< 2015年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ

2015年04月22日

アオシマ製1/48ガイラのリメイク!

先日チラ見せしましたガイラです、、、鉄砲ネタじゃなくてすみません、、(笑)

とにかくデカいです、、アオシマのガイラ!!!



塗装済みのソフビキットですが、、メーカー塗装は緑と茶系塗料で簡単に塗られているだけでした。



まずは最初、その塗装に自分でイメージした色を追加しました。



ここからが初チャレンジの楽しみ!
実写のガイラにある体毛を再現したいと思い、クリアを塗って、乾く前に要らない脱脂綿をちぎって接着させてみます。



上半身と下半身の接合部分は下側から眺めると隙間が見えたので、そこにも脱脂綿を入れます。



その脱脂綿に色を塗って、なんとかなりそうな感触が掴めました。
でも、、、まだ、体毛が足りないし、、つか、こうなると頭部の髪の毛もなんとかしたくなりました。



元々のガイラの髪の毛は映画では羽田空港に現れた時には茶色だったし、茶系統の塗料で塗ってみたら、
ソフビ成型の髪型の造形が目立つだけでダメだこりゃ!! どうすべぇ??(汗)



そこで見つけたのが金髪姉さんのヘッド! 髪の毛を切って適当に髪型の造形の上に接着すれば良いのでは?  思ったら実行!!!!



頭部に髪の毛を貼りながら、ボディ側にも同様に体毛として接着、、、頭部はもっと髪の毛付けないとダメだな! 体毛は良い感じだな♪



毎日少しずつベタベタと貼って行きます。



こんくらいかな? 
ただ、貼りながら、いろいろ実写を見たりNETで調べたりすると、ここまで茶色じゃないような気がして、、、



結局、こんな感じの色にしました。



がはははっ、、これで完成かな? 



耳から口にかけての毛の流れは今回のお気に入り♪



体毛のフワフワ感も自己満足~☆



ライトで照らした顔は、おしっこチビります!  よし、これで完成にしましょっと♪



えっ、、鉄砲の世界には戻らないのかって? この前、某氏の影響でKSCのUSPコンパクトを落札して到着待ちだけど、、



こうして、メーサー砲とか、ガイラをイジッてみて、やった事の無いイジる(カスタムする)楽しさが好きなんだと再確認しました。
でも、鉄砲だと新鮮味に欠けて、、より高いハードルを目指せばいいんだろうけど、それは面倒臭いし、、まっ、気の向くままで、、、、(笑)



てか、アオシマさんは、1/48サイズでメーサー砲やガイラを販売してるのに、サンダの販売は見送ったのでしょうか?
ガイラの外箱には「No1」と印刷されているけど、、、「No2」と推測されるサンダはガイラが売れずにお蔵入りしたのかな?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ガイラ

2015年04月20日

メーサー殺獣光線車のリメイク完成

先日ブログった66式メーサー 殺獣光線車の続きです。

アオシマ製のメーサー砲の大きな欠点? 赤いウインドガラスをなんとかしようと眺めていたら、、、



車体裏側にプラスネジ2つがあるのを発見して、それを外したら簡単に上下に分割できました。



赤いウインドガラスは丸い突起ふたつで車体に組み付けられてました。



外してみたら、元々クリアで出来たパーツに裏側から赤い塗料で塗られていただけでした。



クリアだと内部の配線が見えるのでメーカーはその対策で赤く色を塗ったのでしょうか?



配線隠しには、以前にsizuさんから頂いたスポンジシールを適当に貼りました♪



赤い塗料は半日水抜き材のプールに入れてゴシゴシしたけど、完全に落ちなかったので、この後にシンナーで拭いた。。



シンナーで拭けば曇るのは分かっていたけど、丁度内部が見えなくなるので、まっいいかと♪
ついでにフロントグリルも針で削ってチェック模様を適当に入れました。



ちなみに元の赤いウインドガラスとフロントグリル、、、これよりはいいべ??



