< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2012年06月15日

再めっき!

金めっき液が手に入ったので中断していた金属パイソンの再めっきを開始します。

丹念に洗剤で水洗いをして、手にはゴム手袋はめて、いざ、作業スタート!



大量にめっき液があるので、どんどん、新しい液を使って、、ほれ! ほれ! って感じで金色に!!(笑)



めっきしては洗ってウエスで磨いて薄いトコなどに、又、めっき!!  



濃く染まる部分と薄い部分があるな? 下地の光沢の差なんだろうなぁ、、、全部、綺麗に研磨してから、めっきすれば良かった、、、汗!



作業中、めっき工房のAC電源のコードが、金めっき液の容器に当たって倒れ、床にめっき液がバシャー!と、、、、
すぐにテッシュで吸い込み、絞って容器にこぼれた液を入れました! さすがに撮影する余裕は無かったですwww



で、これ位の仕上げでパーツを組み付けてみました!



シリンダーはピカールで磨き過ぎて、ちっと、、銀色に、、、汗!  まっ、、組み込んでからでも、再めっきは可能なレベルです。



木グリはニス仕上げだったのを削り落してアマニ仕上げに変更しています。



元々、タナカのガスガンに付いていた木グリだけど、、やっぱ、、イマイチ気に要らないなぁ、、、あとで、違うのにしよっかな?



めっき自体は、均一の色では染まってないです。 
でも、、元々、、そうゆう仕様までは目指していません! だって綺麗な金めっきパイソンは持ってるし、これはこれでいいやと♪



染まり過ぎると、少し赤っぽい金めっきになるのね。



金色金属モデルガンは色が禿げたらお終いだと思ってたけど、めっき工房!! 本当にいい時代になりました!



グリップの表面処理をもう一度やり直して、あとは、木グリだと軽いから少し重くするかな?
  

Posted by 塔四郎 at 15:15Comments(8)めっき工房

2012年06月11日

金めっき液購入!

休みに届いたブツの第三弾は、めっき工房の金めっき液です!

前回、再めっきしようかと思ったら液が無くて中断してた金属パイソン!  やっとこれで作業に入れます! 
ちなみに購入したのは、いつもより量の多い&価格も高い、金メッキ標準液の50mlの8820円也です。   (大奮発しやした!)



普通サイズの横たわる5本の容器と見比べてください!  がはははっ、、、デカいべ! 大きいべ!!
つか、、、この価格だと、探せば新品のマルイデトが買えたな、、、泣。。
  

Posted by 塔四郎 at 21:51Comments(19)めっき工房

2012年05月19日

金めっきのメンテ

財政難で、鉄砲の買えない私ですが、、無きゃ無いで、、ヒマつぶしを考えます♪

以前に、めっき工房で再めっきしたパイソン! ちゃんと脱脂しないで金めっきをしたせいでしょう? ご覧のまだら状態、、、汗!



ブログ内を調べたら、去年の9月にめっきしたのね、、このパイソン♪ 
(この画像は当時に撮影したものです。 他の今回の画像と比べれば、全体的に金色でしたね)




めっき工房は脱脂をちゃんとやらないと、こんな風になるみたい!  まっ、、油の上には、めっきも塗料も食いつかないわww!
あっ、、このパイソン以外の再めっきした金属モデルガンは、今も綺麗に金色してやすので、めっき工房自体は問題無しです♪



ここ最近、めっき工房で遊んでないから、、再めっきしよっと!



で、バラした後に気が付いた!!  金めっき液の在庫が無い事に!!!!
金欠で液も買えないので、、このまんま、、放置!
アホだ!(笑)

  

Posted by 塔四郎 at 12:35Comments(6)めっき工房

2012年02月24日

コクサイ金属リボルバー

週末のネタ切れでパソコン内の過去画像から適当にブログする!

以前に館長トコの掲示板に投稿する為に撮影した旧コクサイの金属リボルバー達♪
数字の名前を覚えるのが苦手な私ですが、上から、M29、M19、M36だと思います、、、多分、、、汗!



M36と呼んだ事は無い、、通称チーフスペシャルです! 我が家では、金属チーフと呼んでいます。
昔の真鍮風メッキが色落ちして、以前に、多分、当ブログで紹介したと思うけど、めっき工房で再めっきした子です。
再めっきして1年位だけど、色落ちもなく、元気に棚の置き物になっています!(笑)



この子は、数年前にヤフオクでGETした、真鍮メッキ風のM19だと思います。
未だに当時のメッキのまま、、色落ちもさほど気にならないレベルで保たれています!!



