< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年08月14日

爆水拳銃にハマッてます。

前回からの続きです。

わが家の見た目だけはトイガン並みの爆水拳銃のブラスターです♪



今回ネジ部分とかを違う色のブラックで塗り重ねました。



使った塗料??
油性マジックペンです\(^▽^)/



いいんです、、、水鉄砲なんだから、、、(笑)



この夏一番のお気に入り鉄砲!



なんせ、デカいよね、MGCのデトニクスとの対比!



同じくMGCのP7M13との比較



タナカのルガーや、



KSCのガバ、



マルシンのモーゼルと比べてもデカいよね。



触ったり近くで見ると水鉄砲なのがバレるので、普段は、ここにぶら下げて遠くから眺めてます(笑)



そうそう、、、



重さは購入時に撮影した画像ですが、水が入っていないと104gで、、



水を満タンに注入すると倍以上の重さにはなるけど、、それでも229g!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)爆水拳銃

2017年08月12日

爆水拳銃完成!

前回からの続きです。

出来ました! モデルガンでは買えなかったブラスターの代用品! 無可動銃ではなく水鉄砲!(笑)



インディーのダークパーカーを塗り、



赤色と緑色を筆塗りで追加して完成♪



パーティングラインは完全には消えていません。
つか、何度か下地を処理してる途中に「水鉄砲をそこまで完璧に仕上げなくても?」と言うもう一人の自分が脳内で囁いたのでw



マズルがこれだもん! モデルガンでもなければガスガンでもない! ラインは薄く残っていても、いいんじゃないかと。



水の注入口も残してあるし、、、(笑)



もちろん、水を入れれば発射しますが、この銃の特性でしょうか? 水を入れたまま銃口を下に向けるとマズルから水漏れします。
この赤いキャップ部分からは水漏れはしませんが、使っていくうちに摩耗して漏れそうな気もする。



まぁ、本来1000円ちょっとの水鉄砲ですから、その辺はしょーがないかと。



ただ、色塗って仕上げればトイガン並みの見た目にはなります!



今回のカスタムテーマは、高級水鉄砲!
本来のブラスターは高級トイガン(あくまで私のイメージ)なので、それに対して、高級な水鉄砲って感じで良いかと♪



でも、今回リアルサイズのブラスターを手にして、、モデルガンなら、各部も機能するし重たいし最高だろうなと、、
この秋に発売の留之助ブラスターがヤフオクで予約出品されているけど、9万円スタートの即決13万?(汗)



私は水鉄砲でいいです、、、、(泣)w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)爆水拳銃

2017年08月11日

爆水拳銃を買った!

紅猫さんが面白そうな物をお座敷掲示板で見せびらかしていて、真似っ子して即購入!

「高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 」アマゾンで2390円で買ったけど、その数日後には1980円になっていた(笑)
元々は1200円くらいの商品らしいけど、爆発的な人気で価格が上がっていたんだろうね。



デッカードブラスターだっけ? ずっとモデルガンのが欲しかったけど無茶苦茶高くて買えずにいたけど、
この水鉄砲の価格なら(笑)



そして、色を塗っちゃえばいいんだと思う人が沢山いて、その辺が売り上げ好調に繋がっているんだろう♪
で、実際に塗ろうと思うとモナカの貼り合わせでパーティングラインはバッチリだし、水が漏れないように各部が強力に接着、
モデルガンやガスガンみたいにネジの分解じゃないので勝手が違う。



それに銃口も水鉄砲なので、こんなだし(笑)



ちなみに、その銃口は精密ドライバーのマイナスをテコのように隙間に入れたら外せました。



そして付属の海外用マズルをパチンとはめ込めます♪
色を塗るなら、このマズルの方が穴が開いてるように見えるけど、、



やっぱ、長いと変だよね?
水鉄砲l機能を殺すつもりなら、バレルに穴を開ければいいけど、シリンダーも動かないし、トリガーの動きもヘンテコなオモチャだし、
私としては、水鉄砲のままで、外見だけ少しはリアルに塗り替えようかと♪



重要なオレンジクリアーのグリップは、中が水タンクなので強力に接着されていてフレームから剥がすのは困難です。
なので、塗装する時はマスキングで隠す事に♪



パーティングラインは左右のパーツが段違いで張り合わされていた部分もあり完全に消すのは面倒くさそう、、、



たぶん、削った後、サーフェーサー塗って、削って、部分的にパテ盛って、また削るの繰り返しかな?



グリップのマスキングとライン削りは終了!



サーフェーサーを塗って削ってを繰り返し、、



インディーのダークパーカーを缶のまま吹き付けた!
見た目的には、モデルガンを買えなかった代用品として充分に迫力ある感じになった!
後は、赤と緑の色を追加すれば完成かな♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)爆水拳銃