< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2013年09月09日

プロテックガバ再び・・・

今週も8月に行った古いネタばかりになりそうなブログです、、、、汗!

去年の暮れにブルーイングをし直したプロテックガバでしたが、、、時が経つと再び、こんな色に変色してしまう。。



テッシュで乾拭きすると色が取れるし?



なんで、茶色くなるんだろうね?



再び、バラして、、、



銀色まで研磨する!



いざ、染めようと思ったら、、手持ちのブルー液が在庫切れ、、、、笑!



後日、ブルー液が届くまでしばらく放置。。
  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(4)プロテック製品

2013年05月15日

プロテックデト完成

前回からの続きです。

出来ました! 私好みの使い込んだデトニクス外装!



やっぱ、めっきのビンテージ仕様は、塗装仕上げのビンテージより金属感あるなぁ!!!!



スライドストップやセフティも研磨したけど、、もう少し色を落としても良かったみたい、、、汗!



やばいなぁ~!  どっから見ても金属だぞ、、、ABS製ですからね、、、間違えないでね、、、笑!



ガバもデトのグリップも、プロテックさんによる純正樹脂グリを加工処理した逸品です! とても気にいってます♪



単純にヤスッているように見えますが、数種類のスポンジやすり、ペーパー、スチールウールを使い、、どこを色を残すとか、
どこに、擦り傷を残すとか、、一応、これでも考えているんです~☆



元々、、このプロテックさんのメッキカスタムは、トイガンSHOPに卸していた物と、直販物があって、SHOPに卸している物より、
細部まで仕上げ直してるのが直販物だと聞いています。 



まぁ、、、そのプロテックさんが万人向けに仕上げた品を自分向けに更に手を加えたのが、我が家のプロテック製品!!!
きっかけは、外装の色の変色だったけど、削る事も染める事も可能だと知ったので、、好きに楽しみます♪



基本的にメッキモデルは大好きなんだけど、一般的にメッキだとABSで軽い! 見た目と重さ、どっちを取るかと言えば重さです。
見た目は塗るなり出来るけど、重くするのは限界があるので!



タナカがHWにメッキしたり、また、メッキも様々なタイプの品を出してくれるので嬉しいのですが、、、メッキの仕上がり具合に
個体差があるので、、実際に手に取っての買い物ならいいんですけど、、通販だと、、ちと怖い!  てか、、だいぶ、怖い!!



マルイの銀メッキも綺麗で好きだけど、、、タナカみたいに、いろんなメッキ仕様を出してくれればいいのに!
でも、、、そうなると、、、このプロテックデトの存在感が薄れるか??   笑!



マルイは、この先、、どうゆう販売をして行くのかな? 私がデトにハマッた頃は、新品で8000円で買えてた!
デト以外の製品も大幅値引き&大量販売して、そのコストパフォーマンスを世に知らしめた。。



最近は、世間に認知もされたと判断したのか、値引率も少なくなって来たし、在庫量も少ない! デトの新品なんか数少ないもん! 
よって、中古も高値高騰!!!!   そんなワケで、、我が家のデトが、なかなか100丁にならない!!  (笑)



もっともっと売れる時代なら、新製品も、値引率も、色々あるんだろうけど、、、 業界自体が、、、どうしようもないもんね、、、日本は、、、
アメリカの銃器業界は強いっす! 大統領自ら規制しようとしても法案が通らない位に強い! その点、日本のトイガン業界は、、、、



国がその気になったら、、いつでも潰せるって感じだし、、世論もそれを味方するだろうし、、めちゃ立場弱いし、仲が悪い???、、、、笑!
リアルに見えたらいかんと言う事で白や黄色に塗られた金属モデルガン、、、その論理で言ったら、こうした樹脂製でもリアルなのはダメだべ?



樹脂製トイガンも白や黄色になったら、、、我が家の鉄砲、、、全部、、、焼却するど、、、泣きながら、、、、笑!
まっ、、お国も、いろんな問題抱えているから、こんな弱小業界の事なんか構ってられないと思うけど、、アホな事件が起きると心配。。



最後にドカンと迫力ある銃口で、、、プロテックデト終了!
  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(10)プロテック製品

2013年05月13日

プロテック残るは、、

4月後半に、表面を研磨して仕上げ直した我が家のプロテック2丁!

野外での記念撮影!



購入時はいい感じの色だったのですが、段々と茶色く光沢の強い外装になってしまって、、ひと皮向いて、使用感一杯のガバ!



SHOPオリジナルだと、あまり度を越したダメージ風と言うかビンテージ風には一般ユーザーに受けないけど、
自分の鉄砲だから、自分の好みになる位まで色を落としても誰も文句は言わない、、、笑!



ガバと比べて14年式の方が若干色が濃くて青味も残っています。



やっぱ、、めっき外装は野外撮影が最高!!!



前回、、この2丁に手を加えたワケですが、、、



残る最後のプロテック製品! 特注デトニクスが残ってます♪



外装の色がだいぶ傷んで来ています!



