< 2011年03>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ

2011年03月31日

亜鉛なデト♪

以前に塗る&染めるカテゴリーで紹介したADVENの亜鉛スプレーで塗ったマルイデトニクスです。
前回はイマイチな撮影だったので撮り直すました。





元々は、ブルーイングする為に亜鉛スプレーを塗ったのですが、この色合いとザラ付きが気に入り、
そのまんま、塗りっぱなしの状態で我が家に居座ってますwww






グリップはマルイ銀デトのノーマルグリップです。






黒いアンビがワンポイントなデトです♪






まっ、在り来たりなフォルムですが、デトはノーマルぽい形の方がカッコイイですよね?






これはこれで気に入ってるけど、いつかは亜鉛スプレー塗って、ブルーイングしたデトも作らないとね・・・






つか、ブルーイングで染めるつもりで塗ったので、リアサイトもグレーになってるけど、
小物パーツは黒なんだから、サイトも黒に変更した方がいいな♪






亜鉛塗りっ放しだけど、エッジ部分の擦れた所は、艶ありになってる。
まっ、それは、それで、リアリティ出て好きだったりwwwww  

Posted by 塔四郎 at 13:19Comments(0)マルイ系

2011年03月31日

実銃デトニクスの動画

Detonics Combat Master THE REAL VIDEO

全然、何を言ってるのかは分からない私ですが、バカバカ!と連射しているシーンが好きです♪





Detonics .45 Combat Master

こちらは埋め込みコードを投稿者の方が拒否されてますので直接URLをお踏み下さい。
ギンギラのカスタムMark VIが見れます。
http://www.youtube.com/watch?v=hTMcSguOwKo





Restoration of my Detonics MC-1

銀色のMC-1 モデル・・・
やっぱ、金属製は光り方が違うwwww  

Posted by 塔四郎 at 10:21Comments(0)

2011年03月30日

エアブラシで鏡面塗装に挑戦!

先日入手した工房Sさんのエングレグリップ
やっぱ、デト本体がグリップに負けていると感じてしまうので、
グリップ負けしない本体を無謀にも塗装でやってみようと、、、数時間で仕上げましたwww




本体は、ブログでは非公開の塗装失敗したデトを再使用♪
(失敗したのはミッチャクロンを冷えたまま缶吹きして表面がブツブツの上にエアブラシで塗ってしまった事)
失敗した塗料を落すのも面倒だし、とりあえず、前の塗料の粒子と本体のヒケを適当に平面化。。
適当にした理由は、どうせ、うまく塗れないだろうと思ったからwwww
だって、まだ、エアブラシ塗りは数回目だし。。。




でも、綺麗に塗れたので、下地をちゃんとやらなかった事を大後悔するハメになる・・・(泣)




スライドは部分的に研磨をしたので、元々のヒケは誤魔化したけど、全体に波打ってる・・・・
スライドに写り込んだ景色でなんとなくそれが伝わるかと思います。




缶スプレーを何十年も塗って来た私にとって、エアブラシの魅力は好きな色が作れるって事です。
今回の塗料も何を入れたか忘れたけど、トイガン用の黒系と青系をブレンドしたもの。
画像で青く見えるのは野外で青空が写っているから♪
室内撮影だと艶々の黒って感じです。




エアブラシを吹いて、30分もしない内にコンパウンドで磨いて、また、重ね塗り、それを繰り返す、、
ある意味、塗装実験でした。




結果としては、缶スプレーより塗料の粒子が細かいせいか、磨きによる鏡面仕上げは私の予想以上の出来映えになる。




高級感あるれるメッキみたいな塗装で仕上がり、エングレグリップに負けない位に本体も自己主張してます。




本当、短時間で、こんなに綺麗に仕上がるんだったら、真面目に下地を整えてから塗れば良かった!
鏡面仕上げは(メッキもそうだけど)、表面に歪みがあると景色が歪んで映るから、ちゃんと平面出ししないと、とっても無様な仕上げになります。 
いくらメッキや塗装が綺麗でも、これはNGです・・・・・つことで、後日、やり直しが決定したデトです。





でも、イチからやり直すの面倒なので、他の綺麗な外装上下を選んで平面出しして塗ります♪
たぶん、予想では、今度は塗装をしくじる気がします。。。

完成はいつになる事やら・・・・(汗)


  

Posted by 塔四郎 at 18:15Comments(4)塗装

2011年03月30日

脇役デトニクス(ヤフオクなグリップ)

まだまだまだ、続く我が家の名脇役なデト達wwww



この子も、マルイ銀デトに適当な黒パーツを付けてグリップ交換しただけの子♪





てか、光が反射して撮影難しいっす・・・・





ヤフオクで手に入れたグリップです。
こちらの方がMGCとマルイのデトグリを出品されてます。
だいぶ、数が減って来たので、欲しい人はお早めに・・・・・・♪





手に入れてから、少しアマニ油とかで手直ししたら、いい感じになりました。





マガジンキャッチにパーティングラインがくっきりの見えますね。。
このパーツは、マルイ製だったかARMY製だったか覚えていませんwww (つか、直せよww)





銀色のボディに木グリは、本当に、よく似合う。。。
まっ、当たり前すぎる色合いカスタムですがお気に入りです♪  

Posted by 塔四郎 at 12:33Comments(0)マルイ系

2011年03月29日

せいじさん所有のエングレデトニクス!

