< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2012年04月26日

実銃SAAの製作工程?

ネタ切れなので海外ネタ!

英語何を言ってるか、まったく理解していませんが、素人目だとSAAを作ってる動画のような??
金属のかたまりが、見慣れた銃に変化していく過程や、エングレ彫ってるシーン、やすりの使い方など、
思わず何度も見たお気に入りの動画です♪  

Posted by 塔四郎 at 13:06Comments(6)SAA

2012年02月24日

マルシン金属SAA

再び、ネタ切れなので、PCの中から、絶版、不人気のマルシン金属SAAスタンダートの画像を見つけてお茶を濁す♪

マルシンの金属SAAはマスターソン以外は全部持ってます! (つか、マスターソンも昔は持ってたけど金欠で手放した、、、汗)



金属モデルガンは冷たくて重たいから大好き!! このピーメはグリップ内に鉛も入れてるので1キロくらいあるんじゃないかな?



グリップの形状とフレームが合ってないので、本当はグリップを削るんだろうけど、、、面倒くさくて、、どうでもいい!
だって、たぶん、実銃の世界でピーメが活躍してた頃って、そんなの一杯あったんじゃないの? 大雑把な西部のガンマンだから?ww



金属モデルガン、、今でもマニア向けのなら新製品もタマに現れるけど、1~2万位の普及品で出して欲しいな。
でも、売れないだろうな、、安ければ造形いい加減だし、すると悪評立つし、、それに流されて購入控える一般ピープルが生まれる。
発火を楽しめるモデルガンじゃないし、もちろんBB弾も飛ばない! 単なる金属の塊みたいな品だから、このまま行けば消えて無くなる?



それから、樹脂製モデルガンなら切った削ったで加工も出来るけど、金属製の金メッキじゃ、、それ出来ないもんね。
更に、ガスガンと違い内部のパーツ類も実銃と同じようでないとモデルガンじゃないって人も多いから手抜けないし、、
私なんか内部の機能なんかどーでもいいんだけどな、、冷たくて重くて、トリガーやハンマーが動けば! そして低価格なら最高!!  

Posted by 塔四郎 at 13:48Comments(2)SAA

2011年12月26日

凄いハドソンSAAカスタム

最新の入荷品です!

毎晩のヤフオクチェックで、凄い私好みのハドソン見つけちゃったのよ♪



1万円スタートだったけど、終了間際までは25000円位だったかな?



こりゃ、欲しいぞと思って入札したら、がっはっは!! 競い合いになってしまい、4万を超えて、やっと落札!!
落してから、、金策どーしようってな感じでしたwww



凄いでしょ!
出品ページの説明では、「ハドソンのHWのSAAのバレルを3.5インチに切り詰めバレル前部のインサートを撤去、
シリンダーのインサートを切削したカスタムです。未発火、TG、BS、グリップパネルはサードパーティー製でTG、BSは真鍮製です。
マルベリーフィールドのダミーカート6発とCAW製の発火用トリプルキャップカート(シングル、ダブルでも使用出来ます)が付属」とあった。



パーツ代とか含めたら、3万までなら入札しようと思ったけど、ライバル現れて4万強!!! (泣)
でも、今は亡きハドソン! ほんで、このカスタム内容と仕上がりなら、、まっ、4万でもお値打ちモン???



つか、このグリップにシビれたwww



バードなんちゃらってタイプでしたっけ、、このグリップ周り???



と、、喜んで書いていますが、、、実は、このSAA、、、届いた時には、、実は破損してたのです、、、、、泣!!



これが、届いた時の状況!!!
元々は、普通の長さのバレルを前オーナーが切り詰めたって書いてあって、他の方が質問欄で、どのように切り詰めたのか聞いていて、
そこには、バレル後部をカットしてシリンダーに付けたと書いてあり、落したりしなければ強度は問題ないと、、、、
てか、、届いた時点で、壊れているんですけど!!  宅配業者が投げたか???(笑)



4万数千円で落札したので、ショックはデカかったけど、とりあえずは、接着して元通りにはなった。。



あと、青い部分はブルーイングかと思ったら、これ、キャロム系の塗りですね! まぁ、とても綺麗に塗ってるのでOKですけど♪



ダミーカートがシリンダーに入ってます! ダミー弾頭ではありません! 貫通シリンダーです♪



バレルが壊れてなければ、とても幸せな気分だったんですけどねwww






見た目の仕上がりは最高で最強です!!