青味が消えて茶色く変色!!



特注品だけど、、、ひと皮剥いちゃおうっと!!!  

Posted by 塔四郎 at 09:41Comments(0)プロテック製品

2013年04月25日

プロテック汚す!

イチロクの仕上げも終わり、オイルワックスで木グリを仕上げる遊びも終った!
新しく鉄砲を購入するお金が無いので、、、仕方が無いから家にある鉄砲でイジるの無いかと探したら、、、南部十四年式が居た!

プロテックさんによる外装めっき仕様の品!  以前にプロテックガバの表面仕上げをやり直したじゃん? 今回も、、それやろうかと♪
あっ、、、でも、、ブルーイングは面倒だから、研磨してビンテージ風にするだけですけど、、、、汗!



ガバにしても、この南部にしても、購入時は渋い光沢だったんだけど、手入れが悪いのか、妙に光沢感が増してしまい、
あと、茶色っぽくなっている、、、、



綺麗でも汚くもない中途半端な外見になっています。
これを、綺麗に修復するのは私には無理だけど、、、、、 



汚くするのは簡単です! ホレ!



あっと言う間にビンテージ♪



元がめっきですので、、金属感バリバリっす!



研磨キズもワザと残して古さを演出!



なんか、、我が家の鉄砲、、、段々と、こんな外装ばっかに、なりそうな予感、、、、バトル汗!



この銃身なんか、超リアルで鉄みたい!!



最近のマイブームは、横ラインの研磨キズの後に、適当な縦研磨ラインを追加する事♪



こうなって来ると、白っぽく塗った純正樹脂グリップが綺麗過ぎるな! グリップ上部にある、茶色く汚れた部分が、
全体にあれば年代物グリップらしくなるけど、その汚れは天然物で再現が難しい!



うし、、、もう1個、、茶色の樹脂グリがあるから、それに付け替えて来ようっと!!  

Posted by 塔四郎 at 18:08Comments(0)プロテック製品

2012年12月11日

プロテックガバ・完成披露会

前回からの続きです。

プロテックガバの表面を研磨して、再ブルーイングし、研磨して、仕上げ直しを行った、東京マルイの樹脂製のガバメントです。



樹脂製です!ww



野外撮影すると、室内とは違った色にも見えますが、実際には、こんなに青くはないっす!!



場所を変えると、こんな色にもなります。



つか、、こんな艶消しの感じではないです、、、実物は、、、(あぁ、、撮影が難しい、、、汗!)



そう、、、一部、、ギラついていますが、、実物の光沢は、こんな感じです。



てか、、いろんな色に見えてしまうのがブルーイング仕上げの特徴だから、、どれも正しいのかな??



チャンバーは、こうして見ると、銀色ですが、、、



この角度だと、、チャンバーは真っ黒?   笑!



銃の向きを代えると、スライド側面が光沢仕上げに見えたり、、、



スライド側面の黒くなってる部分は、多分、私が写って黒くみえる?



まぁ、、いろんな風に見えますが、、共通する事は、、、リアル過ぎるって事?  (自画自賛、、、、笑!)



これなんか、、完璧に実銃って感じ?



うひゃひゃ、、、かなり銀色めっきって感じに写ってる!  



こりゃ、、カメラマン泣かせな被写体っす!



元々、表面が変色して来たプロテック仕上げを落として再ブルー! ここまでお気に入りの仕上がりになるとは思わなかった。



てか、、再ブルーイング出来ないと聞いていたので、捨てる気でトライしたんだよね、本当は、、、、汗ww



元々、完成品だったカスタムを、こうして自分色に仕上げ直せるなんて、、究極の贅沢!!



表面の色がくすんだり、変色したプロテック仕上げをお持ちの方は、こんな方法で生まれ代わらす事も出来ます。



ポイントは銀下地まで磨いてABS地肌を出さない事と、磨き終えたら、即ブルーイングを開始する事です、、、多分♪



私に出来るくらいですから、難しくはないっす!



まじっ、、おもちゃに見えません!!  これにて完了!!!!
ありがとうございました♪  

Posted by 塔四郎 at 11:35Comments(4)プロテック製品

2012年12月11日

プロテックガバ・大完成!

前回からの続きです。

どうですか?



どうよ??



本体側と金属パーツの色のバランスは?



トリガー周りなんか、最強って感じです!!



むひひ、、、、



だははっ、、、、



マジ、、、やばくねぇ???



樹脂製のオモチャですから、、、、汗!



今回の一番のお気に入り! スライド側面前側に走る縦の研磨キズと、その下のフレームに走る、いくつかの斜めの研磨キズ!
光の加減では見えなくなるようなキズですが、なんか、、こうゆうワケの分からんキズがリアルさを倍増するんです♪



各部の色の濃淡も、元がめっきへのブルーイングだから、様々な色合いに光の加減で変化します。



一枚上の画像と、この画像のスライド側面の濃淡なんか別物に見えるけど、まったく同じものなのです♪



プロテックさんの元々の仕上げもいいけど、、更に経年劣化したバトルダメージ風な、、東京マルイの樹脂製ガバメント!