先日のオフ会でせいじさんに無理を言ってご持参していただいたフルエングレなデトです。
一昨年の冬かな、このデトの存在をせいじさんのブログで知って、去年の新春ブラックホールで見せてもらった。
この世の中にこんな凄いデトがあるんだと衝撃を受けた逸品です。




エングレは井浦先生と同様に銃砲エングレの第一人者である渋谷先生の作品である。




その渋谷先生のエングレをより一層引き立てているのが、このグリップだと思う。
このグリップはせいじさんの手作りです。




本体のエングレとグリップの彫刻が物凄く私のツボを刺激したデトです。
何度か、「ちょーだいね!!」と、おねだりをしましたが、こりゃ、絶対に手放さないっすね!
国宝級! 重要文化財なみのお宝デトだもんwwww




このMGCのデトニクスのスライドにはコンバットマスターの文字が無いんです。
初期のMGCのデトニクスの刻印は、この画像のように一行だけなのだと、
オフ会に参加のよっしー先生に教わりました♪




渋谷先生のエングレって、このデト位しかマジマジと見た事がないですけど、
大きめな模様に力強さを感じます。




つか、グリップのセンスもいいんだよね! 模様もそうだけど、色もツートンぽいのが素晴らしい。
本当、ムカッ腹が立つ位、せいじさんのセンスが妬ましいwwwww





ブログの小さい画像では細かなトコまで見えないので大きな画像で見たい人は、このサムネをクリック♪
     
歴史に残るデトニクスです!(笑)




で、オフ会に持ち込んで頂いたのは、先日入手した私のフルエングレとツーショットを撮りたかったから♪

私のフルエングレは、井浦大先生の門下生と言えるkikuさんの作品です。




共に男くさいデトニクスですね!(笑)




エングレ模様の違いも個性があって面白いです。




この2丁のフルエングレを見て、関西の某カスタム職人さんが、次なるフルエングレデトの製作を引き受けてくれました♪
この2丁とは、また違った素敵なデトが生まれると思います! (超楽しみにしてます)




そして、私の夢は、大巨匠の井浦先生にフルエングレしてもらう事。
この夢も今年中には叶えたいんですけど、いかんせん、金が無い・・・・(笑)  

Posted by 塔四郎 at 20:38Comments(0)エングレデトMGC

2011年03月29日

元祖デトニクスMK1モデルのカスタム準備

あじゃさんに製作依頼する予定のMK1モデルの素材です。



黒いマルイデトに、マルイガバのハウジング、スライドストップ、トリガー、マガジンキャッチを移植して、
ハンマーはMK1タイプの物を装着して、実銃用のパックマイヤーグリップの入手は時間が掛かりそうなので、
よっしー先輩から頂いた木グリを取り付けた♪



最終的には、この実銃画像のように、スライドの抉れやセレーションなどの加工をあじゃさんにお願い予定♪



よっーしー先輩から頂いた木グリは本来はこんな感じでしたが、、



両サイドのギザギザな山をやすりでシコって潰してビンテージ感が漂うようにした。。



グリップスクリューはARMYデトの古びた小汚い物に交換した。。



なんちゃってMK1仕様って感じだけど、、、



トリガーやスライドストップは実銃画像と違うな・・・・
デトのノーマルパーツに戻した方がいいかな????



ハンマーの作動具合もイマイチなので、これも、あじゃさんに丸投げ???www



まっ、気長に楽しみましょう! こいつはwwwwwww

  

2011年03月29日

工房Sさんのエングレグリップ♪

前回ご案内した工房Sさんの新作グリップのもうひとつ・・・
エングレ模様の入った木グリです。




このグリップは、デト本体との組み合わせが最高に難しかったです。
つか、完全にグリップが主役です。自己主張しまくりって感じ??wwwww




一応、この時には、この銀デトに一番合うかなって思ったんだけど、、、




グリップスクリューはくどいですね。。。




やっぱ、本体が負け過ぎているので、この後に、このグリップに似合うデトを作る事にしたwww
51丁の手持ちのデトにはベストマッチするヤツは居ませんでした。




一応、記念撮影しておいてっと・・・♪




そうそう、このデト本体2丁、画像は小さくて分かり難いと思うけど、
マーカー部分がマルイデトによくある気になる部分。



大きい画像は、このサムネをクリック

下側のデトは以前にもこのブログで取り上げた微妙な段差・・・・・(まっ、これはすぐ修復できるけど)
上側のデトのスライドのヒケは、なんとかならんのか???(汗) 特にメッキスライドは修復できん!!






