< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2012年11月27日

この1年の歩み

ヘビメタエンフィは、この1年で始めた、切った貼ったカスタムの集大成に位置します。

その1年を振り返ると、喧嘩エンフィ(向って左)と、ラウンドエンフィ(中央)と、今回のヘビメタって順番で難易度が上がってます。



一番最初の喧嘩エンフィは今にして思えば、バレルとトリガーガードを切っただけの簡単なカスタムでした。
フロントサイト部分の造形取り付け加工が、ちょっとあった位ですもんね♪



ラウンドエンフは、ラウンドグリップの造形と、それに合ったフレームにする為に切った貼ったを行いました。。。
これも、今にして思えば、、さほど難しい加工じゃないです。。



そして、今回のヘビメタは、バレル下部の面積を広げ、、フレーム後部の突起を滑らかな形に変更して、トリガーガードをデカくした!
ある意味、全体的な造形を切った貼ったで作りました。。 特にバレルは、アクリルブロックで拡張して、プラリペ、瞬着、パテ数種類、
サフェサー、そして、塗料の厚塗りをして、やっと、平面的に見えるような形になった。。  



一年前、切った貼ったの作業に入る前は、、エアブラシを使って、毎週、いろいろな塗りを行って、半年間は、ブラシ塗装に馴れる事に専念。
一体、どこまで、自分で楽しみながら、カスタムが出来るのか?  皆様のお陰で、やっと、ここまでは出来るようになりました♪



この3年間、、、まったく成長していないのは、、分解&組み立てです!  そりゃ、エンフィやデトは目隠しも組み立てる自信はあるけど、
それ以外の銃は、分解した後の組み立て成功率が50%以下って感じです!  これは、、好きじゃないので、、成長しやせん。。



つか、、、ヘビメタエンフィ、、、やっぱ、、マルシン純正の樹脂グリップだとオモチャですね、、、、、、汗!
本体の色も確定した事ですし、後は、それに合わせたグリップや小物仕上げをすれば、、100%、完成です♪  

2011年12月30日

ビンテージ塗装の比較

最新塗装の12番目エンフィの色と、他のエンフィとの色を比較してみた♪

撮影によっては、こんなに茶色く見えたりもするのですが、、、



カメラを引いて写すと、また、ちょっと違った色になったり、、まっ、これも鉄粉効果なのでしょうか?
下に居る3丁の色はどちらの写真でも同色だけど、、12番目だけが最初の写真と少し違いますよね? えっ、、気のせい??(笑)



まっ、いいやw それでは色比較してみるべ♪
まずはエコーブラックの喧嘩エンフィールドとの比較からです。



この喧嘩エンフィのエコブラは、実銃で言えば、黒が剥げて銀色に近い色って感じかな?



対する12番目は、黒染めされた実銃の下地に錆が出始めているぞ、、手入れしろよって、、感じ??



まっ、、うまく例えられないけど、どっちもお気に入りの仕上げなのは間違いない!!!(笑)



1丁増えました! 向って右側の子が、エコブラ塗装や鉄粉によるお化粧など、いつも最初に実験に使われる可哀想な子ですwww



共に鉄粉仕上げとなっていますので色合い的には似ていますが、、



ただ、やはり12番目エンフィの方が、全体的に赤いと言うか茶色いです♪



この画像だと、はっきり色の違いが分かりますね。



初めて鉄粉を使用した子の方は、部分的に鉄粉を降り掛けたのに対し、
12番目の方は、全体に粉を擦り込み、エアブラシの勢いで一部粉が飛んだ感じって感じ?



塗装だけの美しさなら、喧嘩エンフィの銀色ぽいのがダントツなんだけど、12番目エンフィはリアルさでは上かな??



つか、どれも、自分で塗った可愛い子供達で優劣は付け難いってか、、、どれも、仕上げた時には、こいつが一番だと思ってたww



ただ、こんな色んな色仕上げの銃が出来るのも、重い腰を上げて、エアブラシ塗装を始めたからですよね。
色塗りのレパートリーが大幅に増えたって事と、薄塗りしやすいので、ビンテージ塗装が缶塗りより数段ラクになったのでハマッたww



三色の色違いがはっきり分かる画像です! みな、自己主張してますね♪



ほんで、新たに2丁加えての計5丁!!  壮観ですwwww



上がラウンドエンフィで、下が錆実験2丁めの子です。



ラウンドエンフィとの比較。



ラウンドの方は少なめな鉄粉仕上げです。



鉄粉実験2丁めの子は、大粒鉄粉から粉末鉄粉、ぶっかけ状態で一番傷んで見える子です。



やっぱ、どれも甲乙付けれず、、可愛いです! (親バカ三太郎www)



エンフィールド戦隊ゴレンジャー♪



どれも、微妙に色違い、、、つか、、、同じ仕上げにする方が難しい!!(笑)



この画像はクリックすると大きな元画像で表示出来ます。
隅々まで比較して見てください♪

  

2011年11月03日

再び喧嘩エンフィ

つか、もう見飽きたって?