重さは、、まっ、、こんなもんですね。。
やっぱ、重くするしかないっすね! バレルは一応接着したけど、強度に不安感じるし、、、プチ手直し致します。。



がっはっは!!! 連投で、、すんまへん!!  ストレス溜まってるんスwwwww  

Posted by 塔四郎 at 20:22Comments(6)SAA

2011年11月17日

ハドソン弾頭GET!

やっと見つけました! 

ハドソンSAA用のダミー弾頭♪



前回はシリンダーへの取り付けに大変苦労をしましたが、今回は強力な磁石に精密ドライバーを付けて、
その上にネジが磁力でくっついた形での作業でしたので簡単に取り付け出来ました♪



向って左から銅めっきタイプ、そして真ん中が今回のクロームメッキタイプで、右端が鉛タイプかと思います。
三種類の弾頭、無事に揃いました~☆



クロームと鉛、、、見た目は同色ですが、質感の違いは画像でも分かりますよね?



あと、、2丁位はハドソンのSAA系が欲しいな、、、、(ぼそっ)  

Posted by 塔四郎 at 13:21Comments(10)SAA

2011年11月08日

ハドソンSAA最終仕上げ

ラウンドグリップを付けたハドソンSAAの最終仕上げです。

まず、外装以上に大切な重さですが、、、(私にとってはwww)



グリップ内側の本体部分に鉛を詰め込み、70グラム近く増量しました。



本体各部は極細コンパウンドで磨き直して、青く光る金属ネジ類は、副館長から授かったシェリフから盗みましたwww



グリップのメタルは黒くして、、トリガーサイドは研磨してコーティング!



で、、完成です♪



つか、今回内部をバラしたんですが、本当に構造がシンプルで分かりやすいっすね! SAAって♪



実銃のSAAを調べれば、造形的には、おかしなトコが一杯あるハドソンSAAですが、、私は全然気にならないっす!



MGCにしろ、ハドソンにしろ、、月刊GUNにしろ、、、、今は、もう無い、、、、、、、涙。。。  

Posted by 塔四郎 at 08:25Comments(6)SAA

2011年11月03日

SAAのグリップ交換

ハドソン・シェリフ2号のグリップが決まりません!

余ってるグリップ達が寄って来て、ワイワイガヤガヤwwww



ハドソンのワンピースグリップが付いていたモデルには、通常の2ピースグリップを固定する下側のピンがセットされてません。
だって、ワンピースグリップだと、そこに突起があると邪魔だからwww (たぶん、そんな理由です?)



2ピースグリップにするなら、なにかピンを差し込まないと、、、適当なピンを片っ端から入れてみる。。



最終的には、マルイデトのブランチャーピンだっけ? それが長さも丁度いいので、これ採用♪



で、いろいろ、付けてみたけど、、(撮影どころじゃねぇ!!ww)
結局、副館長が付けていたタナカの黒グリが一番似合う!!  (あぁ、、、くやしいwww)



下側にピンを入れたので、グリップがグラつくような事はなくなったけど、、、、



TGやBSより、部分的にグリップが出っ張っていて、持った感じが、なんつーの、、プラグリが手に食い込むって言うか、
滑らかな持ち味じゃないんだよね。。。 



ラインが合っていないのは、この画像で分かるかな?
グリップを削ればいいかと思ったけど、チェッカーの縁取りって言うの、ギザギザを囲むような細いライン、、、
これ、グリップ削ったら、部分的に消えちゃうよね???



