< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2013年02月07日

我が家のドイツ軍団

MP44の仕上げ作業は、ひと休みして、、、

我が家のドイツ軍を集めて見ました♪



と言っても、MP40もルガーもワルサーも複数所有しているので、それぞれ代表を1丁ずつ集めて記念撮影!



やっぱ、、この頃のドイツって凄いです! どれも斬新なスタイルで未だにカッコ良く見えるのは、、私だけでしょうか?



構造的な事は知らないけど、見た目のカッコ良さでは、当時の他の国の鉄砲と比べて、種類の多さでは勝っているかと??



歴史は詳しく知らないけど、ナチスが悪者だって事は知っている、、つか、、ヒットラーのせいなんだろうけど、、おかしくなったのは。。
でも、当時のドイツは銃も軍服も、飛行機も戦車もカッコいいんだよね、、、殺戮兵器類に、機能美だけじゃなくファッションを組み込んでいる?
まるで、デザイナーがいるかと思えるくらい、カッチョエェ!!!  つか、、戦争自体は、武力で争うなんて超かっこ悪くて嫌いです!

  

2012年12月30日

これもドイツの名銃

前回からの続きです。

ルガーを終えた次の休日は、この未完成だったモーゼルをイジりました。
組み立てキットのガスブロですが、未だにまともに機能しませんが、、いいんです! 見た目だけで♪



今回は、見た目のグレーぽい色に不満を覚えて、、、確か、エコブラで塗ったんだけど、この子のイメージには合わないなと、、
再塗装する事にしやした。 エコブラの上から黒組をエアブラシで少し塗ってみて、、



やっぱ、赤味がいるなと、茶色も適当に塗って、



再び、黒組を塗って、、



軽く、スポンジやすりで研磨して完成♪



まっ、、、よくある、、見慣れたモーゼルって感じの色になった。。



下地の茶色は、ほとんど隠れて見えないけど、、それでも、、部分的に赤味が出ている箇所は、この画像でも少し見えるかな?



まっ、、これも、、1時間もしないで片付けた塗装ですし、、前の銀色ぽいのよりは見栄えは良くなったと自己満足して終了♪  

Posted by 塔四郎 at 17:38Comments(2)マルシン(ガス)

2012年08月25日

ハドソン金属モーゼルカービン

長物置き場を移動して、ホコリだらけだった銃を適当に綺麗にして、、その後、いくつかの長物をメンテした。

その中のひとつが、このハドソン製のモーゼルカービン! 正しい呼び方は知らないけど、我が家ではそう呼んでる黒い金属モデルガン!



黒い金属モデルガンと言っても、長物で、れっきとした合法品ですのでお間違えないように♪



メンテは、ストック類やフォアグリップつうの? それら木製品がグラグラしてたので締め増ししただけ!
つか、各部のホコリ除去と金属みがき布で軽く研磨もした。



ここ数年、ずっとハンドガン主体だったけど、、長物熱が再発しちゃうと、、身体はひとつしかないので、ハンドガンを遊ぶ時間が、、、汗!



マガジンを出してみたら、なんと、カートが入っていない! 別にカートを入れっ放しでスプリングがヘタる事を気にしてるのではなく、
カート入れなくても重いから! 実際、入れても入れなくても、重さの変化は大差ないし、、、この辺が、樹脂モデルガンと違うとこ♪



そして、今回、初めて気が付いた事!  このレシーバーに大きく書かれた横文字がハドソンって書いてあった事!!!
皆さんと知り合う前は、横文字は全て模様として認識してたので読まなかったけど、、最近、若干、読むようにはなって、、気づいた!



銃の大切な要素、、重くて冷たい! この2点が、どうしても樹脂製ハンドガンだと、、、、ねぇ!  (← こら、誰に同意を求めてる?)



長物だと許される黒いフルメタル、、、でも、ハンドガンだと違法!  それでも何故か、海外製のフルメタルなハンドガンは
どんどん日本に輸入されている現実、、、おかしな国です、、、日本!!!  



法を守ると、、やっぱ、、長物金属の世界についつい足が、、、 フルスチールの長物なんて夢のような品物でしたもん♪



あっ、、話しが脱線した!  このモーゼルは国産の亜鉛製です! お間違えなくように!!
誰だ、、マルシンのガスガンかと言ってる人は?(笑)  ガスガンはハンドガンタイプのを所有してます! 8ミリブローバックの、、、泣!
  

Posted by 塔四郎 at 17:07Comments(4)マルシン(ガス)

2011年11月27日

思い出のカスタム2

ネタに困ると出て来る、、古い画像を使った「思い出のカスタム」 前回はP38でしたが今回は同じドイツのM712です。

てか、先日、エコーブラックで変身する前のM712です(笑)



真面目にキャロムの銀色で塗って研磨して仕上げたんです、、、組み立てキットで出たばかりの頃に、、、
まっ、ご存知の通り、動かなかったんですけどね(笑)



確か、初めて、キャロムの銀色で全面塗装したのが、この子で、、どんな色合いになるか楽しみだったけど、
研磨したら、安っぽい光沢になって、イマイチだった。。 (つか、キャロムのどの銀色だっけ?? 忘れたwww)



こいつの為に、わざわざ、ショートマガジンも取り寄せたのに無可動ガスガン!!! 



エンフィールドの独特のフォルムも好きだけど、このモーゼルの形も好きだなぁ~~!!!
てか、第二次大戦の頃の銃って、いろいろ味わいがあって、どれも好き♪  

Posted by 塔四郎 at 09:53Comments(6)マルシン(ガス)

2011年11月15日

エコブラM712完成

エコーブラックで塗ったM712は、グリップの仕上げ直しと、各金属パーツの染め直しと、エコブラの表面研磨の仕上げ直しをして完成!

