< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年07月03日

ストライクなデトニクス

塗装ブース周辺のお掃除は終わり、次は、それ以外でも汚れてしまった鉄砲達の清掃です。

いつも撮影する背景にいるデトニクスの中で、お気づきでしょうか? 



最下段のデト達は、汚れ防止の透明アクリル板が短くて届かないので、埃が蓄積されています。
特に、まったく触った事の無かった、このストライク君は悲惨な状態でした。



ほら、、、(笑)



笑いごとじゃないよね!(汗)
この半年で缶スプレーを10本以上消費して、締めきった12畳の部屋での塗装は、とにかく、部屋の隅々まで粉塵が舞い散っている。
私の肺の中も粉塵だらけだと思うけど、、未だ、健康!(笑)



つか、、、、清掃めんどうくせぇなぁ、、、、ここまで汚れを貯めるなよ、、、自分!
えっ、、ストック塗装を全て終わらなければ、途中で清掃しても無駄だって? おっしゃる通りです、、、自分!(笑)



細かいとこは爪楊枝でホジホジして清掃完了のストライク!
フラッシュライトは固着して取れなくなっていたストライク君、、、力任せで外すと壊れそうなので、付けたまま清掃♪



工房Sさんのワンオフグリックが主役のストライク!



本来なら、ちゃんとコレクションケースに収納すべきカスタムデトですが、我が家でケースに入れるのは、本当に極わずかで、、
この前のブログで掲載した井浦先生のエングレ入りのクーガーだって野ざらしですから、、、、、笑。



全て箱に入れて収納するのが鉄砲にとって一番いいのは分かっているけど、もうそうなら、私は、こんなに買っていないです。
剥き出しのまま、部屋中に陳列して、簡単に手にする事が前提だったので、置き場が無くなるまで増殖させたw



基本的に銃とは道具であり、キズがつこうが汚れようが簡単に掃除したらOKと言う、アメリカ人の感覚で集めましたから、、、
ド埼玉人なのに、、、、汗w



いつガスを入れたんだろ、、、清掃後、空撃ちしたら元気にブローバック! さすが、マルイ製♪



ライトはさすがに点灯しなかった。



ガスを追加しようとマガジンを抜いたらビックリ! ボーディさんの弾丸シールを貼ったマガジンでした。



まったく、どの銃にこのマガジンを装着していたのか忘れていたので新鮮に驚いた!
こうゆう小技、大好きです♪



ガスブロの季節なので動作チェックしながら各鉄砲を清掃していますが、、大量にあるデトニクスは、どれを撃っても同じだし、新鮮さ無しw



再び元の場所に戻ったストライク君、、、今度、手にするのはいつだろう??
手にする数は少ないけど、ほとんど毎日、一度は目にしてるので許してね、、、、、笑。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系

2017年03月24日

無残な黒デト、、、泣

前回からの続きです。

ラップデトの次は、この黒いデトです! 以前にエアブラシによる二液ウレタン塗装した物だと思っていましたが、ウレタンで塗ったのは
フレームのみで、スライドはインディの黒系塗料を塗って磨いただけだった事を忘れており、ウレタンのつもりでゴシゴシと研磨したら、
黒い塗料が剥げてしまい、その下に塗った銀塗装がエッジ部分に顔を出してしまった! この時点でウレタンじゃない事に気づいた(笑)



ウレタンクリア層、黒塗装、銀塗装が表面に顔を出している、ややっこしいスライドは先送りする事にして、フレーム側を片付ける事に♪
昔塗ったウレタンの上に今回塗ったウレタンを塗っただけなので、表面のデコボコをゴシゴシと削り滑らかにすれば完成のはずが、、



削り過ぎて黒い樹脂地肌が出てしまった!



元々、黒地肌にウレタンクリアーを塗っただけだったので、この上から、もう一度ウレタン塗れば消えると思い、、



冷凍庫で残っていた缶スプレーをお湯で温めてから上塗りしたら、



再び、デコボコ!(笑)



まぁ、、それを気長に削り、、、



なんとか我慢できそうなレベルまで修復、、、



これ以上磨くと、また、クリアー層が無くなってしまうので、、フレームは終わり!



次に途中で投げ出したスライドをなんとかしようと、削って平面に近い状態にしてから黒鉄を塗ってみた。。。



削って平面に近づけたと言っても、ウレタン皮膜や黒や銀の皮膜が残った上への塗装でしたので、超悲惨な状態に、、、汗!