  

2011年03月29日

マルシン割り箸マガジンのデトニクス(その3)

で、前回の続き♪



いきなり、変なガバの画像からスタート(笑)

割り箸デトニクスのグリップは、なんとかなりそうだったので、次は、スライドストップ!!!
マルイデトのを加工して付けてもいいけど、単なる飾りにしかならない割り箸デトに流用するのは勿体無い・・・・
で、上の画像の写ってる、壊れたガバ風ガスライターのパーツを外す事にしました。




スライド表面の外せないネジ頭や、裏面の突起はシコシコ削って、適当に色を塗れば良かんべ??




で、割り箸デトはこうなった♪

マルイ純正の黒グリップを付けたけど、グリップの穴が一回り小さかった!
その穴をドリルで広げたらポン付け出来た♪
ただ、フレームからガスタンクがはみ出ているので、グリップウエイトの装着は無理。。
後日、タンクを外すか、ウエイト削るか(汗)? で解決させる予定。

ほんで、スライドストップは、サンダーで余分な物を切り落とし、
あとは、あじゃさん風に、シコシコやすって、ミッチャロン&ブラックスチール塗装!
で、最後は、瞬間接着剤にて貼り付けました♪

こうして形にすると、やっぱ、トリガーがデカい・・・・・
これを削るには、完全分解が必要だな・・・・・
面倒くせぇな・・・・
このまんまでいいか・・・・
日々、悩む事にします。

つづく(笑)  

Posted by 塔四郎 at 08:36Comments(0)エアコキ

2011年03月28日

工房Sさんから届いた新作グリップ

関西のカスタム職人工房Sさんに依頼してたグリップ2点が先日届きました♪




向って左のエングレグリップの材質は、カリンの瘤に近い部位で作られたそうで、
右がホワイトバールっちゅう材質との事。。。あっ、共に木グリですよん! (つか、材質とか苦手な私・・・ww)




て言うか、どちらもグリップが凄すぎるのよね!
脇役が主役を食うって感じかな?
まっ、そんな中で、手持ちのデトで一番、ホワイトバールが似合ったのが、この子♪




デト本体は、ほとんど、ドノーマルに近いけど、シンプルに綺麗にまとまったかなと・・・?
よっしー先輩にも褒められたしwwww




つかさぁ~ 見てよ、この美しさ!!!!!!!!
Sさんの加工はパソコンにデーター入れて機械で削るんだと思う!(難しい事は分からん)
よって、穴位置や局面などに狂いは無い! (と、思うwwww)




また、木目をグリップにどう残すかの美的センスもバツグンですね。
本当、勝手に宣伝して迷惑になるかも知れないけど、こんな素敵なワンオフグリップを作って頂いて、
材料費を合わせても数千円しか請求しないんだよね。。。




更に裏側には私の要望で真鍮板が埋め込まれています。よってとても重いです。
裏側に付いては、別途、企んでいる事があるので、それが終わったらご紹介しやす♪


デトニクスの市販グリップは、本当に数少ないっす。
せいぜい、色違いを含めても10種類も流通していないような・・・・
そんな中、工房Sさんの存在は、物凄く有り難いです。
夢を形にしてくれる人が、私の周りには沢山いらっしゃるので感謝感激です。
  

Posted by 塔四郎 at 18:41Comments(0)工房Sさん作品

2011年03月28日

カスタムパーツを作ってよん♪ メーカーさん&ショップさん

デト用のこんなパーツが欲しい!!!

・ダミーファイアリングピン  (これは発売されましたね! 近日購入予定ですw)
・金属ハウジング       (何種類か出して下さいよぉぉ!)
・金属リアサイト        (これも何種類かお願いしますよぉぉ~!!!)
・リアルなマガジン       (マガジン下にガス注入口を見えないスライド式刻印入りのカバーになってるヤツ)
・アウターバレル        (樹脂でも金属でもいいので銀色以外の物、、出来れば重たいのww)
グリップカバー         (ノーマルグリップウエイトが使用できる樹脂製グリップで色んな色や形のもの)
・HWスライド&フレーム    (各種刻印で♪ あと、スライドセレーションのナナメなヤツも)


どれもカスタムパーツメーカーさんなら作れるんだろうけど、採算が取れるかなんだろうなぁ・・・・・・・
まぁ、マルイのデトがもっと売れて、カスタムしたがる輩が増えれば考えてくれるかなと、、、
自称、デトニクス普及委員会の私は考えますwwwww




<おまけ画像・・・本文とは無関係www>  

Posted by 塔四郎 at 16:02Comments(0)