アクセスカウンタ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年09月12日

KSC・M93RⅡの出品

KSCのソーコムに続いての出品はKSCのM93RⅡガスガン! システム7のモデルです。

ブログ休眠中に手に入れた品なので詳しいデーターが残っていませんが、新品、もしくはかなり程度の良い中古本体をGETして、
サイレンサー付けても動作が遅くならないよう前方にコンブを組み入れ、MGCのストックを付けたりした品です。



元箱とガンケース付きです。



元箱内部に残るトリセツや付属の状況から見て、新品で購入したのかなぁーと思える品、、、覚えてない。



マガジンも短いのと長いのがあります! 翌日でもガスが残っていたのでモレは大丈夫かと思います。



メーカー忘れたけどコンブっす! 
これにサイレンサーをねじ込むので、直接アウターバレルにサイレンサーを付けるより動作は安定します。



M93R自体6丁くらい保有していて、全てに金属ストック付いているけど、、このKSCに付いているのは綺麗過ぎる?
ストックはほとんどMGCの中古を購入してたけど、これは海外製の新品かも知れません。
だって、MGCの染めと違って、なんか、艶消し黒風だし、、まっ、その色合いがHW本体と合うから付けたんだと思う。



メーカー不明のドットサイトは点灯しました♪ ただ、飾りで付けているだけなので精度性能は不明です。



たぶん、どっちも数回ガス入れたくらいかと、、、空撃ちでどうだろ? フルオートだから単発よりは多く動作させているけど、
100回もブローバックしてないと思うんですが?



サイレンサーのねじ込み部分はネジ山が二溝くらい摩耗していますので、サイレンサーの取り付けは、アタッチメントを付けて、
それからサイレンサーを付けた方が安心です。長いサイレンサー内にアタッチメントを付けたままの装着は、斜めに入りやすく
ネジ山を舐めますので、、、経験者談! (現時点は、ちゃんと締め込めるだけの山は残ってます)



アウターバレルにこんなに長いサイレンサーを付けたら、バレルとスライドが干渉してまともにブローバックしないと思われます。
コンブにサイレンサーを付ける事にあり、アウターバレルへの負担は無くなり普通に作動します。



ガスを入れての空撃ちテストでは正常に機能してマズルから空気も出ていましたが、コンブのままなら問題無いと思いますが、
これだけ長いサイレンサーだと内壁に弾がぶつかるリスクはあるかも知れません。



終活でなければ手放したくない品です。



だって、KSCのM93R自体は入手できても、その後に色々と揃えるのって時間掛かるし面倒くさいやん(笑)



グリップは純正の樹脂タイプ、、、あえて木グリにしなかった覚えがある。



お気に入りの1丁ですが、あえて難点を書くと、初弾、スライドを後方に引く時、マウントやドットサイトが邪魔です!



元箱とアタッシュケースをまとめてダンボール箱に入れて送ればいいよね?



あと、アタッシュケースには差し込む鍵とかありません。 



さてと、、どうやって梱包する?



アマゾンで購入した段ボールに入りそうなので、こんな感じでいいかな♪  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)放出品リスト

2018年09月12日

ガスブロM712の出品

次なる出品はマルシンの8mmガスブローバックM712ヘビーウエイトです。こちらの品もブログ休眠中の時に購入した品で過去資料残っておらず。

てか、本人もいつ買ったのか覚えていませんし、外装を見るとグリップはイジッた形跡あるけど、後はフルノーマルのようです。 



でもHW地肌は使い込んだ感じに磨いてますね、、 ビンテージ感を出しています。



マガジンは2本あって、1本はガスがダァーダァー漏れなので、マスキングテープ貼っておきました。
もう1本のマガジンがガスを入れて一週間後も残っていたのでOKかと思います。



グリップは、樹脂製の品を木目風に私が仕上げ直しています。



パッと見では、自分でも、木なのか樹脂なのか分からないレベルの見た目でしたw



出荷に際して空撃ちで試射しましたが、ブローバックはしますが、問題点を見つけました!
セミとフルの切り替えが出来ません! セレクターをセミにしてもフルオートで動きますので修理が必要かと。



8mm方式のガスガンなので撮影し忘れましたが、アマゾンで購入した8mmBB弾を一袋(500発)お付けします。



見た目は、よくあるHWを使い込んだ金属風に研磨した仕様で、古びたグリップも合わせてオールド感は出ていますが、
よくある見た目なので、不も無く可も無くって感じ?



