< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2011年07月20日

GスミスSパイソンにコルト純正グリップ装着

オフ会で、塾長から譲り受けたコルト社純正のパイソングリップです!

それをGスミスSカスタムのパイソンに取り付けました。
パイソンにも「うるさい」、、よっしー先輩に、お褒めを頂いた仕上げとなりました!!(笑)



コルト社純正のパイソングリップはメチャ高いんですよねぇぇ!!!
ヘタすると、中古マルイデトが3~4丁は買えるwww



私は別にトイガン用の木グリでも良かったのですが、、まわりがそれを許してくれない・・・・(笑)



純正グリップは無加工でバッチリとタナカのパイソンに装着しました。(つか、塾長が付けてくれました・・・汗)



ピッタリとフィットしてますね~☆



うぅぅ、、、セクシー!!!!!



左右のグリップの密着度はイマイチなような事を塾長は言ってましたが、私は気にしない♪
てか、フレームピンの入る穴を少し掘り下げればOK? やらないけどwww



ダミー弾頭も特徴的なペガサス・パイソン♪



コルト社純正の木グリップ!!! マジ! 最高っす!!!!





で、元々、付いていた、タナカ純正のプラグリップ(裏側にウエイト入り)は、この同じタナカの銀メッキパイソンに付けた。
銀パイソンには、上の画像に写るタナカ純正の安っぽい木グリが付いていたけど、軽いのよねぇぇ、これ・・・・



タナカペガサスの青と銀のツーショット♪



コルト社純正グリップを付けた青パイソンは、見た目は凄く良くなったけど、超軽量化になった・・・・
もともと、グリップ内のフレームには、丸く重たい純正仕様のウエイトが入っていたのですが、それを付けたままだと、
グリップスクリューのネジ穴の位置が、実銃用とタナカでは微妙に違っていてネジがぶつかるのでウエイトは外された。。。
それに代わる鉛ウエイトを作って、実銃グリップのネジ穴に合わせて装着したけど、それでも、この重さ・・・・泣!!!



反対に、タナカ純正のウエイト入りグリップ&フレームウエイトを取り付けた、銃身の短い銀パイソンがこの重さになった!!!
重さの逆転現象である!!!!!wwwww



青パイソンを重くするには、グリップ裏を削り鉛を入れる方法もあるけど、高価なパイソングリップを削る根性が私には無い・・・泣
あとは、インナーバレルに鉄棒入れたり、シリンダーのガス室に鉄粉入れれば、重くなるんだけど、
やはり高額なGスミスSのパイソンにそれは・・・汗!!



つう事で、青パイソンは壁の置き物に決定して、パイソン持ちたくなったら銀パイソンで我慢する事になった!(笑)



以前は一番好きなリボルバーはチーフ系だったけど、今はパイソンが大好きになっている。
これも、塾長やよっしー先輩の悪影響かと思われる・・・・(汗)



この銀パイソンは大分昔に新発売された時に買ったヤツでヒケが多いんですけど、なんか、
メッキも経年劣化でにごってきたら、気にならなくなったwww



てか、タナカのなんちゃって木グリップは、結構、いい感じですよね♪



さてと、オフ会ネタの次の銃は、、、あれだな♪
まだまだ続く!!www  

Posted by 塔四郎 at 17:46Comments(2)タナカ

2011年06月22日

パイソンの青と黒・ツーショット(笑)

GスミスSパイソン自家製ウレタンパイソンを野外撮影してみた。

この日は紫っぽい青に見えるGスミスS君です! 光の反射が眩しすぎますwwww



自家製ウレタン君も以前に青組を少し上塗りして黒組だけの時よりは若干青くなってるけど、並べて写すと真っ黒ですね。



表面を見比べてみると、やっぱ、GスミスSの仕上げはウレタンぽく見えるなぁ・・・・
なんて言うのかな、普通の塗装皮膜だとキズとか付きやすいけど、なんか強固な感じがする。。
自家製ウレタンと同じような肌触りだし・・・?



我が家は、裸で、そこらに鉄砲を置きっ放しの家だから、こうした綺麗なヤツは本音で言えば管理が面倒くさい・・・(汗)
まっ、そのうちに、ホコリだらけになったら、オフ会で遊びに来るY先輩が磨いてくれるのだろう?(笑)



Y先輩って、本当に銃を大切に扱うんだよね。 私の家に来て、ホコリだらけのヤツ見つけると、丁寧に勝手に磨いてくれてる。
その姿から、トイガンに対する愛情って言うのかな? 自分のも他人のも関係なく大切にしている気持ちが伝わってくる。。
いろんな人が、いろんな楽しみ方や接し方でトイガンを趣味にされている。 人それぞれだけど、みんな素敵な人達ですね~☆

  

Posted by 塔四郎 at 08:40Comments(2)タナカ

2011年06月20日

GスミスSのパイソンにダミー弾頭装着

GスミスSのパイソンをイジる・・・

見た目はいいのですが、素材がABSなので、チト軽い・・・



我が家のジュピターのこの子は、この大きさで545グラムあります。
(つか、この子はガスシリンダー内部に鉄粉入れて、銃口やグリップ裏側に鉛を詰め込んだ発射できないガスガンですけどwww)



