< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2012年03月08日

リアルビンテージ

休みに4丁の素材が届いたので、迷走中だったエンフィを急いで仕上げた!!!

結局、前回の状況から、気に入った形にならず、、そのまま表面を粗いペーパーでひと皮削って、下地の銀色を塗って、再び鉄粉塗料を。。。
で、研磨&ブルーイング!!  と、土曜の夜から日曜の午後にかけて行った!  結論! 青くするのは止めた!(笑)



実銃の黒染め風の鉄エンフィって感じにはなっている!  他のカスタムエンフィとは違う質感と存在感はある。。。
画像よりは実物の方がリアルです。 不気味なオーラを発しており、これで重ければ金属実銃で通用しそうな妖気があります。



グリップは再びCAWの木グリを塗ったのに戻したけど、後日、休みに届いたウエイト入りのスターグリップに交換しやす。。
銃口には鉄粉入れて、プラリペで塞いで重くしちゃおうかな? 見た目は出来たけど、、後は重さ作りだな、、エンフィは軽いから。。



ブルーイングは、青くならず、研磨したメタリック色が真っ黒になるだけ、、ただ、、この後、再度、撮影したら、部分的に青くなって見える
トコはあった! 今回は染めるのに技術がいるGスミスSの鉄粉塗料だったけど、ローバルの亜鉛塗料なら、下地の銀とブルーイングが
良い感じに調和する予感はする!!!  



あと、今回、新たに試した方法として下地銀色塗った後に、クリアーを缶スプレーで2~3度ばかり塗った!  それは、上塗り黒を塗り、
その上塗りを研磨して下地の銀を表に出す時に、銀塗料も削ってしまい樹脂素材の黒が顔を出すのを防ぐ予防策として!
結果は、たぶん、正解だったと思う。。。。



それと、乾きの悪い鉄粉塗料だったから、表面が硬化した時点で組み付けて空撃ちし、シリンダーの作動傷も付けてみた!
私的には、かなり、リアルな仕上げになったと思うけど、画像で、それを表すのが難しい!!  よって、この後、二回、室内撮影と
野外撮影の画像を大量にアップしますので、それ見てご判断下さい。 えっ、、、もう、、見飽きたって??  がっはっは!  すまん♪
  

2012年03月02日

あと、、少し、、、

前回からの続きです。

厚塗りした鉄粉塗料を研磨研磨してメタリックな感じにしながら、最下層に居た初期下地の銀色を表面まで露出させた。



色々とグリップが決まらなかったけど、最終的に、この純正ウエイト入り樹脂グリップに落ち着きそうです。
木グリだと、やっぱ軽すぎて、どんなに見た目が良くても、私には駄目みたい。



かなり研磨して、表面はツルツルですけど、固い金属で覆われているようにも感じられる??



エッジ部分に銀色も出て来たせいか金属感はアップした。



この後、部分的に銀色を追加して、最後はブルーイングをしてみようかと、、、



画像ではお伝え出来ませんが、実物はかなりリアルな鉄なんです、、、GスミスSの鉄粉配合スプレーは奥が深い!
まだまだ、使い切っていないな、、研磨次第で大きく化けそう!!!



グリップ表面は80番ペーパーで傷つけて、ミッチャクロンをクリア代わりに吹いて、部分的に黒スプレーを吹いてコントラスト強くしたけど、
銃本体のダメージと比べると無傷な状態ですので、、、



適当に大きな平やすりでエグるような傷をつけました。



本体のキズ一部には、銀色塗料をドライブラシ風にポンポンと色づけして、その後に、全体をブルーイングした。。



シリンダーとかは一部濃いブルーイングになってるのが分かりますが、その他の染まり具合が悪い、、、、
そうだよね、、夜寝る前の作業で、鉄粉塗料研磨した24時間後のブルーイングじゃ染まらんわ?
研磨してすぐ染めるのが鉄則だったと思うから。。。



今度の休みに再度研磨して一気に染めてみて、、それで気に入らなければ、イチから作業やり直しでいいべ♪



つか、、、今度の休みには、、中古エンフィが新たに3丁届くはず!!!  3月4月は、、もうヤフオク禁止令!  鉄砲は買わない!!



