< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2013年02月08日

PPSHのストック

前回からの続きです!

MP44のストックと比べると、キズの付け方が、遠慮しがちと言うか、、イマイチ、バランスの悪い仕上げに思えてきたPPSHのストック!



部分的にはキズがあるけど、キズの無い部分との調和が悪く、いきなり、一部分にだけ、キズが付いているって感じに見える、、不自然!



よって、いくつか、キズを追加!!
白っぽく見える部分が新たに追加されたキズです♪ 半年前に付けたキズよりは、全体的に薄いキズを多数付けて調和を図ります♪



なんて言えばいいんだろ、、平面があって、浅いキズがあって、少し深いキズがあってと、、深さにも拘りを見せるとバランス良くなる?
平面の状態に、同じような深さのキズだけが、いくつか点在するってのは不自然だもん!



半年前には気付かなかった不自然な感じを気付いたって事は、一応、少しは成長した??  つか、、今回、追加する方法が良いのか
まずは、やらなきゃ、分からないワケで、、あとは、結果を見て、自分で、どう思うかだけなのさ♪



だははっ、、、いい感じに追加出来てる??



この辺にも、、ペペペッと、、、!



ここらは、シャシャシャッと、、、、♪



そして、オイルステン!



ふむふむ、、、



うんうん♪



うししし、、、歴戦のツワモノって感じ!
前よりは良くなったと自己満足! これにてストックいじりは終了♪



本当は、黒塗料を落としてブルーイングした方がいいのかもしれないけど、、これはこれで、いいよね♪



カンペの剥離剤は大量に残っているので、その気になれば、AGMのMP40やM4も染める事はできるけど、、、、
ブルーイングの場合は、数ヵ月後や1年後には、どんな風に変化しちゃうか分からないので、、経年変化しなけりゃいいけど、、私には無理!
面倒臭い!




最後に、意味も無く、、打刻のワンポイントを追加して、完成!!!    木材への打刻は、、
簡単だから大好きです!  

Posted by 塔四郎 at 20:38Comments(2)PPSH

2012年10月26日

ストック三者三様

我が家のロシア軍団の長物3丁を並べてみた。

上から、綺麗、普通、汚いの順です、、、、笑!



つか、、それぞれ個性的で飽きません♪



テカテカなウレタン仕上げのドラに実銃木製品を装備のAKM、、そして、ペーペーシャはオイルステン仕上げで古びた感じに。。



ペーペーシャだけが、艶無しな天然木材って感じなので、、ニスでも塗って他の2丁に合わせようかとも考えたけど、
この安っぽい木の感じも実銃ではあると思うので、、、このまんま♪



ロシア軍団はこれで終わりかな??   でも、、もし4丁めを買うなら、モシンなんとかって言う狙撃ライフルが欲しいけど、
あれって、、ガスブロじゃないんすよね?  WEさんかGHKさんあたりで、ガスブロ化での販売をお願いしやす!!
ついでにペーペーシャもwww  

Posted by 塔四郎 at 17:02Comments(10)PPSHドラグノフSVDカラシニコフ

2012年08月21日

AKMとPPSH

前回からの続きです。

リアルな外装に生まれ変わったGHKのAKM、、、となれば、、



やっぱ、リアルな外装にしてたPPSHと記念撮影だべさ♪



ミニオフで皆さんにお披露目したペーペーシャでしたが、、見た目の評価は良かったと思うのですが、、電動擬似ブローバックが失笑?
つかね、、せいじさんのWE・SVDを撃った後には、反動のカケラも無いPPSHは子供用のオモチャでした。 以後、置き物と化しています。



いつかは、PPSHのガスブローバックも発売されるのでしょうね!  
でも、撃たなくても存在感のある、このペーペーシャも大好きですけどね。  つか、、元々、置き物予定で買った子ですから♪
そして、来月は、このロシア軍団にWEのSVDが加わるどぉ~!!  三者三様のお座敷ロシア長物軍団!    