ビンテージ風の最大の利点は、部屋に飾って、置きっ放しで、埃だらけになったとしても、物とぶつかったり、擦れたりしてできる
軽微なキズも、それらが見た目にプラスに働く事! 綺麗な新品みたいな銃だと泣きたくなるマイナス点がプラスになる事です。



この辺の荒れみたいなのも、置物で飾ってた時に付いたんだと思う。
つか、、HWは単純に研磨しただけじゃないかも、、部分的にブルーイングしてる? この画像だと一部青っぽいので?



サイトやチャージハンドルも少し青い?



重さは、こんな感じ♪



大分、以前に手掛けた品だと思うけど、今なら、グリップに艶消しクリアーを塗って光沢落とすかも、、、



まっ、、そんな見た目よりは、フルオートオンリーだから、セミに切り替えられるようにするのが先??



これで、我が家にあるM712系は全部放出したはず、、、好きなスタイルだったのに、、、(泣)



グリップ内にガスタンク入れて、マガジンにはリアルサイズのカートにBB弾を詰めて、撃つとカートが排莢される、、、
今みたいに売れない時代じゃなければ、マルシンさんなら開発してくれたと妄想しやすw



終活で手放したくないコレクションを放出してるけど、各トイガンメーカーには御礼を申し上げます。
何十年も楽しませて頂きました! キツい時代かと思いますが、夢のある商品の開発をお願いします。



元箱のままだと、ジャンクの予備マガジンが入らないので、



黒い紙の下のダンボール層をマガジンサイズでくり抜き、、、



こんなんかな?



で、黒い厚紙を被せての出荷です!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(0)放出品リスト

2018年09月11日

KSCソーコムの出品

大分、長物も片付いて来たので、次なる出品は大型ハンドガン! KSCの旧型ソーコムです! 過去記事はこれ

簡単に言えば動作の遅い旧型を買って、ハードキック05タイプのピストンキットに組み替えて、
ガーダー製の150%リコイルスプリングに交換して、マガジン内部のリップとか抜いて空撃ち仕様にしました♪



ほんで、ガンケースはマルイ用を流用(笑)



ガンケース+KSCの元箱もお付けします。



元箱の中には以前に交換した残り物パーツ等が入ってました。



ピストンユニットは交換済みなので袋の中身はノーマルピストン。



冬用メインスプリング?? 交換した覚えがないので、そのまんま冬用スプリングが入ってると思われます。



外装カスタムメインなので内部パーツは全然分からんし覚えていない(笑)



過去記事にも書いてあるけど、サイレンサーを付けて撃つとブローバック速度は半減します。
ショートリコイルモデルにサイレンサーを付けるとよくある症状です。 バレルが重たくなるので、そうなるらしい。



ほんで、マガジンはBB弾を入れる部分のパーツが抜き取られています。
BB弾を入れないとブローバックしないタイプなので、内部パーツを抜いて空撃ちブローバックタイプにしてます。
ほら、、私、、空撃ち専門なので、、、、笑



ガンケースの中に外したマガジンパーツがありますので、BB弾を入れて撃つ人はご自身で修復お願いします。
出品前の空撃ちチェックでは普通にガスブロしました! マガジンに入れたガスも翌日でも入っていたのでOKかと思います。



ライトケース類はマルイの安物が付いてます。



重量!



