< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ

2018年03月16日

パイソン軍団

前回からの続きです。

我が家のコクサイ製パイソン軍団の内訳は、金属モデルガン3丁、樹脂モデルガン1丁、ガスガン2丁の計6丁です♪
全部並べて気が付いたけど、どれも本体の色が違いますねw



ゴージャス過ぎる金メッキと、塗装のようにも見える銀メッキ?



初期型パイソンをメッキ工房で再メッキしたけど、色むらのあるパイソンや、



左右にガスガンに従えたバレルの短い金属パイソン! 



このパイソンは、この前、再メッキしたばかりなのでいい感じなのですが、、



タナカのパイソンの純正木グリップを装着してるけど、ラインが合ってないんだよね、コクサイに付けると、、、汗
木グリだから削って合わせる事も可能なんだろうけど面倒くさいやん! てか、実銃の世界でアメリカ人は、これ位は気にしないかと♪
(↑ お前はアメリカ人じゃねぇだろう!!!w)



多分、我が家のコクサイ軍団の中では一番の最新モデルじゃないのかな? ピカピカの金属パイソン♪



このメッキで出たばかりの頃は、超派手に見えて、コクサイどうしたのと疑問に思ったけど、見慣れて来たら、
とってもゴージャスで、これはこれでありだなとw



で、色むらの金属パイソンですが、薄い部分でもまだ金色です、、ただ、シリンダー部分の再メッキの色が濃いので見た目が悪い。



と言って、薄い金色に合わせて整えたら。直ぐに再メッキをする事になるので、濃い色に合わせて近く仕上げ直します。



以上が我が家のコクサイ製パイソン軍団でしたが、



メーカー問わずのパイソン軍団だと全部で9丁です。
タナカのペガサスが2丁とマルイのガスガンが1丁、、、、、この流れで、明日は、タナカとか掲載しようかな?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイ

2018年03月15日

樹脂モデルガンのパイソン

前回からの続きです。

コクサイネタが続きます! 
以前に5000円でGETした樹脂製モデルガンのパイソン君です♪



5年以上、壁の置物と化していました、、、、汗



埃を拭きとれば、綺麗なヘアラインも見えるし、見た目はいいですねぇ、、、さすがコクサイ!



ただ、以前のブログにも書いているけど軽いんですよねぇ、、、だから、購入後、ずっと壁の置物、、、、、笑



コクサイも廃業したので、大切にしなきゃいけないなと、、、ただ、このまんまだと再び壁の置物になるので、
この純正樹脂グリップの中にウエイトでも入れようと、、



購入後、初めてグリップを外したら、、、



純正のウエイトが真っ赤に錆びてました!(笑)



つか、樹脂グリップと錆びた鉄板ウエイトの間に鉛板を入れても、それほど重くはなりそうもないスペースしかないので止めた!



代わりにパックマイヤーの中古グリップをヤフオクで4000円で落札!



ただ、実物が届いたら、手油のせい? 



ゴムが白や茶色に変色してるやん、、、、汗



バーナーで熱して黒っぽくして、



シリコンオイルでフキフキすれば出来上がり♪



ちなみに実銃用のグリップなので、本体への装着はマーカー部分の突起が干渉して入らないので、、



突起を削り落としました♪



よくある銀黒のパイソンの出来上がり!



気になる重さはカート込みでこんだけ、、、、、泣



ノーマルグリップの時と比べて約20グラムも減量しちまった!



パックマイヤーを外して元の錆びたウエイト入りのグリップに戻して、他のコクサイ製パイソンと集合写真!



今回の樹脂製パイソンのモデルガンは、547グラムも566グラムも実際に持つと大差無いです、、、どっちもウルトラ軽いだけ!w
重たいのは初期の金属製を再メッキしたこのパイソン! 材質の違いもあるけど、見た目は同じで倍近く重さが違うんだもん、、、
だから、コクサイの場合はモデルガンは金属を選んじゃうんだよねぇぇ、、、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイ

2018年03月14日

コクサイ・ガス・パイソン

前回からの続きです。

我が家のコクサイ製のガスパイソンは2丁ありますが、カートは1丁分しかありませんでした。



よって、1丁分を買い足しました♪
ヤフオクで、たまに思い出しては検索して、やっと、去年の11月頃に落札できました。 
まだコクサイ廃業の知らせがなかったお陰で安かった?