Posted by 塔四郎 at 22:03Comments(0)PPSHカラシニコフ

2012年08月06日

バナナマガジン染め直す

前回からの続きです。

鉄用ブルー液を布に含ませてマガジン全体に塗る! とは言っても、黒い塗料を剥がしてない部分には塗っても染まりませんけど、
でも、なんとなく、複雑の色構成のマガジンにはなった! (いつかは、本体含めて塗料を剥がして黒染めにしちゃおうかな?)



突起を削り加工した部分は、少し青味も出ています♪



マガジン側面の鉄下地の露出が多かったとこは部分的に、若干、茶色ぽく染まってる。。



まっ、、どんな表面処理をしようとリアルですよ、、元が、鉄の外装だと、、、なんでもありです! OKです! 我が家は♪
これが樹脂製だと、重さも冷たさも加味されないので、表面仕上げのリアルさを塗るなり染めるなり、本物以上に神経使いますけどね。



一応、染めた後、エッジ部分を適当にコンパウンドで磨いて鉄下地を出してあります。



むかし、、、むかし、、、高田馬場のアングスで見たハドソンのペーペーシャ!  高くて憧れのまま手が出なかったけど、、、
今、それが、モデルガンではなく電動ガンになったけど、やっと手に入れる事が出来た。 (ハドソンじゃなくてもペーペーシャならOK!)



ドラムマガジンもいいけど、、バナナもいい感じ!



でも、バナナを付けると、我が家にドラムマガジンの付いたペーペーが居ないんだよね、、、、泣!
もう1丁、、、買っちゃおうかな?  (てか、、、どこに、そんな金があるんじゃぁい!www)



それよりも、このPPSH、未だに古いバッテリーで元気良く、擬似ブローバックするけど、、まだ、一度もBB弾入れてない、、、ちゃんと飛ぶのか? 
あと、、火薬の匂いがしない! ここまでリアルだけ、あとは匂いの演出がしたいな、、、てるぱさんから以前一杯モデルガンの火薬貰ったから、
それの中身を取り出して、銃に擦り付ければ、、爆発するなwww  なんか、いい方法みつけたらブログで公開するね。
(つか、そんな事、真似する人いないか?)  

Posted by 塔四郎 at 15:17Comments(4)PPSH

2012年08月06日

PPSH41のバナナマガジン

S&TのPPSHを買って、ウキウキの私ですが、外装をイジり終えたら、、なんか、する事が無くなって、寂しい今日この頃、、、、笑!

ペーペーの特徴的なドラムマガジンもいいんだけど、、やっぱ、海外サイトなんかを覗いてみると、バナナマガジンもマニア的でいいじゃん♪



で、買った!!
NETでS&TのPPSH用のバナナマガジンを調べると5千円ちょっと位で売っているけど、、、ヤフオクには無かった!!



でも、そのヤフオクで、このARES社製PPSH用のバナナマガジンが3400円(送料込みで3750円)で売られていた!!!
商品説明ページを読むと、マガジン上部のリブを削ればS&Tにも付くみたい!  それなら、簡単じゃんと即決落札しやした。



もちろんスチール製!!
長物のモデルガンだとスチール製は今は生産出来ない時代ですが、、ガスガンや電動ガンの長物ならOK!って、おかしな法律ですね。



どれどれ、どの部分が干渉するのか見比べてみました。。



なるほどね! 確かにバナナの方には2本余分な突起があります。



その突起がぶつかり入らない!! まっ、、削ればいいんだよね、、、削れば♪



大きな平やすりでゴシゴシしたけど、、スチール製のマガジンだべさ? 亜鉛と違って固くて大変! 汗!!



面倒くさくなったので、ルーターで、キュィーーンと、、、ああ、、この音、嫌い。。。



うし、ハマッた!!



マガジンだけが異様に綺麗だけど、まっ、それは、後でキズつけるとして、、、



うんがっ!、、削ったトコが目立ちますね、、、、汗!