ソーコムって感じのライトケース(名前知らんw)



と言う事で二段重ねにして梱包してお届けです。  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(0)放出品リスト

2018年09月10日

マルゼンVz61木・出品

前回のマルゼン・スコーピオン黒グリップ仕様に続いて木グリップ仕様の出品です。 出品終えたらこちらのヤフオクのリストに追加されます。

マルゼン純正の木グリが付いて、本体は下地が多分キャロムの銀色塗料で、上塗りもキャロムの青系塗料かな?
塗った後に研磨して下地が見えるようにしました、、、かなり、初期の頃の自家塗装。



マガジンにガス入れて空撃ちしたら、ちゃんとガスブロしました! 面倒くさいし散らかるのが嫌だからBB弾を入れての
試射は行いません、、、入れて撃っても普通に飛びますと位しか分からないし、、、笑



木グリを手に入れるには大分時間を要した記憶があります。



マガジンは6時間後でもガスが残っていましたが、、古いし、マルゼンだし、いつ抜けてもおかしくないです。



そうそう、マルゼンの木グリって底部に穴が開いてるのが嫌で、適当なゴムを添えてネジ留めしてます。
実銃は、なんか金具とか付いてるんですよね?



木の部分には何かしてると思います。 我が家で木工品が箱出しのままの状態はあり得ないので、、、
アマニなのか? ステインなのか? 薄めたニスなのか、、記憶に無し!



思い出した! マガジンの前方に丸いピンが見えるでしょ? そのピンの下一部が欠けています。
塗装時に分解して、ピンをトンカチで叩いたら欠けてしまった部分、、、通常使用には問題無いし目立たないので私はOK!
でも、皆さんはNGかな? 1円スタートですから、皆さんで価格を決めてください。



今まで何百丁の鉄砲を塗ったんだろ? エイジングにもハマッたし、この初期の頃のエイジングは数か所、黒地肌が出てる。
この画像だとハッキリ分かるのは3か所かな? 今なら地肌が出た部分に銀色をぼかして塗りつけて隠すな、きっとw



青の色合いは、10年くらい前に塗ったわりには良い色合いかも?



向学の為にヤフオクで人様が塗装された鉄砲も何丁も買ったけど、1丁くらいかな、水抜き剤のプールに入れて塗装剥離したのは?
私の塗装は、どうゆう運命を辿るのだろうか? まっ、これは剥離大歓迎ですけど♪



でも、青系の塗装って結構むずかしいので頑張ってね。



セミ、フルでの切り替えOK



KSCがスコーピオン出さなければ、、マルゼンのみだったのに、、、ガスガンは。



本当にふざけたストックですよねぇぇ、、、実銃がこうなんだから仕方ないけど、、手抜き過ぎるw



個人的にはマルゼンって好きなメーカーだったんだけどね、、、エアコキのハンゴガンの時代から♪



軽量なスコーピオン(笑)



少し毛色の違う色合いのスコーピオンはいかがですか?



私としては見納めです。



元箱とリセツは有り♪



同時出品の真っ黒スコーピオン同様、予備マガジンと予備バルブもお付けします。
マガジンは現時点はガス漏れなさそうで、バルブは多分、以前にガス漏れしてた品だと思いますので部品取り??
  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(0)放出品リスト

2018年09月09日

マルゼンVz61黒・出品

次なる出品はマルゼンのスコーピオンのオールブラックです。 出品終えたらこちらのヤフオクのリストに追加されます。

ガス入れて数日放置してもブローバックしたので、これもヤフオクに出します。
真っ黒なノーマル外装の品です。



同時出品予定では、同じくマルゼンのスコーピオンは木グリが付き&ブルーぽい塗装したのもあります。



とりあえず、動くガスブロのスコーピオンが欲しい人入札して! 私個人としては4000円くらいで売れればいいかなと思ってるけど、
1円スタートの送料無料、、あとは落札者様で価格を決めてください。



マルゼンは、このスコーピオンとMP5とイングラムだっけ? コンパクト系のフルオートを出していたけど、
最近は新商品が出ないし寂しいよね、、、、(泣)



あくまで私感ですが、マルゼンのマガジンってガス漏れ多くないですか? このスコーピオン達も、過去に一杯
放出バレルとか交換した覚えがある。



我が家の場合は、どれも空撃ち専門で、購入して、外装を塗ったり着飾ったりしたら、その後1~3マガジンも撃てば終わり、
新しいトイガンが届いて、そっちをイジり出すので、仕上がった方は壁の置物と化すので使用頻度は少ないと思います。



長年、放置しっ放しですから、亜鉛部分など色落ちしてますね、、、まっ、本体に挿し込めば見えない部分ですが。。



1キロかぁぁぁ、、、、ガバと似たような重さ。。



元箱はあった!



