< 2011年12>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2011年12月31日

2011年大晦日


頑張れよ! 政治家!! なんとかしろよ、、  多くの国民は頑張ってるんだぞ!!!  そして怒ってるんだぞ! 
うちら、サラリーマンは結果出せなきゃクビが飛ぶのよ、、、約束守れなかったら、ヘタすりゃ、会社が潰れるんだよ?
つか、、、政治家は、、、こんなトコのブログは見ないか!!!!(笑)

  

Posted by 塔四郎 at 08:49Comments(2)

2011年12月30日

ハイキャパのトリガー流用

ヤフオクで、ハイキャパ用のトリガーをいくつか買い漁った。。

マルイガバ系のトリガーはデトにいくつも流用した事はあるけど、ハイキャパ用のは、記憶では純正品流用が2個位かな?
今回のような社外パーツは初めてかと思う。



これなんか、穴ぼこのデザインが変わっていて、今までの我が家には無かったタイプのトリガー♪



これは単純に青いのが欲しかっただけ♪



で、今回の本命がこれ!! これ買うついでに、他の2個もGETしたってのが真相かな?



余ってたフレームに仮付け!!  ここで、思い出した! ハイキャパのトリガーだと、若干、デトより横幅がある??
前後の動きが渋いんだよね。。 以前にマルイ純正ハイキャパトリガーを付けた時も同様で、トリガーサイドを削った記憶が蘇った!



まっ、コンマ数ミリの削りだから、そんな手間では無いので問題ないけど♪  てか、、いいね、、いいね、このトリガー!!!
なんか、、、メラメラと創作意欲が沸いて来た!!!  1丁組み上げるのに不足していたパーツも近くTakeさんから届くし♪  

Posted by 塔四郎 at 17:32Comments(0)

2011年12月30日

ビンテージ塗装の比較

最新塗装の12番目エンフィの色と、他のエンフィとの色を比較してみた♪

撮影によっては、こんなに茶色く見えたりもするのですが、、、



カメラを引いて写すと、また、ちょっと違った色になったり、、まっ、これも鉄粉効果なのでしょうか?
下に居る3丁の色はどちらの写真でも同色だけど、、12番目だけが最初の写真と少し違いますよね? えっ、、気のせい??(笑)



まっ、いいやw それでは色比較してみるべ♪
まずはエコーブラックの喧嘩エンフィールドとの比較からです。



この喧嘩エンフィのエコブラは、実銃で言えば、黒が剥げて銀色に近い色って感じかな?



対する12番目は、黒染めされた実銃の下地に錆が出始めているぞ、、手入れしろよって、、感じ??



まっ、、うまく例えられないけど、どっちもお気に入りの仕上げなのは間違いない!!!(笑)



1丁増えました! 向って右側の子が、エコブラ塗装や鉄粉によるお化粧など、いつも最初に実験に使われる可哀想な子ですwww



共に鉄粉仕上げとなっていますので色合い的には似ていますが、、



ただ、やはり12番目エンフィの方が、全体的に赤いと言うか茶色いです♪



この画像だと、はっきり色の違いが分かりますね。



初めて鉄粉を使用した子の方は、部分的に鉄粉を降り掛けたのに対し、
12番目の方は、全体に粉を擦り込み、エアブラシの勢いで一部粉が飛んだ感じって感じ?



塗装だけの美しさなら、喧嘩エンフィの銀色ぽいのがダントツなんだけど、12番目エンフィはリアルさでは上かな??



つか、どれも、自分で塗った可愛い子供達で優劣は付け難いってか、、、どれも、仕上げた時には、こいつが一番だと思ってたww



ただ、こんな色んな色仕上げの銃が出来るのも、重い腰を上げて、エアブラシ塗装を始めたからですよね。
色塗りのレパートリーが大幅に増えたって事と、薄塗りしやすいので、ビンテージ塗装が缶塗りより数段ラクになったのでハマッたww



三色の色違いがはっきり分かる画像です! みな、自己主張してますね♪



ほんで、新たに2丁加えての計5丁!!  壮観ですwwww



上がラウンドエンフィで、下が錆実験2丁めの子です。



ラウンドエンフィとの比較。



ラウンドの方は少なめな鉄粉仕上げです。



鉄粉実験2丁めの子は、大粒鉄粉から粉末鉄粉、ぶっかけ状態で一番傷んで見える子です。



やっぱ、どれも甲乙付けれず、、可愛いです! (親バカ三太郎www)