光によっては、全体が銀色に見えたりもするし、、、



いろいろと楽しませてくれる外見です♪



この画像に写るマガジンキャッチ部分だけ、下地全部剥がしてブルーイングで染め直してから、研磨してやす。



これで、完成体でいいよね??



よーし、、野外撮影してこよっと♪  

Posted by 塔四郎 at 08:46Comments(0)プロテック製品

2012年12月10日

プロテックガバ・最終仕上げ

前回ご案内したプロテックガバの仕上げ直しですが、、、コメント欄でご指摘を頂いたように、各部の金属パーツが未処理です。

バレルブッシュ周りなんか、真っ黒ですもんね、、、、汗!



この辺の金属パーツも本体の色落ち具合と比べると黒過ぎます。。



チャンバーなんか、、おいおいって状態だし、、、、汗!



この辺の金属パーツもNGです。



トリガーもマガジンキャッチも黒過ぎる!!!



真面目に全バラして磨き直します♪  

Posted by 塔四郎 at 21:30Comments(4)プロテック製品

2012年12月04日

プロテックを更に汚す!

実銃のガバです!

嘘です! 樹脂製のプロテックをリブルーした例のガバです!



前回仕上げたつもりでしたが、やっぱ、まだ綺麗過ぎるように思えて、、、研磨して、更にブルーイングを落としました。



今回は、スポンジやすりも少し粗めなのと使い、わざと研磨キズを残しています。 前回は、研磨キズを付けずに仕上げたんだけど、
色落ちした古いガバなのに、キズが無いのがおかしい?? だから綺麗過ぎるように見える? リアリティに欠ける? だから削り跡残した!



まぁ、、好き嫌いがはっきりと分かれる仕上げだと思うけど、、私の銃だし、好き勝手にイジります♪



凄みを増して、ますます樹脂製に見えなくなって来た!  まじ、、持ち歩いて、職務質問されたら、誤認逮捕、、、確実な外見です。。



こうなってくると、、プロテックデトも同様に仕上げてみたいなと言う欲望に駆られる、、、、汗!



でも、、ブルー液が無い!!  (つか、、成功するとは限らないし、、勿体無いな、、デトは、、)



ここまで研磨しちゃうと、再び、金属小物パーツや金属アウターバレルの色も研磨して落とさないとバランス悪いですね。
次の休みの、暇つぶしが出来た♪  

Posted by 塔四郎 at 17:13Comments(10)プロテック製品

2012年11月28日

プロテックガバ・完成

前回からの続きです。

コンパウンドとスポンジやすりで染まり過ぎた色を落としました!



刻印自体は白っぽく見えますが、修正前の帯状の白ラインは消えて無くなったので満足! これくらいなら無問題です♪



全体としても修復前よりは、いい感じになりました。  てか、、下地の銀色部分をもっと表に出してもいいんだけど、せっかく染めたので、
これ位でいいかなと??  いつでも、もっと古びた感じには出来るので♪



プロテックのメッキ製品は、あと、デトニクスと南部十四年式を所有してるけど、、デトは、まだリブルーしなくてもいい感じだけど、
南部は、ブルー液を買ったら、再仕上げしよっかな。。。  
  

Posted by 塔四郎 at 22:57Comments(2)プロテック製品

2012年11月28日

プロテックは染まる!

前回からの続きです。

スポンジやすりで磨いたけど、スライド刻印部分の色の落ち方が気に入らないので、プロテックは染まらないよと言う声もありましたが、
駄目だよと言われた事でも、自分で実験してみないと分からないじゃん♪



いくつかのブルー液の原液を布に付けて擦ってみたけど、、ほとんど反応しません。。。。



でも、、残り少なくなっていたスーパーブルー液を塗ってみると、、スライド前側の色がどんどんと濃くなっていく!!!



これ、、スーパーブルー液を塗る前。。。



これ、スーパーブルー液を塗ったスライド。。。。



少ないブルー液で、その他の部分も塗って擦っていく。。。



気になるスライド刻印部分は、染まるけど、、文字の周りだけは違う色、、、、なぜだ???



何度か重点的に刻印周りを染めたら、、だいぶ、良くなって来た??



まだ、染めていないグリップ周辺と、スライド側では、明らかに色が違うのが分かると思います。



プロテックは染まらないと言う通説は、、、つか通説かどうかは知りませんが、あじゃ博士が回答くれました!
「ニッケルは鉄の錆防止に使われますが比較的直ぐに表面は酸化します(アルミもそうです)ので、そのせいで染まりにくかった~」と。。



一度、全体を研磨した事が、酸化皮膜を偶然にも落とした事により、ブルーイング可能な状態になったのですね。



つか、、、今度は色が濃くなり過ぎて、、不満なんですけど、、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 08:58Comments(1)プロテック製品