トリセツもあった!



ほんで、予備のマガジンや注入バルブもあった! 
バルブは多分以前にガス漏れしてた物だと思うので部品取りパーツかと?



元箱に予備マガジン入らないけど、なんとか梱包して丸ごとお送り致します。
ちなみに空撃ちでの動作テストはしたけどBB弾を入れてのテストはしていません。 6月からだっけ?ヤフオクで出品するようになり、
最初は空撃ちテストだけで出品したけど、普通の人は弾を飛ばすんだと思い、数発BB弾を入れて発射確認するように変化。でも、
「普通に飛びます」と言うくらいしか分からないし、知らず知らずのうちに床に複数のBB弾が転がっているし、
それを足で踏むと痛いし、、、たいした説明できないのなら弾入れての試射は不要かなと、、、ガスが銃口から出てればOKだべ?

  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(0)放出品リスト

2018年09月08日

M1100FSとオマケの出品

次なる出品はマルゼンのM1100系の2丁まとめてドンです! 出品終えたらこちらのヤフオクのリストに追加されます。

ソフトケースに入れて、周りにダンボールでも巻いて発送しようかと思ってます。



中身はマルゼンが限定販売していたM1100FSメタルフレーム仕様と、同じくマルゼンのM1100リヴィジョンです。
どちらもガスブロでシェルが排莢されるモデルです。 過去記事はこの辺かな?



それぞれのトリセツ。



この限定品が販売されていた事は当時は知らず、普通のM1100の樹脂レシーバーを金属に変えたいなと思った時に、
過去にマルゼンで限定品で金属レシーバーが付いているのを売ってたぞと教わり存在を知った。



昨今、メーカーも長物には金属外装を普通に使うような時代になっているけど、マルゼンさんは最近再販した普通のM1100も樹脂の
ままでしたよね? 過去には限定品で金属レシーバーで販売してたのに、、自主規制なのでしょうか?
悪い言い方で表現すれば、金属外装で大きな音をたてて、弾が飛んでシェルも宙を舞うって、、リアル過ぎるもんね。



元々が中古で購入したので各部に傷などありますが、無傷の銃なんて銃じゃないと思ってる私には気にならないレベル。
ただ、新品のような美観を求める人には、使用感ありありの見た目ですので不向きかも?



トリセツにも掲載されてましたが、標準装備のワイドトリガーシューは貴重品?



レシーバーとトリガーガードは金属製だけど、アウターバレルは樹脂製に黒メッキしたような感じに仕上がっています。
元々、KG9ではフルメタル外装(それもスチール多用)で売っていたマルゼンが金属化に慎重になっているのが感じられますね。



多分、折り畳みストックとの干渉傷?



ストックはスチール製!



排莢口のカバーには擦れ傷あり、、つか、、これは、どの長物にも付く傷です。



調べたら2008年5月にヤフオクで26000円で手に入れた中古でした。
その頃も滅多に出品されず、今なら、もっと出品されない、現存数の少ない1丁かと思います。



適当な使い込んだシェルが6発、、、、排莢をジャムなく楽しむのなら新品シェルがお勧めです。



で、残念な部分がマガジンの注入バレルから微かにガス漏れしています。
マガジンに耳を当てると小さく音が聞こえたりします。 マガジンを動かすと音が消えたり、少し大きくなったりしてます。
ガス入れて1時間くらいなら問題なくガスブロはしますが、気になる人は修理してください。



重さは3キロ越え。



あっ、本体に付いてる黒いヒモも要らないので引き取ってください。



金属レシーバー部分の傷わかります??



これなら分かるかな? 私は気にしませんが、気になる人は染めて目立たなくしてください。



と言う事で、若干、難がありますが、入手困難な限定品M1100FSでした。



オマケと言うか部品取りはM1100リヴィジョンとか言うヤツです。 これもシェルタイプのガスブロですが、
マガジンからハッキリとした音でガスモレしている事と、グリップ内にマガジンを装填しても、本体側とうまく接続できない状態なのか、
トリガーを引いても、まったく動きません。 元々、購入時にはモレもなく動いていたんですがゴミです。



ついでに、M1100パーツだけ残していてもゴミになるだけだから、余ってるアウターバレル、、、、



おっ、まだ、あった! アウターバレル! 
えっ、なんか、色が剥げているって?????