その上が古いコクサイのM29? (だと思う、、、汗)
この子もめっき工房で再めっきしています。
脱脂がいい加減だった部分が一部銀色になってますね。。。



コクサイの金属リバルバーは、あとパイソンが2丁あるだけかな??
外観は樹脂製でもリアルなのが一杯手に入る時代になったけど、、やっぱ、金属の冷たさと重さは大事です!!(我が家の場合www)  

Posted by 塔四郎 at 08:36Comments(2)M29M19めっき工房

2012年01月11日

HWにめっき工房!

15番目のエンフィを加工する前に、、余っていたHWエンフィのサイドプレートで、、ある実験をしました。

上の画像はHWを磨いて銀色ぽくした状態です。



その状態で、めっき工房したら、、どうなるべかと???(笑)



銅めっき液で撫でてみたら、、一応、、若干だけど、赤っぽく変色したよん♪



洗って金属みがきで研磨して、、こんな感じ。。



なんつーの、、、少し、、変な色のブルーイングみたいにはなった。。



ただ、通常、めっき工房をすると、、かすかに電気が通電するような、、、ジジジッとか、、時には煙が出たりするけど、
今回の実験では、まったくの無音状態で、電気が通ってるのかは分からない。。 分からないけど、、変色はした! 少しだけどね♪

えっ、、、それで、、どうするんだって???
いや、、、つい、実験してみただけで、、、この先は、、、何も考えていませんwwww





  

Posted by 塔四郎 at 12:07Comments(12)めっき工房

2011年09月28日

めっき工房のその後

2月位からだっけ? めっき工房を買って、いろいろ金メッキしたのは? 今回は、その後の耐久性って言うのかな? どうなったかお伝えします。

これは最近メッキしたばかりのパイソンです。



まっ、まだ、時の経過がそれほどでも無いので再メッキした時となんの変化もありません。



これは、いつ頃だっけ? メッキしたのは??? 確か春のオフ会の時に、実演メッキしたヤツ!



みんなの前で下地処理がいい加減だったのか、今ではご覧の通り、部分的に色落ちしてます。



たぶん、脱脂不足かなぁ??? 



メッキした当初は、こんなんじゃなかったですよ、、綺麗に全体に金メッキされてた。。



まっ、これは悪い例ですね♪



このチーフは2月のブログ記事に写ってますね。
今回の撮影は野外で少し前回の撮影と色合いが違ってますが、実際には大きな経年劣化はないです♪



この南部は3月の記事にいますね。
こちらも大きな劣化は無いです。



一応、今回の撮影は、撮影前に柔らかい布で拭いてから撮影してます。
布で拭く前は、一部、曇っていたトコもあったけど、他の金属モデルガンのメーカーメッキも同様な現象あるので無問題?



この辺も、メッキ時から大きな劣化はありません。



つか、上の方で掲載したS&Wのデカいリボルバー以外は問題なしwww



まぁ、どれも、つきに1度、手にするかどうかの使用頻度ですけど・・・(笑)



金属モデルガンの再メッキ以外の、マルイデトの純正アウターバレルとトリガーに金メッキしたヤツも健在です。



めっき工房恐るべしって感じ???



つか、撮影してて気がついた!! セレーションにキズと一部銀塗料が剥げて、素材の黒地が!!!
がはっ!! これ、3月の地震で落ちた時のキズだな!!  (つか、今頃気がつく私がアホ???)
  

Posted by 塔四郎 at 21:43Comments(6)めっき工房

2011年09月20日

コクサイ金メッキパイソンの再メッキ

昨日ご案内したメッキの剥げたパイソンは、めっき工房で修復しました。

真鍮的色合いのメッキから24金に近い色合いになってしまったけど、まっ、気にしない♪



ハゲてたトコ消えたでしょ?



ほれ?(笑)



メッキ問題が片付いたら、、あとは、このプラグリップだなぁ・・・・



手持ちでタナカペガサスのパイソン純正の木グリが余っていたから、それを装備した♪



取り付けには、左グリップ裏面に、ちょっと窪み加工すれば簡単に付いたけど、フレームラインよりグリップが少しデカい・・・・



まっ、気になるようなら、グリップ削ればいいんだし、とりあえずは、これで完成ってことで~♪  

Posted by 塔四郎 at 09:29Comments(4)パイソンめっき工房

2011年09月19日

コクサイ金属パイソン(ぎょえっ!)

ヤフオクで1万円でGETした昔の真鍮色メッキのパイソンです。

箱を開けてビックリ!!!



