< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2017年02月28日

革製スリングをGET

ライフル系が増えると、スリングが足らなくなります。
てか、スリングを付けても一度も肩からぶら下げた事はなく、単なる飾りで付けてるだけですが、、、、笑!

このVSR赤ストックに付けてる革製スリングは、、、元々、



貴重なタナカM1897モデルガンに付けていたもので、タナカ純正の革製のスリングだったと記憶します。
我が家には革製のスリングはこれしか無く、今回VSRに移植してしまいました。。



そうなると、M1897の装備が寂しくなるので、ヤフオクで探していたら、実銃の中古が1500円で売りに出ていたので2本買った!
ドイツ軍の放出品らしいが、別にアメリカの銃に付けても、スリング自体にドイツ軍って書いてる訳じゃないし気にしない♪



それと、これも中古で4000円でGETした! 猟銃用のスリングらしい♪ 以上3本の革製スリングが我が家の仲間に加わりました。



我が家のM1987は、レシーバーをビンテージ風に塗ってあるので、ドイツ軍の年季物スリングが良く似合います。
こうしてドイツ軍って書くと違和感あるけど書かなければ、どこの国のスリングか分かる人は、まず、居ないかと思います、、、、、、笑!



うしし、、、かなりシブくなった気がする!



ただ、見た目は問題無いけど、中古のせいか、とっても革の匂いがキツいですね、、そのうち匂いは消えるのかな?



残りのドイツ軍スリングは、この長物に装着!



所有するショットガンの中では一番お気に入りのマルゼンM1100です。
社外品の木製ストックに金属レシーバーを装備した、とってもリアルなライブカート式ショットガン!(てか、最近、作動させてない、、、汗)



そして、豪華な模様の入ったスリングはVSRの木ストックに装着!



でも、パイボットや銀色スコープと、このスリングは合わないかな?  再考しやす。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)M1100M1897

2016年06月25日

M1897・手抜き仕上げ

我が家のトイガンのほとんどは、私に外装をイジられて、中には奇跡的に素晴らしい作品もありますが、
どうでもいいような仕上がりの物が圧倒的に多い!  とにかく、ノーマル箱出しの状態の物が少ないんです。

その箱出しの状態から、まったく手を加えていない、代表的なコレクションが、このタナカのガスガン!
以前にブログっていますが、ビンテージ風に本当は塗り替えたいけど、分解組み立てする自信が無い!



ストックも折れていないし、使用頻度も少ないし、希少品なので、ずっと置物にしていましたが、やっぱ、、見た目がイマイチ?
せめて、レシーバー部分が、も少し金属感があれば??? でも、分解は出来ないし、、、、汗!



つか、、、分解しないでもいいんじゃない??



戦車で覚えた技術を応用すれば出来る!
そうです、タミヤのウェザリングマスターの銀色をレシーバーの上に擦り付ければOKやん♪



がははっ、、金属風レシーバーの完成!
所要時間5分(笑)





希少なタナカのガスガンになんと言う事を!!!
と、思う人、安心してください! ウェザリングマスターの粉は、水で塗れた雑巾で拭けば綺麗に取れるはずです。
(床とかに落ちた粉は、いつもそうやって拭き取っているので) 



だから、いつでも、元の状態に戻るはず??   (戻らなかったら、その時、考えるww)



触れば、色が落ちるって?  いいんです、普段は壁の置物で眺めてるだけですから♪
この銃は、本当はバレルの色も落として、錆びなんかも追加して、ストックなんかもキズ付けたら、凄くリアルになる素材なんだけど、
全国のタナカM1897ファンの皆様に、勿体ないから止めろって怒鳴られそうで、、、


つか、外装は金属製にして、シェル方式に問題があるなら、ケースレスでもいいから、タナカさん、マルシンさん作ってよ、ガスガン♪  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(0)M1897

2012年12月01日

タナカ・M1897ポリス

前回のハドソンのショットガン繋がりで、タナカのガスガンM1897ポリスタイプです!

適当な私は、、ずっと、、これをトレンチガンだと思ってた!!!(笑)
記憶に間違いが無ければ、トレンチガンが軍用M1897で、それを銃身を短くするなどカスタム化されたのが、このポリスタイプかな?



カシオペア同様、カート(この場合はシェル)にガスを入れるタイプで、そのリアルさに惹かれてタナカM870と共に大切にしてたけど、
去年の金欠で、そのM870はヤフオクに放出してしまった。 どちらかを残すと考えた時に、M870系のデザインのショットガンは
マルシン製やマルゼン製で似たようなのを複数所有してるので、このポリスが残る結果となった。。  



ストックには「TEX STATE POLICE」と書いてある。 (何度も見たけど、読んだ事はありません、、、笑)



実際に購入してから、ほとんど作動はさせていません。



なんか、、デリケートで壊れやすいと聞いて触るのが怖くなった!! 



全体のルックスは凄く気に入ってるんですが、、、ちと、、、軽い!  (泣)



レシーバーは、ABS製? 本当は、ビンテージ風に塗り替えたいけど、、分解したら、、たぶん、二度と元の姿には戻らないっす!



ただ、、こうして眺めると、、塗りたいなぁ、、、と言う衝動に、、いつも、かられます、、、、、、汗!



このシェルにガス入れます! 結構、、重いです♪



噂では、ストックがフレームの接合部分から折れるんでしたっけ?  強度が不足しているそうです。



言われてみれば、若干、、グラグラします。。



まっ、、作動させる事はない置き物ですから、、たぶん、折る事は無いでしょう♪



つか、、、縦長画像だと、、長い! (笑)
すいません、海外のパクリメーカーさん、是非、これをパクッて作って下さい!  いや、内部構造は違ってもいいので、、カート式で!!!
あと、、BB弾は出なくていいから、生ガスをドバッと吹くショットガンって出ないですかね? CAWのプロップモスカートみたいなの。。。  

Posted by 塔四郎 at 14:44Comments(10)M1897