そう、これは、限定品の樹脂バレルにマルゼンがメッキ? 黒染めしたレアバレル、、、そう、上に掲載した
金属レシーバーモデルと同じバレルでスペア用で保管、、、多分、黒い部分を落として銀メッキ部分を残せば
黒染め可能かと思って保管してたけど、やらずに本体を手放す日を迎えたw



まっ、ゴミです(笑)



更に短いバレルも発見!



それらをまとめてソフトケースに入れて発送予定!



それから新品シェルの未開封未使用品もサービスでお付けします。  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(0)放出品リスト

2018年09月07日

M1100豪華カスタム出品

次なる出品はマルゼンのM1100のリアルカスタムとでも言いましょうか? 豪華な内容です。 
出品終えたらこちらのヤフオクのリストに追加されます。

レシーバーやトリガーガード、アウターバレルなど、純正では樹脂製だったパーツ類をメタル製に交換して、
ストックはナカヤのチェッカー入り木製ストックにして、シェルホルダーと、実銃用の革製スリングベルトが付いており、
スコープマウントとドットサイトも付いてます! パッと見はリアル過ぎるM1100かと思います。



ただし、残念な事に元箱は無いので、適当な段ボールに入れての発送です。



トリセツはあります。 



それから、コピー品ですが、パーツリストもお付けします。



それでは細部のご案内です♪



ストックに付けるシェルホルダーは、あまり見かけないデザインのもので、マルゼンの純正シェルだと少し緩いです。
ダミーシェルを購入して入れ替えた方が良いかと思います。 以前にダミーを付けていた時の過去記事はこちら



出品に際して久しぶりにガスを入れて空撃ちしましたが、問題無くブローバックしました。
シェルも排莢できましたが、ジャムる時もありました。 一般的にジャムる場合は、シェルのリムの変形が考えられますので、



アマゾンで新品のシェルを購入しましたのでお付けします。
(新品シェルを入れてのテストはしていません)



次にガスですが、マガジンは非常に貴重なレミントンの文字入りの品! 初期のマルゼンM1100には付いていた文字が、
その後のモデルは無刻印に変更! マガジン自体はガス漏れは無さそうですし、試射した2時間後にトリガーを引いても
ブローバックしたので安心して寝たら、翌朝にはガスが抜けていました。 試しに新たにマガジンにガスを入れて、
本体には挿入せずにマガジンだけを床に放置して24時間後に本体に入れたら元気にブローバックしたので、
ガス漏れは本体内部の気化室が疑わしいです。 マルゼンM1100の持病みたいなもの。
2時間位ならガス漏れしないし、気になる人は本体バラしてお直しください。 過去に私でも修復できたので難しくはないかと。



革製スリングベルトは使用感のある中古品をヤフオクで購入しています。
M1100自体は比較的綺麗ですが、そこに使い込んだベルトが付いていた方がリアルかなと思ってw



スコープマウントはマルゼン純正だったと記憶します。 その上に載るドットサイトはメーカー不明の安物です。



木製ストックはナカヤ製でチェッカーが素敵です。



そして黒々とした金属レシーバーは、マルゼン純正の品を流用しています。



マウントベースとか金属レシーバーって今ではヤフオクでもほとんど見ない品?



同様にナカヤの木ストックも。



木の表面は忘れたけど、アマニか何かで再仕上げしてると思います、、、
私の場合、木製品の表面をそのまま何もしないで使う事ないから。



ストックに付けるシェルホルダーは、トイガン用? 実銃用? 覚えていないけど、一般的でない見た目が好きw



アウターバレルは海外製の金属製に交換済み。
マガジンチューブは元から金属製。



一応、サイトは点灯しました。



排莢口のカバーは磨いて銀色の金属下地にしています。
変色したらコンパウンドで磨き直せばOKだし、面倒くさかったらご自身で黒染めして下さい♪



結構、リアルな重量でしょ?



