< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2014年03月26日

近況報告

ブログを休んで数ヶ月! お仕事忙しいけど、たまには近況報告♪

去年の暮れでブログは止まっていますがジャガスカンは完成しています。



とりあえずは、タケさんの綺麗なシリンダー付けてるので、、まともに見える、、、、笑!



お気に入りのWEのM14の木ストックはダメージ風に仕上げ直して、それに伴いバレルカバーを黒く塗った。



ストックが簡単に付け替えできるM14なので、WE純正の樹脂ストックは緑に塗って、その日の気分で木ストと付け替える♪
黒いバレルカバーなら、どちらのストックに付け替えても似合いますので♪



同じくWEのドラにはバイポットを付けた。 これで定番の形になったかな?



ブログが休眠する前までは1丁だったSCARもいつしか3丁に増殖しています。



2丁めに買ったこの子は、本体価格で17000円で安かったので飛びついたら真鍮コンバンワ仕様とか言う旧タイプの物だった。
それを最新システムに中身を替えたり、ランチャーを付けたりしたら、結構高価な買い物になってしまった。



で、3丁めは、ちゃんと最新のシステムのやつで20500円だった。 ほんで、いろいろアクセサリー付けて楽しんでます。
お金があれば、あと1丁、黒いのが欲しいけど、黒の中古は中々無いですね。



その他、新規購入したのがギガウエイトのPPK! 破格値の10500円にてGET!!



下地のギガ独特の茶色い色が出てた中古なので塗り直して完成させました。(反対側のマルシン刻印は埋めてます)



SCARを購入して興味が沸いたWEのG39も13100円の安値で購入♪



WEの長物のリコイル感は、どうやら私のツボみたい。 




ほんで、今一番ハマッているのがKSCベクター!!



実銃同様のリコイル軽減システムを真似ているからか、WEのリコイルと比べたら物足りないけど、色々と装着する楽しさは二重丸!



長物だと、ハンドガンでは違法になるフルメタルがOKなので、昔はそこに拘っていたけど、VFCのMP5購入で、別にハーフでもよくなり、
SCARを購入したら、別にオール樹脂製でも重ければいいんじゃないかと私の中で意識変化が起こり、WEのG39やKSCのベクターを購入♪




それと、SCARのTAN(黄土色?)カラーを購入して、黒以外の長物にも興味が出て、それに合わせた光学機器も買い漁るようになる。
これらの意識変化は、デトニクスやエンフィールドの中古が高騰している為に、それに代わるものを求めての行動かも知れない。。



光学機器類はTANカラーと書いてあっても、色がメーカーによって違うので、いくつかは塗って本体の色に合わせた。
毎週のように、色を塗ったり削ったりは、今は出来ないので、缶スプレーで簡単に塗っただけですが、、これでいいのだ♪



鉄砲以外では、マルシンのガスブロMP40の予備マガジンをようやく買った。
ずっと何年か狙ってたけど、もう中々ヤフオクに出て来ないし、出ても高かったり、、今回は、なんと新品が2600円で売られてた!



そう、以前に仕上げたガスブロMP40の最後の仕上げ! マガジンのスリットを埋める! その為に、1本、予備マガジンが欲しかった。
モデルガン派の私には、やっぱ、、このマガジンのスリットは許せないので、、、、(いつか、、KSCのベクターのスリットも無くすぞ)



あと、電動用M4のマガジン! 本当はG36用が欲しかったけど、間違えて買ったのは秘密です、、、汗!



M4用だからSCARにもポン付け!



以前にマルゼンM11で作ったようにガスマガジンと合体させる為に購入! 




左右のドラムの間の電動用部分を破棄して代わりにガスマガジンを突っ込めばOK! まっ、簡単じゃないだろうけど、、、汗!
MP40のマガジンにしろ、これにしろ、今は、ゆっくりカスタムに専念できる時間がないけど、未来の暇つぶしの為に購入♪
そんなんが1月から3月までの近況報告かな?  つか、、、更新してないのにアクセス大杉??  ありがたや、、ありがたや♪

では、ごきげんよう!


あっ、、コメント頂いても日曜日までお返事書けませんので、、、、(この記事は23日に書いて26日の15時に投稿されるよう設定しています)  

2013年07月18日

黒スイッチ完成!