ウインドガラスは車体の汚れに合わせて汚して、、、



シンナーで溶けて白くなった部分も味のある感じになってますよね? ね! ね!ww



後ろ側の車体も細部を仕上げて、これにて完成!



ウインドガラスに光が当たった状態。



ウインドガラスがクリア風になったいるので、向こう側のガラスが透けてみえたり、、



超自己満足の仕上がりでした。 
手持ちの道具だけで全てが初めてずくしのリメイク作業、、、結構、面白かったです♪  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(0)メーサー砲

2015年04月19日

ドール置き場移動

長物置き場を作る為に、ドール軍団の大移動!

約半年で莫大に増えてしまった、どっかで見た事のある風フィギュアの面々?(笑)



ヘッドとボディを組み合わせたり、衣装を着せたりは、トイガンのグリップやスライドを変えたりするのと似ていると思います♪



つか、、やっぱ、、ゴルゴは変だ!!! (笑)




M4のアクセサリーと同じで、1個1個のパーツは安いんだけど、色々と買い揃えると、、結構なお値段になる無限地獄、、、、、汗!



ただ、ひと通り、これだって言う有名人風のヘッドは手に入れたので、新しくお気に入りのヘッドが発売されない限り、当分、増える事は無い?



本当は、ポーズを変えたり、衣装を着せ替えたりして楽しむんだろうけど、、私の場合は、ヘッドとボディを組み付けて、
それなりの服を着せたら、はい、終わりって感じで、後は眺めるだけ。 (まっ、トイガンも似たようなもんだww)



ドール置き場の一角が、最近マイブームのポリマーフレームのハンドガン置き場になってます。



デト城の上が、完全にドール軍団に占拠されやした。
向かって左上の角のトイガンの空き箱置き場が気に入らないので、、、



本日届いたこいつ、、、



全長50センチの巨大なガイラ!



箱をどかして、、、こんな感じ?



がっはっは、、、多分、震度3くらいの地震でいろいろ落ちて来そうだけど、、まっ、そん時に考えればいいや\(^▽^)/

  

Posted by 塔四郎 at 00:50Comments(0)◆フィギュア

2015年04月17日

66式メーサー 殺獣光線車

先日、アオシマの66式メーサー殺獣光線車を5100円で落札しやした♪  リモコンタイプではない古いモデルです。

東宝特撮映画「サンダ対ガイラ」に登場してた架空の戦闘車両で、子供の頃にはリアルに実在する乗り物かと思ってました、、、笑!



外箱には新世紀合金と書かれていますが、完璧なプラスチックモデルです! 金属使用量、5パーセント未満だと思います(笑)



1/48サイズなので細かい所まで造り込まれており、価格以上の価値はあるのですが、
全体的に綺麗過ぎてリアルじゃないっす。 まるでプラモデルの完成品と言う感じです。 まっ、しょうがない事ですけど。。



よって、鉄砲で培った?汚し塗装で仕上げ直してるんだけど、、、、
我が家の塗装道具など基本的に鉄砲用に揃えていたものなので、色も合わないし苦戦中!!



それ以前に、戦車系の塗装は中学以来、、てか、中坊の時には汚し塗装なんて本物の土をかけてたような記憶が、、、笑!



アオシマの66式の最大の欠点が窓ガラスが赤い事。 これは実写や他のガレージキットを見てもクリアガラスなんだよねぇ、、、
分解するのが怖くて、そのまま塗装してるけど、窓ガラスをクリアにするには分解するしかなさそうなので、そのうちトライ???(汗)



フロントグリルもお粗末だよね、、、この辺も、いつかそれっぽく別パーツを組み入れようっと。



とにかく、手持ちの鉄砲用に揃えた塗装道具だけで仕上げを目指しているので、グリップ用塗料の茶色や黄土色塗料の色がイマイチだったり、
錆びた鉄粉は1/1サイズなので1/48モデルには粒が大き過ぎたり、、それを歯ブラシで研磨したり、、と、試行錯誤中!



まだまだ、作業途中ですけど、、鉄砲塗るよりヘタすれば時間が掛かりそうで、、、やらなきゃ良かったと、、、笑!



