< 2011年04>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ

2011年04月30日

ガスリボルバーのお色直し・・2

で、前回からの続きです。

まずは、プラグリを加工しました。





全体を80番のペーパーでキズを付けて、木のザラザラ感を演出。
120番とスチールウールで整えてから、黒い塗料を薄め液で溶いてハケ塗りしたら、すぐに部分的に塗料をウェスで拭き取り完成♪





グリップの裏側には適当に鉛板を入れて、箱出しの時と比べ、約100グラム増量!!(マルイデト並みの重さかな?)
グリップ側にウエイト入れるとリアヘビーになるので、インナーバレルにステンレス棒を挿入して接着! 
これにより、若干前後のウエイトバランスを整えたけど、ガスガンとしての運命は、これにてジエンド♪
(てか、今時、こんな古いカート式ガスガンにガス入れて撃たないっすwww)





塗ってなかったシリンダー前側のパーツは、黒染めを適当に落して、面倒くさいので、青組を缶のままでスプレー!! 
シリンダーの出し入れで干渉する部分は、さっそく、塗装ハゲる♪ (まっ、いいねん)





本体各部はコンパウンドで研磨して、エッジ部分は、銀色下地が顔を出す程度に磨き使用感を演出。





平面部も磨き込み、当初の塗っただけの時より、艶と青みが出る。
キャロムの青系の塗料は、今まで、この青組の何倍以上も塗装したけど、キャロムでは出来ない色合いです。





も少し細部を整えて、次は、明るい野外で撮影してみよっと♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:09Comments(0)

2011年04月30日

ガスリボルバーのお色直し

先日の密会で、てるぱさんからコクサイのカート式ガスリボルバーを貰った♪

ABS地肌で、金属カートを入れても536グラムしかないオモチャですが、
最近ハマッているGスミスSの青組で仕上げ直して、重量UPすれば、そこそこ、面白いもんになるかと・・・





まずは、分解!!
はじめてバラすモデルなので、内部構造は何枚か写真撮影しておく♪





塗るのは、この3つのパーツ。





ただ、シリンダーの分解方法が分からなかったので、塗りたくないトコはマスキング。





こっち側も~☆





で、完成wwwwwww





下地にキャロムの銀色を吹いて、小一時間で上塗りとして青組をエアブラシで吹き付けた。
いつもの「その日の内に9割以上を完成させる」と言う突貫作業(笑)





銀色の下地に青組を吹き付けると、最初は、本当、薄い青です。
それを塗り重ねて行くほどに黒っぽくなります。
ちょっとブルーぽいとこも部分的に残して仕上げてます。






ヨークだっけ? シリンダー前側に付いてる金属の黒染めのパーツ!!!
これだけ、マットブラックはおかしいので、後で塗り直す事にした。






純正のプラグリップも安っぽいですね。
これも、この後に、インチ木加工する事に決定。。





青みと黒みが、結構、いい感じかと、、自画自賛の一歩手前って感じ??(笑)
まだ、ほとんど、研磨してないので、この後に、エッジのシルバー出しをする。





うぅぅ~~!!! ブルーイングみたい!!!♪





マダラ塗装、、バンザイ!!!wwww





つか、やっぱ、グリップが、ちゃっちぃな・・・・・・
続く・・・

  

Posted by 塔四郎 at 08:45Comments(5)ポリスリボルバー

2011年04月29日

ストライク45ショーティ

新発売??

そんなワケない!(笑)





ストライクのスライド2つ(ひとつはリアサイト付き)、トリガー、ハンマー、スライドストップを手に入れ、デトと合体させただけ♪





完全互換性のあるパーツばかりですが、ハンマーバーはフルサイズのガバ用なので長い!
隣に写るデト用の短いのに付け替えようと思ったけど、、、





デト用のハンマーバーの手持ち在庫はこれ1個しかないので、もったいないから、ストライクのをサンダーで短くぶった切った♪
(作業時間15秒!!! 組み付け後も、問題なく機能しやした)





とりあえず、ストライク45ショーティと命名しやした。
黒いハンマーやトリガーが色彩的にノーマルデトと違います\(^▽^)/





あとは、リアサイトのデザインがデトとは大きく異なりますね。





デトとは完全に同じサイズのスライドでリアサイトはポン付け出来ます。
(画像に写る、もう1個のスライドにはデト用リアサイトを付けてます)