泣きながら、そのザラザラしたものを削り落としても、かなり奥まで皮膜破壊を起こしている、、、、泣!



エッジ部分の銀下地がますます顔を出てくるし、、、こりゃ、さすがに修復不可能だと、代わりのスライドをヤフオクで探したけど無い!!



とりあえず、ウレタン皮膜も残っているので、水抜き剤では剥離できないだろうと思ったけど、一応プールの中にドボンしておいた。
そして、数日後に歯ブラシで擦ったら、銀下地以外の皮膜は簡単に落ちた! 銀皮膜も数日後には落とす事が出来ました♪



黒地肌に戻ったスライドに、冷凍庫で保存してたウレタンクリアーで再度塗るべきか? いや、そんなにウレタン塗料残っていないし、
缶スプレーで塗れば、また大変な事になるのは学習したので、普通にインディーの黒スプレーで塗った!



で、ウレタンレシーバーと合体させて強制完了!!!(笑)



ウレタンレシーバーはユズ肌&波打ちしてるし、、いつか、スライドと同じ普通の黒塗装に戻します!
ストック等の大きな面積へのウレタンスプレーは部分的にユズ肌になる部分はあるけど、人並みレベルでは塗れていると思うけど、
ハンドガンのような小物だと、昔やったエアブラシでも今回の缶スプレーでも、塗装面のほとんどがデコボコになる。
塗り方に何か致命的な欠陥があると思うけど、それを解析するにはもっと塗らないと分からない、、そして、それは面倒だから嫌!

ウレタン塗装はストックの時だけにしよっと(笑)
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系

2012年10月11日

休みにイジる!

さて、休みに届いたブツの紹介は終りましたので、今度は実際にイジッたり細部をチェックしたりのブログに変わります♪
WAM4もSVDも一杯イジりましたけど、、まずは、前座から??  笑!

ドイト(埼玉と東京方面にしかないホムセンでしたww)で購入したスプリングで壊れたデトを直します!



何種類かのスプリングを買って来ましたが、ドンピシャなのは、この外径2.5ミリのバネでした。



エンジンに入れると、こんな感じに収まります。



長く余った部分はニッパで切って、、、



はい、完成!!!
切断して残った分で、あと3丁分は作れそう♪



スライドを引けば、ちゃんとノズルも後ろに移動しやす。



ただ、、新たな問題が発覚!!



スライドの動きがシブい! スライドとフレームの相性が悪いみたいです。
完全にスライドが戻らない、、この画像の位置で、何かと干渉しています。



いろいろと削ってみたけど、、この日に直る事はなかった!  つか、面倒くさくなったので、、ポイして、他の銃に移行したのでした♪  

Posted by 塔四郎 at 08:51Comments(2)マルイ系

2012年07月31日

レーザーデトニクス誕生

以前にブログで紹介したレーザーサイト!

そのブログでのやり取りで、ともさんが海外から直接通販で取り寄せてくれると言う事になり、、
そのブツが差出人不明の小包で我が家に届いた! (差出人の名前書くの忘れたとメールありwww)



さっそく中を開けると、半透明なクリアケースが現れて、、、



中には、サイト類一式が綺麗に収納されている!  取り付けレンチや電池も付いて、ともさんからご請求頂いた金額は二千数百円でした!!
貧乏人のくせに見栄っ張りな私は、ポンと三千円を振り込ませて頂きました!  (よっ、、太っ腹!!! www)



つかさぁぁ、、、これで3千円未満だなんて、、、安すぎますよね!  もちろん、電池入れればレーザー付くし! (国内規定クリアの出力品です)



別途、電池の組み込み方も画像を添えて、ともさんがメールで教えてくれたので、それを見ながら組み立てちゃった!



てか、、、組み立てたら銃に付かないやん!  分解した状態で、トリガーガードをハサんで組み立てるヤツでした、、、これ!!(笑)



取り付けたデトは、タケさん特製のパイソン皮貼りグリップ装備の、この悪そうなデトです!!



見て、見て、、、赤く光ってる!!!!



光らなければ、鉛でも入れてウエイト代わりにしようかと思ったけど、どうやら、その必要性も無さそうです!!