このエンフィと合わせて、計4丁の素材があれば、、、当分遊べるかな???  

Posted by 塔四郎 at 08:43Comments(4)ダメージ仕上げ

2012年03月01日

ひと休みして、、、

エンフィ仕上げで行き詰まり休憩中♪

正月に作ったリアルギガウエイトと行き詰ったエンフィを見比べる。



ギガエンフィは綺麗ですよね、、こうして見ると、、、



綺麗過ぎて、歴史の重さが感じられない。。



傷み具合のリアルさだったら、今作業中のエンフィだよね!



そうか、、、ギガエンフィの塗装をパクれば、最強なリアルさが生まれるかな???



ただ、、塗装だと、、ブルーイングは出来ないよなぁ、、、



一度、全部剥離して、下地に銀色塗って、それから上塗りでGスミスSの鉄粉スプレーを吹いて、適度に追加鉄粉まいてから、
エッジ部分だけを研磨して下地の銀色を出して、、最後にブルーイング!  そうすれば、ギアエンフィとは違う手法だし外装になるな。。。



でも、、、ここまで塗って、、イチから仕上げ直し???  かなり辛いよなぁ、、、、、



も一回手抜き仕上げで誤魔化してみて、駄目だったら、全面的にやり直そうっと!!!♪  

2012年02月29日

再塗装・・・・

若干ブルー液で黒染めされたエンフィだったけど、表面の手触りで硬質感が薄れたので、GスミスSの鉄粉スプレーで再塗装!!!

完璧に仕上げの迷走状態!!!!



窓際撮影で青く見える時もあるけど、実物は、こんな感じの黒だと思います。



鉄粉配合塗料なので塗りっぱなしの状態ならザラザラ感があって、私の手の平には金属感が伝わるんですが、、、



研磨しないとブルーイングは出来ないし、、、



つか、、、マルシン文字だけ残った刻印なんとかせんと、、、、汗!



だんだん、面倒くさくなって来た!!



細かいとこ仕上げてば、これでも、前回のブルーイングでもリアルと言えば、リアルなんだが、、何か納得できん!!
こうゆう時は、、ひと休みして、、他の事しよっと♪  

Posted by 塔四郎 at 19:16Comments(0)ダメージ仕上げ

2012年02月29日

ブルーイングにする?

迷走が続いているエンフィのやり直し作業です。

青組の色合いが均一で気に要らず、粗めのスポンジやすりで表面削り落としました。。。



下地の黒塗装が顔を出して、部分的に若干青塗装が残ってるって感じだけど、正直、、画像だと分からん! 、、イマイチ??



で、研磨すると、鉄粉配合の鉄では無い、降り掛けた大粒の鉄粉が銀色になってしまう。。。



これなら分かりやすいかな、、、白いブツブツがその鉄粉です。。。



どうしようか悩んだところ、、鉄粉ならブルーイングして染めちゃえと!♪



がははっ! 見事に白いブツブツは消えたし、下地に塗ったGスミスSの鉄粉配合塗料だったから、、気持ち青くなってる?



まぁ、、ブルーイングって言うより黒染めって感じだけど♪  (フトントサイトのネジに付いたテッシュは見なかった事にしてwww)



反対側のバレルにもブルーイング!



いいかも?



シリンダーにもブルーイング!!!



ここは青くなった!(笑)



その他もブルー液をテッシュに付けて擦ってみた。。。



確かに金属感はあるんだけど、、やっぱ、、研磨のせいか、手触りに金属感が薄れた気がする。。。
迷走の旅が続きます!  どうすっかなぁ~~ 汗っ  

Posted by 塔四郎 at 12:52Comments(4)ダメージ仕上げ

2011年12月30日

ビンテージ塗装の比較

最新塗装の12番目エンフィの色と、他のエンフィとの色を比較してみた♪

撮影によっては、こんなに茶色く見えたりもするのですが、、、



カメラを引いて写すと、また、ちょっと違った色になったり、、まっ、これも鉄粉効果なのでしょうか?
下に居る3丁の色はどちらの写真でも同色だけど、、12番目だけが最初の写真と少し違いますよね? えっ、、気のせい??(笑)



まっ、いいやw それでは色比較してみるべ♪
まずはエコーブラックの喧嘩エンフィールドとの比較からです。



この喧嘩エンフィのエコブラは、実銃で言えば、黒が剥げて銀色に近い色って感じかな?