トリガーガードも金属製です。



木と金属の外装で、重たくて、ガスブロしてシェルが飛ぶ! 
ガスブロ時の作動音も大きいので、まじ、リアルなんだよねぇぇ、、、、終活に入る年齢でなければ絶対に手放しません。



つか、、、なんの疑いもなく、ドットサイトを付けているけど、M1100って散弾銃ですよね? ドットサイトでいいの??
TVの番組でヒロミ君がクレー射撃してたけど、あれも散弾だったし、スコープが付いていたような?  まっ、、いいか?(笑)



いくらで出品しようかな? 1円スタートの送料無料は、、、イヤです!



ヤフオクの過去の落札記録を見たら、ナカヤのストックだけで2万円近くで落札されているし、お金儲けするならバラしての出品だよねぇ、、、
でも、面倒くさいし、、そんな事やってたら、今あるコレクションを全部放出するのに10年は掛かるやんw



お金よりコレクションを片付けるのが優先事項なので、、とっとと売ってしまおう!
つか、散弾銃にドットサイトでいいのか不安になって来たし、、



ついでにスコープも付けちゃおう! スコープだけ家に残っていても邪魔だし! 何かの為にアマゾンで購入した品ですが、
結局、付ける銃に合わなくて、単品で置物になってた品。



ドットサイトでもスコープでもお好きなのをお付け下さい♪  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(4)放出品リスト

2018年09月06日

M1100黒モデルの出品

次なる出品はマルゼンのM1100黒ストック仕様のモデルです。 出品終えたらこちらのヤフオクのリストに追加されます。

マルゼンの純正マウントベースの上に適当な安物ドットサイトが載っていて、スリングベルトにはダミーシェルやマルゼンシェルが入ってます。
レシーバーやバレル部分は純正の樹脂製で、ブラックスチールかブラックパーカーで色塗ってます。



元箱とトリセツは無しで、適当なダンボールに入れて準備してた時に思い出した!



トリセツはカラーコピーによる複写品です。



出品に際してマガジンにガスを入れて試射してみたところ普通にブローバックするし、シェルの排莢も確認しました。
その後、2時間近く経ってからトリガーを引いても作動したので、安心して寝たら、翌朝にはガス欠になってました。
原因追及として、マガジン自体を本体に挿し込まずに24時間放置しましたがガス漏れはありませんでしたので、
本体内部の気化室あたりが音も無く微妙にガスが抜けていると思われます。



その後、出品しようと再度ガスを入れるとついに本体気化室あたりがらシューシュー音が出始めて、
完全にガスモレジャンク品となりました(笑)



使用済みのマルゼンシェルは使用感あります。 商品の性質上、リムとか変形するとジャムが多発します。



マガジンはパットにレミントン文字の無い現行タイプです。



メーカー不明の謎のドットサイト。



レシーバーやバレル、トリガーガードなどは、覚えていないのですが、ブラックスチールかブラックパーカーで塗っています。
色合い的にはブラックパーカーだと思うのですが、、、、



塗装自体は、まだ経験値の浅い初期の頃(10年位前?)に塗った品で部分的に剥がれて黒下地が見えてました。
下地処理もしていない頃の塗装なので食い付きが悪いせいだと思います。



目立つ塗装剥がれはトリガーガード部分だけかな? レシーバーは大丈夫そうですが、多分、剥がれやすいと推測します。
画像にはありませんが未塗装のトリガ^ガードを発見したので、それも同梱します。



バレルも同様に塗装されてます。



バレルの根元付近に数本の白っぽい擦り傷あり。



てか、、デカいなドットサイト!w



終活で元気なうちにコレクションを価値の分かる人に放出しようと、ヤフオクに出品しているワケで、だって、そうしないと、もしもの時には、
リサイクルショップにまとめて処分されちゃうし、、つか、私生活では人に隠してる趣味なので生きてるうちに家から消し去りたい!



ただ、、、コレクションが全て家から消えてからも、何十年も生きていたら、どうするんでしょうね、、、私(笑)



無駄話はどうでもよくて、、、ストックやフォアグリップは未塗装のマルゼン純正の黒だと思います。



最近のガスブロやエアガンは素晴らしい物が多数出ていますが、古いモデルガン世代の私にはカートレスなのが唯一の不満!