ただ、小さなデト用のリアサイトの時には作りの陳腐さは目立たなかったですが、
ストライクはデカイので、インチキネジ山の造形や、全体が樹脂製であるのがひと目で分かります。(笑えるほどにwww)





とっても、おもちゃっぽいです。。。




スライドの文字は刻印ではなく、シール?印刷?? よう分からんです。
もうひとつのスライドは、この撮影の後に、水抜き剤に1時間漬けましたが剥がれる感じがしなかったので、
1200番のペーパーで削り落としちゃいました。(そっちは無刻印のデトスライドとして使う予定)





つか、ストライクの刻印の無い反対側から見れば、このショーティも、まんま、デトニクス(笑)








グリップはあえてデトらしい茶色を付けています。
つか、ストライクウォーリアの純正グリップ3000円位すんだもん、高いっす(泣)





ストライク45ショーティ! 
メイド・イン・サイタマ♪  

Posted by 塔四郎 at 20:24Comments(2)

2011年04月28日

鉄粉配合塗料の実験

最近は、GスミスSの塗料にハマッている私です。

今度は特殊鉄粉末が配合されているColor Fe SUPER(カラーエフイースーパー)を購入♪





実験素材は、いつものデト外装で、下地処理も無しで、とりあえず缶吹きしてみた。
つか、鉄粉が入ってるのでエアブラシでは難しそう??





塗った感想としては、まず、ガス圧が高いのか、物凄い勢いで塗料がノズルから放出される。
で、乾いてから触ると超ザラザラで、とても固い表面になる。 たぶん、鉄粉のせいですね。
(イメージを見る為に一度、本体を組み立てた♪)





金属小物の純正黒パーツの色と、鉄粉塗料の色合いに違和感ないですね。
スライドの塗装面を見ると、缶の振りが少なかったのか、塗料粒の粗いトコや、そうじゃないトコがあります。





研磨すれば、塗り立てのザラザラ感は抑えられ、艶も出て来ますが、粒子の粗さも目立ちます。(つか、鉄粉かも?)
一応、実験は終ったので、次回は塗料剥がしの実験(水抜きプールで落ちるのかな?)して、
今度は、下地作りをしてから真面目に塗ってみよっと♪  

Posted by 塔四郎 at 17:05Comments(0)塗装

2011年04月28日

スライドのカケを直してみる

先月の大地震で棚から落ちて傷ついたスライドです。

深くカケているけど、捨てるのも、もったいないので、、、





久しぶりに粘土パテを引っ張り出して盛ったwwww





うんで、ペーパーで適当に削って、下塗りのキャロムのシルバーを適当に吹き付けた♪





で、お気に入りの青組を吹いて研磨した。。。





なんとなく、いい感じじゃん~☆
スライドのカケの修復跡も、完璧に見えないし~☆





せっかく塗って仕上げたスライドがあれば、本体に取り付けしたくなるので、どれか未完のデトがいないかと
物色したら、このデトがいた!!! 以前に不細工なデトとしてブログで取り上げた子ですwww
その後、プラッぽく見てる木グリに墨を入れようとして、途中で断念して、スライドをノーマルのABSに戻したまま放置された子です。





で、今回塗ったスライドを付けたら、、、アチャぁ~~!です(笑)
元がクロームメッキの上に、軽くキャロムの銀色を下塗りしただけで、青組塗ったんだけど物の見事に塗料がハゲた!!!!
下塗りも、スライド前方のパテ盛りした部分しか塗ってなかったような????? そりゃ、ハゲるわい!!!(笑)

手抜きカスタムって、こうして失敗するから楽しいんだよね♪
今更、いい加減な性格が治るわけはないし、がっはっは~~~☆
  

Posted by 塔四郎 at 12:12Comments(0)

2011年04月27日

GスミスSの青組で塗ってみた!

