< 2017年07>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ

2017年07月31日

久しぶりのヘンロンいじり

ヘンロンの新しい置き場も出来上がり、鉄砲の掃除ばかりで飽きたので、久しぶりにヘンロン戦車で遊ぶ事にした。

遊ぶのは、右側の茶色いタイガーⅠ(2号機)です。約1年前にリコイル砲身にして完成させた銃口の光るヤツです♪
一年経過していたので、バッテリーが上がっており、タミヤのバッテリーが装着されてたけど、4時間経っても、まだ、満充電にならず、、、



充電を待ってる間が暇なので、細部を見ると、いい具合に埃が溜まってるw
せっかく付着した埃は拭き取らずに、このまんま、艶消しクリアーで固着させようかしら?



まっ、クリアーの上塗りは後回しにして、、以前から、いつか手直ししようと思っていたアンテナをイジるかな。
本来の長さは、グレー色のタイガー(3号機)に付いているアンテナが正解だと思います。



見比べると、こんな感じ♪  2号機のアンテナは、当時、ヘンロン純正のラジコン用アンテナをこれでも短く切断したんだけど、
その後、3号機に装飾用のタイガー1型アンテナを買って、長さの違いに気づいたけど、、面倒な事は先送りしてた、、、汗!



だから、今回、やっと切断した!!
てか、まだ、若干長いけど、、



車体に装着すれば、ほとんど同じ長さに見えるのでOKかと♪



アンテナ加工を終えても、バッテリーの充電が終わらないので、埃だらけの2号機を眺めていると、、



埃のせいかと思うんだけど、色にメリハリが無い! 具体的には黒系の色が薄く見える、、、
そりゃそうだよね、トイガン同様に白っぽい粉塵も大量に付着しているんだから、、後で、黒パステル粉を加えてメリハリ付けます♪



その前に、ハッチの裏側の塗装の色が気に入らない、、、まずは、そこらを修正しよっと。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2017年07月30日

殺しのライセンス風

大掃除の続きでモーゼルM712系を綺麗にしてた時に、
そう言えば、この映画でモーゼルを知ったんだよなぁーと思いだした。

今から50年近く前の映画で、ストックとサイレンサーがかっこいいなと。。




モーゼルとストック類は複数持ってるけど、サイレンサーが無い!
サイレンサー付きのモーゼルを再現する為に、以前に購入したマルシンのM1910モデルガン用のサイレンサーを加工する事に♪



先割れの部分で銃口内のインサートを挟み込み、銀色に磨かれた部分が銃口に入るんだけど、
モーゼルに流用するには外周が大きいので、削って小さくしているところです。



少し削っては、マルシン製のM712に入れて様子を見て削るを繰り返す。
削り過ぎたら、ポロリと抜けてしまうので、ジャストフィットするように小一時間削って完成♪



あくまで殺しのライセンス風です(笑)



モデルガン本体は数十年前にキットを組み立てた品でABSだからメタクソ軽い!
まっ、雰囲気だけで、これはいいかなと♪



1960年代の映画だから、私が見たのはテレビの再放送かな? その辺の記憶は無いけど、
私を鉄砲好きにさせた要因のひとつである事は間違いないかとw



ルガーP08、ワルサーP38、そしてモーゼルM712、、、昭和の時代には人気のあったオートマチック!
平成の時代では、、おっさんくらいしか興味が無いのだろうか?(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)モーゼル

2017年07月29日

洗車置き場増築

トイガン清掃に飽きたので戦車遊び♪

以前は三階建てだったヘンロン置き場!



1か月位前に、各フロアーを低くして四階建てに変更したけど、、出来れば、ここに、もっと積み重ねたいと、、



ホームセンターで材木を購入して作り直す事にした。



問題点は支柱となる柱が、今まで使っていた長さのが最長のようなので、L字の金具でつなぎ合わせて背丈を稼ぐ。



がっはっは! 高層ビルの誕生!!



7階建てになりました♪



最上階の後ろの壁が殺風景なので、



パネルに入ったマルイデトニクスの販売当時のポスターを飾る! 



完璧です!
ただ、問題は、窓ガラスの開閉が非常に困難になった事w



床面積が限られた我が家では、縦に置き場を拡張するしか無いっす!
まっ、これで、ヘンロン戦車は全てこの一角に集まった、、、めでたし、めでたし♪  

2017年07月28日

イングラム軍団

前回、WAのミニUZIとKSCのM11の清掃メンテを終えて、迫力のマグナブローバックと高速フルオートのシステム7を味わいました。

そう言えば、WAのイングラムも持っていた事を思い出し、まずは、KSCと2ショット♪



WAの外装はビンテージ塗装したもので、今、見ると、細部のアラが気になるな、、、汗!



