< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2012年07月20日

MK1デトの最終回(笑)

前回からの続きです。

前回はMGCデトと最新版あじゃカスタムのMK1を比較しましたが、今回は、まず、マルシンの割り箸デトと並べて撮影してみました。
割り箸デトは、ハンマーやセフティの形状からして、MK1モデルのトイガン化だと思われます。



MK1モデルのスライドセレーションは、実銃でも、縦タイプもあれば、斜めタイプもございます。 てか、、元祖デトニクスMK1って
ある意味、試作品に近いモデルなんだろうと推測しています。 仕様変更あり過ぎですから♪



で、ご存知、マルイのデトとの比較です。 マルイのデトは実銃のMC-1モデルを再現しています。
あじゃさんは、このマルイデトを元にして、MK1に作り替えたワケですが、こうして並べると、細かい所がほとんど変更されているのが分かる。



どこをどのようにカスタムして変更したかは、あじゃさんのブログをご参照ください。



比較に用いたマルイデトは、以前に私がローバル塗ってビンテージ風に仕上げ直した物ですが、造形はマルイのまんま♪



私が一番こだわったスライド後部上面のエグレ! MK1は他のデトと比べて、ここが違うんですよね。 
それ以外の小物パーツ(リアサイト、ハンマー、セフティ、ハウジング等)は、実銃の世界だと、付け替えられていたりして様々です。



あじゃさんのブログに書かれていますが、トリガー後部のフレームのデザイン? 2年以上も実銃デトの画像は収集していましたが、
形状の違いには、あじゃさんがカスタムされるまで全然気がつかなかった!



フロントサイトの形状も違うし、スライド側面の高さも違う! パッと見ると、大してカスタムされていないように見えますが、
よく見ると、まったくの別物と言えるくらいのフルカスタム!  あじゃさんならではの作品ですね。



スライド側面の高さが増した事や、パックマイヤーのグリップとアーチ状のマガジンハウジングのせいで、
マルイオリジナルより、小さく、小太りになった感じがします。 まっ、、それが、私のイメージしたMK1モデルの形そのものって感じ!



あとは、外装の色ですね! 正直、どんな色で、どんな仕上げをしてくるのかワクワクしていました。
古い銃なので、ビンテージ風な仕上げにして来るのか? でも、古びた塗装だと、私、一杯塗ってるし、やり難いだろうなーとww



そして、あじゃさんが選んだ塗装は、たぶん、実銃のMK1が新発売された頃の新品の色艶をイメージした仕上げ!!!
それが、もう、最高に嬉しいですね。 古い銃がタイムスリップして現世に現れたって感じがするし、、



古い銃だから汚いって固定観念を覆した素晴らしい出来です。
もし、今、デトニクス社に特注で再販してと頼んで出来たとすれば、こんな色合いになるのかなと、想像させてくれる仕上がり♪



古びた感じのデトが多い我が家の中で、この仕上がりは、逆に存在感があります! 



お座敷掲示板で「史上最高のMK1デトニクスを作ろう会」なるスレッドを立てたのが去年の3月でしたね。
その夢が現実に!  それが可能になったのも、NETを通して、皆様と知り合えたからなんですよね! ありがたい事です。



我が家のデトニクスも、去年までのペースなら、とっくに100丁にはなっていたと思いますが、90丁前後で足踏み状態。
このペースだと、今年中に念願の100丁には届かないけど、、まっ、、それは諦めます! 集めて自己破産したら洒落にならんしwww



あと思うのは、やっぱ、東京マルイさんの偉大さ? モデルガンの全盛期に、安いエアコキを作っていたおもちゃメーカー??
それが、私の中でのマルイの第一印象でしたが、ガスガンの時代になり、どちらかと言えば衰退期とも思えた時代に電動マシンガンや、
安くて命中精度の良いガスブローバック銃をどんどん販売されて、、、 このメーカーさんが頑張ってくれたから今があるって気がする。



マルイがデトをガスガンで出さなかったら、、どこか出してくれたのかな?  WAだと出してくれても3万円以上しますよね?(笑)
V10同様、マニアは購入するけど、気軽にサバゲのサイドアームやカスタム素材として購入出来る金額じゃないっす。。



マルイさん、、もし、もし、もし、デトニクスでバリエーションを増やすお考えがあるのなら、ハウジングとセフティ交換したような、
なんちゃってモデルじゃなくて、このあじゃさんのと同じ位の内容で作って低価格で販売して下さい。
そしたら、10丁位、買いたい!!  (←おぃ!ww)



と言う事で、今週のブログも終了! で、来週はネタが無いし、去年と同様、ブログは夏休みにしますね。
1年前は井浦先生のフルエングレデトの記事で夏休み宣言? 今年はあじゃさんのMK1モデルでお休み♪
偶然だけど、この時期に究極のデトが毎年手に入るのか? 来年の7月が楽しみです!!!  それでは、皆さん、ごきげんよう♪
  

Posted by 塔四郎 at 22:29Comments(4)究極カスタム

2012年06月12日

最強リアルのMk1モデル

休みに届いたブツ・最終章!!