ガスガン用のカートなのでケツは穴が開いてるけど、、これは仕方ないですねw



ウレタン仕上げのパイソンはY先輩からの頂き物で、マットブラックは以前にカート無しで3600円でヤフオクからGETしたパイソンで
やっと、2丁共、カートを入れたり出したり出来ます♪



自家製ウレタンクリアーで仕上げたこの子は、コクサイ純正の木グリを装備させて、我が家のパイソン軍団の中でもTOP3の見た目?
ただ、木グリなので軽いのが難点。。



久しぶりに手にしたので、グリップの中を開けて、少しでもウエイトを入れられないかをチェックしたけど、せいぜい鉛を入れても
5~8グラムくらいしか重量アップしそうもないのでパス! いや、木を削って鉛を入れれば重く出来るけど、もったいないじゃん、
今や入手が困難なコクサイ純正の木グリですから、、、、貴重品ですw



カートを入れても600グラムにさえ届かず! マルイのデトニクスよりも30グラム軽い、、、、笑



もう1丁は、コクサイ純正の樹脂グリップモデルならこの重さ!
最近は、あまり重さには拘らなくなったので、ギリギリ妥協点の重さかと。。。



どちらもコクサイのガスモデルだけど、どっちかが旧型で、どっちかが新型だと思います。
だって、微妙に作りが違うから。。



フロントサイトに赤があるのと無いのと、、



刻印があるのと、



無いのと、、、



まっ、、どっちがどっちでもいいんですけど(笑)



以前にもブログで書いたと思うけど、私はハンドガンならオートよりリボルバーの方が本当は好きなんです。 ただ、所有する数が
少ないのは、上で妥協できる重さとか書いているけど、やっぱ、樹脂製は軽いし、特にフロント周りを重くするのが難しい。



重さならシリンダーが金属のタナカのペガサスで、更にジュピターモデルは最強なんだけど、あれだとカート式じゃないし、、
ジュピターのモデルガンも出てるけど高いし、、モデルガンならコクサイの金属の方が安いし、重いし、冷たいし、硬いし、、、笑
リボルバーは絶対にカートが出し入れ出来ないと私の場合はNG! まっ、、変態ですね、、書いてて自覚した、、、汗w
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイ

2018年03月13日

コクサイについて

トイガン好きの人にとっては今年冒頭のコクサイ廃業のニュースは衝撃でした。

古い世代の私にとっては「リボルバーのコクサイ」でした! MGCのリボルバーと何が違うのか正直分からなかったけど(笑)
そんなコクサイも、モデルガンの時代は良かったけど、エアガンの時代になってからは苦戦したメーカーではないかと?



長物では、モデルガンとエアガンを合体させたスーパーウェポンシリーズ(特にM700)などは大ヒットしてたと思います。
規制の影響でモデルガンが売れなくなり、新たな需要の掘り起こしで、モデルガンユーザーをターゲットにしたエアガンの開発が
各メーカーで行われ、いろんな品が出ていたかと、、、、



そんな中で、蓄圧式カートを使ったガスガンのM29がコクサイから販売されてマニアが飛びつきましたが、
発売から2週間くらいで実銃(真正銃)と大きく取り上げられた。 (画像はモデルガンです)



それでもコクサイは安全対策を施したガスリボルバーなど販売していました。 この画像のパイソンなんかは、その時代の物だと思います。
この頃になると、リボルバーのエアガンは当たらないし飛ばないと言うのが定説となりつつあり、あんまり売れなかったような気がする。



我が家のコクサイ製のリボルバーを全て集めてみました! 全部で15丁で、ガスガンが3丁、モデルガンは金属が7丁で樹脂が5丁でした。
国際産業からコクサイに代わり、古い製品を手直しして販売してましたが、ついに廃業しちゃったのね、、、、



モデルガン世代の私にとっては、今回のコクサイの廃業、、少し前にはハドソンやMGCが歴史に幕を閉じた。
モデルガンからエアガンに時代が変わって消えていったメーカー達、、、、泣



真ん中の銀色樹脂製のモデルガンも当時購入した物で、見た目と発火はいいんだけど、軽いんだよねぇぇ、、この頃の樹脂モデルガンは、
それから、次第に発火もしなくなり、そうなると重さと冷たさで金属製のモデルガンが増えていった? 金属の作動音もいいしね♪



消えた三社にマルシンを加えた四社が昭和の四強とも言えるメーカーで、CMCを入れて五強って感じかな?
小学生の頃に、映画やドラマ漫画に出て来る鉄砲を形にして販売してくれたメーカーさん達のお陰で半世紀近くも趣味が続けられている。
数えきれないくらいの思い出や出会い、、コクサイの目黒のガンショップなんか夢に出て来たもん、、、聖地としてw
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)コクサイ

2012年11月09日

パイソン木グリをGET

デトが本妻だとすれば、エンフィや長物が愛人なんだけど、、実は、隠れパイソン党でもあるんです、、、私♪

以前のブログで掲載したGスミスSの青パイソン(タナカ・ペガサス)と自家製ウレタンクリアの黒パイソン(コクサイ・ガスカート)の画像です。



その後、もう1丁の黒パイソンが手に入ってしまって、同じグリップが付いたモデルが2丁になってしまった時の画像。。
これは重複グリップ禁止の我が家ではルール違反ですが、、コクサイ・ガスカートのグリップとなると簡単には手に入らず、、、





ミニミやコマンダー風デト外装が届いた日に、やっと、念願のコクサイ純正ガスカート用のグリップも届きました!!!

