< 2018年01>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年01月07日

下塗り先行!

前回からの続きです。

未だにドアの開閉に必要なパーツが届かないので、戦車用の茶色のサーフェーサーを全体に塗りました。



最終的にはグレーぽい色になる予定です。



ただ、このまんまの色も好きですけど♪



ドアは以前に自作した真鍮線と真鍮パイプの組み合わせの物を暇つぶしに接着。



色を塗れば、ヒンジ側の隙間も若干誤魔化せますが、、、



車体の側面より、ドア全体がカメラに向かって少し飛び出しているのが分かりますよね?



それを気にしなければ開閉はするので、、古いトラックだから、そうゆう仕様もあるんだと思い込もうとしても、
やっぱ、自分が納得できないので、、、ボツ!w



運転席の背面に二本のマフラーが付くんだけど、、一本だけにしようかな、、、架空のトラックにするのだから。



バックミラーは、ミラー部分だけ使って、ステーは真鍮線で自作して、ドアの開閉に邪魔にならない位置に装着かな?



ボッシュのライトカバーが微笑んでいるように見えるのは気のせいでしょうか?w



これ、これ! ドアが浮いてるでしょ?(笑)



どちらにしても、ミラーステーを入れる窪みを盛る事になるし、ダミーの一体成型されたヒンジやドアノブも要らないので、、、



切って、、、



削って、平面にする。



あと、運転席はマスキングした部分だけ黒く残して、それ以外の部分は車体と同じ色で塗る準備だけしておく。
さてと、、ここまでやったら、やっとドアパーツが届いたので、、、、次のブログをお待ちください♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)WPL B-1