そのウエイトアップとビジュアルの向上のひとつが、このシリンダーから見える鉛のダミーカート弾頭です。
奥にいるシリンダーに何も入っていないパイソン君だと、ちと見た目が、モロにガスガンwww



これは、NET仲間で北海道のカスタム名人「僕は・・・さん」に以前に作って頂きました。



シリンダーのガスタンクを外して、内部のゴムパッキンを外します。



外した穴にダミー弾頭を押し込むだけのお手軽カスタム♪
まっ、私がBB弾を入れてリボルバーのガスガンを撃つ事はまず無いですが、もし、撃ちたくなっても、
元に戻すのも簡単です~☆


まっ、気持ち重たくなりました♪
もっと重くするなら、ガスタンクのバルブを外して、そこから鉄粉を入れれば、ぐっと重くなるけど、予備のガスタンクでもあればやりたいかな?
今は、もったいないの気持ちが強いwwwwwwwwww



つか、今回は重さより見た目重視でのダミー弾頭でございますww
(弾頭は内側が広がっており、このままガス入れて撃っても、前に出たり飛んだりはしません・・・安全なフタですwww)



本格的なウエイトUPは、まず、グリップを変更してからかな??
今は純正の樹脂グリップで、内部にウエイトが付いてるけど、木グリにするとウエイトなくなり、又、軽くなるやん。
妥協できる軽さやバランスならいいんだけど、、最悪は、インナーバレルに鉄棒突っ込んで、ガス室鉄粉満タンの無稼動ガスガン????
「それは、もったいないから、やめろぉぉぉ~~」と、Y先輩の悲鳴が聞こえそうwww(笑)  

Posted by 塔四郎 at 18:48Comments(0)タナカ

2011年06月20日

GスミスS製カスタム・パイソン!

GスミスS製タナカ・パイソン・カスタム!

ヤフオク落札品の中古ですがGETしました。



前のオーナーが4~5年前にオーダーして作ってもらったそうです。



その内容は以下の通り♪



・バレルとフレーム、シリンダーはブルースチール塗装。
・ハンマー、ラッチ、トリガーはブルーイング仕上げ。
・バレルとフレームの上面、銃口、フロント、リアサイトはマットブラック仕上げ。
・刻印は実銃に基づき打ち直し及び追加。



内容的にはGスミスSさんのホームページにある、こちらのパイソンと同じような仕上げかな?



がっはっはっ!!!
よっしー先輩にGスミスSのカスタム銃を魅せられて、それから鏡面塗装に走ったけど、
ついに中古とは言え、GスミスS製のカスタム! それもパイソンを手に入れた!!
超うれし~♪



とにかく、全体がヌルヌル艶々でセクシーです。



あっ、素材はタナカのガスガンです。
グリップはドノーマルのプラ製・・・・(いつか木グリに替えます)



さすがプロのペイント!
私のとは段違いの美しさwwwwww



どアップ!



静電気のせいか、やたらホコリがくっ付きますwww



ブルーイングのトリガーと本体ペイントの色も違和感なし!!・・・完璧です♪



分かります?
バレルの上の方やフロントサイトはマットブラック仕上げなのが・・・?



この艶は、ウレタンクリアーなのかなぁ??
今度、あじゃ先生に鑑定してもらいます♪



カートがバッチリとフレームに映ってる!! 完璧な鏡面仕上げ!



うーん、、セクシー!!!wwww



このパイソン、ヤフオクで、かなりお安くGETしました! 



私は、一度、よっしー先輩がGスミスSさんで仕上げたカスタムしたのを見てるので、その完成度の高さは知ってます。



このパイソンはヤフオクに2週出品されてて、最初の週は入札者ゼロでの再出品、、その際にスタート価格が5千円下がった。



最終日、それでも誰も入札しない!!!
同じタナカのジュピターパイソンよりもお安いのにwwww



丁度、ボーナスも出ていたので、この機会を逃すと二度と手に入れるチャンスは無いと思い落札しやした♪



見てよぉぉ~~ マズルもマッドブラック仕上げ!!
色の塗り分け? さすが、プロ♪



バレル上部のマット部分を再び撮影~☆



深みのある青です!!



7月17日のオフ会で見せびらかします♪



あっ、ちなみに、一度もトリガー引いてません。
だって、シリンダーにキズ付いたら、イヤじゃんwwwww



アップの撮影に耐えられるパイソン?(笑)



むひゃひゃひゃひゃぁ~~~☆



こうゆうの見ると、いつかはGスミスSさんにデトニクスのカスタムを依頼したくなるなぁぁ~!



最後は、先日仕上げた自作ウレタンクリアーのパイソンとツーショット!!
自作は、輝きにムラがあるのが、並べると目立つ・・・・(汗)

てか、嬉しくて写真撮り過ぎた!!
画像貼り過ぎwwwwwwwwww  

Posted by 塔四郎 at 11:54Comments(6)タナカ