< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2013年02月09日

AKとMP44

PPSHとツーショットしたついでにGHKのAKMともツーショット!

MP44とAKって兄弟銃らしいっすね?  実銃の歴史とか興味ないので覚えていないけど、、MP44を元にしてAKが生まれた?



まぁ、、そんな意味合いで、このツーショットを撮影したワケではなく、フルスチール外装を研磨して実銃木製品を装備したAKMと、
なんちゃって仕上げのMP44とを比較したかっただけ!! 我が家の中のリアルさでは、このAKMが一番だから♪



うーん、、見た目は、、どっちも怖い位、、おもちゃじゃないっす、、、汗!



元々のAKMの表面処理って黒染め? よく知らないけど、MP44はブルーイングなので青くも見えるけど、、AKは青くは見えないっす。



AGMの箱出しのまんまじゃ、並べて撮影するのは可哀想なMPだったけど、、今じゃぁ、並べても、そんなに大きな見劣りはしない?
しないよね? しないよね? ね! ね!!ww



つか、このアングルだと、どちらも突撃銃って感じで、かっこいいド!!  えっ、、いつまでも、遊んでないで、とっととMP44仕上げろだって?
へい、へい、、そんでは、片付けて来ますよん、、、どっこらしょっと、、、笑!
  

Posted by 塔四郎 at 08:48Comments(4)MP44カラシニコフ

2012年10月26日

ストック三者三様

我が家のロシア軍団の長物3丁を並べてみた。

上から、綺麗、普通、汚いの順です、、、、笑!



つか、、それぞれ個性的で飽きません♪



テカテカなウレタン仕上げのドラに実銃木製品を装備のAKM、、そして、ペーペーシャはオイルステン仕上げで古びた感じに。。



ペーペーシャだけが、艶無しな天然木材って感じなので、、ニスでも塗って他の2丁に合わせようかとも考えたけど、
この安っぽい木の感じも実銃ではあると思うので、、、このまんま♪



ロシア軍団はこれで終わりかな??   でも、、もし4丁めを買うなら、モシンなんとかって言う狙撃ライフルが欲しいけど、
あれって、、ガスブロじゃないんすよね?  WEさんかGHKさんあたりで、ガスブロ化での販売をお願いしやす!!
ついでにペーペーシャもwww  

Posted by 塔四郎 at 17:02Comments(10)PPSHドラグノフSVDカラシニコフ

2012年10月20日

GHK AKs-74u firing at 300 fps

赤い稲妻さんからコメント欄で教えて頂いた動画です。
これって、、生ガス???
  

Posted by 塔四郎 at 23:21Comments(12)カラシニコフ

2012年09月01日

懐かしのマルイAK47S

もう発売されてから20年近くになるのかな、、マルイのノンブローバックな電動AK47Sです。

この頃はマルイの電動長物にハマッていた頃で、発売されて直ぐに購入して、木製ハンドガードや金属レシーバーに交換した! 
当時の私には、そんな交換技術はなくて、買った店でつけて貰ったと記憶する。 (えっ、、今も、そんな技術は無いって? 正解っ!)



ただ、当時から汚いのが好きで、たぶん、ペーパーとかでエッジ出したり、、色を缶スプレーで上塗りしてたような記憶が、、、♪



この頃は撃ってました!
未だにマガジンの中にBB弾が入っており、撮影中も持ったりすると、ジャラジャラと音がする! 我が家では久しぶりの音だった!(笑)



近所の駐車場で撃ったり、ツーリングに持って行き、キャンプ場で撃ったりしてて、外見、、ボロボロ!
昔は、そうゆうとこでも撃てたから売れたんだろうけど、、それがエスカレートして通行人に撃ったりする事件などが起こるようになり、
だんだんと、肩身の狭いおもちゃへとなっていった。。



当時長物にハマッた理由は、やっぱ、樹脂製ハンドガンの重さでした! やっぱし、、軽いのよ、、、、泣!! 
長物は重いし、黒い金属外装が法的に許されおり、更に脅威のフルオート!! 持つ、見る、撃つの三拍子が揃っていて大満足でした!!



