週間後にウレタンクリアーかな、、予定としては?



以前にウレタンも塗り終わった白ストックとのツーショット。



どうやら、☆マークが好きみたいな私、、、笑!



どちらのストックもゼロから自分でデザインしたら出来ない見た目、、、あり合わせだから出来たデザイン!



二液ウレタンクリアーで仕上がった白ストックと、ラッカークリアーを塗っただけのアイボリーストック、
画像で見る限り、光沢に違いが無い! ブログ的には面白くないですね(笑)



白、アイボリー、黄色で並べてみた。
白以外が最終ウレタン仕上げ待ち、、、、そして完成しても、ブログだと、その差はほとんど分からないかと、、、
実際にはクリアー皮膜が厚いし、手触りも違うんだけどね、、、、泣  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR