< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2013年09月09日

プロテック再ブルーイング

前回からの続きです。

手持ち在庫の切れていたブルー液2種類が届いた! プロテックのメッキが染まるのは、スーパーブルー液です。



以前に再ブルーした時よりは、ほとんど銀色に近い状態にまで色を落としています。



ほんで、染める。。



全体的に染まったら、、



研磨して色を落とす。



で、完成!



ウルトラリアルになるんですけど、、、



それは、前回に染めた時も同様だった。。



今回も、時間が経過すれば、また、茶色くなるんだろうなぁ?



しばらく様子を見て、茶色くなるようなら、次回は、染めた後にコーティングしちゃおうかな?



自分で染める前、、元々、プロテックさんが染めた状態の時で、購入時の青味が段々と取れて来た時に、プロテック製のコーティング剤を
塗った事はあったけど、変色は防げなかった。。 まぁ、、技術的な問題もあったと思うけど、、、笑!



だから次にコーティングするなら、クリア塗料で塗ってしまおうかと考えてる! 喰い付きは悪いだろうけど、ビンテージ仕上げなら
剥げても、誤魔化しが効きそうだし♪



まぁ、、こうやって、定期的に色々実験できるのも考え方を変えれば楽しみだし、、、笑!



クリアを塗る、、部分的に剥げる、、、剥げれば段差が生まれる、、、それは古い鉄なんかでもそうした表面のデコボコはある。
では、そのクリアの剥げた部分をどうするか? 赤サビ風に色を塗る、、、うまく行けば、超リアル!  なんてね♪  楽しまないと!!
  

2012年02月04日

テカテカ・コンビ?

再びツーショット!

以前の状態は知りたい方はこちらのブログへどーぞ♪



金属小物パーツのトレード大正解ですね! 前よりずっといいい!!



黒塗りエンフィの質感はブルーイングと並べても見劣りしないと思う私は親馬鹿です、、多分?? (笑)



でも、、なんで、、今更、、エンフィなんだろう??



元々、、大昔にも買った事のあるモデルガンでしょ?  なぜ、、今頃、、ハマッているの?



多分、加工する素材としてはイジり安いし、ちょっとした手直しで別物に生まれ変わるし、、中古なら安く手にも入るし、、、



カスタム入門用としては最高な素材だから、、今の私に丁度いいんだな、、きっと♪



てかぁぁぁぁ!!  カッコイイぞ、、、虹色ブルーイング!!!!!



まっ、、手前のエンフィは、、全部、人様が行ったカスタムだもんね、、カッコイイはずだわ♪



黒艶の白グリップが私の作ったエンフィかぁ!!  グリップが塔四郎ぽさが残るな、、、くそっ!www
でも、、、黒塗りは、、だいぶ、、いい感じでしょ??  そりゃ、、あじゃさんには敵いませんけど! 今度、青空の下で撮影したる!♪(笑)
  

2012年02月02日

愛情だらけ?

中京のご意見番! 味噌おでんの鬼! 鉄めっき普及委員会の元代表! モデルガンミュージアム副館長!
エングレ倶楽部の裏番長! 100万円ガバの所有者! と、、色々な異名を持つ花ちゃんの仕上げたブルーイングエンフィ!

それを私が譲り受けたんだけど、、やっぱ、、尊敬するご老体、、、じゃなくて、先輩のカスタム品だから、
ヘタにイジると怒られそうだったんだけど、前回のブログで金属パーツを虹色にしてもいいってコメントがあったので交換した!



いいね、、いいね、、 綺麗な濃紺のブルーイングに、虹色ブルーイングの金属小物パーツ類に、綺麗な茶色のグリップ!



美しいエンフィールドって数少ないけど、、このエンフィは美しいエンフィのTOPクラスに入れてもいいよね?



てか、、本当、、花爺さんは、隠れ技術者なんだよね、、、錆び塗装やめっき工房なんかも精通してやがるし!!
カメラの技術も凄いし、、、さすが、、長生きしてるだけの事はありますよね! 



褒めてんの? ケナしてんの?? どっちだって?? 
あのさぁ、、真面目に褒めると私も恥ずかしいし、、花ちゃんも恥ずかしいでしょ?
だから、ケナしながら褒めてんの!  あぁ、、、くそジジィって!(笑)



今回さ、、パーツ交換の為に各部を分解したワケだけど、、ちゃんと内部まで、綺麗にオイルで濡れてるし!!
手入れが行き届いているんだよね、、、鉄砲に対する愛情が凄く伝わる!!  たく、、くそジジィめ!(笑)



よっしー先輩も、鉄砲に対する愛情が物凄いんだよね! 一見怖そうな人なんだけど、彼の鉄砲を見ると、
凄く優しい人なんだろうなって思えるもんね!  あぁ、、くそ、、また、、人を褒めてしまった!!!!



つか、、うちの鉄砲、、作ったら、あとは置きっぱなしで、ホコリだらけ!!!
先日の新春BHに、井浦先生の黄門様デトを、そのまんま裸でポケットに入れて持って行ったんだけど、、
ポケットから取り出したら驚いてた人が若干いたwww そん時は気付かなかったけど、大事な鉄砲を普通はそんな運び方しないのね?(笑)  

Posted by 塔四郎 at 21:38Comments(3)ブルーイング

2012年01月26日

これも、やり直し

金属パーツの仕上げが未完成だった黒艶エンフィも、ショートバレルエンフィの再仕上げと同時進行でやってました。

お手本にしたのは、花ちゃんが作成したブルーイングエンフィです。



綺麗に金属下地を整えてブルーイングされてます。



それに対して色を塗った我が家の黒艶エンフィです。。



で、、、ブルーイングしようと思ったんだけど、、同時進行で作業してたショートバレル仕様の方で、真面目に研磨してブルーイングしたから、
同じ作業を同じ日にやりたくないじゃないですか???  ほんで、今回は、塗りをやり直す道を選びました。



何度も塗料を吹き付けて、、



強度を持たせる為に、最後にはオーブンに入れて焼付け塗装!!
ただ、以前に、オーブンで焼き過ぎてラッチを変形させた忌まわしい過去があるので、、2分位焼いただけ♪



うーん、表面のザラザラ感が残ってるし、、どっちかと言えば、マットブラック!!! やっぱ、、、ブルーイング???
面倒くさいす、、、、 で、、、怠け者の私は、、、、  ある事を考えるのでした♪

  

2011年11月07日

HWを染める!

HWエンフィールドですが、染める事にしました!

とは言え、我が家には素晴らしい染めの副館長のエンフィもいるし、自分で染めたポリスもいる。



頭に描いているのは、キズだらけの青くない汚いブルーイング??



荒めのペーパーで平面出しを気にしながら削ってみる。。



今回は真面目に金属パーツも削ったりしてwwww



で、80番位のペーパーでキズを入れる。。



てか、やっぱ難しいね、、キズ入れって、、、、汗!!



まっ、、いいや、こんなんで、染めてみよっと! (出た! いい加減www)



用意したブルー液は、GスミスSのブルーイング液「シャイニーブルーHW用」、、これなら、そんな青くならないよね??
てか、下地のHWを鏡面まで磨いていないので、青くはならないはず。。。



赤い実験容器に水で1:1で割ったり、1:3にしたり、いくつか実験して遊ぶ♪



で、しまいには、面倒くさくなって、いつものアルミブラックのプールに本体をぶち込んだり、赤い容器では、小物染めたりして遊ぶ!



最後にはパーマブルーだっけ、、青く染まりやすいの、、その子も登場!! いろいろ塗っては、真鍮で磨いてみたり、
スチールウールで磨いたりして、これまた、遊ぶ!!!!