埃だらけでしたが、軽く外装を拭いて終了!
まっ、ビンテージ風は、そんなに綺麗にしなくていいかと♪



で、撃とうとしたら、マガジンからガス漏れ!!  これは、私には直せそうもないので、、いつか、とも先生にお願いしよっと♪
つか、撃ちたかったんですけど、、WAのイングラム、、、泣



仕方が無いので、他のイングラムの清掃メンテを始める事に。。



マルゼンのM11を好みの外装に仕上げ直したスペシャルなイングラム!
ドラムマガジンは自分ながら、よく作ったなぁーと思いますw



清掃が終わって撃とうと思ったら、こいつもガス漏れ!!!
ただ、放出バルブよりガスが漏れてるだけなので、これくらいなら直せるかとバルブを取り出し、



同じくマルゼンのスコーピオンの予備マガジンを取り出して、



バルブを付け替えただけ! 



でも、バルブからのガス漏れは止まったけど、マガジンのジョイントピンからもガスが漏れている、、、、汗!
もしかして、ドラムを外さなければ直せない? 面倒くさいので見なかった事にしようw



MGCのモデルガンを含めて全部で4丁! そのうち、WAとマルゼンが死亡中です、、、残念!  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)イングラム

2017年07月27日

小さいSMGの掃除

MP44の再ブルーイングも終わり、

次は、このWAミニUZIを清掃したんだけど、、もう、掃除ばかりじゃつまらないので、、、



以前から気になっていたセレクター部分の刻印に色でも付けようかと♪



お決まりのクレヨンで!w



どれを赤で、どれを白にすればいいのか分からなかったので、MP5を参考に、セーフティが白、それ以外が赤でいいかと(笑)



久しぶりにガスを入れて空撃ちしたけど、単発でもフルオートでも、すこぶる快調に作動した!
つか、さすがマグナブローバックって感じで迫力あり!



いろいろな商品を再販したり焼き直したりするWAなのに、再販されない可哀そうなミニウージー、、、
初めてWAのホームページから直販で購入して発売日の翌日あたりに届いたけど、マガジン不具合で、即日交換対応してもらった子です。



で、そのミニUZIの次に、KSCのイングラムM11も清掃メンテします。



まずは、汚れ具合が惨い!!



笑うしかない!



悲惨!



で、復活!!



フルオートが凄いです! ブシャァァァァーって感じで、最速の連射です!



小さいSMGもいいですねぇぇ!



こうして見るとM11も意外とデカい! いや、ミニUZIが小さいのか?   

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)イングラムWA・ミニUZI

2017年07月26日

お掃除と染め直し

お掃除再開!
今度はAGMのMP44です。

このMP44は、発射機能を無くし、マガジンの中にはタングステンなどを詰め込み、総重量で5270gと、ほぼ実銃重量に近づけた
無可動電動ガンです! ちなみに実銃重量は5220gです♪



マガジンが茶色く変色して埃だらけですが埃は画像だと分かり難い?



埃部分を指で触った所を見れば、その違いは、、、笑!
まっ、ビンテージ風な仕上げなので、若干の埃はいいんですけど、ブルーイングの変色が気になるなぁ、、、



ハンドガードも茶色に変色してる、、、、汗



マガジンとハンドガードはスチール製なのが変色した理由かな?



と言う事で染め直す。



手持ちのいくつかのブルー液で、ダイキャストの本体に近い色に染め直す。



まったく同じ色にはならないけど、まっ、妥協できるレベルに修復。



この手のガスブロは出ないのかなぁ? MP40とかトンプソンとか、今の時代では人気が無いんでしょうね?
M4みたいに着飾る楽しみが無いから? 



お金持ちは無可動実銃、、、庶民は無可動電動ガン、、、これでいいのだ!w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)MP44

2017年07月25日

61式戦車を、、

前回からの続きです。

ずっと続くトイガンの清掃作業ばがりだとストレスが溜まるので、ちと息抜きで、再び61式戦車をイジる。



と言っても、外装をイジるのではなく、、



前回のブログでも書いたと思うけど重量アップするだけ♪



砲身を外して内部に粘土を詰める! たった、それだけで手にした時の感じが大幅に変わる。



ただ、あんまし重くすると足回りとか重量に耐えれずボキッと行く場合があるので適度な重さに♪



金属製のミニカーほどの重さは無いけど、いい感じっす。



息抜き終了!
再び、トイガンの掃除に戻ります、、、、泣  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)戦車

2017年07月24日

P38軍団

再び、清掃活動の再開! (一体、いつまで続くのやら、、、汗)

ワルサーP38軍団、、、これらも一杯、粉塵被害にあってます。



集合写真だと分かり難いよね?