前回からの続きです!

スイッチカバーの付いていない金属棒に、、、



カバーを装着!



一部、小さな穴のような窪みがプラリペ表面にありますが、、それがロシアクオリティですと書こうかと思ったら、、、、
ノリンコって中国の兵器メーカーさんだったのね! ウィキペディアで知った!  汗!!!



これでバッタモンの証明である白スイッチでは無くなりました♪



でも、、電装系が壊れているスコープなのでスイッチは要らないんですけど、、、見た目だけです、、、笑!



スコープ本体もトンカチで叩かなくても脱着可能になったし、、やっぱ、、ドラグノフにはスコープ似合います♪



我が家で一番セクシーな長物は、、このWEのSVDに決定♪
つか、、こうなると、電装系も直したくなり、、あじゃさんのブログを見て勉強中! 
赤色LEDって言うのを買うのは出来そうだけど、、抵抗ってなんだ?  

Posted by 塔四郎 at 19:00Comments(2)ドラグノフSVD

2013年07月18日

中華スコープのスイッチ

前回からの続きです。

安物中華製バッタモンSVDスコープの目印とも言える白いスイッチ!!



コメント欄のアドバイスのお陰で、簡単に取り外せる事を知り、、、黒くしたろうかと挑みます!



柔らかいて弾力性のあるカバーなので、そのまま色を塗っても剥げますから、、、綿棒に刺して、、、



プラリペアでコーティングしちまえと、、、笑!



なみなみ塗って、、、



後は、ひたすら、削るだけ!



綿棒を途中から精密ドライバーに変更して、、、



まだ、イビツだけど、、こんなもんで良いだろう、、、ロシア製なら??   笑!  

Posted by 塔四郎 at 13:00Comments(2)ドラグノフSVD

2013年07月17日

スコープ脱着できた!

前回からの続きです!

位置調整の出来たスコープですが、再び、トンカチで叩いて取り外しました! だんだんと擦り合わせが出来てきたのか、
意外と弱い力で外す事が出来ました♪  やっぱ、スコープが外せないと本体TOPカバーとかも外れないし問題あったので♪



一番気になっていた本体側レイル部分の損傷ですが、、部分的に黒塗料は剥がれていますが、、、まぁ、、許容範疇かな???



スコープつければ、きっと、、どれも、こうなるさと、、、自分を慰める、、、笑!



つか、、ぶつかっていないと思ったTOPカバー上部にキズ!



あの、紙一重のパーツが、やっぱ、干渉してたのね、、、、泣!
まぁ、、塗料が剥げたくらいだから気にしない♪



ほんで、ほんで、WEのドラグノフに安物スコープを装着する為に削ったマウントの裏側です!
削る前の状況はこちらをご覧下さい。



つか、、まったく想定外だけど、、こんなとこに擦れた跡が残ってる?



スコープ側の溝(レイル)部分は、元の黒塗料も残ったくらいの削りで、装着は出来ました、、、きつかったけどね♪



それほど、目一杯、削ってないでしょ?
こんくらいの削りで、WEに安物スコープ装着できやす、、、笑!



あと、これが特徴的なストッパー!  今、解除している状態で、、、



これがロックさせた状態!  スプリング下の金属ブロックが1ミリ位上に上がって、それで固定されるんだろね?
で、、黄色の矢印の先の窪みには、本来、ピンのような突起があって、それが本体側レイルとの横方向の動きのストッパーになるみたい。
私のは、中古品のせいか、その部分にピンは付いていなかった。。



それから、気になっていた白いスイッチは、コメントで名無しさんが書かれたように樹脂のカバーが付いてるだけで、簡単に抜けた、、、笑!



外して残った金属部分を黒く染めるか、白いカバーを黒いの買って付け替えればOKかな?



再び、本体に装着!  もう、トンカチとか必要なくて、思い切り押せば脱着可能な状態!
で、この位置で、なんだか知らないけど、カチッってハマッた感じがして動かない。 それ以外だと、きついけど、左右に動く?  
と言う事で、、固定されたここがベストポジションだべ!!