出品ページには、メッキはまだらとは書いてあったけど、ここまでとはwwww



反対側は、一部ハゲか? (←誰がハゲやねん!!!)



まぁなぁ、、、綺麗だったら、もっと高値が付くもんねぇ・・・・



でも、シリンダーに回転キズもないし、カートは新品同様で、発火した痕跡もないので、まっ、いい買い物かな?



この後に、すぐにばらして、久しぶりに、メッキ工房の登場でーす♪



めっき工房で、以前にいくつか再金メッキしたけど、下地で脱脂処理がいい加減なのは剥げて来たので真面目にやろっと。



つか、バラす前に体重測定!! (カート込みの重量です)  続きは、明日\(^▽^)/  

Posted by 塔四郎 at 21:29Comments(2)パイソンめっき工房

2011年03月26日

金属モデルガンを金メッキした♪

以前にめっき工房を使って、マルシンルガーやコクサイチーフを再メッキしました。
今回は、第三弾として、ハドソンの14年式(N-2モデル)を金メッキしました。





向って左側半分が退色したまんまで、右バレル部分が再メッキしたトコです。
はっきりと違いが分かるでしょ?





で、全部、メッキした状態です。
24Kメッキの復活です♪





前回のテスト等で金メッキ液を使い切ってしまい、新しく「24K金メッキ標準液・18ml」を購入。
価格は1本3780円でした。 (他のメッキ液と違い、ちと高いです)





今回は、過去に何度か金メッキしたので、だいぶ、慣れて来ました。
まず、脱脂は必ず行う。 手油が付くだけでダメっぽいので、ゴム手袋着用。。





筆先のフェルトは新品を用意して、メッキを塗るたんびに、余分な液と汚れをテッシュで拭き取り綺麗にする。





メッキ液を付けて金属に塗り込むと、金色に染まる反応が早いのは、最初の、せいぜい10秒位でした。
あとは、いくら液が付いていても、反応してるのか、してないのか分からないようなレベルでした。





素早く、塗る。 パァ~と、金色に変色する。 
どんどん、筆を走らせる。 で、変色しなくなったら、やめる・・・・





やめたら、モデルガンに不着しているメッキ液をテッシュで拭き取る。
ほんで、メッキ工房の筆先も綺麗に拭き取り、新しいメッキ液を付けて、また、塗る。。





それを、延々と繰り返すwww
単純作業です♪





今回は、グリップを外した位で、モデルガン本体も分解していません。
トイガンの表面処理としては、塗装やブルーイング等がありますが、分解、下地処理などの
色々な手間を考えると、超、お気楽に金メッキ出来ます。
(あっ、あくまで、金色モデルガンが退色した時の上塗り再メッキの場合ですけど)





今回は、最初、大量に液を付けて塗ったので、新品のメッキ液は半分以下まで消費しましたが、
たぶん、これ位の大きさのモデルガンになら半分もあれば足りるかなと思います。
液が3780円でしたから、1890円位で金属モデルガンが生まれ変わります。
(めっき工房本体を持っている事が前提の話しですが・・・)

つか、エコー1さんや、あじゃさんみたいに、工房自体を自作されれば、本当に安上がり♪
金属モデルガンの金色メッキの退色をクリアイエローや塗料で塗っていた時代は、私の中では、もう終わりって感じ??www
  

Posted by 塔四郎 at 22:42Comments(4)めっき工房

2011年02月24日

ダミーカートをめっき工房する2

前回の続きです。(終わってなかったんかいwww)

前回の黒メッキは下地処理もせず、めっき工房の筆先で3~4回位重ね塗りしただけでした。
正味、全ての作業で10分以内・・・・(笑)
で、画像とか写し忘れたのですが翌日にコンパウンドで磨いたら、簡単にメッキが取れました。。(汗)
すぐにコンパウンドを止めてテッシュで乾拭きしても、うっすらとテッシュに黒メッキが付く・・・・
食い付きが悪いです。。。



で、再度、磨いて、脱脂した上にメッキしました。
一度塗っては、テッシュで磨き、それを5回位繰り返して、こんな感じ♪

画像では分かり難いかもしれませんが、前回の黒メッキもグレー状態で残ってる上への再メッキでもあり、
以前より真っ黒メッキになっています。。。





黒いながらも景色もちゃんと写し込んでいます。
テッシュで乾拭きしても色は定着しています。
も少し様子みますね♪  

Posted by 塔四郎 at 09:07Comments(0)めっき工房