結局、マルシン純正のエクセレントぽい色合いになって来た(笑)



わざと付けたキズは目立たない!! 塗装と違って厚い皮膜が載るんじゃないので、もっと目立つかなぁーと思ったけど、、、汗!



でも、まぁ、若干、平面は強調されたかな???
まぁ、いいべ、、組み立てて、最終仕上げしよっと♪  

2011年10月05日

ブルーイング・エンフィールドのグリップ交換

お花副館長から授かったエンフィの続きです♪

ノーマル樹脂グリップの時は564グラムあった重さが、木グリップに交換したら、500グラムを切ってしまった!!!
水に浮かぶくらい軽くなったような!!! (浮かぶか!?wwww)



元々、カート無しで頂いた物だから、カートを探してオモリ代わりに入れれば、少しは重くなるだろうと、、、、
他のエンフィの発火カートを取り出して(向って左側) カートBOXから似たようなサイズのダミーカートを見つけた!!



シリンダーに入れてみると、ピッタンコ♪  なんのカートだろ、これ? 弾頭が鉛っぽいけど? まぁいいや!!(笑)



これでやっと、カート無しだった時の564グラムをわずかに超えた。。。
その気になれば、木グリの裏側を削って鉛入れて、銃口塞いで、中から鉄粉パウダー入れれば重くなるけど、
たぶん、それやっても、マルイのデトの重さに届くかどうかだし、、面倒くさいので、これでいいや♪
  

Posted by 塔四郎 at 23:22Comments(2)ブルーイング

2011年10月05日

謎の小包

先日の日曜日の午後に謎の小包が届いた。

我が家では、ほとんど午前中指定でいろんなブツが届くのですが、掟破りで届いたこのブツは、何やら、赤い注意の紙がベタベタと、、、(笑)



中身は、先日ご紹介したモデルガンミュージアム副館長の花ちゃん様からのエンフィールド様でした。



ご本人でブルーイングされた品で、「ダミカ無~から5Kでいいよ♪・・・少々難あり(許容範囲?)」との事。
その他、「シリンダーハンドとボルト?・・・戻りが悪いので調整が必要です。組んだ時は正常だったので調整で治ると思います」
「シリンダーも少しガタがあります。バレルに2ケ所小さな窪みがあります。」などと、丁寧にメールで教えてもらったけど、
まったく一切気になりません! 窪みって、どこやねん!って世界ですwww



「染めた当初はもう少し青みが強かったけど幾度となくシリコンスプレーを噴霧して随分黒くなりました。」
「ミリタリーだから妙に青いより良い雰囲気が出たと思います。」
おっしゃる通りで大変にいい色合いです♪



副館長って、ホームページやブログもねぇし、100万円ガバだとか、鉄メッキのエンフィールドとか見せびらかすのは知ってたけど、
よくよく考えたら、めっき工房のアドバイスもして頂いたし、錆塗装のやり方なんかも教わった。。



実は、なんでもこなせるカスタムの達人なのかも。。副館長って??? (汗)  このブルーイング仕上げは最高な出来です!!



あっ、、話しは突然エンフィールドに戻って、、(あまり褒めると、くやしいからwww)
このプラグリは嫌いです。 後で木グリに変更です!!  ほんで、プラグリはビンテージ風に後日カスタムしちゃろ♪



カート無しでこの重さ、、、まぁ、リボルバーの樹脂製なら、しょーがないか!  てか、これ、確か、
グリップ裏側にウエイトが入っていたよね、、、グリップを木に替えると、、、激汗!!!!



とにかく、想像以上に素晴らしいブルーイングでした!
HWと金属パーツも違和感無いし、、元々は組み立てキットだったみたいですが、マルシンの完成品より素材の出来もいいんじゃない?
さすが、最長老の副館長!!!  ちと尊敬!!(ちとだけかいwww)
これよりしばらくは、エンフィールドネタが続くだろうと思える当ブログです~☆  

Posted by 塔四郎 at 19:24Comments(2)ブルーイング