安物中華スコープはWEドラグノフには、正味20~30分、シコシコと削れば装着可能!!!
ただし、実銃もそうだと思うけど、本体側レイルの塗料とか少しは剥げる! まったくの無傷がいい人は装着しない方がいいけど、
一度、スコープを付けてしまえば、メンテとかする時以外は外さないんじゃないかな??



あっ、、白いスイッチの色変更!
ある方法を思い付いた!
後でね♪
  

Posted by 塔四郎 at 13:00Comments(2)ドラグノフSVD

2013年07月10日

なるようにした!

前回からの続きです。
気になっていたスコープマウントの位置ですが、、、

これが前回の位置!


そして、、、

これが、今回、修復後の位置♪



スコープマウントをレシーバー最前部のレイルに合わせた!



木槌で叩いても動かなかったマウントにシリコン一杯塗って、大きな木槌だと誤ってレシーバーとかひっぱ叩きそうだったので、
鉄ハンマーを用意して、叩かれるマウント側面にはゴムラバーを両面テープで貼って、、そこを、思い切りガンガンと!!!!
まさに、お座敷GUNガンでした!!
うまい! 山田くん、座布団10枚!




マウントで隠れていたレイルが顔を出しましたが、、薄く銀色が見えるかなってレベルで許容範疇でした♪



あとは、安物の証明である白いスイッチをなんとかしたいけど、、、塗っても剥げそうだし、、、しばらく、このまんま!



どこにでもあるドラグノフの定番スタイルなんだけど、、所有すれば分かります!  他の長物には無い造形美と、程よい重さに、
ど迫力のブローバック!
強烈なリコイルと金属ならではの作動音! 見た目は在り来たりだけど、、リアルな外観、、、、この夏、、我が家ではSVDが熱い!  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(6)ドラグノフSVD

2013年07月10日

SVD中華スコープ

前回からの続きです。

まっ、、気になるところが残っているけど、とりあえず、先にスコープについてアレコレと、、、どうでもいい事を書く♪



さすが、中華製だわ、、スコープが左に寄っていると思った人、、、



ドラグノフのスコープはこれで正解なんです!  お座敷掲示板で以前に赤い稲妻さんが同様の疑問を持って書き込んだら
イチさんが、西側諸国はセンターに位置するけど、東側諸国ではあえてセンターからズラしてスコープを付けるとの事。。



その理由は、スコープが機能しなくなった時に、そのまま、通常のサイトで狙い撃ちできる為だとか、、、ほら、、、この画像のように、、



スコープが付いたままでも、通常のサイトを使って狙い撃ちできます!  



そんな予備知識が先にあったので、今回、私は大騒ぎしなかったけど、、その知識が無ければ、片寄った位置に取り付いた事で、
さすが中華製の安物とボロカスに書いたかと思います、、、笑!



WEのドラグノフを手に入れた時に、付けるならノリンコ風(本当は本物がいいけど)スコープしかないと私は思っていた。
ドラ自体が複雑なデザインだし、それに合うスコープは、やっぱ複雑な形をしていないと。。



このギザギザの付いた円盤パーツ! あじゃさんが修理したドラグノフの人は、本体側のトップカバーと干渉したらしいけど、
WE製のドラグノフだと、超絶、微妙な状態だけど、干渉はしておらず、わずかな空間で離れてる!



微妙な隙間!



あと、、無防備に剥き出しされた配線の数々!  こんなん、野外戦で、木の枝に引っ掛けたら、、千切れます!!
だから、スコープが左寄りに装着して通常のサイトでも狙えるように設計したんだろうけど、、配線類を隠すようには考えなかったのかな?



で、私には不要なんだけど、、色々と調整出来そうなダイヤル類が、、光学機器って感じで見た目OK!!!



そのスコープの先端部分はワンタッチで、



伸びたり縮んだり~☆



そうそう、、私が、ずっと気になっているとこ触れておくね!
今回、適当に削ったスコープを、この画像手前から差し込んで、最後は木槌で叩き込んで奥まで入れたけど、、



取り付け後に、NETでWE・ドラグノフ・スコープで検索すると、、スコープ土台が図の位置に合わせている人が圧倒的???
どの位置で、スコープマウントを固定するべきなのか、よく分からんのです!



