アクセスカウンタ
< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年02月24日

小物の修正やら、、、

前回からの続きです。

最終工程に進む前に、気になった部分の手直し等を行います。



まずは予備キャタピラ! 本来はキャタピラホルダーと共に車体にネジ留めされていたのを、ホルダーを板状に削り車体に接着して、
そこに、駆動用キャタピラを差し込む形にしたけど、塗装被膜で、そのキャタピラの出し入れがキツいので、



車体側の見えない方をヤスリで削って薄くします。



上が削り終えたキャタピラです。



全部削り終えて装着テスト♪ 
スムーズに脱着出来るようになりました! ホルダーへの差し込みがキツいと接着固定しているホルダーが外れるリスクがあり、
ホルダー自体には負担が掛からないようにするには、キャタピラを薄くするのが一番かなと、こんな対策にしました。



次に、金属製の牽引ワイヤーは、ステンレス用のブルー液の中にドブ漬け!



数分で真っ黒になるんだけど、ほとんどススで、それを拭き取り、又、漬けるを繰り返して、



こんな色合いにした。



後は、パーティングラインの残っていた消火器を取り外して、ヤスリで修正して、



サーフェイサーを厚塗りして削って、



着色し直して、こんな感じにして、後で白を上塗りしやす。



奥の方が白かった機銃は黒くしたけど、



こっちの機銃は、まだ、奥が白かった、、、、汗



鉄十字周辺に残っていたスプレーの白いブツブツは除去♪



キャタピラに付着していた白も極力落としました。
その以外の場所も溶剤で色を落としてますが、似たり寄ったりなので掲載は省略!w



次に行ったのは、白の追加着色です。
最終的にはどうするか分かりませんが、余分な予備キャタピラを白く塗って見ました。



迷彩って意味合いなら白く塗ると思うんだけど、模型として見ると、茶色のキャタピラで残したいような気も、、色的に、、、笑
その辺は、駆動キャタピラが仕上がってからになるけど、場合によっては、予備キャタピラは、白と茶色の二種類作ればいいか?



それから、今回は装着する予定は無かった予備車輪も、一応、白く塗っておきました。



アンテナも白くした♪



消火器も白を塗って、現在、溶剤で色を薄めているとこを撮影、、、



黒染めした牽引ワイヤーも白く塗った。



後は、アクリルかラッカーのクリアーで全体をコートして、再びエナメル系の塗料でサビ等入れて完成かな。



同じカテゴリー(Ⅲ号戦車L型)の記事画像
追加工♪
鉛シートで遊ぶ
3号L型冬季迷彩完成
あと少しなんだけど、
見比べて追加
着飾る
同じカテゴリー(Ⅲ号戦車L型)の記事
 追加工♪ (2018-03-08 12:00)
 鉛シートで遊ぶ (2018-03-07 12:00)
 3号L型冬季迷彩完成 (2018-03-02 12:00)
 あと少しなんだけど、 (2018-03-01 12:00)
 見比べて追加 (2018-02-28 12:00)
 着飾る (2018-02-27 12:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。