加工跡も誤魔化すように、マガジン全体をハデに削って下地を一杯出せばいいかなと、、ゴシゴシ開始!!!



加工した部分なんか、ほとんど金属の地肌色♪



装着してみた!



一応、古びた感じにはなりました。



ただ、やっぱ、マガジン上部の四角いブロック部分だけが、下地肌の露出が多過ぎて、不自然な感じがする。。。



つーことで、この上から、ブルーイングかまして、誤魔化す事にします♪
黒い塗料がたくさん残ったまま、部分的なブルーイング! 一度、やってみたかったんす!!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 09:41Comments(4)PPSH

2012年08月02日

ロシア軍団

ペーペーシャを入手して、徐々に勢いづく、我が家のロシア軍団!

とは言っても、主力は、この3丁だけ!  
(一応、他にも、ハドソンの銀トカレフとマルイの初期AK47Sがいるけど、軽いのと動かないので、軍団から除名しました!)



長物2丁はスチール製で超リアル!  トカレフはハドソンHWモデルを塗装したお気に入り品♪



どれも、歴戦の勇者って感じ?  



金属長物に囲まれているけど、このHWトカレフ、、見た目では見劣りしてません。



やっぱ、銃は古びた鉄ってのが、私の好みなんだと、こうして画像見ると改めて思います!



そして、戦い疲れた木ストック!!



あっ、、、AKの方は、近日、逸品屋さんルートから? 実銃ストック類を入手して付け替える予定です。



3丁のロシア軍団!  我が家では最小規模の軍団ですが、その存在感と迫力は、他のハンドガン軍団がビビッてます!



つか、、やっぱ、、、今回入手したPPSH41の存在感がデカい!  新参者のくせに、もう、我が家で20年以上鎮座している風格が、、、笑!



この後の軍団入りが内定しているのがWEのSVDですね!  うししし、、、 問題は購入資金の捻出だけ、、、、汗!



あとは、来年? たぶん、KSCさんがマカロフ出すでしょ? そしたら、それも購入!  てか、、その前に出るトカヘフは思案中!
だって、軽いんだもん!  海外製のフルメタルとニコイチになるのなら買うかな?



てか、、、マカロフも軽いんだろうか?  KSCさん、お願いだから、トカもマカもHW出して下さいよぉぉ~~ 泣!



このハドソンのHWトカレフだって、、、決して重くはないけど、、ギリギリ、フルカート装填で我慢できるって感じ?
ABSの銀めっきトカレフは、どうやっても、軽くて、、壁の置き物になっている。。



ロシアの鉄砲って、なんか、作りが野暮ったくて、無骨で、重たそうで、可愛いくないトコが好き~☆



セーフティの無いトカレフを作ったロシア魂と言うのか、考え方が、、妙に親近感が沸く!  



数は少ないけど、我が家のロシア軍団は、少数精鋭の怖い鉄砲ばかりです!  つか、他の軍団からは長物は反則だって声も、、、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 09:31Comments(4)PPSHカラシニコフ

2012年07月30日

PPSH41完成?

前回からの続きです。

銀色に塗られていたボルト部分をスチールウールで塗料を削り落として、



コンパウンドで磨く! 溝の中は銀色塗料のまんまで微妙に質感を変えてます。



マガジンのエッジ部分は、削った!削った! 一杯、鉄地肌が出ています! あとは、天然で錆びれば、リアルさ倍増ww!!♪



順番間違えたけど、木ストックには、ハンマーやブロックで叩いてキズ付けました! 最初にキズつけて染めるべきでしたね。



キズつけた箇所は、オイルステンの色が取れたりしたので、部分的に染め直して完成!



毎回、このキズ付けは、やり直しがきかないので、結構、ビビリます!



まっ、、、ほどほどに仕上げました♪



黒い金属部分も、結構、銀色出したつもりです。



木ストックは手で触れる部分は黒めに染めています。



だいぶ、自己満足できる外装になって来ました。



この辺には、薄く赤錆が欲しいけど、鉄地肌がむき出しなので、そのうち、自然に錆びてくれますよね?