エンフィールド戦隊ゴレンジャー♪



どれも、微妙に色違い、、、つか、、、同じ仕上げにする方が難しい!!(笑)



この画像はクリックすると大きな元画像で表示出来ます。
隅々まで比較して見てください♪

  

2011年12月30日

その後のエンフィールド団地

最新の我が家のエンフィールド団地です。

満室になり、屋上部分に、今回入手の青ポリス君と、我が家で最古のHW地肌のポリス君がいます。




オフ会にお見えの皆様は、是非、暇つぶしに実物をご覧下さい。 外装仕上げの色では、私は、やっぱ、喧嘩エンフィがイチ押しです♪



この団地は12丁で満室になり、鉄メッキだけは、以前お伝えしたように一戸建てのガラスケースに入っていて、
新たに入手した14番目のエンフィは今手術室でオペ中!  つか、完成したら、どこに置けばいいんだろ?? (汗)
そう言えば、デトコーナーも、もう一杯一杯だったし、、棚等の増設をしないと、、、、

つか、、それ以前に、、オフ会参加者が現時点で8名??  座れる場所も作らないと、、、汗!  
あと、我が家には、座布団6枚しかありませんので、マイ座布団を持ってる人はご持参下さいwww


  

Posted by 塔四郎 at 12:19Comments(0)

2011年12月30日

4000円デトのグリップ交換

ヤクオクでGETした黒赤グリップはとりあえず4000円デトに装着してみた。

どうでしょうか?



こうした新しい試みをするグリップ職人さんは好きです!



赤が血のイメージで悪そうなデトって感じ♪



ギャングの銃!!!



18番街のゴメスってメキシカン系のチンピラが持ってたデトです! (もちろん、嘘800ですwww)



つか、、フレームの刻印消したつもりが、UPで撮影すると、、なんか見えるぞ????
いいんです! この適当な刻印消しが犯罪銃の特徴です♪



でもさ、、45口径で、小さくて携帯しやすい、こんな銃を持って歩けるアメリカって国は、、やっぱ怖いな。。日本人で良かった!




グリップもUPで見ると、部分的に荒れているけど、、これがリアリティ!!!  つう事にしておきましょう!!
ただ、このチンピラデトのグリップは仮の姿です。 このデトに合う本当のチンピラグリップは遠く北の国から近く密輸されるはずです!
てか、、、某ブログに書かれてるチンピラって誰の事なんだろうなぁぁ???  私は、、気の優しい内気で口下手な、、ただのオジさんだし??
  

Posted by 塔四郎 at 08:34Comments(2)

2011年12月29日

画像認証について

ミリブロでコメント書き込む時に、よく、こんなのあるじゃん? 画像認証ってやつ。。
                ↓
                ↓
                ↓


そんなにスパムとか来ます????


当ブログでは、ミリブロデビュー以来、認証無しで20万アクセスを超えてるけど、
スパム書き込みがあったのは、過去に1回だけだよ?
つかさぁ、、、画像認証の文字って、たまに歪み過ぎていて、読めない事ありませんか?
2なの? Zなの? みたいな?(笑)

当ブログでは、基本的には画像認証は無しです。
ただ、頻繁にスパムが来た時には認証も必要かなと、、その程度の道具だと私は思ってます。
それ以前にミリブロ運営側も見えないトコでスパム対策強化してると思うし??

と、、たまには大文字で書いてみた!  (意味はありませんwww)  

Posted by 塔四郎 at 18:34Comments(4)

2011年12月29日

実銃エンフィールド2

実銃エンフィールドの拾い物参考画像パート2だっけ??

上から、Mk1モデル、スターモデル、、それとバレルの短いモデル?
この短いのは以前にブログに掲載した月刊GUNの内容からするとSHOPカスタムのようなんですが正しくは知らんwww



英語はまったく読めないので何を書いているのかも知らんけど、約17ドルって、丸ごと本体の価格じゃないよね???
加工費?? 分からん!!



