< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2017年08月24日

新次元のサウンド直す

6月6日のブログで掲載した音の出なくなった新次元を音が出るようにしたいと思うようになった。
ラジコンの戦車は、走行音や機銃、主砲の音もバンバン出るのに、音の出ない新次元は、やっぱ、新次元じゃないぞ!(笑)

前回までに分かっている事は、トリガー部分をもう1丁の新次元の物を外して付け替えれば、問題無く音が出るようになるし、
また、正常に音の出る新次元に、この音の出ない方のトリガーユニットを付けたら音が出なくなるので、



だから、絶対に、このトリガーユニット部分のスイッチ、もしくは配線になんらかの欠陥があると思うのでバラします。



どうも、マクロ撮影がヘタでピンボケ画像ですが、スイッチの端子には、しっかりと配線がハンダされているように見えます。



新次元の面倒くさいのは、配線が接触したと同時に、送信機が振動を感知しないと音が出ないので、ストック内から送信機を取り出します。
で、トリガーの配線と繋がるカプラーから、送信機側のカプラーを抜いて、その中にU字状のハリガネを入れて通電状態にします。



この状態で、送信機の電池を入れる部分のフタを叩けば、バッキュン、バッキュンと叩いた数だけ音が出ます。
と、言う事で、このカプラーまでは異常が無いと判断!



次に、トリガースイッチに付いていた配線を外しました。
撮影を忘れましたが、外した配線2本を結んで通電状態にしてから、送信機のカプラーに繋いで電池BOXを叩いても音が出ました。



だとすれば、2本の配線が、それぞれの端子にちゃんとハンダされていないのかと思い、何度かハンダゴテで付けてみましたが、音が出ない?
いや、正確には、トリガースイッチを接触させたまま、電池BOXを叩いて振動を与えるんだけど、30回に1回くらい音が出る事があった。



今度は、トリガー部分からスイッチを外しました。
そして、原因が分かりました! この画像でも分かりますが、スイッチ左右の銅色の板の先端内側部分に、銀色の細い配線のような突起がある。



このマーカー部分に剥き出しの配線のような突起があって、それが正しく接触しないと音が出ない。



突起部分をクリップで確実に接触させていれば、いくらでも音が出るようになったので、この後は、左右の板の微妙な位置合わせを行い、
正しく突起部分が接触するようにした! 



その後、銃本体に組み込んでも異常無くガンサウンドが楽しめるようになったけど、、調整したスイッチ部分、本当に、コンマ数ミリって感じで、
ストックから本体を抜いたり入れたり何度もすれば、何かの拍子で位置がずれる可能性も大! 
正常に機能するガンサウンドは、出来るだけストックの取り外しなどしない方が良いですね。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイVSR

2017年08月23日

Ⅳ号戦車完成

前回からの続きです。

1年分の埃を部分的に残して、艶消しクリアーでコーティングしたⅣ号戦車ですが、このままだとメリハリが弱いので部分的に色を追加します。



まずは、白いパステル粉を適当にポンポンして、



ピンボケ画像ですがエッジ部分を白くして、



1/35か1/48の戦車プラモから強奪したワイヤー類をⅣ号戦車に合う色に塗り替えて、



こんなとこや、



あんなとこに仮づけ♪



部分的に艶有りクリアーを塗って、それを隠すように半艶クリアーを塗ったりして、、



それから後部の四角い扉のラインが白っぽかったので、エナメルでスミ入れ、、、



左側終了!



右側も終了! 乾燥待ち♪



庭から枯れ枝を持って来て、適当に突き刺すw



小さな枯れ枝と、丸太をイメージして切断した太い小枝♪



1/16サイズだと、本物の木や葉っぱを利用できるので楽!
これが1/35か1/48サイズだと、結構、難しいのではないでしょうか?