でも、、時代は、、電動でもガスでもブローバックするような、とんでもない長物の時代に変化して、、魅力がなくなった古きAK47.。。
その後、再び、マルイのハイキャパに出会いハンドガンの世界に呼び戻されたのが私です。



最初はハイキャパなんかも撃ったりしてたけど、撃った弾を片付けるのが面倒くさくて、空撃ちブローバックが主になり、
次第に、やっぱ、重さや外装が気になり、、ハンドガンはフルメタルにする事は出来ないので塗装を学ぶ為にNETをウロウロして、
気が付いたら、書き込みとかして、塔四郎って人間が生まれて3年になった! (笑)



3年間、重くしたり、リアルな外装にしたりとハンドガンをイジッて来たけど、、ここで、、再び、、長物に興味が出てしまった。



つか、、、エンフィにしても、突然興味が再発して、、ペペペペペッと集め出す!  まっ、今回も似たようなもんかな?
ただ、1丁あたりの単価が高いので、そう、毎月いくつも買えませんが、、、、笑!



最新?のGHKのAKMと並べて記念撮影! 実銃の世界では、どっちが新しく、どっちが古いとかあるんだろうけど、
まったく興味なし! つか、、並べるまで、ストックが違う位じゃないかと思ってた!  汗!!!
  

Posted by 塔四郎 at 08:46Comments(6)カラシニコフ

2012年08月21日

AKMとPPSH

前回からの続きです。

リアルな外装に生まれ変わったGHKのAKM、、、となれば、、



やっぱ、リアルな外装にしてたPPSHと記念撮影だべさ♪



ミニオフで皆さんにお披露目したペーペーシャでしたが、、見た目の評価は良かったと思うのですが、、電動擬似ブローバックが失笑?
つかね、、せいじさんのWE・SVDを撃った後には、反動のカケラも無いPPSHは子供用のオモチャでした。 以後、置き物と化しています。



いつかは、PPSHのガスブローバックも発売されるのでしょうね!  
でも、撃たなくても存在感のある、このペーペーシャも大好きですけどね。  つか、、元々、置き物予定で買った子ですから♪
そして、来月は、このロシア軍団にWEのSVDが加わるどぉ~!!  三者三様のお座敷ロシア長物軍団!    

Posted by 塔四郎 at 22:03Comments(0)PPSHカラシニコフ

2012年08月21日

GHKのAKM変身

ミニオフ・ネタの番外編です。

逸品屋さんから実銃AKM用の木製ストックやグリップ、ハンドガードや、その他スチールパーツ等を頂きました。
ミニオフ中に、ハンドガードはあじゃさんが削ってくれて、スチールバレルも組み替えてくれました。 



木ストックだけが切断も必要だったので、ミニオフ終了後に、部屋も片付けずに私が加工して取り付けました♪



グリップ類は、AKMの樹脂製チェッカーの入った物や木製の物など、逸品屋さんは複数持参してくれて、その中から選びました。



選んだ理由は、汚いヨゴレみたいなのが付着している! それが実銃パーツぽくて良いかなと?(笑)



一応、念の為に記載しておくと、実銃パーツで法的に許されるのはストックやグリップまでで、それ以外の金属パーツ類はダメみたい。



アウターバレルはメーカー知らないけど、どっかのスチール製です。
これも安く逸品屋さんから譲って頂きました。 それに合わせてマズルブレーキも頂きましたが、それはポン付け出来ないので先送り♪



ほとんど鉄製で実銃木製品に身を固めたAKMです。
ウルトラ・リアルな外装です。



これ、これ! 実銃のハンドガード! 微妙な削りが必要で、私が面倒くさくなって、ハンマーで叩き入れようとしたら皆からブーイング!
それで、削りの神様、あじゃさんが見かねて削ってくれました。 あじゃさんがいなければ、、どうだっていたか、、、、汗!



どうです、、いい感じに変身しましたよね?



購入して半年間近く、箱出しのまま保管してたけど、、やっぱ、、手を加えれば、満足度は数段UPします。



あと、こんなのも頂きました。
実銃用のクリーニングキット? ガスガンには、まったく必要の無いアクセサリー用品ですが、、、



こうして、ストックの中に入れれば、、



若干のウエイトUP!(笑)



逸品屋さん、本当に有難う御座いました!
また、完成にあたっては、オラナガニストのあじゃさんが居なければ組み上がらなかったと思います。
有難う御座いました!




