< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2011年07月06日

オンボロデトの再生♪

リアルサイズのデト作りの為に部品取り用にされていた可哀想なオンボロMGCデトも、とりあえず元通りに復元したはずが、、、

グリップ上の変なパーツが余ってしまい、掲示板でヘルプしたら、あじゃ様が教えてくれた!!!
マルイデトでは付いてないパーツでしたwww



で、ABSキズだらけのデト君ですが、部品取り等と言う可哀想な役目を負わせてしまったので、これを期に綺麗にしてやろうかと・・・・



と言っても、のんびり時間を掛ける余裕は無いので2時間で終るペイントカスタムです。
脱脂して、キャロムの銀系塗料が少なかったので、ダークステンレスを缶のまま、熱燗にして?、5回位、一気に吹き付けた♪



で、今回は凄いよ!!!
ダークステンレスの下塗り5分後に、エアブラシで極黒を銀色隠れる位にペペッと吹き付けた~♪   (暑かったしwwww)



で、1時間放置したかなぁ???
スポンジやすりで適当に削って磨いて出来上がり! (全工程2時間切ったな・・・・笑)



金属パーツ類は、スポンジやすりで研磨して「荒れ」を誤魔化しただけなので、そのうち酸化する・・・汗



塗装面はスポンジやすりだけなので、コンパウンド仕上げみたいな艶は出てない・・・・



アウターバレルは未処理でパーティングラインがそのまんまwww



上塗りは、それほど厚塗りしてないので、野外で見ると、かなりグレーぽいですが、
室内では上から4番目の画像の色が研磨で少し薄くなった位です。



スライドストップ周りのキズはそのまんまにして、前側のキズは試しで、爪楊枝でホジッて、下地の銀を出してみたwww



HWを磨いたMGCデトとツーショット♪



HWよりは金属感ある仕上げかな?



ウルトラ手抜きのペイントでしたが、元々のABSキズだらけよりはイイっぺ???(笑)



一応、デト君も喜んでくれているだろう♪
つか、良かったね、部品取りにされないで~~~☆  

Posted by 塔四郎 at 12:49Comments(0)ABSモデル

2011年04月06日

エジプト製真鍮裏打ちアイボリー風グリップ

先日手に入れたデトの重量UPパーツ♪
前回はマルイデトの真鍮ウエイトをご紹介しましたが、
今回はMGCデトニクス用のエジプト製真鍮裏打ちのアイボリー風グリップのご紹介です♪





アイボリー素材が上に、そして下に真鍮板が張り付いた2枚重ねの構造です。。(チャームナップミニwww)
最近の市販グリップでは見かけないタイプのグリップですが、重量UPさせるには非常に重いグリップです。




さっそく、手持ちのABS製のデトニクスに付けようかと思います。
その前にノーマルのプラグリップを付けての体重測定!
約530グラム・・・・(マルイデトより約100グラムも軽いっす)




で、エジプトを装着すると、666グラム!!! (オーメン悪魔の数字・・・汗)
約130グラムも重くなる! マルイデトよりも重い!!! 軽いABSが大変身wwwwww




つか、デト本体がキズだらけでグリップ負けしとる。。




まっ、いいねん! 本体外装は、あとから、なんとでもなる♪




つか、このアイボリー自体の素材はなんだろう???
半艶状態だけど、磨いたら、どうなるんだろ??




場所を変えて野外撮影もしてみた。
表だとグリップ白っぽいな。。




このグリップを付けるとなると、デト本体は、綺麗に整形して、黒メッキ風か濃い艶ありブルー系の塗装かな・・・
でも、本体の深い傷跡の修復は面倒くさそうだし、使い込んだ黒系で少しだけ下地の銀が見える塗装かな???



あれこれ、どうするか考えるのも、トイガンカスタムの楽しみですね。
特に力量の無い私は・・・♪
想像だけなら、いくらでも出来るかんねwwwwwww




軽いてキズだらけと言う二つの欠点を持っていたABSデトですが、このエジプトグリップのお陰で、一つの欠点はクリアされた!! 
あとは、、そのうち、、塗るしかないね~☆
(内緒だけど、マルイデトは目をツブッても完全分解できるけど、MGCデトって、完全分解した事ない・・・・汗)  

Posted by 塔四郎 at 18:14Comments(2)ABSモデル

2011年02月20日

MGCデトの撮り直し♪

前回のダメージデトの最新版の撮り直し画像♪


ヘアライン入れると、も少しリアルになるかな?