対する12番目は、黒染めされた実銃の下地に錆が出始めているぞ、、手入れしろよって、、感じ??



まっ、、うまく例えられないけど、どっちもお気に入りの仕上げなのは間違いない!!!(笑)



1丁増えました! 向って右側の子が、エコブラ塗装や鉄粉によるお化粧など、いつも最初に実験に使われる可哀想な子ですwww



共に鉄粉仕上げとなっていますので色合い的には似ていますが、、



ただ、やはり12番目エンフィの方が、全体的に赤いと言うか茶色いです♪



この画像だと、はっきり色の違いが分かりますね。



初めて鉄粉を使用した子の方は、部分的に鉄粉を降り掛けたのに対し、
12番目の方は、全体に粉を擦り込み、エアブラシの勢いで一部粉が飛んだ感じって感じ?



塗装だけの美しさなら、喧嘩エンフィの銀色ぽいのがダントツなんだけど、12番目エンフィはリアルさでは上かな??



つか、どれも、自分で塗った可愛い子供達で優劣は付け難いってか、、、どれも、仕上げた時には、こいつが一番だと思ってたww



ただ、こんな色んな色仕上げの銃が出来るのも、重い腰を上げて、エアブラシ塗装を始めたからですよね。
色塗りのレパートリーが大幅に増えたって事と、薄塗りしやすいので、ビンテージ塗装が缶塗りより数段ラクになったのでハマッたww



三色の色違いがはっきり分かる画像です! みな、自己主張してますね♪



ほんで、新たに2丁加えての計5丁!!  壮観ですwwww



上がラウンドエンフィで、下が錆実験2丁めの子です。



ラウンドエンフィとの比較。



ラウンドの方は少なめな鉄粉仕上げです。



鉄粉実験2丁めの子は、大粒鉄粉から粉末鉄粉、ぶっかけ状態で一番傷んで見える子です。



やっぱ、どれも甲乙付けれず、、可愛いです! (親バカ三太郎www)



エンフィールド戦隊ゴレンジャー♪



どれも、微妙に色違い、、、つか、、、同じ仕上げにする方が難しい!!(笑)



この画像はクリックすると大きな元画像で表示出来ます。
隅々まで比較して見てください♪

  

2011年11月08日

グリップ焼き入れ!

HWエンフィールド! イマイチ古さを感じない普通ぽい仕上がりだったので、

グリップを焼いて誤魔化す事にした!  
ハンドガンの場合、全体の視覚面積の3割強近くがグリップの面積でしょ?  そこのイメージを変えてしまえば古さは演出強化できます。



てるぱさんが作った、せっかくの木グリ、、、、焼いてごめんね、、、汗!  
てか、、いきなし、ビンテージ感が一杯www



焼いたままだと、あまりにも汚かったので、表面を適当に研磨してオイル塗って仕上げる。



明るかった茶色グリップがご覧の通りのイメージチェンジ♪



前回よりも本体にマッチしてますよね? ね? ね???  グリップの表面処理を代えるだけで古さ倍増!!!♪



うし、HWエンフィ、、これで完成!!!



ブルーイング部分は、この後、どう変色してくのかな? まっ、それも楽しみ♪  いざとなったら、エコーブラックwwww



バレル側面やサイドプレート、、綺麗に平面化してるよね? 若干意識して削ったんすけど。。。



グリップ焼いてた時に、一部が本当に燃え出して、火事になりそうだったのは秘密です!
(元々の表面処理は油性ラッカーだった為www)



てか、、、やっぱ、造形が独特で面白いな、このリボルバーは!!   さぁ、、エコーさんも買いましょう♪



これでダミー弾頭でも付いてれば、サイコーなんすけどね!  作ろうかな?  (調子に乗るなww)  

Posted by 塔四郎 at 13:27Comments(11)ダメージ仕上げ