追記

画像に装着されている青光りのマズルブレーキがGHK純正のスチールパーツで、横にあるマズルブレーキが逸品屋さんから
バレルと一緒に頂いたスチール製のもので、バレルと同じ艶消し黒となっている。 ただ、取り付けは、加工が難しかったので、、、



ノーマルの青光りブレーキをブラッセンで塗っちゃいました! (だって、ノーマルも鉄製だし)



そして、バレルと共にスポンジやすりで磨いて出来上がり!



フロント周りも自分好みになりやした。



うんがぁ! せいじさんのSVDも魅力的でしたが、フルオートの出来る、このGHKのAKMもトータル的には負けていません。
素晴らしいトイガンです。。  つか、、見た目は無可動銃にも負けていない?(笑)  

Posted by 塔四郎 at 10:12Comments(10)カラシニコフ

2012年08月02日

ロシア軍団

ペーペーシャを入手して、徐々に勢いづく、我が家のロシア軍団!

とは言っても、主力は、この3丁だけ!  
(一応、他にも、ハドソンの銀トカレフとマルイの初期AK47Sがいるけど、軽いのと動かないので、軍団から除名しました!)



長物2丁はスチール製で超リアル!  トカレフはハドソンHWモデルを塗装したお気に入り品♪



どれも、歴戦の勇者って感じ?  



金属長物に囲まれているけど、このHWトカレフ、、見た目では見劣りしてません。



やっぱ、銃は古びた鉄ってのが、私の好みなんだと、こうして画像見ると改めて思います!



そして、戦い疲れた木ストック!!



あっ、、、AKの方は、近日、逸品屋さんルートから? 実銃ストック類を入手して付け替える予定です。



3丁のロシア軍団!  我が家では最小規模の軍団ですが、その存在感と迫力は、他のハンドガン軍団がビビッてます!



つか、、やっぱ、、、今回入手したPPSH41の存在感がデカい!  新参者のくせに、もう、我が家で20年以上鎮座している風格が、、、笑!



この後の軍団入りが内定しているのがWEのSVDですね!  うししし、、、 問題は購入資金の捻出だけ、、、、汗!



あとは、来年? たぶん、KSCさんがマカロフ出すでしょ? そしたら、それも購入!  てか、、その前に出るトカヘフは思案中!
だって、軽いんだもん!  海外製のフルメタルとニコイチになるのなら買うかな?



てか、、、マカロフも軽いんだろうか?  KSCさん、お願いだから、トカもマカもHW出して下さいよぉぉ~~ 泣!



このハドソンのHWトカレフだって、、、決して重くはないけど、、ギリギリ、フルカート装填で我慢できるって感じ?
ABSの銀めっきトカレフは、どうやっても、軽くて、、壁の置き物になっている。。



ロシアの鉄砲って、なんか、作りが野暮ったくて、無骨で、重たそうで、可愛いくないトコが好き~☆



セーフティの無いトカレフを作ったロシア魂と言うのか、考え方が、、妙に親近感が沸く!  



数は少ないけど、我が家のロシア軍団は、少数精鋭の怖い鉄砲ばかりです!  つか、他の軍団からは長物は反則だって声も、、、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 09:31Comments(4)トカレフPPSHカラシニコフ

2012年07月19日

GHKのAKを傷める!

ミニオフ途中に作業しちまったシリーズその2!!(笑)

我が家のGHKのAKなんちゃら! 元々、勿体無くて箱出し状態で飾っていたんですけど、今回、逸品屋さんの研磨されたAKを見て、
ひとり、オフ会場の片隅で、シコシコと磨き始めました!(笑)



スチールパーツのせいでしょうか? それとも、金属表面仕上げが綺麗なせいでしょうか? 真っ黒なボディを磨くと、いい色になりますね!!



てか、、、いきなり作業を始めたけど、、結構、仕上げるのに時間が掛かった!!  だよね、、ハンドガンじゃねぇもん! 面積デカイ!!!



時計見てなかったけど、30分位は時間を要した??



