< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2012年11月17日

ハドソンのショットガン

ネタ切れなので古いコレクション紹介!

遠い昔に新品で購入したハドソンのダブルバレルショットガン(モデルガン)! マッドマックスの長いヤツです♪ 
本当はショートタイプが欲しかったけど、売れ切れだった記憶が、、、、泣!



外装は、当時トイガンショップで必ず売られていたマルシンの塗料を使って、バレルやレシーバー部分を違う色で塗り分けてた。



たぶん、この頃から黒い上塗りの下には必ず銀色を塗る習慣があったみたい。



木は、適当なニスをハケ塗りしてますね。



昔はモデルガンはバンバンと発火させていて、元々付いていた緑色のシェルは白く汚くなったので、数年前、新品のシェルに買い替えたら、
色が緑から小豆色みたいな感じに代わったのね。。。



この銃の最大の魅力は簡単に分解できる事! このフォアグリップの下にある金具を引くと、、、



あっと言う間に、こんな風になって、、分解が苦手な当時の私には、超お気に入りでした。 (今も分解は苦手ですけど・・・・汗!)



組み立てはバレルのフックを、



レシーバーの中に差し込んで、、、



あとは、フォアグリップをバレル下の突起にパチンと入れて、、、



はい、出来上がり!!  



痛んだ銃の外装に対して綺麗過ぎるシェルには5ミリキャップが3個入るけど、、音も煙もイマイチだった我が家のハドソン君!



ニスがダラダラと垂れているし、、まぁ、それが経年劣化の外装に程なく似合ってる♪



こうゆういい加減さは作ろうと思って作れるものじゃないし、、荒く扱われたアメリカの牧場に数十年受け継がれた実銃並みです、、、笑!  

Posted by 塔四郎 at 08:45Comments(4)ハドソン・Wバレル