てか、、現時点でも、、マーカー部分の本体側レイルなんか使ってないし、、、、



一番の問題は、、、、



前側から木槌で叩き込んで入れたので、、ビクとも動かないスコープ!  前後に微調整なんて不可能!!!



マウント下側から見ても、組み込みが間違えてるような歪みとか無いし、、ただ、単にキツいのを叩いて押し込んで、食い込んでしまった??



まぁ、、いいや!  で、スコープを取り付けると決まった日から、このゴムパーツも本体に装着してスコープが届くのを待ってました♪
バンドがキツくて木ストックに傷が付くのが嫌で、、ずっと外していましたが、、スコープ取り付けたら、これがないとね!!



パイポットがあれば、完璧に狙撃銃♪



あぁ、、でも、、やっぱ、、スコープ、、、もう少し前にあった方がいいな、、、、汗!



マウントとレイルの間にシリコンオイルを一杯吹き付けて、、再度、、引っ叩いてみます。。。



でも、、それでもし、、本体側レイル表面の黒い塗料が剥げて、銀下地が出て来たら、、、泣くな、、、絶対に、、、、、汗!



スコープの取り付け位置、、、、本体側のレイルの好きな位置で取り付ければいいんだと思うけど、、知識が無くて、、お悩み中!!!   

Posted by 塔四郎 at 13:00Comments(0)ドラグノフSVD

2013年07月10日

SVDスコープ取付

前回からの続きです!

WEドラグノフには安物スコープは削らないと付かない! 皆さんが知っている常識なんだけど、、一体、どこをどう削るのか?
まずは、無加工のままだと、こんな感じでかろうじてハマっている? つか、、すぐ取れます、、、汗!



とにかく説明書もNET情報も無かったので手探りでのトライですが、、本当は、スコープ、、ストック側から差し込むみたいです、、、笑!



現状だと、とてもSVD本体に装着できる気配がなかったので、まず、赤丸部分の表面(四角い突起物が計4個)を平やすりで、
下地銀色が出るまで削って、次に、画像だと見えないけど、四角い突起の裏側に溝(レイル)があるので、そこも銀色になるまで削った! 



削っては本体側の黄丸レイル部分に差し込んで様子を見る。 スムーズにスライドして入ればいいんだべ?  きっと!!
ちなみに本体側は一切削ったりとかはしない! あくまで犠牲者は安物中華スコープだけで済むように削っては、差し込んで、、



ここまで入るようになった!  つか、途中、面倒くさくなって木槌で叩きこんだら、ここまで入って、ピクリとも動かなくなった、、、汗!
スコープ中央ににある銀色の固定レバーみたいなのを閉じて、スコープを乱暴に前後左右しても動かないので、、まっいいかと♪




削る前

削った後

スコープの位置が全然違いますね♪





結局、作業時間は30分未満、、、なんだ! 結構、簡単に取り付け出来るやんと、、、この撮影していた時の私は思ってました、、笑!



てか、、木槌で叩き込んだので、スコープの固定レバーを解除しても全然取れない!!  外して、どんな風に削ったか撮影不可能!! 



とにかく、スコープの四角い突起部分の内側と外側を、金属平ヤスリで、ゴシゴシ削って地肌を出せば取り付け可能!!  
ただし、、私のように、木槌で叩き込んでしまうと取り外せなくなる恐れあり!!!



なんか、このスコープ、電気系が異常なければ、内部が光ったりするらしいけど、、壊れやすい事で有名!!!
あじゃさんのトコで修復記事がありますが、、私は、あくまで飾りなので、電気が壊れていても無問題♪



スコープ自体は遠くの物が少し大きく見えるし、、LEDだっけ? どうせ使い方が分からないし不用品、、、、笑!



で、のほほんと、完成したと思って喜んでる、、、当時の私!
つか、、これでもいいのかな?  違うのかな? この画像を見れば、私が何を気にしてるのか分かる人がいるかも知れない!



まぁ、、とにかく、この撮影時点では、これでいいのだと思っていた。。



つか、、スコープ付けると、やっぱ、、パイポットも欲しいけど、、、無駄遣い自粛中!!