で、こんなの購入したら、やっぱ、ガイラが欲しくなるので、それも落札して、、届くのを待ってる状態です。



つか、、、ちと銀色ボディ部分をボロボロにし過ぎた???  
まっ、1966年式の車両だし、今の残っていたら、こんくらいボロいだろうと、、、自分に言い聞かせてます、、、(汗)  

Posted by 塔四郎 at 16:00Comments(0)メーサー砲

2015年04月05日

タケさんから届いた!

皆様の不用品の最終処分場のお座敷GUNガンです。

お得意様の北海道のタケさんから廃棄物が送られて来ました♪



てか、 試供品と書かれているんですけど!(笑)



中身はこれ! カスタムに妥協を許さないタケさんから最終処分場送りにされたデトニクスのグリップ!
経緯はタケさんのブログをご覧ください。



赤丸部分が少し変だけど、、、、妥協を許す処分場の親父としては、全然問題の無いレベル!
つか、よくもまぁ、、綺麗にシール貼ってるなぁ~と感心するのみ。



まっ、タケさん的には許されなくても、この程度なら、まったく問題無いっすよね♪



こんな素敵なグリップが届いたら、デトニクスに付けるしかないけど、一応、我が家のコレクションは全て完成しているので、、
どれかのグリップを外して付け替えとなり、、この、木グリップの付いたデトがこの度、生まれ変わります。



凄いね、、まったくイメージが変わる!!!



本当はシルバー系のデトに付けたかったけど、手持ちのだと、どれも今付いてるグリップとの相性が決まっていて、普通の黒デトに付けた。



その結果、とても悪そうなデトに変身!!
これお気に入り♪



と言う事で、北海道のタケさん! 試供品の宿主が決まり、ゴミ廃棄処理を免れたグリップが喜んでおります。!
「産んでくれてありがとう!」と言ってます! 私も嬉しい! ありがとう!!!
これからも一杯トライして失敗作を送ってね♪  (←こらっww)


  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(0)タケさん作品

2015年04月04日

いまさらWEのXDMを買ったり

WE/XDM3.8 (Ultra Compact) と言うのを、あじゃさんのこのブログを読んで衝動買いしました♪



で、そのあじゃさんの次なる記事では、チャンバー上面がキズ付いてしまうと言う欠点が、、、、、、、汗!


難しい事は分からないけど、まずはバラして、後はあじゃさんの画像を参考に削ればいいんだと、、、、でも、、
私にとっての問題は、、まず、分解できるのかって事でしたが、意外と簡単だった。



ほんで、あじゃさんの画像を見ながら赤丸部分などを削った。



ついでに、インナーバレル先端を染めて、



銃口内部は、なんと亜鉛地肌の銀色のままだったので、、



ここも染めて完成したけど、、、



せっかく銃口にネジ山が付いてるんだから、サイレンサーアタッチメントを買って、、



お約束のサイレンサー装着仕様にしました。



てか、、難しい事知らないけど、このXDMってショートリコイルでしょ?
サイレンサー付けても元気にブローバックするんですけど?
KSCの93Rとかソーコムとかサイレンサー付けると、明らかにブローバックがショボくなるのに、、WE恐るべし??



(お知らせ)
当ブログは休みに書き終えた記事を日時を決めて自動公開するように設定していますので、
せっかく頂いたコメントへのお返事は、休日にまとめてお返しします。
ちなみに、今週月曜日から土曜日まで、毎日17時に、どうでもいい記事を公開するように設定してます)
  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(2)◆ハンドガン

2015年04月03日

KSCの旧型ソーコムも買った!

旧型のKSCソーコム! オールHWモデル、サイレンサー付き!
中古で9800円で落札♪

落札してから旧型だと気づいたので、KSCからピストンユニットを取り寄せた。



ノーマル状態でブローバックさせたら、凄くモッサリとしていたが、この後に改善パーツ類が来るから、まっいいかと思ったが、、、


事件は、この体重測定の後に起こった。。



刻印に埋め込まれた白クレヨンが気に入らないので、掘り掘りしてから、



サイレンサーを付けて再び計測した後に空撃ちしたら、ガスがブシューと吹き出る!!



