< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ

2018年03月21日

マイルパイソン重量UP

前回からの続きです。

カートの選択も終わりましたので、後は、グリップ内部にウエイトを入れて完成です。



もう、この手の作業は嫌ってほどやりましたが、リボルバーの隙間に鉛を入れるのは一番面倒くさいです。



適当に薄い鉛板を張り合わせてはグリップを閉じる、、、で、うまく閉まらなくなったら、いくつか鉛を抜く、、それの繰り返し、、、
どこがグリップに干渉してるのか分からない私はそんな風にやってますw



モデルガンと違って、ほとんどガスタンクのガスパイソンだから、グリップ内部に可動部分が無いので、その点からだと楽なんですが、
逆に、モデルガンほど内部に空間が無いので、その点からは狭い隙間に鉛を詰め込むので面倒っす。



つか、、元々のノーマル状態の重量っていくつだったんだろ?
マルイの公式ページを見るとラバータイプのグリップが付いているモデルで645グラムと書いてあった。



まぁ、カート式に変更しちまったし、オリジナルの重量はもう関係ないか?



適当に鉛を入れてカート装填した重さです。
実銃のパイソン6インチと比べると圧倒的に軽いけど、、加工前よりは持った感じでギリギリ妥協できるレベルにはなった。



このコクサイの樹脂製モデルガンと比べれば、めたくそ重たいしね、、、、笑



で、今回は秘密兵器を購入!



重さ1kgの油性粘土ですw



鉛の上に一杯盛ってグリップで押さえつけて余分なトコを排除します。



反対側にも、、



一杯盛った!(笑)



53グラムの増量w



800グラムを超えるには、あと、こんだけ粘土を入れればいいんだけど、



一杯詰め込んだけど、、



4グラム届かず!
まっ、約800グラムって事で許して下さいw



これにてマルイパイソンのカート化は終了です。



つか、グリップに付いた粘土を綿棒で拭き取った時の綿が付いたまま撮影してるし、、、、いいかげんw




同じカテゴリー(マルイ)の記事画像
マルイガス・パイソン
買ってもうた!
マルイパイソンのカートは
マルイパイソンのカート
マルイのパイソン
マルイのパイソンを上塗り
同じカテゴリー(マルイ)の記事
 マルイガス・パイソン (2018-03-23 12:00)
 買ってもうた! (2018-03-22 12:00)
 マルイパイソンのカートは (2018-03-20 12:00)
 マルイパイソンのカート (2018-03-19 12:00)
 マルイのパイソン (2018-03-18 12:00)
 マルイのパイソンを上塗り (2011-06-21 15:07)
この記事へのコメント
つぅ〜か!油性粘土って臭く無いの?。

遥か昔!小生が小学生だった頃、
良く油性粘土をコネクリ廻していたけど、
授業の4時間目=昼休みの給食の前なんかに、
図工の時間で油性粘土を触ると最悪だったな!。
石鹸で洗ってもなかなか臭いが取れず、
臭くて給食が食べられ無かった記憶が有るよ。
Posted by ご意見有用 at 2018年03月21日 14:37
有用さん、こんにちわんこ♪

>つぅ〜か!油性粘土って臭く無いの?。
最近のは昔のみたいに臭くはないような?
つか、本来、銃って硝煙の臭いや油の臭いするし、気にしない\(^▽^)/
Posted by 塔四郎塔四郎 at 2018年03月21日 15:24
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。