アップで見ると、車体表面の埃やゴミがいい感じにコーティングされてます。



つか、この手の天然の汚れは、庭に数日間、風の強い日に出しておけば、いい感じに汚れるかと思うけど、、
近所の人の目が怖い(笑)



少し半艶クリアーを多めにして濡れた感じの車体にしてみた。



このⅣ号は、2.4GHzタイプなので、旧型では難しい低速発進も可能だし、受信機から音量や煙などの操作も出来るので大好き!
ただ、発煙に関してはポンプの動きが弱まって来たので以前のように煙の出が良くないので、今回、新品の発煙ユニットに組み替えました。


低速走行や煙の作動動画です。

キャタピラはダルダルの状態に緩めていますが、一応、外れる事も無く動いています。
以前に掲載した旧型送信機よりも低速走行がスムーズなのがお分かり頂けるかと思います。
旧型と同じようにストロボ発光型リコイル砲身に変更出来れば、このⅣ号も最強なんだけど、高いし自分では交換出来ないので断念。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅳ号戦車

2017年08月22日

今度はⅣ号戦車で

前回のⅢ号戦車は綺麗にしてからの撮影だったので、

今回のⅣ号戦車は、埃だらけの状態で、まずは撮影しました♪ 全体に白っぽくなってるのが、多分、埃と塗装の粉塵です(笑)



ピンボケ写真ですが、フェンダーを指で触った部分が汚れが取れて、本来の塗装肌が現れてます。



同じくピンボケ写真ですが、全体に白い粉が覆っているのが分かると思います。



そうした埃を指や綿棒で落とせる部分だけ落として、凹み部分など部分的には、そのまんまの汚れた状態にします。



この砲身なんかが、そんな感じで汚れを残しています。



この辺も適当に汚れを残したまま、、、



艶消しクリアーを遠吹きで吹き付けます! 近いと、せっかくの埃が飛んでしまうので、、、笑!



旗は、一度、外して、水洗いでもしようかな?



あと、スミ入れや汚し塗装も若干必要な感じ。



と言う事で続くw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)Ⅳ号戦車

2017年08月21日

Ⅲ号戦車も再チェック

1号タイガーも2号タイガーも終わり、次はⅢ号戦車です。

他の戦車同様、1年近くの埃と、この半年近くの塗装粉塵被害で白っぽくなっていたのを、部分的に埃や粉塵を残したまま、
薄く艶消しクリアーと半艶クリアーを吹いてコーティング完了♪



旗や、


スペアタイヤなんかは、本当、白いチリに埋もれてましたが、それらを落として元通りの感じにしています。



フロントのスペアタイヤは側面の埃を落としただけで、後は、そのまんま、クリアーでコーティング!



汚れ以外で気になったのが、この収納式のアンテナ!
元々、車体後部にあったラジコン用アンテナを本物と同じ位置に移植してあるけど、アンテナ自体は銀色のままだった。



キャロムのブルーペンで黒っぽく染めます♪
このⅢ号戦車は旧型リモコンなのでアンテナは必需品、、でも、塗装すると感度が駄目になりそうなので、黒染めで対処♪



こんな感じで。



普段は邪魔なので折り畳んで格納スペースに入れてます。



部分的にタッチアップも追加。



バッテリーは充電して、動作確認済み!



金属キャタピラなので見かけは小さいけど重たい子w



1号機同様、力の入った作品です♪



本当に、もっと早くヘンロンのラジコン戦車に出会っていたら、全車両を買い揃えていただろうなぁ、、私の性格だと、、笑!



ガスハンドガン並みの価格で、動くし、撃てるし、煙出るし、リコイルもするし、、デカイので色塗りやウェザリングは楽だし、
お薦めのオモチャです♪



さてと、、、次は、、、  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車

2017年08月20日

今度こそ完成か?

前回からの続きです。

車体後部に葉っぱを乗せて、後は葉っぱが枯れるのを待つだけで完成かと思いましたが、、



フロント側の2か所がリアルじゃないぞと、、、



まずは、砲身の先端!
ストロボ発光で、撃てばリコイルして、光って、とってもリアルだけど、、スス汚れが無い不自然さ、、、



よって黒く汚して艶消しクリアーでコーティング。



先端に黒を加える事で、全体の色バランスもいい感じに見える。



車体下部のドロ汚れもいい感じだし♪



で、次に気になったのが、



機関銃!
埃がついたまま艶消しクリアーでコートしてあるけど、この色って、おかしくない?



よって、黒っぽく色を追加♪



でけた! でけた!!



いい感じだべ?



これで内部が最新型のラジコンなら文句ないけど、旧型なので低速走行がスムーズじゃないし、音量や煙も送信機から操作出来ないし、
でも、リコイル発光のカスタム砲身なので、まっ、プラスマイナスゼロって感じかなw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(2号機)

2017年08月19日

1号機もデティールUP

前回からの続きです。

2号機と葉っぱを比べる為に棚から降ろした1号機。



最初に作った1号機は細部までよく色を塗ったり汚したりしています。



力の入れ具合が無意識ですが違うのかも。



でも、、手つかずの所がありました!