WEのドラ購入して10ヶ月かな?  安物スコープの取り付け加工が怖くて、今まで延び延びになっていたスコープ購入!!
それほど、難しい加工はしないで装着は出来た! やっぱ、、ドラには、この手のタイプのスコープが似合う、、、親馬鹿、、自己満足www
  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(2)ドラグノフSVD

2013年07月09日

休みに届いた幸せ2

休みに届いたシリーズのラストです!

KG9同様に幸福感に包まれる品が届きました!!



昨年、この長物を手に入れた時から、ずっと欲しかった品です!!



そうです! ドラグノフ用のスコープ!
SVD用のスコープって安物でも1万円を越えるし、更に、取り付けには加工しないと付かないとか? 
と言っても、ポン付け出来る実銃用だと、2万とか超えるし、、、 飾りとしてスコープを載せるだけの私には1万円以上の出費は無理!!



今回、ヤフオクで物色してたら、「ライフルスコープ、ジャンク」と言うタイトルで、500円スタート!!!
その出品ページに掲載された写真は、どっから見てもノリンコ風????
やった! このタイトルや出品内容なら、ヤフオクでドラグノフ関係を検索してる人にも発見されにくい!



予想的中、なんと、5750円で落札できた!!
あまりに嬉しかったので、お座敷掲示板に書き込んだら、、スイッチが白いのでWEにはポン付け出来ないタイプだと、、ないとさんに教わった!
教わって、初めて、スイッチが白い事に気が付いて、ヤフオクで調べると、12000円から15000円位で売られてるヤツっぽい!



もしかして、高額な本物スコープかも? と言う淡い期待は消し飛びましたが、5750円なら削って壊そうと惜しくない!!!
念願のノリンコ風スコープ!!  これが、我が家のWEドラグノフに付けばいいな、、、、笑!

  

Posted by 塔四郎 at 19:00Comments(4)ドラグノフSVD

2012年10月26日

ストック三者三様

我が家のロシア軍団の長物3丁を並べてみた。

上から、綺麗、普通、汚いの順です、、、、笑!



つか、、それぞれ個性的で飽きません♪



テカテカなウレタン仕上げのドラに実銃木製品を装備のAKM、、そして、ペーペーシャはオイルステン仕上げで古びた感じに。。



ペーペーシャだけが、艶無しな天然木材って感じなので、、ニスでも塗って他の2丁に合わせようかとも考えたけど、
この安っぽい木の感じも実銃ではあると思うので、、、このまんま♪



ロシア軍団はこれで終わりかな??   でも、、もし4丁めを買うなら、モシンなんとかって言う狙撃ライフルが欲しいけど、
あれって、、ガスブロじゃないんすよね?  WEさんかGHKさんあたりで、ガスブロ化での販売をお願いしやす!!
ついでにペーペーシャもwww  

Posted by 塔四郎 at 17:02Comments(10)PPSHドラグノフSVDカラシニコフ

2012年10月25日

野外撮影のSVD

前回からの続きです。

近所の人目を気にしながら、誰もいない瞬間に、、パパパッと野外撮影しやした!  ハンドガンなら隣りの家のおばちゃんが居ても、
身体で隠せば見えないけど、、ドラは隠しようがないっす、、、汗!



久しぶりだな、、野外撮影!  この日は秋晴れで天気が良かったし♪



むひひ、、、艶々なストック!



つか、、銃器としてではなく美術品だね、、この造形美は、、、ロシアの人って凄いのね。。



木工職人の技術が高いのかな?  ストックにしろ、このバレルカバー?にしろ、、凄く手の込んだデザインだと思う。。。
アメリカ人なら、面倒くさいから絶対に木では採用しないだろうな、樹脂で機械で大量生産かな?



WEのSVD、、、この子は室内より野外が似合う子ですね!  撮影してて、、そう思いました。。。



美しき狙撃銃!  その名は、、、ドラちゃん♪





まだまだアクセサリーパーツの市販が少ないWEのドラちゃんですが、、私としてはWE用の安価なレプリカスコープの登場を待つ!
えっ、、予算は1万円前半で、、、無理?  レンズなんか要らない! リコイルの振動でも落ちないスコープ!!   ポン付け希望!!  

Posted by 塔四郎 at 18:08Comments(14)ドラグノフSVD