< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2016年12月24日

AR-7のリング交換

前回からの続きです。

WAのAR7のスコープマウントが10mm幅で家にある多くの20mmレール用のスコープが付かなかったので、
ボンクラな私は、スコープマウントを20mmに変換すればいいと、前回、前々回のブログに掲載した変換マウントを買ったんだけど、



タナカのL96を手に入れ、10mmベースでも、今時の1インチ径のスコープが取り付けられるマウントリングがある事を知り、



速攻で入手! (えっ、、タナカのマウントリングを使えばいいのにって? いや、あれ、微妙にハイマウントだから、、、汗)



それでは、これより付け替えます♪



六角ネジの締め付けなので簡単にスコープの着脱は出来ないけど、これで、余分なパーツ無しでもAR-7にスコープを載せる事が出来た。



重たいタナカのL96を持った後だと、空気のように軽いAR-7ですが、それはそれで宜しいかと(笑)
めでたし、めでたし♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)AR-7

2016年12月16日

違う変換マウントベースも購入

前回からの続きです。

10mm→20mm変換レールは、アマゾンで上の画像の商品を、実銃専門店さんが売ってるのを発見!



ヤフオクで購入したのが長さ的に不安があり、これならコンパクトで良いかなと、速攻購入しましたが、、、
日曜午前中着と手配したのに届かない! 宅配業者に電話を100回位掛けた! つか、そのうち95回位は話し中で通じず。。


通じれば、「折り返し調べて電話する」と言われて二時間待っても連絡なし、で、催促の繰り返し! 最悪です、、S急便!(笑)
結局、18時過ぎに見つからないと電話があり、でも、その1時間半後にいきなり持って来て、完璧にお怒りモードで受け取り拒否!



つか、既に、銃砲店さんには、こうゆうトラブルあったから定形外で送ってねと伝えて、日曜には間に合わなかったけど、無事に届いた! 
丸々、一日、荷物の到着を待って潰れた日曜日を返せ! S急便!  NETで調べると最悪の営業所なのね、、引っ越したい(笑)



で、早速、AR7のスコープマウントに装着してみた。



黄色の矢印のように左右から押さえるとマウント幅が狭まって、それを赤矢印部分のネジを締めて固定するんだけど、
上から締め込むネジはマウントベースにキズが付くので取り外して使う事にした。 見えないネジ側だけでもしっかり固定出来てるし♪



で、スコープを載せてみる! うん、いい感じだ!!


以前の長いタイプの変換ベース

今回のベース

こっちの方がローマウントでスッキリしていて違和感が無い♪
マウントベースは昔は10mmだったけど、それが20mmが主流になり、こうゆうパーツが生まれたんだろうね。



マウントベースは、これに決定して、改めてAR7を眺めると、この細くて長いアウターバレルが特徴ですが、



パーティングラインがムゴいよねぇぇ、、、



フロントサイトまでラインがバッチシ!



来年は、このラインを消して、塗装するかなぁぁ、、、貴重なモデルガンなので、出来るだけオリジナルのまま残して置きたかったけど、
見た目が悪過ぎるだもん、、、綺麗にラインを消して鉄粉塗料でも塗れば質感はUPするだろうけど、、
真面目に塗装するの面倒くさい気もするし、、、気分次第だかな?
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)AR-7

2016年12月15日

変換マウントベースを購入

前回からの続きです。

WAのAR-7純正レールが細くて、現在主流の20mmレール対応のスコープ類が装着できず、10mm仕様のスコープを
装着して自分を誤魔化していましたが、本当は、やっぱ、普通の20mmレール対応のスコープを付けたかった。



で、ヤフオクを探したら、10mmレールを20mmレールにするマウントを見つけた! 
速攻で落札したけど、長さがAR7に合うのか?



そして届きました♪



WAのマウントベースの後方にお尻を合わせると、ご覧のようにバレル側にレールが飛び出します。 案の定、レールが長かった!



でも、リアサイトが隠れてしまいますが、レシーバーの幅に合わせて装着する事は出来る! 
4本ある6角ネジのうち3本が、WAのマウントベースにしっかりと締め付けてあるので問題ないけど、見た目は、ちょっと、、、?



まっ、とりあえず、スコープを装着してみようと、以前のMP5マウントベースを加工した時に取り付けていた20mm用スコープを装着♪



やっぱ、腰高になる、、、つか、、仕方ないよね、、、マウントベースの上にベースが積み重なっているんだから。
つか、こうゆう変換マウントが世の中にあるって事は、、他にもいいのがあるのかも? 続く。
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)AR-7

2016年12月07日

WA・AR-7スコープ装着

前回からの続きです。

念願のAR7純正のスコープマウントが手に入ったのですが、レール幅が最近主流の20mmではない10mmでした、、、汗!