まっ、生まれた背景や価格などはどうでもいい事で、、惹かれるのは、やっぱ、デザインって言うか造形美??
このエンフィは、上のチラシと同じタイプの銃身ですね。



フロントサイト部分は切り詰めた銃身の上に台座ごと溶接でもして後付けしてるのかな?



その部分だけが赤錆っぽくなっている?



デザイン的にはここまで短いのはバランス悪いよね?



フロントサイトの台座部分が銃身とは一体でないのが分かる写真ですね。



この汚い質感、、、塗装で再現したいなぁ~!!



うがっ、、マルシンのモデルガンだと、このバックストラップ部分には横セレーションが入っていたけど、磨耗して消えたか? ワザと消したのか?



くたびれたリング、、、いいな、、これ♪



この辺の鉄っぽさも、、、



一部、ブルーイングによる? 青光りも、、、、



トイガンで再現できたら、超リアル♪



トリガーやハンマーの金属部分は他と比べて劣化してないのは、途中で新品とかに交換してるせい???



外装は傷んでいても、金属なので、各部のエッジや平面部分は、あくまでもシャープですね。



塗りで再現する時って塗装皮膜の厚みで、どうしても、エッジが丸みを帯びてシャープさに掛ける、、、まっ、、、私の場合の事ですがwww





ほんで、次のエンフィは、ほとんど銀色バージョン♪
こちらは、バレルが少し長めです!

元々の黒染めが汚くなり、研磨して銀色にしたって感じでしょうか?
ただ、頑固な錆びや肌荒れはそのまんまって感じ?



バレルの長さは、やっぱ、これ位がいいですよね♪  (つか、変なフロントサイトだwww)



この外装は、薄く鉄粉を塗って、その上からシルバーを塗り、研磨して鉄粉を一部を表面に出して錆びさせれば、トイガンで再現できる??



てか、、これ、マルシンのポリスタイプと同じ長さのバレルですか?(笑)






で、次のエンフィがこれ!!!

フロントサイトが無い!!!  これは先日トイガンで再現しました♪



Webleyって、エンフィールドの元となったメーカー様だよね? 



まっ、、実銃の世界のややこしい話しは置いといて、、この痛んだ感じも好きですね♪



シリンダーの錆び加減、、、これをトイガンで再現したいなぁ~☆





最後も、サイトレス♪

画像が黄色味が強いので色見本にはしにくいけど、、、



そう、先日ブログに掲載したやつ! ないとさんのコメントだと銃規制の厳しくなったイギリスでは、
こうゆう風な無可動銃にして所有してる、、、らしい(笑)



つか、これ??



このバレルにも、Webleyって刻印の入ってそうですね。。 Conversionって文字が見える。。。





まぁ、、、この、、、メタンコ短いバレルも、、、

1丁位はコレクションに加えてもいいかもね・・・・・♪
(つか、、加えよう!!)  

Posted by 塔四郎 at 16:05Comments(2)エンフィールド実銃資料

2011年12月29日

赤錆鉄粉仕上げの実験

マイブームの赤く錆びた鉄粉をトイガンに塗り付ける、、、今回、テストを兼ねて犠牲になるのが、このCMCのピーメです。

我が家で最古の樹脂製モデルガンで、何度も塗装してボロボロになった表面を塗装してビンテージ風に仕上げてますが、
それに、赤錆を加味したら、どうなるべと???



で、仕上がったのが、これ♪  以前、塗装されていた部分的に青い箇所は、上から鉄粉やクリアを重ね塗りしたせいで、だいぶ消えてしまった。。



つか、色合い的には、単調になってしまったかも。。。



今回の仕上げ直しのついでに、CMC純正の樹脂グリップに戻しました。 ただし、内部には鉛がたっぷりですのでABSで、この重さ♪



遠目だと、錆びが分かり難いっすね?



アップ画像



亜鉛地肌だったハンマー側面は、全体的に赤味を帯びた感じになりやした。。



今回確証したのは、赤錆びた鉄粉の上にクリアを吹いて行くと、赤錆は薄れて黒くなってしまうって事かな?