ほれ、、こっち側もグリップが飛び出している。。。
うーーーん、一時休憩!!(笑)




で、他のSAAをいじる!
これ、タナカのガスガン! ハドソンに付けてたグリップとまったく同じグリップが付いてますが別物です。
こっちのグリップには、内側に鉛ウエイト一杯詰め込んでいるから、ご覧の重さです♪



バレルは長興だし、前後のウエイトバランスは絶品! (だと思うwww)



てか、なんで、そんなの引っ張り出したかと言うと、例のCAWのラウンドパーツですよ! タナカ用って書いてあったけど、
穴位置合わないじゃん!  てるぱさんの言うとおり、金属タナカ用のパーツなのねwww



まぁ、もし、ちゃんと付いたとしても、、このデザインじゃぁぁ、、、あまりにもビックマグナムって感じ???(笑)
なんか、面倒くさくなって来たなぁ、、、SAA系のグリップって嫌い、、、泣!



結局、シェリフのTGが付くのは、このCMCのモデルガンだけ?
てか、実際には付けてません。 合わせてみたら、これだけ穴位置が同じとこにあったから、多分、付くはず。。。
付けて確認しないのは、、、このピーメに綺麗な金色ガードは似合わないべぇ~~~~~www  

Posted by 塔四郎 at 15:22Comments(2)SAA

2011年11月03日

謎の荷物が・・・・

これも、先日の休みにいきなり届いた小荷物ですwww

まったく予定には無かった荷物ですが、この色々とシールの貼ってある梱包は、以前に似たようなのを見かけた記憶が???
そうです! 私に沢山のエンフィールドを授けてくれた、中京のご隠居こと花ちゃん様からのお届け物です!!!



開けたらビックリ!!!
掲示板で譲渡する密約は出来ておりましたが、商品先渡しで届きました!! つか、格安のお値段で譲って頂きました!
(てか、まだ、払ってねぇけど、、、、汗)



金属パーツは綺麗にブルーイングされてます。
トリガーガードやバックストラップは、ケースナンチャラ風の染めになってます!(名前覚えてません、マダラな染めなヤツです!ww)
それらのブルーイングは全て綺麗にコーティングされてるし、さすが、副館長って感じです! このオッサン凄いわ♪



HW部分も全体にブルーイングされてますが、こちらは変な青さはなく、シブめな感じでの仕上げです♪



グリップはタナカの物で、フレームにグリップ固定ピンが付いていないのか、穴位置が合わないのか、グラついて動きます。



まぁ、そんなんは、なんとでもなるとして、まずは体重測定♪



次はラウンドグリップ仕様のシェリフと2ショット!  てか、見比べるwww



見た目の色や形は本体に凄くマッチしてるグリップだけど、グラついたり、隙間があったり、ラインが合ってなかったり、、
てー事で、、例のアレと交換かな?? (笑)



これこれ、金属パーツの艶々! ウレタンクリア????



あとさぁ、、このネジ類! これは、ヒートブルーなの??
なんか、芸術的に美しいんですけど??
いいもん頂いちゃった♪  (馬鹿モン! アゲてねぇよ、、金払えよ、、おめゃぁぁ~~!!!)

うん?  空耳か??www  

Posted by 塔四郎 at 07:44Comments(4)SAA

2011年10月22日

シェリフの最後の仕上げ

シェリフの外装仕上げはおわったので、最後の詰めです。

購入時の空カート状態での重さ。



それにカートを入れた状態での重さ。。。



ほんで、色塗ってダミー弾頭を付けての重さ。。。。。



で、今回はグリップ裏側に何枚も重ねた鉛シートを入れる。



がっはっは!! 750グラム超えた!!!
つか、シチゴサン??  かぁぁ~~!! 重さまでも可愛いな!!!!♪



753シェリフの完成!!



つか、、、これでする事がなくなってしまった・・・・・汗!
再び、エンフィールドでもイジるか、、あっ、デトカスタムでも、たまにはするかな、、、悩むwwww  

Posted by 塔四郎 at 22:09Comments(4)SAA

2011年07月15日

SAA?? 違います! ピーメですww

マルシンの金属モデルガンのピーメです!!!
つか、今はピースメーカーとは言わないのですかぁぁ????
私、シングル、アクション、アーミー 略してSAAと言う名前を覚えたのは、ここ最近の事ですけど・・・・笑!

まっ、そんな事はどーでもいいですねwww
我が家にいる金属モデルガンのピーメ達です。
全部、マルシンさんの製品でーす!!