ずっとトイガン本体を購入しないで数ヶ月、、、実は、このカスタムの為に毎月、少しずつお小遣いからお支払いしてやした。。



そうです! あじゃさんにお願いしていた、元祖デトニクスのMK1モデル!!  詳細は、あじゃさんのブログへ♪



もうね、、なんちゃって元祖デトニクスじゃないかんね! マガジン以外の造形はあじゃさんが全て作り替えたフルカスタム!



実銃パックマイヤー標準装備♪



ありえないけど、今、実銃でメーカーが復刻版を販売したら、こんな感じになるんじゃないでしようか??
ずっと、ずっと、待ち焦がれていた史上最高のリアルな元祖デト!  これは井浦先生のフルエングレデトと同じく我が家では別格の存在!








おまけ画像

マルイから新発売! て、感じの画像です!!  (つか、、マルイ、、出すなよwww)
  

Posted by 塔四郎 at 22:13Comments(7)究極カスタム

2012年04月19日

デトニックス

今から32年前の月刊GUNです。

以前に古本で購入したヤツですけど、、何気なく見ていたら、、、



デトニックス45の特集記事が!!!!!
そうです! デトニックスです!!!!



以前に1977年の月刊GUNでデトニックスが特集された本をご紹介しましたが、その時は元祖デトニックス(MK1モデル)でしたが、
3年後の特集では、改良されたモデルの特集記事です。



あじゃさんのブログでも書かれていますが、元々はコルトガバベースではなく、エセックスというガバもどきの銃のパーツを加工して
デトニクスが生まれたそうです。 (実銃ガバ博士のないとあいさんの調べ:記事No.8683参照



エセックスとデトニックス!  
今では、デトニクスと私達は呼んでいますが、デトニックスが本当は正しい呼び方だったりして!(笑)



まぁ、少なくても、1977年から1980年までの月刊GUNの海外レポーターはデトニックスと呼んでいたのでしょうね♪



初期型デトニクスは、今、あじゃさんが史上最高のリアルさで再現加工中! 完成はいつになる事やら?
ただ、、間違いなく、完成したら、世界で一番、忠実にMK1を再現したトイガンにはなるでしょう♪



コンパクトガバの元祖! デトニックス!!!
エンフィールドが愛人なら、デトニックスは、私の本妻!!!(笑)



実銃のデトニックスはかなり高価な品だったと1977年のGUN誌にも書いてありましたね。。
日本で言えばWAみたいな感じ??  (欲しいだけど、、マルイ党にとっては高価すぎて人気が無いって意味ですwww)



こうして古い月刊GUNを今見ると、本当に惜しい本を亡くしたと思います!  
私の雑誌購入は月刊GUNの終焉で終りました!  (えっ、、単に金が無いだけだろって?  ギクッwww)



32年前の本!  私は生まれていなかった!!              (←大嘘つき!!!)



でも、、、意外と新しい銃なんですね、、、ガバが古いから、そう思うのか??



えっ、、、何をダラダラ書いてるかって???



分かりました???



そうです! 終末でブログネタが無くなって来ただけ!(笑)




重さが29オンス?
NETで調べると1オンスは28.3495グラムだから、、、えーと、、約822グラムかな? おおっ、、マルイのページのデーターと同じ!



まっ、、それにカートの重さが加わるから900グラム前後かな??



今でもデトニクス社はあるけど、、なんつーの、、、一発屋って印象を受けるのは私だけ???(笑)



この画像はクリックするとデカい画像で表示できやす♪
さてと、、あと一日働けば、、休みだ! ブラボー!!!!!!!
  

Posted by 塔四郎 at 22:39Comments(6)◆デトニクス究極カスタム

2011年08月23日

元祖デトニクスMK1進行報告

あじゃさんに仕上げて貰おうと用意していた元祖デトニクスMK1モデルの素材ですが、
来月あたりには、あじゃさんに送る予定です。

一応、前回のご紹介した時は、スライドが中華製だったんだけど、加工を前提としてマルイ純正スライドに戻した。



ハンマーは、黒いのからシルバーの物(向って右)に変更しました。
写真だと黒ぽくなってしまいましたがシルバーです、、、、銀色です、、、泣!