マガジンは水槽に付けてもガス漏れしてないし、



つか、スライドが1センチくらいしか後退しなくなってるし、スライド外れないし、中からカラカラ音がするし???



捨てようかと思いながらイジッていたらスライドが外れて、原因はシリアルナンバー板を裏から押さえているフタ?
画像左側のパーツが外れて、たぶん、リコイルスプリングと干渉してのトラブルでした。
ただ、マガジンは空撃ち数回でガス欠するので分解清掃してなんとか修復。



ほんで、ピストンユニットが届いて交換して、



ガーダー製の150%リコイル&ハンマースプリングも届く!
ハンマースプリングは交換が面倒くさかったので、交換が簡単なリコイルスプリングとピストンユニットだけ入れ換えてみました♪



画像の下側が強化スプリングで、見た目は、若干太いだけですが、装着して作動させたら、スライドの戻りが別物になったような?
結構、迫力ありんす! これなら文句無い\(^▽^)/



現行モデルのような動作(つか、現行知らんけどww)、重くて迫力のあるソーコムに変身したのですが、、、、



ソーコムと言えばサイレンサーでしょ? この純正サイレンサーを付けると、ブローバックのパワーは半減!
以前にKSCの93Rにハマッた時と、まったく一緒! ショートリコイルモデルにサイレンサーを付けると全てそうなるみたい?



そんじゃぁ、サイレンサーの代わりに、マルイソーコム用のライトをGETして、



ソーコム用のガンケースが安く出品されてたので、それも落札したら、なんとマルイ純正のガンケースだった!
そのまんまKSC用として収納可能でした。 サイレンサーはガンケースの中の置物と化した、、、(笑)



で、多分、BB弾を入れるスペースに、空撃ち用マガジンにした為、抜き取ったマガジンスプリング等を収納する。



以前はグリップ交換出来ない拳銃には、まったく興味は無かったのですが、皆様からの影響や頂き物のお陰で、
ポリマーフレームって言うの、こうゆうのも好きになって来ました♪


(お知らせ)
当ブログは休みに書き終えた記事を日時を決めて自動公開するように設定していますので、
せっかく頂いたコメントへのお返事は、休日にまとめてお返しします。
ちなみに、今週月曜日から土曜日まで、毎日17時に、どうでもいい記事を公開するように設定してます)
  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(0)◆ハンドガン

2015年04月02日

木グリを待ってたら6ミリが出た(笑)

マテバの木グリを待てば、、、、もう、、数年、、、笑!

インチ木グリップ仕様の我が家の1キロマテバ8ミリ、、、、、


そのインチ木から黒ラバー仕様に塗り替えました!



だって、6ミリの木グリ付きのマテバを買ったから♪



自分としては、念願の木グリップのGET! そしたらおまけで6ミリ本体が付いて来た?って感じです。
欲しかったのは、あくまで木グリップ、、、笑! 



丸ごと購入する前に、マルシンさんに、木グリだけオプションとして再販しないのかと問い合わせてみたけど、予定は無いとの返事が、、、
予定に無くても、絶対に数個は倉庫にあるはずだと思うのですが出す気は無いのね、、、、泣!



それなら6ミリを丸ごと買うしかなく、古い8ミリはインチ木だと見劣りするので黒ラバー仕様にしました。



で、新旧を見比べると、8ミリには、こんな刻印があるけど、、



6ミリでは刻印は省略されて、四角く区切られた跡だけありんす。



8ミリのカートの重さ、、、



約4倍の重さになった6ミリのカート!



