< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年07月05日

コクサイM700出品

コクサイのスーパーウェッポンM700ジャンク品2丁を出品しました。

未使用のスペアカートや革製スリングとスコープも付けたままで出品致します。もちろん1円スタートです。



2016年の12月に中古で購入したのが画像奥側の品で、当時のブログがこちらです。 手前側が2017年2月に同じく中古で購入した品で、
当時のブログはこちらです。 共にジャンク品で、それをインテリア用に復元しました。 マガジン機能は死んでると思います。



未使用カートも二箱購入しましたが、向かって右側のケースのヒンジ部分が、、



破損しています。



それぞれのM700には、このスコープと、



このスコープが付いていますが、ちゃんと機能するのか分かりません。



こちらのM700に付いている革のスリンクは、、



実銃用の品です。



こっちのスリングはコクサイの純正かと思います。



上記で紹介しています過去記事でお分かり頂けますが、弾は飛ばないと思います。
壁の置物用か、部品取り用とお考え下さい。



完全ジャンク品での出品ですので、簡単に清掃しただけで埃は残っています。



本当なら1丁ずつ出品した方が良かったと思いますが、邪魔なので、まとめて放出します。



付属品を付けただけのM700の重さは、こんなもんですが、



もう1丁はストック内部に鉛を入れて実銃並みの重さにしています。 重量UPの過去記事はこちらです。



こんな感じに箱に入れました! トリセツは御座いませんでした。



2個まとめて新聞紙で包んでガムテープを巻き付けて最後にプチプチで梱包しての発送です。  

Posted by 塔四郎 at 00:00Comments(0)コクサイM700放出品リスト

2017年03月16日

無駄なお買い物?

ウレタン塗る前にヤフオクで落札した品が届いた。

ブレーンブラザーズ製のスーパー9用ジュラコン強化アッパーフレームとか言うのを間違えて落札しちまった!
ジュラコンって樹脂の事だったよね、、、金属と勘違いしてた(笑)



ステンレスのマウントベースとか付いて4800円でしたが、まっ、今までの純正樹脂製フレームより綺麗なので付け替えようかと思いましたが、



排莢ポートやフロント側に何だか分からないパーツを取り付けるネジ穴や凹みも無い、、、、
凹みはいいとして、排莢ポートが無いのは、例えケースレスタイプのSS9でも見た目が、、、、、、、汗!



と言う事で、今までのフレームにステンレスポートを移植しただけで終了!
落札したフレームは部品庫と言うゴミの山の中に消えました(笑)



そんな無駄遣いもしましたが、こちらの品は逆にお得だった物!



そうです! コクサイのスーパーウェッポンM700用の未使用カートです!
入手困難の品でしたが、なんと、ひと箱1000円の即決価格で4箱出品されてました! 4つも要らないけど、2箱落札しました♪



先日落札した2号機はカート無しだったので、、、つか、、コクサイのM700は3発しか装填できないので、予備カート多過ぎるww



やっぱ、ライフルにはカートです♪



最後にスコープも買いました! アマゾンで6980円で、いろいろ付いてるヤツです。
銀色マウントに装着していると、イマイチ色の組み合わせが気に入らなかったので、、、



結局、黒いマウントベースに戻し、ネジだけ銀色のを使いました(笑)



ただ、このスーパー9のマウントベースは、どのタイプもレール溝が薄くて、マウントリンクが固定しにくいのが難点、、、、、、



こんな細い溝に現在主流のマウントリンクのツメはガッチリと中に入らない!



と言う事でクラウンのU10のマウントベースをアマゾンで購入! 新品で1058円、、、恐るべし、クラウン!



溝の形状がまったく違います! 


元々がスーパー9ベースのU10なので、マウントベースはポン付け出来ました! 



これでスコープが外れたりしなくなった♪
えっ、、なんで、ストックが付いていないかだって?  そうです、、いよいよ、二液ウレタンを塗る為に外しました♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)コクサイM700スーパー9

2017年03月02日

小物付け

前回からの続きです。

革製スリングを付けた木ストックのVSR用に、、



ヤフオクで新品なのに2350円で売っていた「ハイダー取り付け方式のサイレンサー」が届きました!



この木ストに組み込んでいる中古の本体バレルのマズルキャップは、簡単に外せたので、サイレンサーを付けたいなと思ってた。



ハイダーを付けると、こんな感じだけど、フロントサイトが目障りですね。



で、フロントサイトを引っぺがして、サイレンサー装着!



そうすると、完全にスリングが似合わないので、、



スリングを外す♪



うん、この木ストックのVSRは狙撃手用ってイメージで完成!



そして、不要となった猟銃用のスリングは、コクサイM700の2号機にはタナカ製のスリングを付けてたけど、
1号機はスリング無しだったので取り付けた♪  猟銃イメージに仕上がった♪♪♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイM700

2017年03月01日

コクサイ2号機

前回からの続きです。

スコープが違うだけで、パッと見には、同じ見た目のM700が2丁になってしました。
同じような見た目の鉄砲は揃えない主義ですが、ストックを色塗るのは勿体ないし、イジりようが無いやん、コクサイM700、、、汗!