どうですか? 戦い抜いてきた軽機関銃って感じになった来ましたよね??  笑!



ちなみに、20年位に買ったマルイのAK電動ガンのストックバッテリーを今回充電して、このペーペーに取り付けたんですけど、
ちゃんと充電されて動きました! バッテリーって、そんなに長持ちすんの???



擬似ブローバックは楽しいですね! ガチャガチャとうるさくて! ただ、、リコイルショックは無しに等しい!
つか、ハドソンのモデルガンを未発火で買って飾ってるだけよりは、予算少ないし、遊べるので私向きのトイガンです、、、これ♪



最近、、ハンドガンより、長物に興味が移行しています。 このペーペーシャもそうだけど、フルメタルで3万円以内で買えるでしょ?
そりゃ、単純に、ハンドガンと比べたら高いけど、、(いや、、WAのガスハンドとなら同等の価格帯かぁ?)



重たいし、金色に塗らなくていいし、加工の手間は少なくていいし、、



まっ、、、欠点は、置き場所だけ!  それさえ解決すれば、、長物をもっと増やしたいな、、、



スターリング、ステンマーク、シュマイザー、、、MP44もいいな!  てか、全部、第二次大戦物ばかりか???
子供の頃に観た戦争映画のせいですね、、、きっと!ww



購入して半日で、自分好みの古びたPPSHに生まれ変わったサブマシンガン!!  唯一、不満が残るとすれば、金属パーツがヘコんでない!
マガジンを地面に落したり、バレルを柱にぶつけたりすれば、もっとリアルになると思うんだけど、、、その勇気が私には無い、、、、汗ww



てか、、、ブログ夏休みにすんじゃなかったのか??  ヒマなのか? オレ??(笑)


以上、、きまぐれ臨時ブログこれにてお終い!   それでは、御機嫌よう♪   

Posted by 塔四郎 at 20:34Comments(10)PPSH

2012年07月30日

PPSH41を汚せ!

前回からの続きです。

箱出しでは綺麗過ぎるので、徹底的に汚したいと思います!  まずは、木ストック! 
100番から360番までのペーパーでゴシゴシと削る!



元々は、厚く茶色の塗料が塗ってあるのかな? シンナーではほとんど落ちず、ひたすら削り落とす!!!



適当なムラはあってもよかんべ?



まっ、、こんなもんかな?  約30分研磨しやした♪



で、今回は、先日、てるぱさんから頂いたオイルステンを使って表面処理をしたいと考えていました。
頂いたのは、チークとウォルナットの2色! どっちの色が、どうなんだ??



チークが赤っぽいのね!



ウォルナットがグレーぽい???



と言う事で、色はチークに決定して、筆で大量に塗りつけ、この後に、ウエスで拭き取り、アンド、擦り込みます♪



ほんで、完成!!!!    
いい色合いになってます♪



この時点では、金属部分は、軽く研磨を終えたって感じ。。



ドラムマガジンも荒いスポンジやすりで研磨したけど、黒塗料は厚いのか、なかなか地肌出ませんね。



まっ、この時の加工主役は、木ストック!  ここが大体決まれば、それに合わせて金属を更にボロくすればいいだけ♪



てか、、簡単に、バレルが折れ曲がる! お辞儀する?  面白いなぁ、、、この銃!!!



木ストックにはバフ掛けしてみたり、、、



なんとなく使用感のあるストックに生まれ変わってきました。



スチーツパーツは黒塗料が厚すぎて、GHKの黒みたいに、研磨すれば透けた感じのグレーになったりしないっすね。



この辺の金具はうまく古びた感じを演出できたかなと、、、♪



その他の金属部分は、スポンジやすりよりは、ペーパーや真鍮ブラシなどで、エッジ出しした方がいいですね。



最悪、塗料全部落して、ブルーイングって手もあるし!



ひと休み♪  

Posted by 塔四郎 at 16:11Comments(0)PPSH