前回、GスミスSの黒組って言う塗料を使ってみて、思いの他、仕上がり具合が好みだったので、
今度は青組って言うのを買ってみた。

今回もエアブラシでの塗装だけど、前回のように他の塗料とは混ぜずに、純度100%の青組で塗った。




過去の青系塗料だと、キャロムのメタルブルーコートがあったけど、これはラメラメ感が強くて私的にはボツ。。。
ブルースチールは粒子も細かく綺麗に塗れるけど上塗り用としては、ちと実銃ではありえない色だし、
有機溶剤のガンブルーカラーにおいては、完全、模型つう色合いでした。
(あくまで、ヘタッピな私の使用感です・・・・・汗)




中々、気に入った青系塗料に出会えませんでしたが、今回、青組を使ってみると、結構いい感じ♪




見方によっては、青くもグレーぽくも黒くも見える?




もちろん、塗ったままでは光沢が弱いので研磨は必要。。




暗いとこで照明をあてて撮影すると、こんな感じで凄みあります。




以前の黒組を主成分とした調合塗料とのツーショット。




キャロムのブルースチールとツーショット♪




ちと、アップ!




大アップ!!!




大アップ2!!!(笑)




野外撮影♪




空の青が写り込んで、とってもブルー!!!!www




GUN塗料では、キャロムのが塗りやすいし強度もいい。
GスミスSは、キャロムより塗り難いかも知れないけど、家庭用や車用のスプレーと比べれば、まっ、塗りやすい??ww
強度は弱そうだけど、見た目はいいかと思う!! 特に磨いて仕上げるには♪




  

Posted by 塔四郎 at 18:20Comments(9)マルイ系

2011年04月26日

ワンオフ☆リアサイト

先日の密会で、てるぱ大臣さん作成のワンオフリアサイトをGET!!!

実銃デトのMKⅥに標準装備されているリアサイトを真鍮と鉄板で作って頂きました!
鉄板パーツはヒートブルーで青光りしてます! さすが、金属加工のてるぱ大臣様!! 最高の仕上がりです♪





取り付けた感じです。
むふっ、、いいでしょ??♪




取り付けたスライドは、リアサイトに合わせてMKⅥの刻印のあるヤツにした。





ただ、てるぱさんから「ブリーチ削って取り付けてね」と言われてたのを無視して付けたら、
スライドが、ここまでしか後ろに下がりませんでしたwww
(この後に、コンマ数ミリ削ったら、ちゃんと機能するようになった♪)





問題点は、リアサイト本体が真鍮製で、その上からブルーイングされているのですが、
光の感じで、そのブルーが透けて下地の金色とまじり、上の画像のように茶色く見えます。。





この画像も茶色に見えますね。





ほんで、対策として、めっき工房で黒メッキしてみたんですけど、ムラがありイマイチ・・・・
つか、この時点ではヒートブルーされた鉄板の外し方が分からずに、その鉄板をメッキしないようにメッキ筆を走らせたのでうまく塗れん。。





で、悪戦苦闘して鉄板を外して、真鍮パーツのみをブルー液のプールへ入れる。
それでも、やっぱ、気に入った感じにならなかったので、最後にはキャロムのブラックスチールを塗って完成したのが、上の画像♪





塗って10分位でベタベタ触ってスライドに取り付けたので、
エッジ部分が若干剥げて、下地のブルーだかメッキ部分が露出してるけど、
これは、これで、金属感があって、良しとした!♪ (つか、面倒くさくなってきたwwww)






小さなパーツ変更だけど、見る人が見れば、驚きのリアサイト!!!
てるぱ大臣殿!!!!
ありがとうございました!!!♪

  

Posted by 塔四郎 at 19:34Comments(0)てるぱさん作品

2011年04月25日

トイガン仲間の密会(笑)

24日の日曜日、よしむね塾長とてるぱ大臣が我が家に来た♪
塾長は金欠の私の為にHFガバの引き取りに、、大臣は金メッキ依頼品の引き取りとデトパーツの引き渡し?でお見え~☆





でぇ、、、こんなに沢山のお土産を貰った!!!!





差し入れ飲料水に、どらやきプリンに、鉄粉ウエイトに、各種GUN塗料!!!





ガンスタンドにフィギュア類に、ターゲット2箱に、電動グロックが1箱♪





箱の上には、ガメラがいて、





コクサイのガスリボルバー(金属カート式)も頂いた!!!!