グリップは、こんな感じで終了しました。 もっとキズを付けてもいいかなと思ったけど、本体とのダメージバランスだと、これ位かなと??



金属小物パーツは、前回は手抜きで塗装しましたが、今回は、エコブラの色に合わせてブルーイングして研磨♪



部分的に上塗りした極黒も、研磨して自然な感じでエコブラと溶け合ったかな???



実物は、かなり金属感ありますよん♪



でも、研磨仕上げの難易度は高いっすね、、、、、



平面部分の面積が多くて、ぼかし方や研磨傷の残し方って言うのかな? やり過ぎると嘘ぽくなりがちだった。。。



妥協点wwww



今の私ではこれで精一杯っす。



グリも、こんなもんさ♪



でも、全体的には、うまく、まとまったと思う・・・・(少し自画自賛www)



あとは、勝手にフルオートするのが直れば完璧?(笑)



どう? 意外といいでしょ??



エコブラ最高!!  

Posted by 塔四郎 at 00:17Comments(2)マルシン(ガス)

2011年11月12日

M712作業中

前回からの続きです。
まぁ、勝手にフルオートしちゃうM712ですが、中身は無視して外装は仕上げて行きましょう♪

まずは、余ってた茶色のマルシン純正グリップに変更! 覚えてないけど、若干木目風に仕上げ直していた痕跡が見えます。



で、エコブラ(エコーブラックの略)の塗装面に、なんか、別の黒色がまだらに塗られているの分かりますか?



極黒をブラシで一番細かく吹き付ける設定にして、銃もバラさずに、そのまんま部分塗装しちゃいました!(笑)



若干研磨してみた。



うーむ、、やっぱ、グリップが綺麗すぎるな、、これは樹脂だから焼くワケには行かないし、、表面仕上げ直すかぁ? 面倒くせぇ、、、


色合い的には、極黒くらいの濃さで、全体を塗った方が、この銃には似合ったかも?? 



もう少し荒いスポンジやすりで磨いてキズ付けながら、この後に最終仕上げを行います。
M712は平面の面積がデカいので、単純に下地銀とエコブラだけの二色より、もう一色追加して3色をボカした方が深みが出る?
まぁ、そう考えたワケでwww  つか、最近は塗るより、最後の研磨イジリが楽しいって感じです♪



あと、面倒くさかったから、ハンマーとかの金属パーツも塗ってます! 本体と同じ二色の塗料で~☆ (大好きな手抜きww)



勝手にフルオートするから、塗りの仕上げもいい加減だって??
違うでしょ! いつも、いい加減の間違えでしょ?
だって、私の一番の目的はイジッて楽しむ事だから! 仕上がりは運次第です!(笑)
  

Posted by 塔四郎 at 07:31Comments(0)マルシン(ガス)

2011年11月10日

無可動を直す?

新発売された頃に飛びついて買って組み上げたけど、無可動ガスガンになってる哀れな子です。

それから、だいぶ経ってから、再度、組み直しにチャレンジしたけど、それでも機能しない可哀想な子。。。



そして、一年以上は経過した! 一年前の私よりは確実にスキルUPしているはず!
組み立ての再々挑戦をするべと決心した。。
(本当は面倒くさいから、やりたくなかったが、イジる鉄砲が無くなってきたので、、嫌々ですwwwww)



で、どうせバラすんだから、色塗っちゃえと!!!
丁度、キャロムの銀色で仕上げていたM712だったから、そのまんま、上からエコーブラックを塗って、研磨して仕上げる!
モーゼルに、あの色は似合うのか??  試したくなるやん♪



つう事で、エコブラ(エコーブラックの略)を調合して、今度は、瓶も倒さず無事に作り置きも出来た! これで、いつでも塗れる♪



全体にエコブラを塗った感じです。 



下地の銀が見えない程度にムラなく塗りました。



で、適当にスポンジやすりして組み上げる。。。



綺麗すぎる黒グリップは無視して下さいwwww



バレルは良い感じになりました♪ プロテックのメッキに似ているかも?



うーん、でも、全体的には、イマイチ研磨仕上げが成功していない。。。 
下地の銀とエコブラとのコントラストが悪い????



てか、これも、やっぱ、本体が綺麗過ぎるのかも・・・・無傷の本体には合わない色かも???
まぁ、グリップを古臭いのに替えれば、もう少し見栄えは良くなるのも?



それと、金属パーツも色に合わせて仕上げ直さないとね、、、まっ、途中過程での報告だと思って下さい。



なら、なんで、組み上げたんだって??
だから、今までガスガンとして機能しなかったのよ、この子は。。。
それを動くようにするのが第一目的!! 塗りはオマケです。



で、動いたのかって???
最近はトイガンを分解してもパーツも無くさなくなったし、組み付けても部品が余る事も無くなった私ですよ!
1年前の私とは違うんだから~☆



マガジンにガスを入れ、ボルトって言うの? それをスライドみたいに後ろに引いて手を離せば、いきなり、、、
ズババババッて、フルオート!!!!!
凄いぞ、これ!  トリガー引かなくても、、、セレクターがセミオートでも、いきなりフルオート!!!
ガスが無くなるまで、いつまでもフルオート!!



がはははっ!!! 以前はガス入れて、トリガー引いても、ウンともスンとも言わなかったのに、、
何にもしないでもフルオート!!! 大きな前進です! 私の技術力!!


(涙)  

Posted by 塔四郎 at 19:33Comments(6)マルシン(ガス)