今までは、銀色系に赤錆を乗せていたから、まだ赤味は感じられたけど、今回のような黒系の上だと、
赤味の薄れた錆び色は分かり難いですね。。。



よって、何度も作業を繰り返し、面倒くさくなったので、乾いてないクリアの上に鉄粉をこぼしてみたり、、、



この辺は、やり過ぎたのか、艶有りの濡れたような感じになっちまったwww



ここんとこ、粉末だけ塗り付けたのがうまく行ってたけど、、下地が黒系だと、目立たなくて難しい!!!



ここは、大きめな鉄粉を吹いて、それからクリア塗って、その上から研磨したら、鉄粉の錆が取れて銀色になった。
まっ、これを、この後に、何かして錆させるのも、手ですかね??



まぁ、、、簡単に出来れば、多くの人が既にやってるだろうし、、そのうち、秘伝の技でも見つかるのかな??



今回の仕上がりでは、銃本体に銀色部分が無いので、深みの無い仕上がりになってしまった。 正直、失敗です!!
鉄粉作業をする前は、複数の黒味と青みがはっきり認識できて、それが深みに見えていたけど、鉄粉クリアで、それが消えてしまった。



つか、この濡れたようなバレルは、どうするべ?? (笑)



まぁ、、、このまんま、、銀色系を吹き付けて、薄く黒塗って、再度、鉄粉ってのもアリかな?



いざとなれば、水抜き剤のプールにドボンして、やり直せばいいか?  可哀想なピースメーカー(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:01Comments(4)

2011年12月29日

14番目のエンフィは・・・

つか、、つか、、、また、エンフィを買ってしまった!

だってさぁ、、、2700円で落札出来ちゃったんだもん!! ヤフオクで♪



カート無しで、トリガー、ハンマー周りが不調で、、サイドプレートを止めるネジが1つ欠品とか書いてあった、キット組み立て品だけど、
バラして売れば、もっと高く転売できる! (しないけどwww)



ラッチのバネなんか、赤錆てるし、、、つか、、これは、これで、外して、ビンテージ仕様のエンフィに活用できる♪



反対側には、ラッチの擦れ跡が多数、、キットモデルだと、この擦れ傷多いですね。 メーカー完成品のエンフィだと皆無です。



あと、サイドプレートのネジ欠品部分! これは先日、予備パーツを買い揃えたので問題無し♪



それから、本体表面は、なんか薄く、マットブラックで塗られているな、、、??



画像忘れたけど、各部のパーティングラインも未処理のままで仕上げられたキットモデルでした。



ほんで、出品者様が書かれてた、トリガー&ハンマー周りの動作不良は、サイドプレート開けて、眺めて3分! 怪しいの発見した!
マーカー部分のピン! これ、奥まで落ちている! 他のエンフィはハンマー側面とピンの頭はツライチなのに???



ハンマー外したら、落ちて飛び出したピンが可動部に傷を付けている痕跡を発見wwww



緩かったピンに、少量の瞬着を付けて、ピンが下に落ちないようにして、各部、シリコンスプレー吹き付けて、、、
欠落してたサイドプレートのネジも新たに入れて、作動チェック!! がははっ、ダブルアクションでは機能するようになった。
シングルだとトリガーの戻りが悪い。。 トリガーを押し下げる部分のパーツが磨耗してるのかな? まっ、その内、直せばいいか?
そんな内科手術より、大好きな外科手術を先にやろっと♪  (つか、その前に、カートを手に入れないと、、、汗!)



  

Posted by 塔四郎 at 08:58Comments(0)

2011年12月28日

ヤフオクのグリップ職人さん2

前回、ご紹介したヤフオクで自作グリップを出品されている方から二つ目のデトグリをGET

材質:朴  仕上げ:合成うるし+炭粉  うるし塗りの伝統的な石目塗りをマネたけどイメージ違う、艶無しのやや凹凸がある仕上げとの事です。



いくらだって??  うしし、、、1300円です♪



表面は綺麗だけど、裏側はいい加減です。 まっ、私は装着して見えない部分は、どーでもいいので気にしませんが、
せっかく、作るのなら、この辺も、ちゃんと塗ればいいのにね?(笑)



とりあえず、新作グリップは2セット揃ったけど、、取り付けるデトが無い!!! (泣)
  

Posted by 塔四郎 at 23:15Comments(0)