ご存知のように実銃用やタナカやコクサイのモデルガンに付く木グリは高い!! 数千円の古いカート式パイソンには高いし、
それ以前に、グリップ裏側を大量に削って、ガスタンクが入るようにしなければ装着は不可能!!




で、やっと、見つけたコクサイ純正の、このグリップは なんと、ヤフオクで3570円でGETできました♪

コクサイの純正木グリは、金属モデルガン用のパイソンの物を持っていて、、その造形は、よっしー先輩も認めておられました。
今回、届いたグリップも同一の仕上げレベルで大変美しく、取り付けた跡も見当たらないので新品デッドだと思います!



さっそく、自家製ウレタンクリアの黒モデルに装着! 野外撮影で青空が写ってしまい、まるでGスミスSの青パイソンみたいな画像!



めちゃくちゃ長いハンマーがコクサイのガス式パイソンの特徴でしたっけ??  私は気にしないけど♪



重さに拘る私はリバルバーは大好きだけど、、どうしても重量がネックになり、金属製モデルガンのリボルバーの方が数増えるけど、
樹脂製は、やっぱ、外見の見た目が実銃ぽく仕上げる事が許されているから、、これまた、、複数所有してしまう、、、パイソン!



重さ重視で、シリンダーが金属のタナカ・ガスリボルバーにハマッた事もあるけど、、、、、カートが入れられない!!!



古い世代なんでしょうか?  やっぱ、、例え弾頭がチープでも、こうやってカートが入れられるリボルバーが好きです♪



それにしても、去年、一時期、マイブームだったウレタンクリアー仕上げ、、、ずいぶん、やってないなぁぁ~!! もう塗り方忘れた、、汗!



てか、3570円のグリップには見えませんね、、、破格値で良い物が手に入った時って、人は最大の幸福感を感じます!!
今回の休みに届いたミニミと実銃スコープ、それにSさんの外装、そして、このグリップ、、、全部足しても3万円台!!  がっはっはっ、、
今月も、、生活厳しいど、、、、、、、、(汗)  

Posted by 塔四郎 at 08:39Comments(0)コクサイ

2012年06月18日

金属パイソンのウエイトUP

前回からの続きです。
つか、今週はネタ少ないです、、、、汗!

金属モデルガンの魅力は、樹脂製トイガンでは真似の出来ない重量! 冷たさや作動音も魅力ですが、やっぱ、重い事が最大の魅力!
木グリ装備の、このパイソン! この重さでも樹脂ガンよりは充分魅力がありますが、金属のわりには軽い? 普通って感じで驚きが無い。



と言っても、銃口は既に塞がれているのでウエイトは入らないし、カートを重くするのも手だけど、やった事はないし、
いつものようにグリップで隠れたフレームの中に鉛を入れる位です。 



フレームの丸い穴開き部分に合わせて、以前購入の2.0ミリ厚の鉛をハサミで切る! さすが厚みのある鉛なので4つ重ねるだけでOKだった。
これが以前のように、0.5ミリ厚とかの鉛だと、16枚も切るワケで大幅に作業効率がいい!



ぐわっはっは!!!  約950グラム!  うん、これなら鈍器としての怖さを感じられる重さです!
手にした時に、想像より重い事、、それが重要です。。  我が家では(笑)



で、すべて完成! 大きな画像でお披露目です♪



てかね、、、パイソンは大好きなリボルバーなんだけど、樹脂製で、もっとリアルなのも持ってるけど、
家で触るのは、いつも金属パイソンだけwww



他のは軽いんだもん!  眺めるだけって感じかな。



うし、、これにて、このパイソンは終了!!  数ヵ月後、めっきが色褪せなければ~☆






ちなみに、これが去年の9月に我が家に届いた時の、このパイソンの状態! なんてったって1万円の中古でしたから!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 08:11Comments(8)コクサイ

2012年06月16日

パイソングリップ完成

前回からの続きです!

はーい! 新旧のコクサイパイソンのグリップが出来ました♪
つか、前回のエコーさんのコメントで気がついたけど、古いパイソンの方が、確かにエッジとかシャープに見えます♪



話しを戻してと、、、焼いたグリップはそのまんま装着したので汚いです・・・・・・・(あとで、アマニ塗ります)



やっぱ、、パイソンは金属がいいです! 重さと冷たさは、、樹脂では無理だもん。。



ラバーグリップは、まんま、新品グリップみたいな感じで仕上がりました!  