まっ、とりあえず、白っぽかったチークパットに、



シリコンオイルを塗って黒くする、、、



で、完成!
うーん、どうするべ、、、これだと、そのうち、どっちがどっちのM700だか分からなくなる、、、、汗!



見た目がダメなら、何か違いを出す方法は無いかと考えた末、不満点が1個あるのを思い出しました!
コクサイのM700って、微妙に軽いのよね、、、特に後ろ側が、、、、見た目が同じなら重さを変えてみようかと♪



ストック後部の取り外しは、スイベルのネジを外せば、こんな感じに取り外せて、内部の巨大な空洞に鉛シートを詰め込みます!



余っていた鉛シートをそのまま入れると、内部でカタカタと音がしたりキズ付けたりすると思うので、ビニールテープを一杯巻いて、、



更に、ストック内部で鉛が動かないように、プチプチを用意して、、



こんな感じに詰め込みました♪
コクサイM700自体は絶滅危惧種なので、接着固定とかせずに、簡単に、いつでも元に戻せるように加工しました。



増量前の計測を忘れたけど、1号機はスコープが付いて、こんな感じの重さでしたが、、



鉛シートとスリングの付いた2号機は、こんな感じ! 多分、モノホンも装備品込みだとこんな重さじゃないのかな?
見た目は同じような2丁ですが、持てば全然重さが違うカスタムで差別化しました♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)コクサイM700

2017年02月27日

コクサイのM700ですが

我が家のライフルブームを加熱させたコクサイのM700です! 
ある意味、この美しいストックが、今回3本の光沢ストックを作る原因だったかも♪

ただ、前回のブログにも書いていますが、ストック前方のBB弾を入れるホルダーが破損していて、とりあえず、接着して形にはしてるけど、



パーツが余っているので、マガジンとしての機能はしてないと思う! で、いつか、中古のパーツを手に入れようと思い、、、、



買った!  部品取り用に!!



出品者の方のコメントでは「当方知識も無く、動くかどうかも分かりません」と言うジャンク品でしたが、応札の末に落札金額9050円でGET!
スリングも付いてるフルセットだと思うのですが、トリセツとかは入っておらず、代わりに謎の小冊子が???



航空自衛隊文書規約とか防衛省とか、なんか、やばそうな内部文書?? お役所文書は漢字だらけで、読む気も起らず破棄しやした。
つか、、なんだったんだろ、、これ?(汗)



ほんで、肝心なマガジンですが、、、



多分、使えそうです! 
でも、本当に直ぐに外れそうな接着面をしています! まっ、弾は入れないので問題無いけど、、、笑!



ジャンクで9050円まで応札する気になったのは、このコクサイ純正だと思えるスリングが画像に写っていたからです。
革製のスリングって結構高いイメージがあったので、これも入っているならOKかと♪



ただ、残念なのはカビている? 



スリング自体は使用感がまったくないので、使わずに、ずっと箱に入っていてカビたのかと、、、
つか、M700自体も、先ほどのマガジンも、ほとんど使用感が無いです!




チークパットのゴムも白っぽく変色しています。
ただ、これはゴム製品なので、後でシリコンを塗布すれば問題ないかと思います。



排莢口部分は、まったく塗装の剥げも無かったので、未使用だと思いました。
だって、この後に、何度かコッキングしたら、簡単に塗装が剥げたので、、、、汗!



フルセットを組み立てるとこんな感じです。
残念だったのは発火用のカートが入っていなかった事! まっ、別にいいけどね。



以前に購入した1号機(画像上)と並べて撮影!
ストックの色や模様が違うのが分かりますか? 今回購入した2号機の方が色が薄いです。



奥が2号機で手前が1号機! 
結局、部品取りにするのは勿体ないレベルだったので2号機として、このままコレクションに加わりました! 
つか、同じ見た目なの2丁も要らないのに、、、泣!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイM700

2016年12月10日

コクサイM700修正

前回からの続きです。

一応、2分割になってたマガジンを貼り合わせて完成してたコクサイM700ですが、、、



全体の美観に対して、このスチール製のマガジンチューブは赤サビも出てるし汚い、、、、



つか、実銃のM700には、こんなチューブは付いていないので、外して、マガジン側の穴を埋める事も考えましたが、
古い希少なモデルなので、やっぱ、出来るだけ原型のまま保存しようかと。



元がスチールなので、さっと磨いて下地を出して、後は、ブルー液を、、、



3回塗って、青みが増したので、これでいいやと♪



いつか、予備のマガジンが手に入ったら、前方のチューブが無いマガジンを1個作ります。
それまでは、コクサイ風なM700のままで~☆  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイM700

2016年12月05日

コクサイのM700完成!

前回からの続きです。

見た目は使用感も少ないM700でしたが、30年以上前の古い製品だった事と、元々がモロい部品構成のせいで、
エアガンのマガジンが二分割されてたり、バレル基部の樹脂パーツがストックから外れ掛かってたり、、、面倒くさいけど、バラします。



つか、ストックからレシーバーを外すのは、他のメーカーのM700系と大体同じで簡単でした♪



綺麗な木目風ストックの内側の色はこんな感じでした。



レシーバーを外したら、ポロっと何か落ちて来た、、、、汗!