さっそく、真似っ子大好きな、てるぱさんが、ともさんに依頼して、同じの注文してやした!  (てか、ともさんはSHOPじゃないぞww)



このレーザーサイト、デト以外にもガバ系にも付くみたいだから、ヤフオクで売れば、儲かるかと思います。
だって、原価二千数百円ですから!!! (つか、5800円で売ってると言う最新情報あり)



デトニクスは、アクセサリー用品が少ないので、こうゆうの手に入ると超嬉しいっす!!!



凄い革貼りのデトニクスでしたが、フロント側にも個性的なレーザーが付いたので、グリップ製作者のタケさんも草葉の陰で、
大喜びしてくれていると思います!   (てか、、、草葉の陰って、、、ニホンゴ、、ツカイカタ、、マチガッテル? ワタシ、、ガイジンデスww)



海外から直接購入できる人は凄いな!  
私にそんな能力があったら、どんどん仕入れて、ヤフオクで儲けます!   ともさん、あんがとね♪
(えっ、、、ブログ夏休みだったのに、、、また、、更新???  ニホンゴ、、ヨク、、ワカラナイ、、アルヨ、、、ニゲッ!!)  

Posted by 塔四郎 at 15:20Comments(14)マルイ系

2012年06月14日

ツートンデトの完成!

前回からの続きです。

こんなもんでいいでしょう! 完成! 完成!!!



グリップも変なテカリは無くなってリアルになった気がするし、、、自己満足だけかも? (笑)



青い部分の粒子の粗さも、、まぁ、、いいやん!♪



綺麗なおもちゃって感じ?  リアルさも無ければ美しくも無い、、、当たり前すぎる簡単塗装!!  



つか、平面出しやマスキングは我ながらうまくいったと思う♪



塗装を手抜きしただけ!、、、、笑!



つか、、、この塗装面のブツブツって塗料の粒子じゃなくて、、もしかして、、ちぢみ塗装になってるのかも??



以前、コメントで花教授が、「下塗りが厚く、上塗りの乾燥時間が早いと下地に浸透した溶剤が抜けきる前に表面が乾いてしまい、
乾燥時間のタイムラグによって起きる現象」だとか言ってたヤツ! 下塗りのスーパータフは乾き遅いから、、そのせいかも?



まっ、、どうでもいいや、、これは、これで、アリです♪



金属って感じは皆無だけど、、綺麗なオモチャとしては、、、こんなもんでいいべ♪



てかね、、この時には、あじゃさんの作った元祖MK1が届いているのよ、、、それを見た後だから、、金属パーツはノーマルのままで、
繊細さを欠いてるし、塗装皮膜は厚塗りでポテッとしてるし、、グリップスクリューの頭も汚いし、見比べたらゴミって感じで、やる気消失!



綺麗な外装カスタムは面倒くさいね。 今回のデトも、まっ、真面目に塗れば、それなりに青く綺麗な鏡面に出来たかと思うけど、
そうすると、各小物パーツもノーマルのままじゃあかんし、、ビンテージ仕上げだと部分的に手抜きをしても分かり難いし誤魔化しも効く。
でも、綺麗なカスタムってのは、ちょっとでも手を抜いたトコあると、そこが凄く目立つんだべさ、、、、
ただ、、完成はあくまで結果であり、そこまでの過程を楽しんでいるので、今回は、グリップ直しや、マスキング、平面出し、、この辺は満足♪
自分自身で不満足として感じている部分は、これからトライして行けばいいんだし、、そのうち、満足した結果が出ればと、、そう思う。。
やらなきゃ、上達しないんだから♪  

Posted by 塔四郎 at 22:06Comments(2)マルイ系

2012年03月26日

先週からの続き

前回からまだ続く! 

てか、、画像が余ってた♪



ブルーイングの銃は撮影場所によっていろんな表情を見せてくれるので、ついつい一杯撮影してしまいます。



てるぱさんのローバルトカレフはハドソン刻印を消したのに、自分のデトだと刻印そのまんまです。



実物は、こんな青でもグレーでもなくて、、昔の黒いモデルガンの色落ちしたような感じだと思う。。。



てか、、光の加減でいろんな色に見えるのがブルーイングか?(笑)



ミリガバあたりも同様に仕上げたら、、ガバ好きな人、、喜ぶな???