そんな事言わないでよぉぉ~~~笑!



野外で撮ってみたんだから、、ちと暗かったけど、、、汗



リアルだべ? リアルだべ??  (←あぁ、うるさいwww)



塗った感じが画像だとうまく伝わらないんす。。。



てか、親馬鹿状態だから、実際には、こんなもんなのかも??・・・・(汗)



パーツの付け替えのカスタムはした事あるけど、バレル切ったりするカスタムは初めて?
だから、嬉しいのかな??



あっ、明るくなって来た?



HWの切断って、以外と簡単! と言うか、切る事自体は凄く柔らかいのね。



ピラニアノコとかで簡単に切れちゃう。



ほら、私って、今まで切断って言えば、デトのインナーバレルに詰めるステンレス棒がメインだったから、、、
それから比べれば、HWは紙のように簡単に切れます♪



ただ、その後の造形?整形?? 削って整えるのって、すんごいムズかしいっす!
ここを整形すると、こっちがバランス崩れて、で、崩れたトコを直すと、また、違うとこが????
同じように手作業で、これらを完璧にこなす、あじゃさんって、やっぱ、化け物ですよ、、人間じゃない! 絶対にwww
  

Posted by 塔四郎 at 23:16Comments(5)喧嘩エンフィ

2011年10月30日

喧嘩エンフィ完成!

お待たせ致しました! (何、待ってない??www)

下塗りの終わったエンフィに最終的な上塗りと細部仕上げを施し完成しました!!!!



フロントサイト下にはネジを付けてみたりしてwww



色はエコーブラックです!(考案者エコー1さん



どうじゃ!(笑)



下地はキャロムのステンレスシルバーハードタフで、上塗りのエコーブラックは薄めに噴いた!
前回のエコーブラックの方が、これよりは厚塗りなので黒っぽい。。



金属小物パーツは軽く研磨しただけ。。



ラッチ側面などパーティングラインを消して下地の銀が出たとこはブルーイング。。。



写真より実物の方が数段リアルで金属に見えます。



銃口はバレルを切断した為、シリンダー側のインサートだけのプロップガン状態になっていたけど、
重さUPと安全性を考えてステンレス棒を入れて封鎖してます。



欲を言えば、もっと汚い感じに仕上げたかったけど、手遅れwwww



今度やる時は樹脂表面を荒いペーパーで研磨して、その削り跡が残る感じで色塗りたいっす。。。



まぁ、、無事に形になったし、贅沢は言うまいwww



半年前ならここまで作れなかっただろうな、、、



周りの皆さんから一杯刺激を頂くから、、ここまで出来た♪



なんつったって、ちゃんとカートは出るし、トリガー引けばハンマーも作動する! 当たり前の事ですが、、、、
ほら、私の場合、結果として無可動トイガンにしちゃうケースもあるでしょ、、、意に反して動かないの(笑)



あとは、自然に痛んだキズが増えればベリーグッド♪



あっ、ハンマーの指掛け部分は切断してブルーイングしたんだった! 忘れてたwwww



ネジは、もう少し埋めたいな、、穴補修が必要。。



うーん、結構いろいろ初体験できたな、今回のカスタムは、、、楽しかったです♪





おまけ

やっと調合できたエコーブラック! フタをせずに床に置いといたの忘れて蹴飛ばしたwwwww
せっかく作ったのに・・・・・・(泣)



  

Posted by 塔四郎 at 11:10Comments(22)喧嘩エンフィ

2011年10月27日

喧嘩銃にはこれだべ!

前回の続きです。 やっぱ、喧嘩銃にはこのグリップだね!

ブルーイングエンフィから強奪しやした!!! (ブルーイングの方にはまた別のグリップを購入予定)



グリップがでかくなると、喧嘩銃らしさが増しますね♪



これで、大雑把な形は出来た。



あとは、細かいトコを整えて、色だな!!!



まずは下地の銀を塗って、造形のおかしなトコないか毎晩チェックして削り直してやす♪  

Posted by 塔四郎 at 19:15Comments(4)喧嘩エンフィ