< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ

2018年04月14日

4号ナーフ完成

前回からの続きです。

銀色主体のカラーだと3号ナーフと似た感じだったので急遽イメージ変更しました。



包帯には血のりを付けたかったけど、、どう見ても血の色じゃねぇなぁ、、、、笑



ビンテージ感あふれるナーフになりました。



銀色下地の上に黒エナメルと茶色のパステル粉を塗り、溶剤で適当に落としただけ♪



適度な茶色がいい感じにサビ風?w



エッジ部分には、アクリルガッシュの銀色で部分的に塗って光らせてます。



まっ、、



カッコイイっす!



シブいっす!



こんな塗装にするはずではなかったけど、



モデルガンやガスガンと並べてもOKなルックスに変貌しました。



リアルな外装になればなるほど、、



とっても残念に思えるのが、、



迫力のバレルに



差し込まれる青くてオレンジなカート!



絶対に似合わない!




他のナーフは直ぐに撃てるように弾を入れたままですが、この4号は普段は未装填のまま飾ります。



弾を入れずに飾るだけなら、最初の黒いままのも良かった気がする! てか、2980円だから食費を削れば、又、買って塗る?



今回の塗装は、銀下地に黒エナメルを塗って、それを溶剤で落として、最後にクリアーコートを吹いて出来上がった訳ですが、
もうチャンスは無いかも知れないけど、エンフィールドでもチャレンジしたい塗装です、、、まぁ、、皮膜強度は弱いけど。



今までのダメージ塗装だと、下地銀を塗って、その上にエアブラシで黒系を塗って、後は研磨で下地を出してたけど、
溶剤で上塗りを落とす塗り方は、研磨で落とすのとは違った仕上がりで面白かった♪



厳密に言えば、この4号もスポンジやすりで研磨した部分はあるけど、全体の10%も削っていない。
逆に、アクリルガッシュの銀色での補修が増えた、、、と言うより、ガッシュが全体にメタリック感を増す要因になってる?



奥に写ってるのは錆びたスチール製のM4マガジン! それと似たような色合いの4号ナーフ!
そして、それらとは全然合わない青とオレンジの弾w



スポンジの弾を銀色に塗って、先端のオレンジの吸盤を黒く塗る? 絶対に直ぐ剥げるよねぇ??(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ダブルストライク