あと、この8ミリヘッドのネジは、以前に、グリップの穴がデカくてボヤいていたら、
てるぱさんが000円で売ってくれた~☆





取り付けたらいい感じになったけど、、この後に、塾長に横取りされたwwwwwwwww
まっ、てるぱさんとは5月3日にもお会いするので、その時に、また、譲って頂きます♪




あっと言う間に時は流れ、、、いつものように、祭りの後の風景が好きwww

本当、趣味の仲間の集まりは話が尽きないすね。
パッと思い出しても、、「亜鉛合金パーツへの黒染め方法」「デトエングレの相談」「WEハイパワーについて」
「合法処置について」「ヤフオクについて」「塗料について」「シェリフの特注メッキについて」「古本の話題」
「WAガバ分解について」「刻印について」「ネジ屋について」「グリップについて」「仲間の情報について」などなど・・・・(笑)

そうした雑談の中から、次に繋がるアイデアが生まれたり、提供されたりする。
例えば、金属ハンドガンの銃口閉鎖については、アウターバレルのサイズに合うデカイ金属棒をぶち込み、完全接着すればいいとか??
確かに鉛を溶かして入れたりするより、ずっとラクだし、叩いても抜けないレベルになるしwwww

SAAのグリップトリガー周りの金属パーツ。。 そこの黒染め落して、エングレ入れた?
彫りが終ったので、再び、黒く染めたいが、亜鉛合金パーツで真っ黒に染めるのが難しいと言う話題も出て、
それをどうしようとか、三人でアイデア出し合って・・・・・

みんな、変態です!!!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 19:13Comments(8)オフ会

2011年04月25日

デトニクスのダンボール箱

先週の土曜日に岩手のPMさんから荷物が届いた!!!

大きな箱です♪




これです!これ!!!
デトニクスの空箱!!!!!!!!(笑)



要らないって言うので着払いで送って頂きました!
でも、空箱にしては、、、重いです??



うん???
送り状には、、、非常食と書いてある???



ぎゃぁあぁ~!!!!
米とタバコが入ってる!!!



お米、約2キロ!!!



タバコ、55グラム!!!
つか、こんなん重さ計ってどうするの???(笑)
岩手から埼玉へ生活物資を送って頂くなんて、私は、なんちゅう人間なんだろ??(汗)
PMしゃん、本当に有難う御座いました!♪



で、、で、、で、、頂いた空箱は、古いGUN雑誌の収納に使わせて頂きます。



破れたトコなどは、後日、テーピングで綺麗にしやす♪



こんな感じでガンコーナーに格納しちょります。
がはははっ!! マルイデトのダンボール箱!! レアです!!!
えっ、誰だ、ゴミだっちゅうのは??(笑)

ほんま、PMさん、ありがとね~☆

  

Posted by 塔四郎 at 14:07Comments(4)

2011年04月22日

我が家のデト城!!

で、先日の日曜日に届いたデト達♪
ヤフオクから中古デトが2丁と、不足パーツだけ取り寄せて完成したデトが1丁。

どれも、適当な外装を仮組みした状態での撮影です。
このうち、2丁は仕上げ直して、残り1丁はGWに井浦先生のトコに持って行き、エングレーブを入れてもらう予定です。





今回、3丁を入手したので、我が家のデトニクスは56丁になってしまい棚に入り切らなくなりました。
棚の上が、デカベレ(M92系)置き場になってるんですけど、とりあえず、そこに置いてみたけど、、、
なんか、地震で来たら落ちそうなので、、、





デト棚の中に詰めて置きました。
以前は横3列だった所を横4列にしたので、その奥にいるデトを出すのは、ちと面倒になったw





これが、最新版のデト城です!

だいぶ窮屈になりましたね。。。(↑の画像はクリックされますと大きな元画像で表示できます)
最終的には、棚の上に一列で並んでるM92系(30丁位?)には、お引越しして頂き、この一角だけオールデトになる予定?

本当は45丁で打ち止めにするハズだったんです。 だって、グリップやカスタムパーツの種類は少ないデトだし、
これ以上増やしても、同じグリップを装備したデトが現れたりしちゃうし、、(我が家のルールでは同じグリップの装備は禁じてます)
でも、工房Sさんと知り合って、資金さえ続けば無限のグリップ作りが可能になってしまったしwwww
8ミリデトやMGCデトなど、以前は興味なかった物も増えて来た・・・・・
自分で作れないカスタムも、あじゃさんやせいじさん、てるぱさん、多くの加工師さんがおられるし、、

こうなりゃ、やっぱ、100丁行くしかないですね!!(借金・汗w)