今後は、どこまでローバルを薄塗りして、同様の仕上げが出来るかをテストしたい。



やっぱ、薄い方がシャープに見えると思うから♪



通常の塗料による鉄色風仕上げは、もうやらなくなるかも、、、だって、ここまで、色んな色が混ざった表現は出来ないもん。



ただ、銀の強めな鉄色だとか、ローバル染めで出来ないのもあるし、、ケースバイケースかな? 色落ちの心配とか無いし、、♪



何度も書きます! ローバル塗ったままの研磨もしていない状態で、インディの鉄用ブルー液希釈タイプをテッシュで塗り、あとは磨くだけで、
誰でも、この色は出せると思います。 強度については、完全硬化すれば固く頑丈な皮膜になるかと思います。



ローバル皮膜は柔らかいと聞いた事もありますが、厚塗りしてれば、亜鉛成分ですので、爪を立てれば食込むかも?
ただ、強度が強いと言われるトイガンスプレーだって、扱い方次第では剥げたりしますから、、過度な期待はしない事♪



塗って、表面が固くなったなって誰でも感じそうなのは、GスミスSの鉄粉入り塗料かな? 
さすが、鉄! カチンコチンな皮膜って感じはします。  ローバルの亜鉛とは、さすがに違う?(笑)



見た目は、この木グリップが渋鉄色のローバルに似合うんだけど、マルイ純正の重たいグリップに交換するかも。。
そうすれば、重さも金属的になるので♪



昨日はシリコンオイルを塗ったけど、トカレフのような色落ちは無かった。 
ローバルを研磨してのブルーイングと研磨無しのブルーイングの違いも昨日実験して写真も撮ったので近くブログでお知らせするね。  

Posted by 塔四郎 at 09:22Comments(2)マルイ系

2012年02月15日

副産物が生まれた(笑)

スライドセレーションの染め直しも無事に終わり、再度、装着するグリップ選びが始まるローバルデトニクス♪

いくつか剥ぎ取られる候補者達が、、デト城から連れ出されて来ました! 



うーーーん、、イメージが違うな、、、、汗!



おっ、、、この色なら良いかも??



で、、、組み替え完了!!!



グリップを取られた銀デトには、この木グリでも付けておけばOK!!



で、その木グリを剥ぎ取られたストライクデトには、工房Sさんの新作グリップを付けたら、超お似合い!!♪



かっこいいべ???



とても偶然生まれたフォルムとは思えん!!!



Sさんグリップの嫁ぎ先はこのデトに決定!!



えっ、、、ローバルデトはどうしたって??
がははっ、、、次のブログで委細ご紹介致しますってば~♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:09Comments(2)マルイ系

2011年07月11日

ストライクウォーリア版のデトニクス風?

前回のストライクショーティの時に予告しましたストライクウォーリアベースのカスタムデトニクス風なモデルをヤフオクでGETしました♪

我が家のショーティは、デトニクスにストライクなパーツを付けたヤツでしたが、この子はストライクにデトパーツを付けて加工された子です。
よって本物のストライクです!!!!  (←えっ、そんな事は、どっちでもいいって???wwww)



前オーナー様はセンスがいいっすよね! シルバーのフレームに木目調の純正デトグリ装備♪



落札金額は13300円でした。(ただし、マガジンは欠品での状態です)
マガジンが欠品で、この価格が高いか安いかって???
加工の手間ヒマを考えれば、自分で作るよりは安いと判断したからGETしました♪
(つか、説明文を読み忘れて、マガジン付いてない事を知ったのは落札後だったwwwww)



あっ、画像を撮り忘れたけど、デトの純正シルバースライドもオマケで頂きました。
私、ヤフオクで落札後の取り引きの時に、ご自身の住所も電話番号も無しで、口座情報とか伝えて来て、
こっちの名前や住所電話番号を聞いてくる出品者様へは、一応、個人情報は伝えますが、
決済手続きは出品者の方の個人情報を頂いてからにしています。
「人の名前を聞く時は、まず名乗れ」が基本ですよね?? 住所や電話番号も同じです。 
そしたら、オマケでスライドくれました! なんて、いい出品者様なんだろう!!!!(うるさい親父でごめんなさい)



まだバラしてもいないので、この部分がどうゆう取り付けになってるのか不明ですが、出品者様の説明では、
「ストライク部とマウント部を全体のバランスが合うようにコンパクト化 分解も当然出来るように 左右モナカ構造」
「 固定は 下部ネジ二本と上部軽く接着により固定しています」との事でした♪



あと、購入を決意させた、もうひとつの大きな理由は、このアーチ型のハウジング!!
これって、以前に自分でマルイガバのを流用して削って作った事あるけど、超めんどうくさかったww
ストライクにこのハウジングが似合うかどうかは別にして、他のデトに流用も出来るしね♪ (元祖デト作りなどにwww)



いいね、いいね、スライド引いた感じ~~☆



つか、どうみても、デトだな、こりゃwww
スライドのストライクの文字要らんような気がする・・・・・



無名な方の個人カスタム品って、安く買えるから私は嬉しいけど、、作る人は、もっと高値に売りたいだろうなぁ~



まっ、人様の財布の中身の心配よりも、我が家の財布の中身を心配をしないとなぁ~~!!!
マッドポリスさんのカスタムデト買う資金を貯めないいけないので・・・・・・・・・・・・・・汗!  