その点、このM1100は大きな作動音と排莢装填が楽しめる数少ないガスガン!



こんな感じに箱に入れてお送りしますが、、完全にガスモレです! ジャンク品としても出品です。



分解して直そうかと思いましたが、スコープマウントを留めてるネジが固着しているのか外れにくいし、
完全にジャンク品! 部品取りです! ガスが抜けるまでに3発くらいはブローバックするので、
一応、新品未使用シェルもひと袋サービスでお付けします。  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)放出品リスト

2018年09月06日

ジャンクM870出品

次なる出品はマルゼンのM870ガスガン・ジャンク品です。 出品終えたらこちらのヤフオクのリストに追加されます。
金属レシーバー、金属バレルジャケット・ドットサイト・CGBマウントベース・ストックホルダーとシェル5発、元箱、トリセツ、M870本体です。

ジャンク理由は、レシーバー底部のシェル挿入口のエレベターバーとでも言うのでしょうか? そのバーの動くが悪く装填が出来ません。
具体的にはフォアグリップを引けば、そのエレベーターパーツは上に移動するのが本来の姿ですが動かず、
ただ、そのパーツを下から指で押せば上に移動はします。 上に移動すればフォアグリップを元の位置に戻すと
そのパーツも下の位置に正常に戻ります。 素人判断ですが、エレベーターパーツが内壁に干渉して動きが悪いのではと思います。



シェルの装填や排莢には難があるけど、ガスも入れずに、持ってガシャガシャする分には重いし金属レシーバーだし遊べます。
ガスに関してはマガジンに入れて空撃ちテストをした数日後でもトリガーを引いたらパスパスと音が出ていたので現時点ではOKかと。



完全な実動品にはトリセツとか無く、今回のようなジャンク品にはトリセツがあったり、、神様は意地悪ですね。



おまけにマウントベースのトリセツまで残ってるしw



エレベーターパーツの動きが悪いのは、そのパーツ自体の変形か? 金属レシーバーに交換して内壁と干渉しているのか?
その2点が疑わしいです。 元々、空撃ち専門で、レシーバー交換後もシェルを入れて作動した記憶は無く、
シェルの無いまま、パスパスと作動させたくらい?



マルゼン純正のマウントベース!



元々は黒かった金属レシーバーは色を落として銀色下地に、、、レミントンM870の刻印とかリアルだけど、どこのメーカーのレシーバーだ?



ちなみにマルゼン純正のマウントベースは金属製だけど柔らかい? サイト付けてた部分が白く変形してる?



拡大図! 白っぽい部分が変形箇所、、、まっ、サイト付ければ見えなくなるけど。



つか、、側面から見ると、シェル挿入口の銀めっきのエレベーターパーツ、、飛び出し過ぎだよね? マルゼンのM870はこの1丁しか
持ってないけど、M1100は複数あるけど、それらは、この画像みたいに、ここまで飛び出してないような??



赤いのがM670用ので、青いのがM1100用、、、どちらも共通だったよね。



バレルジャケット!



ピンボケ画像ですが、レシーバーを下から撮影したシェル挿入口、、、
てか、あくまで部品取り用、もしくはマルゼンのM870に精通してる人が修復にトライするジャンク品!



ドットサイトはメーカー不明の安物で動作未確認。



で、シェルは下から装填しても薬室に上がらないので、、、



排莢口から1発入れてみた(笑)



ちゃんと所定の位置にシェルを収めて、、



フォアグリップを後方に引けば、シェルは上に移動した♪



そして、フォアグリップを前方に戻せばバレル側にシェルは装填できて、再び、フォアグリップを引けば排莢もされた。



ジャンク品として出品しますので、BB弾を入れての実射テストはしていません。



私同様、シェルも入れずにガシャガシャとコッキングして遊ぶ人か、M870に精通して直せる人、
又は、既にM870を所有されている方の部品取り用です。



見た目と重さは迫力あると思います。



こんな感じに元箱に入れて、発送時には、それぞれプチプチで巻いて、新聞紙を詰めて発送します。



元箱も新聞紙で包んでからプチプチで保護してお送りします。  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(2)放出品リスト