研磨作業の途中で思い出した。



フロント側ってスチールじゃなくて亜鉛だっけ? 研磨した後の感じが別物で、ここは、それ以上、磨くの止めました♪



バラしもせずに、そのまんま、、シコシコシコの繰り返し~☆  (つか、バラした事ないし、、、汗)



なんとなく良い感じになって来たら、、、



綺麗な木ストックなどに違和感を感じ、ハンマーで殴ったり、ブロックで叩いたり♪



スポンジやすりで擦ってみたり、、



最後には黒塗料を部分的に塗り、ふき取ってみたり~♪



まっ、、とりあえずは、箱出しの時よりは良くなったと自己満足!!



でも、結局、これもハマると、実銃ストックや、スチール製のアウターバレルとか欲しくなるんだろうな??



水面下である御方に、それらのパーツについてメールで御相談した事は、ナイショです~~~☆  

Posted by 塔四郎 at 11:45Comments(4)カラシニコフ

2011年09月25日

GHKのAKガス漏れマガジンが直った!

前回、ブログに書いたぶっ壊したマガジンですが、コメント頂いたUAZ469Bさんから、壊れたパーツを売ってるところは教わった♪
http://gunshop-fox.jp/SHOP/40376/211588/list.html
今度、オンラインで会員登録して、マガジン・ストップレバーセットを買うとして、ただ、その前に、ガス漏れは直るのか?
直らなければ、パーツ買っても意味ないじゃんと、、、、つか、AKマガジンって、どうやってバラすのよ??



いろいろイジッていたら、底がスライドして抜けた!!!  



ほんで、小さなプラスネジを外して、



下から中身を上に押し上げたら、、、



ぬぬぬっと、なんか出て来た!! ブラボー♪
(つか、たぶん、みんな、知ってるんだろうねwwww)



なんか、タンクふたつあるのね? うーん、メカ的な事は興味なし・・・・(笑)



ヘキサゴン的な窪みに適当に合うレンチを入れたら、回って蓋が取れた。 なんか、長い円筒も手で回したら抜けたりした。
(分解画像撮り忘れた・・・・・・汗!)



別にパッキンとかおかしなトコ無かったので、もう一度、組み直してから、ガス入れたら、シューってモレ音がしなくなった!! 
きっと、どっか緩んでいただけなのね? つか、この赤いゴムは一体なんなんだろう????
ガス漏れは直ったので、あとは、やっぱ、空撃ちパーツをGETすればOK♪  

Posted by 塔四郎 at 12:45Comments(3)カラシニコフ

2011年09月11日

GHKのAIMSだっぺ♪

虚空さんのせいで、こんなもん買っちまったぜよ、その2丁め!!

GHK AIMS ガスブローバック(東欧仕様) 世界限定300丁だべさ♪
限定300って言葉がなければ、AKMだけで満足してた!(笑)



まっ、でも、曲がりくねったストックは斬新だ!!!
「ルーマニアストック」と呼ばれるワイヤーストックだべと、虚空先生に、先ほどコメントで教わりました\(^▽^)/



AKM同様、美しい木材♪
実銃用に替える人もいるみたいだけど、この木なら、私は満足!!!



AKMと合わせて2丁あるでしょ、、そうすっと、どっちか1丁を小汚くしたいのよね。。。
でも、どっちも綺麗で勿体無いお化けが、まだ心にいるので、汚すのは当分先???(笑)



内部構造とか一切興味ないけど、やっぱ、何かのパクりなの??



日本も昔は猿真似とか言われて成長した時代があるんだから、真似てもいいけど、(私はメーカーじゃないしwww)
更に進化させて欲しいよね、(つか、もう日本製より見た目は進化してるような・・・・・)



今回の2丁とも、ガス入れればトラブルなく動くし・・・(まっ、5~6回空撃ちしただけだがwww)



ここまで外装のクオリティ高くて、フルメタルだと、もう国産の長物ブローバックには戻れないかも・・・(汗)。。



あとは、実銃用の?マガジンとダミーカートが欲しいかな? 



樹脂製のハンドガンで、チマチマとリアルさを追い求めてカスタムするけども、
こうゆう長物を買うと、こっちの方がラクでいいなぁぁ~~~~~~と、ついつい思ってしまうwww
ハンドガンと長物の法規制に大いに矛盾を感じる、今日この頃・・・・・・(笑)  

Posted by 塔四郎 at 09:39Comments(9)カラシニコフ