とりあえず、20mmのマウントベースをスコープマウントにネジ付けすれば問題は解決するけど、、



スコープマウントの下側は、AR7本体に密着する感じで取り付くので、ネジの長さが少しでもオーバーしたら装着出来ないし、、、
そうゆうシビアな加工は面倒くさいので、、



家中を探して、以前に間違えて購入した10mm幅のマウントが付いたスコープを発見!



おおおおおっ、、ポン付けやん!



がっはっは、、、細いスコープだけど、これはこれでアリかな?



これで良しとしよう! 楽だし♪



めでたし、めでたし! (つか、、このスコープ、バレルと太さ変わらないなぁ、、、ほそっww)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)AR-7

2016年12月06日

AR-7のジャンクパーツ

我が家のAR-7!

こっちがお気に入りのWAモデルガンでサイレンサーとかスコープを付けています。



で、こっちは、どうでもいいガスガンタイプのハンドガンです。



今回、ヤフオクで1000円スタートだったこのジャンクパーツを見つけた! 本当にゴミですが、出品ページも掲載されていない
ある事に気づいて入札したら、、入札バトルが勃発して、結果、8660円で落札するはめになりました、、、大号泣!



何が違うか分かりますか? グリップラバーは品物が届いてから気づいたけど、出品ページでは一切触れられていなかったけど、
画像を見る限り、スコープマウントが付いているんです! 



滅多にヤフオクでも出品されないレアパーツ! これが欲しかった!
キズだらけで小汚いけど、、



アルコールで汚れを落として、黒染めが剥げた部分は再ブルーイングして、こんな感じに!
キズは消せないけど、まっ、しょうがない、、(一皮削って染めれば出来るけど、面倒くさいので、、、笑)



今までは、MP5のスコープマウントを加工してスコープを装着していましたが、



マウント自体は後部だけで本体に固定されており、フロント側は両面テープで固定させただけで、強度的に不安が、、、



いつかは純正マウントを手に入れようと数年待ちました♪



ちなみに、多分、これが実銃用のマウントです。 



WAもそうだけど、実銃用もスコープマウントを付けたままだと、銃を分解してストックの中に収納するのは無理っぽいです。



だから、後から生まれたAR7の進化型は、レシーバー自体にレールが組み込まれて、



ストックに収納できるようになったみたい。



そうゆう背景からでしょうね、このスコープマウントは即取り外せるように、このマイナスネジ1本でレシーバーに装着されています。



スコープマウントの装着が終わったので、せっかく、予期せぬかたちで手に入ったグリップラバーを、、



要らないハンドガンに装着してみたら、意外に、カッコ良くなった!



落札時には気づかなかったパーツなので、凄く得した気分です! つか、このラバーってWA純正なのだろうか? 謎です。



で、再び、モデルガンの方に戻り、スコープを取り付けようとしたら、、、


レール幅が違い過ぎる!!!
スコープ側は20mm幅で、WA純正マウントは10mmレールだった!!  
今時10mmレールとは、、、つか、30年前の品だから、これで普通なのか? うーん、どうするべ、、、続く。


  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(フルオート)AR-7

2013年11月05日

休みに届いた2

前回から引き続き、休みに届いた品です。

ヤフオクで1000円で落札しました!



実銃用の散弾銃のケースだと思います!



オフ会で、このフミンスキーさんのケースを見て、かっこいいなと思ったので、、1000円なら落札してもいいかなと、、、笑!



中の仕切りは取り外しできなかったので、、



AR7は、こんな感じで分解して収納する形になりました!  (つか、、組み立てるの面倒くせぇ~!)



まっ、いいや、、貴重なAR7は箱入り娘と、、、、、笑!










  

Posted by 塔四郎 at 16:00Comments(0)AR-7

2013年10月29日

実銃AR7を見て

前回の作業の後に、実際に海外の実銃AR7には、どんなスコープが、どんあマウントに付いてるのかウロウロと徘徊して来た。

つか、、スコープよりも、いろんな色のAR7があって目の保養にもなりました♪



ほんで、今時、007みたいな細いスコープを付けてるのは小数で、ほとんどは、今風の太さのスコープだった。



レシーバーにマウントレイルが載っているのもあれば、、、、



これなんかは、どう見てもレイルが無いんだよなぁ~!  レシーバーの上のセレーションに載せてる??



そのセレーションをレイル風に溝を付けたのもある!



以前にブログで掲載した我が家のWA製のレシーバー上部のセレーション!上の実銃画像と比較すると低くて、削るほどの厚みは無い。



再び、実銃画像に戻ると、マウントリングの背が高いのだと、スコープと本体の隙間が、、、、、私的には、、、イマイチで、、、



こんな感じが、やっぱ、似合うかなと。。。



こうゆうARも楽しいよね!  