トリガーはノーマルタイプに戻して、、、素材としては、こんなモンでいいかな?
ここから先の、スライドを抉ってセレーションを斜めって、細部仕上げ直し等は、あじゃさんの本領発揮に委ねる♪



つか、最近、あじゃ博士は超お忙しそうだから、完成は年明けかも?(笑)



いや、本当は、私のお財布の都合なんですけどね。。(汗)



MK1モデル、、、調べれば調べる程、いろんな形のがいるんです。
まっ、簡単に言えば、試作機でしょうね、、実銃だと。。



また、古い銃なので、オーナーさん達が、その後の改善パーツや強化パーツに組み替えたりして、
遠い日本から、画像だけ眺めていると、訳ワカメですwwww



ただ、共通するのは、この画像のバックに写る月刊GUNの写真でも分かる通り、スライド後部の抉れが深い!!!



あーだ、こーだと悩むより、あじゃさんは私以上にデトニクスに詳しいので丸投げします♪
つか、私、デトは一杯持ってるけど、ほとんど知識ないしwww



あっ、でも、グリップは、やっぱ、私のイメージだとパックマイヤーかな(汗)
先日GETしたの流用しようかな?  
  

Posted by 塔四郎 at 18:28Comments(2)究極カスタム

2011年04月04日

先週手に入れたもの♪

先週は色々とデト関連の物を購入しました。
その中のひとつは、1977年9月発売の月刊GUN誌でした。
特集は、この表紙に載っているデトニクスです。
34年前の雑誌とは言え、あまり誌面の内容を画像で分かり易く公開するのは問題があるので、
表紙以外は、今回購入した品物の背景として撮影しましたwwww
GUN誌に掲載された記事の中身から、読んで、見て、感じた事などをブログで紹介致します。





上の表紙のデトニクスは、スライドのセレーションが縦タイプの普通のヤツですが、特集記事には斜めセレーションの物がほとんどでした。
以前に私が知り得たNET情報のメモでは、、「実銃デトニクスの誕生は1975年、翌76年に特許を取っていますが、
初期のデトニクスはブッシングは接着剤で止められるお粗末な仕上げで、
何十発か撃っているとブッシングが外れてしまうトラブルが相次ぎ、1978年に改良型が出た」との事でした。



そのNET情報と、今回の、本の発売時期からして、もしかしたら、その初期モデルの紹介かなと思い古本をヤフオクで手に入れた。
記事の中では取材中にバレルが壊れるトラブルが掲載されていました! 間違いなく、メジャーになる前の初期型デトの特集号でした♪

まだ、知名度の無かった頃の記事なので、銃はデトニクスではありません。
「デトニックス」と紹介されています(笑)




本の内容を、ざっと、まとめると、アメリカの大手GUNショップに行き、気になる新作をいくつか物色、、
そこで、目に止まったのが、「ポケットピストル・デトニックス」であったと・・・・
今読めば、どこが、ポケットピストルじゃと突っ込みたくもなりますが、
記事でも、ジェームスボンドのイギリス製のスーツのポケットに入れても型崩れする重さだと書いています。




表紙は縦セレーションでしたが、本文に写る大半の写真は斜めセレーションで後部エグレの大きなMK1モデルです。




あっ、画像の主役は、今回手に入れたMGCデト限定品と、同じくMGCデトのアイボリー真鍮グリップです。
雑誌はその背景です・・・・(汗)



記事にはデトニックスの分解画像が1ページ丸ごとで写っていて、そこのスライドは表紙に使われた普通のタイプでした。

あっ、MGCのデトとグリップ以外に、マルイ用の真鍮ウエイトも購入しました♪




記事の中では、当時400ドル(11万円)もする高価な銃であり、あのワルサーPPKSだって260ドルで買えるし、
400ドルも出すなら普通のガバとスナップノーズ両方買える! 実にくだらんとか書いてあったwww
(実際、GUNショップではホコリをかぶった状態で置かれていたとも書いてある?)




ガバとの比較画像もありました。
とにかく、斜めセレーションさえも削り込んだスライド上部のエグレ方がエグイwwwwww




撃てば壊れるし、高いし、重たいし、本を読んだ感じでは、まだ試作段階の鉄砲って感じでした。
だから、初期型モデルのMK1モデルって、スライドの形にしろ、ハウジングの形にしろ、今、NETで探すと色々とあるのね。。

月刊GUNは愛読書ですが、この時代の頃はトイガンから離れていた頃で、デトニックス以外の記事や広告も大変楽しく読ませて頂いた。
なんの広告だか忘れたけど、「お求めはお近くの有名デパート、おもちゃ屋、、、うんぬん」とあった。
トイガン(つか、この頃はモデルガンのみ?)が、有名デパートで買えてた時代だよなぁぁ~と。。。






大きな画像は、こっちにまとめてアップした。
ボツ画像も入ってます♪
主役は、今回購入したMGCデトやグリップ等ですからお間違えなく・・・・(笑)
                