ただ、、以前、このラバースプレーを使った時の感想は、下地にミッチャクロンを塗っても、剥がれやすかったと記憶しています。



グリップのチェッカー部分って言うの? それぞれの山の頂点部分! そこに塗料と言う雪が積もって凍ってるって状態でしょ?
それを上から手の平で圧迫するワケで、まして、山の頂点は面積少なく尖っていて、下地塗っても剥がれ易いと私は思う。。



一箇所でも剥げれば、そこから簡単にベリベリと皮をめくるように剥がれます。 (経験者は語る~☆)
でも、今回は、まっ、、剥げてもいいやで塗ってます♪  持ち運びは、バレルを持てばいいんだし♪  (おいっ!)



根性焼きした木グリは汚いっすねぇぇ!! 
アマニ塗る前に、細かいペーパーとかで表面ツルツルにしよっと!!!!!



て事で、こちらのグリップは再度手直し、、、あぁ、、めんどう、、、、泣!  

Posted by 塔四郎 at 08:43Comments(4)コクサイ

2012年06月15日

パイソングリップをイジる

再メッキした古いコクサイのパイソンと同じくコクサイの現行版のパイソン!

共にグリップが気に入らないっす!



現行版のグリップは重い樹脂で出来ていたので、なんちゃって木グリ風に以前に加工してたけど、やっぱ、どう見ても変!!!(笑)



で、このデカグリップには、ミッチャクロンを塗って、、、



なべさんのトコで見た記事で、あぁ、、うちにもあったな、、メディコムのラバースプレー!! と、思い出して、それで塗る♪



タナカ純正の木グリは、やっぱ、色が気に食わないので、、、 (フレーム形状と合ってないとかは気にしないwww)



いつもの作業場では、塗装とか同時進行で行ってたので、卓上ガスバーナーを持って、台所で根性焼きにする! 
がっはっは、、焦げ臭いww   続く♪  

Posted by 塔四郎 at 22:08Comments(0)コクサイ

2012年06月15日

再めっき!

金めっき液が手に入ったので中断していた金属パイソンの再めっきを開始します。

丹念に洗剤で水洗いをして、手にはゴム手袋はめて、いざ、作業スタート!



大量にめっき液があるので、どんどん、新しい液を使って、、ほれ! ほれ! って感じで金色に!!(笑)



めっきしては洗ってウエスで磨いて薄いトコなどに、又、めっき!!  



濃く染まる部分と薄い部分があるな? 下地の光沢の差なんだろうなぁ、、、全部、綺麗に研磨してから、めっきすれば良かった、、、汗!



作業中、めっき工房のAC電源のコードが、金めっき液の容器に当たって倒れ、床にめっき液がバシャー!と、、、、
すぐにテッシュで吸い込み、絞って容器にこぼれた液を入れました! さすがに撮影する余裕は無かったですwww



で、これ位の仕上げでパーツを組み付けてみました!



シリンダーはピカールで磨き過ぎて、ちっと、、銀色に、、、汗!  まっ、、組み込んでからでも、再めっきは可能なレベルです。



木グリはニス仕上げだったのを削り落してアマニ仕上げに変更しています。



元々、タナカのガスガンに付いていた木グリだけど、、やっぱ、、イマイチ気に要らないなぁ、、、あとで、違うのにしよっかな?



めっき自体は、均一の色では染まってないです。 
でも、、元々、、そうゆう仕様までは目指していません! だって綺麗な金めっきパイソンは持ってるし、これはこれでいいやと♪



染まり過ぎると、少し赤っぽい金めっきになるのね。



金色金属モデルガンは色が禿げたらお終いだと思ってたけど、めっき工房!! 本当にいい時代になりました!



グリップの表面処理をもう一度やり直して、あとは、木グリだと軽いから少し重くするかな?
  

Posted by 塔四郎 at 15:15Comments(8)コクサイ

2012年05月19日

金めっきのメンテ

財政難で、鉄砲の買えない私ですが、、無きゃ無いで、、ヒマつぶしを考えます♪

以前に、めっき工房で再めっきしたパイソン! ちゃんと脱脂しないで金めっきをしたせいでしょう? ご覧のまだら状態、、、汗!



ブログ内を調べたら、去年の9月にめっきしたのね、、このパイソン♪ 
(この画像は当時に撮影したものです。 他の今回の画像と比べれば、全体的に金色でしたね)




めっき工房は脱脂をちゃんとやらないと、こんな風になるみたい!  まっ、、油の上には、めっきも塗料も食いつかないわww!
あっ、、このパイソン以外の再めっきした金属モデルガンは、今も綺麗に金色してやすので、めっき工房自体は問題無しです♪



ここ最近、めっき工房で遊んでないから、、再めっきしよっと!



で、バラした後に気が付いた!!  金めっき液の在庫が無い事に!!!!
金欠で液も買えないので、、このまんま、、放置!
アホだ!(笑)

  

Posted by 塔四郎 at 12:35Comments(6)コクサイ