これなら分かる?
グリップ前方のロアレシーバーの二か所が指で埃を拭きとったとこ!w



グリップを日本の指で、さっと、撫でてみたwww



ちゃんと埃を拭きとれば黒いグリップになる。



で、こっちのP38も、、、



拭けば、オリジナルのビンテージ塗装に戻った♪



まぁ、、、塗装の粉塵だけじゃなく、長期、ほったらかしだったので、普通の埃も一杯付着してたんだろうな。



清掃と作動チェックを兼ねてるんだけど、、



このマルゼンのガスブロだけがマガジンNGでした、、とも先生! ガス漏れ患者でぇぇーす!(笑)



マルゼンのマガジンはモレやすいのに、他のは大丈夫でした♪



我が家のマルゼンP38軍団!



マルゼン以外は、マルイのプラモと、WAの固定スライドが2丁と、サウンドガンのおもちゃw
総勢8丁の38軍団! もう、これ以上は増える予定無し♪
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ワルサーP38

2017年07月23日

Co2のシリンダーGET

先日、中身のパーツを揃えて、完動品のVSRを1丁誕生させて、それに代わる中身の無いVSRも1丁増えた。

不足パーツはインナーバレルやチャンバーとシリンダー等です。



予備ストックに装着して外見を楽しむだけなら、インナーバレルやキャンバーは要らないけど、シリンダーは、やっぱ、欲しいよね。



どうせ買うなら、未経験のCo2ガスシリンダーって言うのを買ってみようかと、、、
ずっと、興味はあったけど、高いし、なかなか勇気がなくて、買えなかった品w



一応、国内規制値仕様のシリンダーで、装着するVSRはチャンバーもインナーバレルも無いので、問題は無いかと判断してGET。
ただ、生ガスを吹き出るようにするには、シリンダー自体の放出量を上げるなどの改造が必要で、そうなると、そのシリンダーを
他のVSRに装着すれば極悪パワー銃になるので自主規制して、規制値内のまま使う事に♪



シリンダーは、放出バルブがCO2カートリッジへ直接接続されるタイプのダイレクトバルブで、大昔、スタスケと呼ばれた構造に似てる?



CO2カートリッジは、マルシン製のものが一杯買い置きしてあるので、それを使用します。



組み立ては、説明図を見て、私でも簡単に出来るレベルでした。



ただ、コッキングレバーが最大でも、ここまでしか後退しない事と、引くのも戻すのも、エアコキと比べて大差なく重い事、、、、
タナカのM700のガスシリンダーなんか、まったく軽いのに、、、、構造の違いなのかな?



空撃ちすると、明らかにシリンダー内での作動音がうるさくなったけど、、ただ、そんだけ!(笑)



コッキングの動きもスムーズじゃないし、後退量の少ないし、音は大きくなったけど、「ガン!」って感じの音でライフルらしくないし、、、
これなら普通のマルイのシリンダーを買えば良かったと後悔!w  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年07月22日

61式戦車手直し

前回からの続きです。

砲身の根元のカバーにテッシュを被せて塗装したけど、造形が失敗!



よって、砲身ごと、もぎ取る!




同一メーカーの未組み立てのプラモが、作るのが面倒くさくて、手つかずで残っていたので、中身を見たら、



砲身周りのパーツ自体の組み立ては簡単そうだったので、今回、付け替える事にした。



3分後!(笑)



砲塔と砲身で微妙に色が違うけど、この辺はいくらでも修正できるし、今回は、砲身カバーは、余計な事せずに、そのまま茶色に塗ろっと♪



塗装中!
砲身は濃いめの緑を塗って、後はスポンジやすりで色を落としながら、ウェザリングで色を加えて、砲塔と同じ感じの色にします。



後は、茶色の部分を汚します。



こんなもんかな?



茶色にはフラットベースを混ぜて塗ったんだけど、、なんか、半光沢に、、、
まっ、布と言うよりはビニールのカバーみたいにも見えるので、これでいいかな? と、妥協するw



プラモの箱のイラスト画に近づいた?



車体と砲塔は簡単に外れるので、する事が無くなったら、中に粘土でも入れて重くしようかと、、、



アホみたいに重くすると足回りとか壊れる恐れがあるけど、適度に重量を増せば、メタル製の戦車のような感じになる、、、、はずw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)戦車