シリンダーの穴は、向かって左が6ミリで、カートの有無が誰の目でも分かりますが、
右側の8ミリはシリンダーにカートは入っているけど見えません。



つか、私の8ミリシリンダーの穴は黒染めしてた、、、汗!
本来は、こんな感じで、弾の有無関係無しで、真鍮パイプが見えます。



まっ、比較はそんなもんで、、届いた6ミリをウエイトアップします。
アウターバレルは先端のキャップを外せば簡単に抜けて、インナーバレルとアウターの隙間は大きいので、
鉛シールを一杯インナーに貼れます(笑)



問題はグリップ内部です。
8ミリのプラグリだと、グリップの奥の方にも鉛を入れる事ができたけど、木グリには、そんな余裕無さそうです。



よって、こんなとこに気持ち鉛を入れるだけ。



カートが重くても、グリップ内部にウエイトを入れる隙間が無い為に、以前の1キロマテバより、2グラム重いだけ、、
実質、重さは大差無しです(笑)



3年前に木グリ付きを再販したマルシンさん、、今回の6ミリでの再販はいいんだけど、、木グリ欲しさに丸ごと買える人少ないよ。
それ以前に、マルシンが築こうとした8ミリ路線に乗って購入した人の事を考えたら、せめて木グリくらい再販しなさいよ。
WAのゴルゴモデルもそうだけど、そうゆうの買ったお客さんを見捨てるような対応は、、やらない方がいいと、私は思うけどなぁ、、、、



(お知らせ)
当ブログは休みに書き終えた記事を日時を決めて自動公開するように設定していますので、
せっかく頂いたコメントへのお返事は、休日にまとめてお返しします。
ちなみに、今週月曜日から土曜日まで、毎日17時に、どうでもいい記事を公開するように設定してます)
  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(2)◆マイ・コレクション2号

2015年04月01日

KJワークスのホークアイつうの?

自分へのご褒美で、こんなのも買いました!

KJ製のホークアイ、、つか、基本設計はタニコバさんで、そのルーツはMGCのルガー10/22ですよね?
詳細はハイパー道楽さんの記事が分かりやすい♪



私のは、バージョン2とか言うモデルで、旧モデルとの違いはサイトと標準マガジンがロングタイプになったくらい?



マガジンはロングとショートをそれぞれ1個ずつ予備で購入して、ロングタイプはマルイのBB弾ストッパーを入れて空撃ち仕様に、、、
ショートマガジンはマガジンフォロアーを目一杯下げると、マガジン下に突起が出て来て、そこにクリップ入れて空撃ち仕様にしてます。



M16は装着する楽しみは少ないけど、この子は、、一杯、付けて遊べまっせ♪



古い設計なので作動性は期待してなかったけど、凄くいいですね、さすがタニコバ!
リコイルの強さはまったくないけど、それは逆に22口径だし、キビキビ動くボルトに感激! ある意味リアルに感じます。(笑)



いろいろ付けたくて、ライトを買ったり、



ストックも買ったりして、、結局、ドンドン増えるストックコレクション?ww



置き場も無くなって来て、、、買ったはいいけど、、、どうする置き場??(汗)



それより、先に細かい問題が、、、、



このホークアイは、サイレンサーを付けると、このように構造上バレルとサイレンサーの間に隙間が出来ちゃうのよね。



ほんで、隙間部分に金属パテを入れて、スペーサーを作ります。
この画像は、そのパテが硬化後に取り外したもの。



それを削って形を整えます。
画像は、バレル本体はマスキングして傷予防して、それからスペーサーを装着して、ヤスリで最終造形をしてるところっす。



やれば出来るのね、、、私!(笑)



サイレンサー装着時!



スペーサーを付けたまま、ノーマルバレルの先端パーツも装着出来ます。



置き場の方は、お人形さんのコレクションケースを大移動!



とりあえず、エアコン下に立て掛けた、、、、
ホークアイ以外は迫力のリコイルが楽しめるけど、ホークが一番スナイパー気分になれる! 気分は暗殺者?


(お知らせ)
当ブログは休みに書き終えた記事を日時を決めて自動公開するように設定していますので、
せっかく頂いたコメントへのお返事は、休日にまとめてお返しします。
ちなみに、今週月曜日から土曜日まで、毎日17時に、どうでもいい記事を公開するように設定してます)
  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(6)ホークアイ