< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2012年07月20日

最強のMK1デトへの思い

今週のブログは、やっと戻って来た元祖MK1モデルを活用して締めますかね?

デトニクスと呼んでるモデルが日本のトイガンに初めて登場したのは、画像上の白系グリップが付いてるMGCもモデルガンでした。
その後、マルシンが割り箸マガジンで、なんとMK1もどきのデトニクスを発売して、その次が同じくマルシンが8ミリデトニクスを発売した。



その8ミリ固定スライドデトニクスと、MGCのモデルガンがほぼ同じ大きさで、グリップの裏を加工すれば、共に装着できやす。
面倒くさいので、今回は8ミリや割り箸デトは割愛して、日本で最初に登場したトイガンのデトニクスと、最新版の我が家のMK1を比較する。



我が家のMK1モデルの元は、ご存知、マルイのガスブロです。 それを実銃のMK1モデルにする為に、あじゃ整形美容外科に送ったのが去年。
そのマルイデトが発売された時のポスターを見ると「最小のカスタムガバ」って大きな文字が!!! 
MGCのデトニクス(それと同寸法なマルシン8ミリデト)は、実銃よりデカイし、もちろん、実銃グリップも付かない架空サイズ。。



リアルサイズのマルイデトの外装を大幅に変更して生まれたのが、今回のあじゃ整形美容外科から退院した我が家のMK1デトです。
MGCからスタートしたトイガンのデトニクスは永い年月で、ここまで、リアルなデトニクスを誕生させた。



デトニクスに興味が無い人なら、ラバーグリップが付いてるだけのマルイデトを思うかも知れない! 
つか、私がデトに興味がなければ、絶対にそう思う!!(笑)



でもね、、MGCのデトニクスで育った私にとっては、マルイがリアルサイズのガスブロを出した時に狂喜して、そして、世界に1丁の
超リアルな造形に変身したMK1デトを手に入れて、、とりあえず、これで思い残す事は無いかと、、、(死ぬんかい?www)



MGCとの比較画像! どう見ても、、大きさが、違いますよね。。



デトニクス、、デトニクスと呼んでいますが、正式な名前は、コンバットマスター! 他に有名な鉄砲が無いので、そのまんまデトニクスって
社名で呼んでいる! 倒産を何度も繰り返した実銃メーカー! (今でも現存してるけど)



国内デトニクスの主役はMGCからマルイに完全に移行された。  モデルガン党にとっては、マッドポリスからマルイパーツを流用した
素晴らしい発火タイプのデトニクスも販売されてたし、、意味不明な架空サイズの大きさのMGCデトは、過去の物になりつつある。



まっ、私は、MGCのデトニクスも好きですけどね♪  



次のブログは、割り箸マガジンのデトと、普通のマルイデトと比較してみるかな??
  

Posted by 塔四郎 at 11:11Comments(8)MGC

2011年04月16日

8ミリデトとMGCデトの比較?

さてと、8ミリデトの支離滅裂なレポートも、これで最後かな?
今回は8ミリデトがひと回り大きく見える理由を、やはり実銃よりデカいサイズのMGCデトと比較して見ます♪

向って左がマルシンで右がMGCです。
MGCは限定のグレーモデルですので色が膨張して見えます。(実物より大きく見える)
画像では、同じ位の大きさに見えますが、実際にはマルシンの方がデカく感じます。
なぜだろうと細部を見て行きます。。





以前に、マルイデトや割り箸デトと比較した正面の大きさをMGCデトとも比較してみた。
やっぱ、8ミリは横広に見えます。





単純に、床に置くとマルシンの方が高くも見えるので横広かた思ったら、、、





グリップの厚みが違ってたwwwww





では、フレーム下側から見てみると、、、





やっぱ、横に広いよね??





スライドもフレームもMGCより肉厚があると思えます。
えっ、メジャーで計れって??  何言ってんの、そんな面倒な事、私はやらん!! 見た目、見た目!!!(笑)





全体的にはMGCと似たサイズだけど、少しおデブになったのがマルシンって感じかな?





比較ついでに、マルイデトとツーショット!!・・・・大きさの違いはひと目でも分かります。
つか、マルシンは、割り箸マガジンのデトの時にはマルイサイズで作ってたのに、
8ミリでは、なんで、MGCサイズにしたのだろ・・・・・・・・・(大人の事情????ww)






8ミリデト、、、ずっと、その存在は知っていたけど、固定スライドでトリガーがデカくて眼中に無かったけど、
こうしてHWモデルを入手してみたら、おかしいトコ一杯あるけど、逆に、存在感と重さはベリーグッド!!
例えば、似顔絵なんかもそうだけど、本当に似せて描くより、誇張した方が受けがいい。
そんな感じかな? マルシンもMGCも???
デトニクスのトイガンの流れって、最初がMGCで、次がマルシンの割り箸デトで、その次が8ミリですよね?
ほんで、最後が、ご存知のマルイのデト・・・・・・
マルイで終わりなのかな? WAでもKSCでもいいから究極のHWデトニクス出してくださいよ。

(えっ、ARMYがあるよだって?? シー!シー!! あれはマルイのパクりだからwww)
  

Posted by 塔四郎 at 16:42Comments(0)8mmガスMGC

2011年04月13日

MGCデトの販促チラシ

こんな、しょーもない物をヤフオクで落札www


こんなの落札すんの、私くらい???(笑)



つか、安いなぁぁぁ~~!!!