そう! ハッチのフタの裏側は箱出しのまま、何も無い! ここは2号機同様に手を加えなくては、、、、笑!



今回はプラバンを使います。



2号機の時はプラパテで作ってましたが、プラバンの方がラクだべ♪



ハンドル部分は、前回同様、謎の中国製オーリングを流用します! いろんなサイズが入っていて、意外と便利な品♪



プラバンとオーリングを接着して、センターに穴を開けて、爪楊枝を挿して、ハサミで短く切れば完成!



むふふ、、、いい感じ♪



で、左右のステーは前回は針金で作りましたが、今回はホッチキスの歯を少し曲げて接着したのみ!



最後に色を塗れば終了♪



グレーに塗っただけなので綺麗過ぎるけど、汚すのはいつでも出来るので、まっ、いいかと(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)タイガーⅠ(1号機)

2017年08月18日

葉っぱを追加!

前回からの続きです。

今度は2号機に葉っぱを追加します! 庭からむしり取って来た緑の葉っぱを茶色い塗料複数で着色♪



で、乾いたら車体に乗せてカモフラージュ!



この葉っぱ加工は、以前に1号機で用いた手法で行ったんだけど、、なんか、違うんだよねぇぇ、、、汗!



そう、、1年前と比べて、葉っぱが大きい! (笑)



それに、葉っぱが丸い、、、



1年前に仕上げた1号機の葉っぱと比較。



別物ですねぇぇ!



てか、1号機の葉っぱは、その後、枯れていい感じに変形してる!



と言う事は、この丸い葉っぱは、しばらく放置しておけば枯れていい感じになるのか?



まっ、どちらにしても、これじゃぁ、、おかしいので、、、



リアに少しだけ置く事にして枯れるのを待ちます♪



さてと、、、次は何するべ?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)タイガーⅠ(2号機)

2017年08月17日

フタを作り直す

前回からの続きです。

熱風で見事に変形しちまったフタ!(汗)



どうやって修復しようかと考えた結果、熱で変形したのなら熱で戻せばいいと、ヒートガンで熱して、トンカチで叩いて平らにした。



最後にハサミで丸く切って、



ボンディックでネジの突起らしきものを作って、



フタの裏側の足も無くなったので、ここもボンディックを盛って足にした。



その足に瞬間接着剤を塗り、砲塔の窪みに入れれば、、



完成!



自画自賛しようかと思ったら、、丸いフタが本来の物よりひと回り以上小さい、、、、汗!



タイガーⅠ型が、この一台しか無ければ気にしないけど、全部で3台あるので、小さいのがバレる!w



と言う事で、ブリキ板で作り直す事にした♪



好みの大きさにカットして、



ボンディックでネジらしき突起を作り、



仮付け!



最後に似たような色を塗って完成!
微妙に色が違うけど、、まっ、気にしない(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)タイガーⅠ(2号機)

2017年08月16日

熱処理での変形失敗

2号機のタイガーを熱処理した時に、、

3号機のタイガーもいつか熱処理するべと思いましたが、、今回のドロ塗装の乾燥待ち時間にイジる事にしました♪



もう、何度もやっている処理なので慣れたもん?



その油断が後で悲劇を生みます(泣)



砲塔の後ろ側の物入れも凹ませて、、



うん、いい感じと、、



3号機は無事に終了♪



で、ドロ塗装も半乾きになっていた2号機の砲塔後部も、、



同様に凹ませた。



ついでに、サイドスカートも、、



一部変形させた♪



ほんで調子に乗って、砲塔後部の物入れ上部もヒートガンで炙って、



凹ませた!



そして、気づいた! なんと砲塔上部の丸いフタが大変形!!



3号機の同パーツと並べるとその変形具合が分かりますよね?
小さなパーツなので、漏れた熱風でこんなになってもうた、、、デティールアップしてたのに、、デティールダウンさせてどうする、、、、汗!  

2017年08月15日

ドロ付け加工

前回からの続きです。

凹ましたりサビ色を追加した我が家のヘントンタイガー2号機ですが、このままだと不自然なのでドロを追加します。



木工用ボンドを水で薄めて、



その中に茶色や黒のピグメントを混ぜて、



ペタペタと筆で盛り付ける♪



乾くのに時間が掛かります。



車体前側にも同様に盛り付け♪



後は乾燥待ちです~☆  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)タイガーⅠ(2号機)