Posted by 塔四郎 at 18:11Comments(4)マルイ系

2011年06月16日

ウレタン・デト1号完成

前回、銀色スライドを載せて形にしたウレタンクリアーフレームのデトですが、スライドを以前に黒組で塗ったヤツに変更した。

まっ、塗装仕上げの鏡面と、ウレタンクリアの鏡面が上下で合体したワケです♪



ウレタンフレーム先端のデコボコwwww



グリップ周りのデコボコと突っ込みどころ満載・・・・・・笑



でも、パッと見は綺麗だから許すwwww



グリップも似合うし♪



スライドとフレームの光沢の違い分かりますね。
やっぱ、ウレタンの方が景色がハッキリと映ります♪  (物干し竿と竿を入れるステーが映ってますww)



まっ、とにかく、艶はいいとして、突っ込みどころ満載のデコボコでしたが、最初から綺麗に塗れたら面白くないじゃん。



これでいいのだ~! これでいいのだぁ~!! ボンボン、バカボン、バカボンボン~♪



ウレタン皮膜の厚塗りでスライドストップやピンの穴が狭くなって入らないって事は無かったよん。
以前、亜鉛スプレーを厚塗りした時には、穴が狭くなって往生したけど。。



そうそう、エアブラシの手入れは、通常の塗料と同じようなやり方では、ノズルが固着した。。。
今は、使った後にエアブラシは完全分解して洗浄している。。



つか、今回は本体仕上げにウレタンクリアーを使ったけど、金属小物のコーティングには最適かなと思う。
小さいパーツの方が修復簡単だし、金属素材なら剥離材でウレタンも落ちると思うから失敗が怖くない♪



トイガン仕上げのクリアーと言うより、車やバイクの表面仕上げだよね、ウレタンって。。。



塗って、その日のウチに仕上げるとか出来ないので、私向けの塗料ではないけど、たまに塗るのは面白いかも。。



今回は黒系の上塗りに使ったけど、他の色の上に塗るとどうなるのかなぁぁ~と、街行く車の色を見て考えるwww



つか、本当、このパイソンデトフレームも塗った時には、捨てるしかないなと思える仕上がりだったから、ここまで修復できて超ウレシー♪
とにかく、次は、最初の吹き付けの段階で、いかに綺麗に塗るかが課題!!!!
要らないパーツで練習してから、調合の割合もよく確認してから塗ろうっと!!(いつになるか知らんけどwww)  

Posted by 塔四郎 at 18:20Comments(0)マルイ系

2011年05月24日

サムガードの脱着は苦手です

フリーダムアートさんのサムガード

今回、フルエングレデトにグリップの付け替えとかする時に、このサムガードの存在が足を引っ張った!
持ってる人なら分かると思うけど、純正のプランジャーガイドの中に組み込まれてるブランジャーピンとスプリングを外して、
サムガードの中に移し替えてから、フレームに取り付けるんですが、、、まっ、その装着の面倒な事www




一度、付けてしまえば、そうそう外す事は無いだろうと思っていたら、今回のようにグリップ交換する時に、
サムガードもポロッて取れてしまって、ピンやスプリングが飛んで行った!!!
飛んだパーツをやっと探して、組み込もうとしたが、ピンがずれたり、スプリングずれたり、、、あぁ面倒くさい!!




よって、脱脂して、マスキングテープでスプリングが落ちないようにした。
これで、楽々、組み付け出来ました♪




マルイ純正のプランジャーガイドは、まず、ワザと外そうとしないと、ピンやスプリングが抜けない初心者に優しいパーツ。
ほんで、このサムガードは、初心者には優しくないパーツかな。。 まっ、カスタムパーツは、そんなもんだと言えば、それまでですが(笑)  

Posted by 塔四郎 at 09:07Comments(7)マルイ系