裏面には、デトの誕生からバリエーションまで実銃の紹介が書かれてる。



もう一枚のカタログ!
これは、雑誌の広告などでも見掛けた記憶があるな。
つか、倒産しちゃった会社のチラシならブログにデカデカ載せてもOKだよね?(汗)



上のカタログから抜粋!

工房Sさん、グリップにデカく、こんなマークを入れるのも面白いかも♪
  

Posted by 塔四郎 at 13:06Comments(6)MGC

2011年03月29日

せいじさん所有のエングレデトニクス!

先日のオフ会でせいじさんに無理を言ってご持参していただいたフルエングレなデトです。
一昨年の冬かな、このデトの存在をせいじさんのブログで知って、去年の新春ブラックホールで見せてもらった。
この世の中にこんな凄いデトがあるんだと衝撃を受けた逸品です。




エングレは井浦先生と同様に銃砲エングレの第一人者である渋谷先生の作品である。




その渋谷先生のエングレをより一層引き立てているのが、このグリップだと思う。
このグリップはせいじさんの手作りです。




本体のエングレとグリップの彫刻が物凄く私のツボを刺激したデトです。
何度か、「ちょーだいね!!」と、おねだりをしましたが、こりゃ、絶対に手放さないっすね!
国宝級! 重要文化財なみのお宝デトだもんwwww




このMGCのデトニクスのスライドにはコンバットマスターの文字が無いんです。
初期のMGCのデトニクスの刻印は、この画像のように一行だけなのだと、
オフ会に参加のよっしー先生に教わりました♪




渋谷先生のエングレって、このデト位しかマジマジと見た事がないですけど、
大きめな模様に力強さを感じます。




つか、グリップのセンスもいいんだよね! 模様もそうだけど、色もツートンぽいのが素晴らしい。
本当、ムカッ腹が立つ位、せいじさんのセンスが妬ましいwwwww





ブログの小さい画像では細かなトコまで見えないので大きな画像で見たい人は、このサムネをクリック♪
     
歴史に残るデトニクスです!(笑)




で、オフ会に持ち込んで頂いたのは、先日入手した私のフルエングレとツーショットを撮りたかったから♪

私のフルエングレは、井浦大先生の門下生と言えるkikuさんの作品です。




共に男くさいデトニクスですね!(笑)




エングレ模様の違いも個性があって面白いです。




この2丁のフルエングレを見て、関西の某カスタム職人さんが、次なるフルエングレデトの製作を引き受けてくれました♪
この2丁とは、また違った素敵なデトが生まれると思います! (超楽しみにしてます)




そして、私の夢は、大巨匠の井浦先生にフルエングレしてもらう事。
この夢も今年中には叶えたいんですけど、いかんせん、金が無い・・・・(笑)  

Posted by 塔四郎 at 20:38Comments(0)エングレデトMGC

2011年02月19日

MGCデトグリ届く・・・

前回の続きです。



やっと念願のグリップが届いたんですけど、、、うーん、イメージと違う、、、、(汗)




で、上のグリップが届かないので別の方からヤフオクで落札したグリップがこちら♪
うーん、似合ってる!!!(笑)




デト社マーク入りのグリップは新日本製のHWデトニクスに装備した。




我が家のMGCデト軍団勢ぞろいwwwwwww  

Posted by 塔四郎 at 12:01Comments(2)MGC

2011年02月14日

MGCエングレデト(渋谷先生作)

SEIJIさんが所有されているエングレーブ(彫刻)の入ったMGCモデルガンのデトニクスです。
この存在感! この重厚感!! 私、塔四郎は、これを見た時に一発で惚れちゃいました!♪

SEIJIさんとは2010年新春ブラックホールで初めてお会いして、その時に、このデトニクスを生で見て、生で触らせて頂きました。
もうサイコーの出来です!! これ♪

御本人のお話ですと、銃自体は昔MGCがエングレモデルとして販売していた物だそうで、
エングレーバーは渋谷さんと言う方がなされていたそうです。
特筆すべきはグリップです! SEIJIさんの自作です。木目が2色も珍しいですが、そのグリップにご自身で模様を彫り込んでいます。
このグリップが元々のエングレデトの魅力を更に倍増させているのでは? 皆さんは、そう思いませんか?

デトニクス好きな人にとって、、又、エングレーブ好きな人にとっては、後世まで語り継がれる名作だと思います。
アメリカ人でエングレ好きな人が見たら、実銃でこのフォルム真似るんじゃないかな♪ 
おもちゃを越えた芸術品です!   

(せいじさん、手放す時が来たら、ぜひ、私にチョーダイねwwww)  

Posted by 塔四郎 at 17:26Comments(2)エングレデトMGC

2011年02月13日

デトグリ<MGCとマルイ>

一応、皆さんご存知だとは思いますが、MGCとマルイのデトではグリップの大きさ違います。

画像の小さいのがマルイ製でこちらが実銃寸法となります。
大きいグリップがMGCデトニクス製です。 長さも下穴の位置もマルイ(実銃)グリップと大幅に違います。
もし、オレもMGCデトでも買ってみるかなと思っちゃう人は、その点をお気をつけ下さいw
一応、念の為に\(^▽^)/  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)MGCマルイ系