そういえば、リアサイトが取れて無くして、なんか適当なのを付けてるんだけど、
なんのサイトを付けたかまったく記憶にないな・・・・(汗)  

Posted by 塔四郎 at 21:32Comments(2)ABSモデル

2011年02月18日

手抜きカスタム(MGCデトグリを重くする)

MGCのデトニクス(特にABSモデル)は軽い!
つか、昔はMGCでHWグリップとか売ってたような記憶がする。。。。





で、作った! 鉛HW・・・・・(笑)

1.ノーマルプラグリの重さは9グラムしかない。。
2.で、裏側に適当に鉛シートを貼る。
3.粘土パテで埋める。
4.机に120番位のペーパーを置いて、その上でグリップ裏面を大根おろしの要領で
  擦りおろして平面化する。最後に適当な色塗って完成。(超手抜き・・・ww)





これで片側グリップが17グラム増えるって事は左右で約35グラムの増量!!!
真面目にやれば40グラム位はウエイトUPするよん♪
ABSデトだとカート入れても600グラムに届かないから(550グラム位だっけ?)
40グラムの増量は大事なのよ・・・(私にとってはwww)  

Posted by 塔四郎 at 15:47Comments(0)ABSモデル

2011年02月17日

ボロボロなデトニクス

庭に埋まってました!  usodesu

むかーし、むかーし、MGCが銀色デトを新発売した頃、新品で購入したのが、このデト♪
たぶん、我が家で最古のトイガン?


庭から発掘しました! dakara uso desu
さんざん撃って、確か生まれて初めて色塗ったトイガンがこれだったような・・・?
元は銀メッキモデルだったのに、それに飽きて本体を黒く塗って、グリップは純正の茶色を、
最初は白系で塗ってたと思う。 で、しばらくして今の黒色に塗り替えた年代物www


なぜか捨てずにいつも家の片隅で生き残ってたデト♪
1年ちょっと前に、あまりにボロボロだったので、表面をコンパウンドで軽く磨いて汚れを落とし、
そのまんま、天然で古びた感じが面白かったので部分的に茶色を塗って錆びを演出??(笑)


本体の塗装は何層にも重ね塗りしてます。確か、銀メッキの上に普通の艶消し黒を塗った記憶もあるし、
その次に、ラッカー黒塗ったり、また、その上から青っぽいのも塗ったような??
当時は、塗料を剥がして新たに塗るなんて知識はなかった!!wwww





で、最終的には、どこのトイガンSHOPでも置いていたマルシンのポリッシュブルーで塗った。
下の画像は、去年かな、ヤフオクでそのポリッシュブルーが出品されてたので懐かしいから落札した物です。www

このスプレーは吹き付けた後にテッシュとかで磨けば、表面が超メタルカラーになる! 
誰でも簡単に金属の色合いで塗れた優れもの!!!
でも、欠点があって、触ると手に色が付く・・・・・・・・・・・・(笑)
ようは、鉛筆の粉をスリ込んだのと同じような感じ。。。
上のデトニクスは、それが嫌でラッカークリアを最後に吹き付けてます。
部分的に今でも金属のような虹色で発色してる箇所があります。
(右フレームのグリップ上部や刻印周りが画像でも分かると思います)


夢よもう一度で、ヤフオクで入手した同スプレーでマルイの要らないスライドに吹いてみた。
一応、ガスは生きてたけど、大粒、小粒の液体が放出されて、、デコボコ表面になり、
それを平面に見えるようにペーパーとかで修復したのが、この写真です。
まっ、缶スプレーとしては終わってたけど、中身を取り出してエアブラシ塗装できるかも知れないので大事に仕舞っておきます♪

話しがMGCデトからマルシンスプレーの紹介に変化球wwwwwwwww(汗)  

Posted by 塔四郎 at 18:32Comments(0)ABSモデル

2011年02月14日

MGC銀デトニクス・ジャンク品

以前にヤフオクで手に入れたMGCの銀メッキなデトニクス。。
かなぁぁぁぁ~りぃ、安く手に入れた記憶があります。

今回の画像は落札後、グリップを純正木グリに替えて、グリップスクリューは確かWAのV10あたりの物です。
実銃サイズのマルイに対して、フレームが長いヘンテコなMGCデトだけど、唯一、市販されていた貴重なモデルガンデト!