Posted by 塔四郎 at 15:57Comments(8)究極カスタム

2011年03月29日

元祖デトニクスMK1モデルのカスタム準備

あじゃさんに製作依頼する予定のMK1モデルの素材です。



黒いマルイデトに、マルイガバのハウジング、スライドストップ、トリガー、マガジンキャッチを移植して、
ハンマーはMK1タイプの物を装着して、実銃用のパックマイヤーグリップの入手は時間が掛かりそうなので、
よっしー先輩から頂いた木グリを取り付けた♪



最終的には、この実銃画像のように、スライドの抉れやセレーションなどの加工をあじゃさんにお願い予定♪



よっーしー先輩から頂いた木グリは本来はこんな感じでしたが、、



両サイドのギザギザな山をやすりでシコって潰してビンテージ感が漂うようにした。。



グリップスクリューはARMYデトの古びた小汚い物に交換した。。



なんちゃってMK1仕様って感じだけど、、、



トリガーやスライドストップは実銃画像と違うな・・・・
デトのノーマルパーツに戻した方がいいかな????



ハンマーの作動具合もイマイチなので、これも、あじゃさんに丸投げ???www



まっ、気長に楽しみましょう! こいつはwwwwwww

  

Posted by 塔四郎 at 16:17Comments(2)究極カスタム

2011年03月03日

あじゃさん、次回の製作は、これでお願いしやす♪

あじゃさんに次回製作をお願いするデトは、これに決定しようかと思っています。



元祖デトニクスの使い込んだMkⅠ仕様!!!!
実銃のパックマイヤーのグリップは、よっしー先輩なんとか入手してwwwwwww




一応、ハンマーは、これを既に手に入れてます。




サムセフティやハウジングは、たぶん、マルイのガバのを手に入れればOK????
スライド後部のエグれは、マルイデトより深そうだけど、これも神様あじゃさんならOKなはず!!(笑)




あと、前傾したスライドのセレーション! これはあじゃさんの得意な加工~~☆
最後は、塗装!!!  これも、博士様なら問題なくOK!!



つー事で、あじゃさん、今月20日のオフ会で打ち合わせしましょうね♪
完成予定、、夏頃でwwwwwww






追記
ブログをメール代わりで使用しているような・・・・・・・・(滝汗・・・)
まっ、いいかww





追記の追記
マガジンはスペシャル加工をして貰う予定です。むひひっ♪  

Posted by 塔四郎 at 16:41Comments(14)究極カスタム

2011年02月25日

元祖デトニクス MkⅠパート2

前回からの続きです。



調べると色んな画像がありますね?
これなんか刻印デカいし、なんなんだって感じwww






ハウジングの下からU時フック出てるしwwww






トリガー面積少ないし・・・・・







なんかハンマー変だし、スライドは、どうしたんだって感じ???ww







うぅ、、、グリップいいね♪
あと、本体の色もいい♪♪♪
つか、スライドのセレーションが斜めってるしwww






不気味な凄みが・・・・・・(汗)







スリーホールトリガーも似合いますね。




やべっ、、まじ、元祖デト欲しくなって来た・・・・・・・・・
  

Posted by 塔四郎 at 12:36Comments(6)◆デトニクス究極カスタム

2011年02月25日

元祖デトニクス MkⅠ

デトの種類を色々と調べて行くと、私は元祖と言うべきか、初代デトニクスとでも言いましょうか、MkⅠに惹かれます。
この画像のモデルがそうです。

なんか、とても荒々しい感じで無骨です♪




海外サイトを調べてみると多数のMkⅠモデルを掲載してるトコを見つけたので画像を拝借・・(汗)

定番グリップのパックマイヤーが付いてます。




マルイのデトニクスと各部が違いますね。




スライドの刻印はマルイと同じように見えます。




ピン類がマルイよりフレームの外へはみ出しています。




ハンマーは独特な形状をしていますが、これはX-FIREさんでマルイ用が販売されてます。
ハンマー横の丸いパーツもフレームから飛び出ていますね。
グリップセフティは長いタイプがこの実銃には付いています。




パックのグリップの底部は、なんか削られてフレームの長さと合わしてる??




この辺も微妙にマルイと違うような??




セフティの突起が小さくて可愛いですwwwww




フロントサイトは赤くマーカーされてます。
この辺はオーナー様の好みなのでしょうね?




ここらは、マルイをそのまんまでもOKかな・・・・




マガジン下側・・・・ これはガスガンでは無理ですよね、、、あじゃさんwww




いや、壮観です♪




ハウジングは縦溝タイプで丸みのあるヤツ! これもMkⅠの大きな特徴です。
こりゃ、マジであじゃさんと打ち合わせるかな・・・・・♪
(色は、某館長さんの94式と同じような感じで)






  

Posted by 塔四郎 at 09:49Comments(0)◆デトニクス究極カスタム