なんなの、これ?
破片? それともパーツ? 古いモデルの分解は、こうゆう謎な出来事が多いから嫌いです、、、、泣!



で、左右に接着剤が経年劣化で取れていたマガジンを適当に組み合わせて接着した!
BB弾が装填出来るかどうかは試していません、、つか、BB弾を入れて遊ぶ事は絶対に無いので(笑)



出来上がったマガジンをストックにワンタッチ装着! 



スコープマウントは専用な物が同梱されていたけど、凄いよね、、マウントも全部樹脂製でした!
それに、適当なスコープを付けて、バラしたついでに、各部にシリコンオイルも塗ったので、ボルトの動きも軽くなった♪



問題は、これらの余ったパーツ!(笑)



元々、箱に入っていた、このパーツはM700と関係無いよねぇ? 別のトイガンの部品を同梱して送った?



同じく、このスプリングも謎! 



とりあえず、金属カートを入れて、5回に一度くらいは普通に排莢できます! 
カートのリムが変形してるのか、ボルト引いてもバレルにカートが刺さったままになる事が多い、、つか、オイル塗り過ぎたのか?ww



結論からすると、これは、完全に置き物銃! 持てば軋むし、バレルの基部部分が構造的にモロいので折れやすい。



ただ、眺めるだけで、うっとりするような美しさがある。 見た目の高級感は、パッと見では、我が家のライフルの中でNo1かも?



でも、そばで見ると、パーティングラインが、御愛嬌、、、笑!



今の技術で、もっと硬質な樹脂を使い、カート式モデルガンで作り直して再販しませんか? ストックはパーティングラインを消して印刷で、、、



モデルガン機能とエアガン機能を合体させ、木目プリントが綺麗なコクサイのM700は、当時、数多くの雑誌に広告掲載されてた。
でも、あまりのモロさとエアガン化の波で消えていった名銃ですが、やっと手に入れる事が出来て満足です♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイM700

2016年12月03日

今年最後のお買い物?

つか、もう、人生最後のお買い物にしたい! これが最後のトイガン購入! そうせんと、マジに老後がやばいと思う、、、汗!

最近の我が家は、長物ライフルがブームであり、そうなると欲しいライフルがいくつかある。
そして、今回は、このコクサイ・レミントンM700 BDLをヤフオクで落札しました。



スタート価格13990円&即決価格は16990円で出品されていて、「未発火でトリセツや外箱付きでエアガンとしては古い製品なので
使えないと思いますが状態は良く美品です」等と書いてある出品ページを見つけて、毎日チェックしても誰も入札しないやん。



即決価格で買うほど欲しくはなかったけど、スタート価格ならお買い得? そう思って、終了間際に入札したら応札がなく落札できた!
今から30年以上も昔の製品で、エアガンとモデルガンが合体したスーパーウェポンと言う名で、当時、話題になった銃です♪



私のライフルの原点はSS9000だったけど、次に購入したのが、このスーパーウェポンシリーズのM700ショーティと言うヤツでした。
ショーティは、マルイのプロハンターのバレルを短くしたような黒と銀色のライフルでしたが、本当に欲しかったのは、この木目調の方でした。



なんで、当時、このM700 BDLを買わなかったんだろう? お金が足りずにショーティにしたのか?お店に勧められたのか、記憶に無い。
つか、ショーティ自体もすぐに壊して、どんなもんだったかの記憶も無い! オモチャは壊れたら捨てる! 直すなんて考えの無い頃でした。



このコクサイのM700 BDLに惹かれた大きな理由が、この美しいストックです! 



左右から貼り合わせの樹脂製ストックで、貼り合わせてから木目風に印刷したのかな? 左右の木目の柄がピッタリと合ってる!
ただ、パーティングラインやバリはバッチシ残っているので、この辺に古さを感じます、、、笑!



モデルガンとして使う場合の金属カートは2個入っていて、排莢は、ボルトを引く力で飛ばす感じですが、思い切り引いて、
やっと、ボトッって横に落ちるって感じでした、、、引き方によってはジャム多発で難しいっすね。



アウターバレルは鉄製らしくて重く、それを受ける本体側が樹脂製で柔らかいので、グラグラと揺れる、、、汗!
で、その下にエアガン用のマガジンを差し込むのですが、、、



そのマガジンが左右で分割されて箱の中に入っていた!
うーん、出品ページの画像ではちゃんと一体化して写っていたけど、エアガンとして使えないと言う説明文の意味は、これかぁぁ?



で、室内で触っていたら、バレルが!!
どうも、バレルの受け側のパーツがストックから外れたのか折れ曲がっている、、、滝汗!



1のパーツが、エアガンのマガジン関連パーツ?
2のパーツがバレルを差し込む部分のパーツ、、、
3~5のパーツが箱の中に転がってたパーツ、、、、、、
うーん、面倒くさい事になって来た!(泣)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)コクサイM700