素材はABSなので金属カートを入れても、この重さ・・・・・・・・・(大泣きww

本当はスライドストップやセフティなども銀色のオールシルバーモデルが欲しかった・・・

あっ、ジャンク理由??????
ひと目で分かりますよね、、上の画像で・・・・・・
このスライドストップのノッチつうんだっけ?その部分の大変形wwwwwww
MGCのデトニクスは強烈なブローバックが楽しめたモデルなので前のオーナーさんがバカスカ撃ったんでしょうね?♪

きっと気長に待っていれば、ヤフオクで中古スライドが出てくるでしょう・・・・
でも、高いのは嫌だなぁ・・・・www
とは言っても、メッキだし、ここまで変形してたら直せないよね????
だから、ジャンク品なのか?(笑)  

Posted by 塔四郎 at 17:08Comments(0)ABSモデル

2011年02月13日

エングレーブなデトニクス1

実は私はある組織の人間です。
その組織の名前は「エングレ倶楽部」と言います(笑)
会員ナンバー34番! つか、成り行きで会員になってるだけ・・・(汗)
私が、こうしてNETでブログやホームページをするきっかけになった人達が集まる掲示板の方々が
なぜか、皆さん、エングレーブって言うのか、簡単に言えば彫刻されたトイガンを見せびらかすんです。
それまでトイガンショップの片隅にとかで飾られてるのは見た事あったけど無縁なもんだと思ってた。。。

でも、去年生まれて初めて行ったブラックホールで、お名前だけは存じ上げていたエングレ彫刻の第一人者「井浦先生」に出会ってしまった!!!
ジョンウェインの銃にエングレを彫った、先日、50周年を迎えた大巨匠の先生様だ!!
倶楽部の人が「先生、先生」と慕う気持ちがすぐに分かった!!
物腰が柔らかく、お話し好きで、特にエングレの話になると少年のようなキラキラした目の輝きが、、、
で、そのブラックホールで、先生が彫られたKSCのクーガーが売られてた。。
店頭プライスは3万円でした。 1年ちょっと前の金銭感覚がまだまともだった頃の私には、
おもちゃの鉄砲に3万円!!!!!!!!! そんな高価なの過去に買った事はない!!!
でも、欲しい! 何度も何度も、その前を行ったり来たり、、、で、決断した!「これチョーダイ」と・・・・
そしたら、掲示板とかをチェックされてる先生の奥様が「塔四郎ちゃんなの?」とお声を掛けていただき、
「だったら、これでいいわよ」と値引きしてくれた!!!!

こうして、生まれてはじめてカスタムされたエングレ銃を手に入れた。。。
(あっ、市販品のマルシンの金属モデルガンのエングレとかは既にいくつか持ってたけど)
それから、いろいろと先生宅に伺う用事もあって、、、その同行者と言うのかな、
そこで倶楽部同期のkikuさんと何度も会うようになって、、この方は、トイガンコレクターとかじゃなくて、
趣味でエングレーブをお勉強されてる方なんですよね! 先生の家ではいつも何か先生に教えて頂いているようで、
もう、はたから見れば、完璧、師弟関係!!! 






で、その彼が今年のブラックホールのエングレコンテストに出品したのがこのデト!(あぁ、、前フリが長かった!!)

一番弟子?のkikuさんの彫ったエングレデトです!
素材はMGCのABSモデルガン! 
それを数ヶ月かけて、フルエングレされてます! 
すべて手彫りです。 
気が遠くなるような細かい作業です。

ABSの安っぽい地肌が別物の輝きを放ちます! 
現時点では色塗ったりしてません。
ABSを磨いた状態かと思います。

あとは、これを私がどう仕上げるかなんですよね・・・
色を塗るのか、それとも??
まっ、とにかくグリップは替えたいのでヤフオクで落札・・・・
でも、ぜんぜん、連絡の来ない出品者で、、、どうなってるんだ???

つう事で・・・・・

しばらくの間、先日紹介したMGC限定HWモデルに付けていた赤みの強い木グリを移植♪

これは、これで似合いますね!!!\(^▽^)/

あとは、本命のグリップ到着を待ってどう仕上げるか決めます♪  

Posted by 塔四郎 at 15:36Comments(2)ABSモデル