この子は、よっしー先輩から以前に頂いたエングレのピーメです。
うんと、、名前は、、、ちょっと待ってね、、マルシンのホームページで調べて来る。。。
あっ、あった!! パットン将軍です!!!!  (名前くらい覚えろよぉ~www)



で、この子も同じパットン将軍です。
つか、元々、これをヤフオクで中古で落札したら、カートは無いし、グリップにはクラック入っていて、出品者はバックレているし、
そしたら、心優しいよっしー先輩が、最初に紹介したパットン君をパーツ取り用でくれたのです。。。
貰った時は退色しててジャンクだとか言ってたけど、再生していったら、
立派なパットン君になってしまったので、計2丁のパットン所持者になりましたwww




で、これも、興味の無い人には、上の二枚と同じ、パットンに見えますが、正しくは駅馬車モデルです。。
エングレなどの模様が違うだけに見えますが、構造的には、パットンはカートが入りますが、なぜか、駅馬車はカート入りません。。



で、、この子は名前覚えてます! ルーズベルトです!!!!
これは、エングレ倶楽部の先輩でもあるせいじさんから譲って頂きました♪  
銃身の長いモデルですなので、他のピーメと違うのは、私でも分かります! (この子のメッキが一番綺麗かも?)



で、最後は、エングレも無い発火形のスタンダートモデルです。 これは、マルシンのHP見ると、もう売ってないすね。。。。
似たモデルではバットマスターソンがいますし、バットの方が人気が高いです!!!!



私が思うにスタンダートモデルが鑑賞派の人達に人気が薄いのは、グリップの変更が大変だからだと思ってます。
上の画像で分かりますか? 向って右がスタンダートモデルで、グリップ外した内側に突起があるでしょ??
そう、赤く丸いマーカーのトコ、、、その為、専用グリップ以外は、グリップ裏側を削るとかが必要になるんです。。。



カートは、向って左から、ルーズベルト、パットン、スタンダート発火式となります。



カート自体は、この2種類です。 短い方がルーズやパットン用の非発火カートで、長いのがスタンダートの発火カートです。



ちなみにカートレス仕様になっている駅馬車モデルにパットンとかのカートを入れると、この位置までしか入りません。。。
(向って右側のピーメです)



これで、バット・マスターソンがあれば、マルシンの金属ピーメシリーズは全部揃うのですが、、バット高いんすよね。。。
つか、本当は、スタンダートモデルの次にバットを持っていたのよ。。。 エングレ系は、ここ最近だもん、入手したのは・・・・
バットは、数年前に我が家で金欠の嵐が吹き荒れて、泣く泣く手放した、暗い思い出の銃だったりするwwwww



まっ、暗い記憶がよぎるので、話題を、、、エングレに戻そう♪



つか、マルシンのこれらのペーメは基本設計は古いけど、未だに販売してたりするから嬉しいよね。
(全然、エングレの話題じゃないやん!!!・・・・汗)



金属モデルガンはやっぱいいよ! 冷たくて重たくて!! 我が家のピーメは大体グリップ裏側に鉛を詰めてるので平均1キロはあるww
あと、マルシンの金メッキは品がある輝きって言うのかな、高級感あるように思えるし、ピーメに似合ってる???



てーかさぁ、、、今の子供達は、西部劇ごっこなんかやらないだろうなぁ~~!!!!
6発撃つと、簡単に弾込め出来ないし、その間に反撃食らってやられる!!
簡単に、バカバカ撃って、簡単にマグチェンジ出来る現在より、男のロマンがそこにあるように感じるのは、、、オッサンの証拠ですwwww
  

Posted by 塔四郎 at 19:20Comments(0)SAA

2011年03月08日

ピーメ軍団

ピースメーカー!!!
ずっと、これらをこう呼んどります。
SAAとかシングルアクションアーミーとか言う名前は、NET仲間と遊ぶようになってから覚えたwww



我が家のピーメは全部で9丁! その全てが普通のお手頃価格のもんばっか、、マニア度ゼロwww
樹脂製3丁と金属6丁! 古いCMC樹脂モデルガンを除けば、全て1キロクラスの重さにしてます♪
また、いつか、マイブームになった時には、少し数が増えるのかな??  

Posted by 塔四郎 at 17:53Comments(0)SAA