2018年09月05日

MGCイングラム出品

マルゼンのM11イングラムに続きまして、今度はMGCモデルガンのイングラムです! 
出品終えたらこちらのヤフオクのリストに追加されます。

お付けするのは、この箱の中に入っている物が全てとなります。
前回、掲載したマルゼンイングラムの記事をご覧になられた方はお分かりかと思いますが訳ありサイレンサーも付きます!(笑)



イングラムの本体自体は、MGCが新発売した頃に、当時、中野ブロードウェイにあったモデルガンSHOPで購入した年代物!
その頃は、モデルガンは撃って遊ぶものと認識していましたので、、記憶では、5マガジンから10マガジン未満は発火させたと思います。
意外と少ない理由は、キャップ火薬を入れる時間とカートを清掃する時間に対して、発火は数秒で全弾撃ち切る、、、
撃つより手間の方が多いので面倒くさくなったから、、、、笑



マガジンはロングとショートがあります、、、、で、、冒頭で書いた訳有りサイレンサーですが、マルゼンのガスガンに取り付けて、
BB弾を撃ったらサイレンサー内部でBB弾が散乱! 外したサイレンサーを振って、中に入っていた10発くらいの弾を
取り出しましたが、それでも1発? 内部に入っており、振るとコロコロと音がします。 サイレンサーの分解方法が分からず、
そのまんまお付けします。



イングラム本体はMGC初期のHWで、全体が灰色の品です。 
刻印部分にはクレヨンで白く埋めたと思います。 



発火済みのカートです。 
最後に発火してから何十年もマガジンに入れっぱなしで真鍮も黒ずんでいる。



トリセツの図を見るとファイアリングピンと言うゴムが付いてるパーツですか?



そのパーツだけはゴムをダメにする恐れがあるので別管理して、それ以外の真鍮パーツはサンポールの小瓶に入れる。



数分毎に割り箸でかき混ぜて、、、



取り出して、水洗いして、軽く磨いて、シリコンオイルを吹き付けた。



そして内部パーツも組み込んで、全てのパーツが完備されている弾は18発かな?



残りの6発がパーツが足りずに完成体に出来なかった。



それらを、二つの袋に分けて同梱します。



ボルト部分、、、白っぽいけどノーメンテ! 分解方法分からんw



現在、発火するかは未検証で、数発、マガジンにカートを入れて、装填と排莢テストはしました。



イングラムは今回同時出品のマルゼン以外にも、KSCとWAのガスガンもありますんで、それらもその内ヤフオクへ、、、泣



そうそう、、バレル下の緑色のヒモは数年前に購入した品ですので綺麗です。



重さも結構いい感じで手放したくない1丁。。



このサイレンサーも数年前にトイガン仲間から頂いた品。



灰色のHWは、他の金属パーツの黒染めとハッキリと色が違って、新品で購入した時には黒く塗ろうかと思ったけど、
適度に汚れてくると、これはこれで味があるかと、、塗らずに、染めずに、ここまで生存♪



毎月のように新製品が各社から多数出てた時代、、、、、あの活気は、、もう、、、無い時代。



イングラムのガスガンは複数販売されているけど、モデルガンはMGCだけ?
発火しなくても、金属カートをマガジンに1発ずつ入れるリアリティ、、、モデルガンを知らない世代の方にもお薦め?



空撃ちアクションならWAとKSCのガスガンw



イングラムって置き場に困る大きさじゃないから、まだ、手放さなくてもいいんだけど、、、ついつい、メンテして、撮影したから。



そうそう、そのメンテ時に、ストックを伸ばしたら白く粉を吹いていたので、軽く研磨してシリコンオイル塗りました。



エアガン、ガスガンの時代が来る前から我が家に居たMGCイングラム、、、生みの親であるMGCが消えるなんて想像できなかった。



時代の変化で、国内メーカーは、どこも厳しそうだし、、この先、どうなるんだろうね、、、トイガンの世界?



1円スタート送料サービス、、、、せめて送料代以上の入札希望!  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)放出品リスト