モデルガンのARと同時に購入したガスガンの方は、外見の質感も悪いし、まったく触らずの置物に化しているけど、
これを上の実銃みたいなストックや穴開きロングバレルでも付ければ、カッコいいかな? 



こうゆうアート感覚のストックが流行だったんでしょうか? 結構、いろいろ目につきます♪



中華あたりから、エアコキでもいいからトイガン化してくれないかな? もちろん、バレルとかワンタッチ分解が可能な構造で。。。
そうすれば、いろんなバリエーションをカスタムして楽しめるけど、、入手困難なWAのだと、、その勇気が無い、、、笑!



この色のストックだっけ? 007が使ってたのは?



あっ、これが、バレルに付けるタイプのスコープかぁ~!!!  



斬新かも♪



WAのAR7だと、長くて細いバレルは、先端を持って左右に動かせば曲がるほど柔らかいので、そこにスコープは難しいけど、、、、笑!
金属製のエアコキ、、、中華のトイガンメーカーさん、作って下さい! 実売価格1万円台で、、、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)AR-7

2013年10月29日

AR7のマウント補強

AR7の最後の修正を行います。

マウントレイルは、後方のネジだけでAR’本体に固定され、レイル前方はレシーバーの右突起物に密着させて動かないようにしてるけど、
スコープを持って、本体ごと、上に持ち上げると、スコープ前方が1ミリ位浮き上がります。 そう、上からの力に対して対策してなかった。

 

レイルの下側と本体の間には、こんな感じで空間があるので、、



厚めのゴム製の両面テープを手に入れて、、、



レイルの空間に三枚重ねて貼りました。 



こんな感じで、、、



密着!



本来は、スコープを持って本体を持ち上げる事は、マウントの爪がレシーバーに食い込むのでやらないつもりですが、
今回のテーピングで誤って持ち上げても、スコープが上に動く事は無くなりました♪



これにて、一件落着♪  

Posted by 塔四郎 at 16:00Comments(4)AR-7

2013年10月29日

2100円の無駄遣い

ある品物が届きました。

確か、AR7のスコープを購入した頃に、同時にヤフオクでGETしてた品、、、、



結局、購入したスコープはマウントリンクを壊して不要になって、別のスコープが無事にAR7に付いて完成したのに、、、、



こんな物が今更届いた、、、、笑!



要するに、MP5の切断したマウントレイルが短くて、スコープが装着出来ない場合を想定して、この延長レイルを買っておけば
万全かと思っていたけど、、無用な心配だった。



一応、MP5のレイルに装着してみたけど、、、前方の接続ネジ部分には、元となるMP5レイルが居ないので、後ろ側だけの固定で変!!
又、異様に座高が高くなるし、、カッコ悪い! いらんわ、、これ!!



でも、、こうゆうパーツは、いつか何かに使えると思うけど、この金欠時に、2100円の出費は痛い! 
てか、壊して使わなくなったスコープが1700円だっけ? 約4000円の無駄遣いかぁ、、、、、アホだ!  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)AR-7

2013年10月26日

AR7のカート収納

前回からの続きです。

ARのカート見つかりました!  カートケースの中には純正デトネーターと、赤い稲妻さんお手製のCPカート用デトネーターも入ってます。
カートもCPカートなのでバレル内部を削れば装着可能ですが、その辺は、以前のブログをご参照下さい。



ほんで、AR7を通常分解すると、こんな感じでしょうか?  レシーバーにはスコープが載ったままで、サイレンサーはバレルに付いたまま、、
私が殺し屋だとしたら、ここまでの分解で、後は収納出来るケースを探すだけ?  笑!



ほんで、そうなると、ストック内部の空間が必要無いので、そこにカートでも入れておけば無くさないかと♪



ただ、、ここに入れたのを、いつまで覚えているか、少し不安かな、、、、、、、汗!



分解したついでに、また、ストック磨き!!  気長に磨いてれば、いつか、まだ残ってる細かいキズも消えるかと、、、笑!



フル装備での体重測定!
前回のお勉強でノーマルでカート無しの実銃重量が1247グラムだと判明したので、、まぁ、、ある程度のリアル重量かな?



この角度のプロポーションが素晴らしいっす!



シンプルだけど美しい!!



我が家の美しい長物のNo1とNo2です♪



えっ、、、どっちがNo1かって?  今はAR7ですが、 少ししたらドラが返り咲きます! 
だって、AR7は発火させないし、ブローバックもしないし、、撃つ迫力を比べたら、WEのドラが100点で、ARは2点くらいだもん、、笑!!



分解する手軽さはARの方がダントツで上だけど、なんつうの、、バレルを締め込むネジ山までが樹脂製だから、あんま分解すると山が崩れる。



残すは、ヤフオクで通常のオープンカートを手に入れる事だけど、、、AR7を購入した頃は何度か売りに出されてたけど、その後、プッツリと出てこない、、、泣!
  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)AR-7