アクセスカウンタ
< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年03月08日

追加工♪

前回からの続きです。

鉛シートで布作り遊びをしながら、ついでに各戦車も微妙にお色直しを行って遊びます。



以前に購入した3号4号戦車に使える金属製の予備キャタピラは、いくつかに分解して、



白エナメルを塗って両面テープで冬季迷彩に付ける。



同じく後部にも装着して思い出した!



3号戦車の実物で、後部に、こんな鎖が付いているのがあったので、、



真鍮線に細い鎖をいくつか通して接着して、



車体の見えない部分に真鍮線を接着した後に鎖を白く塗った♪



お気に入りのケツまわり!w



冬季迷彩は、さすがに、する事がなくなって来たので、今度は4号戦車に、冬季迷彩で使った、情景テクスチャーペイントの茶色を
部分的に少し塗って、ザラザラした感じを増やす。



フェンダーの側面や車体にも少量塗っています。



こんなとこや、



こんな部分にも、



飛び散ったドロって感じを追加しました♪



中型サイズのドイツ戦車は、やっぱ、大型戦車よりゴチャゴチャした感じが多くてお気に入りです。



海外だと、こうしたラジコン戦車を、戦地に見立てたジオラマみたいなコースで走らすんだけど、
日本には、そうゆう所ってあるのかぁぁ? 



冬季迷彩は、フロント側にも残り物の鎖を付けて装飾!



ちょっと前までは、この三突が一番ジオラマ化した車体に思えていたけど、



ドロによる立体部分が少ないので情景テクスチャーペイントを少し盛り付ける。



まだ、塗ったばかりの色だけど、乾くと違った質感になります。



まっ、色自体は気に入らなければ上から好きな色で塗れば良いので♪



鎖の下にドロ♪



乾燥待ち!



3号H型にもドロを追加。



する事がなければ、こうして、汚れを追加して遊べるのが戦車のいいところ、、、、笑



次は、なにするべかな?