< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年07月09日

TOP・MP40弐号の出品

本日お昼に掲載しました新品バッテリー等が付いて可動するTOP製MP40壱号に続いて、今回のブログはバッテリーの代わりに鉛板が入り、
BB弾の代わりにマガジン内部に鉛板の入った無可動ジャンク品です。 共に明日の夜にヤフオクに出品します。

出品ページはこちらです。



元々は中古で購入した品で、前オーナー様が言われる事では、どこかのハンダが取れているので動かないとの事でした。
実際に、今回の出品に際して新品バッテリーを繋ぎましたが無反応でしたので無可動ジャンクとして出品します。



TOPのMP40は、古い電動ですが、見た目はスチールパーツを多用しており、また、金属部分は塗装仕上げではなく染めによるもの、、
だから、観賞用としてなら、ピカイチの製品ではないかと思います。



その無可動な製品の内部に鉛を入れて、更に重くして、見て良し、持って良しの1丁がこのジャンク品です。
もちろん、故障個所を直して楽しむのも良し? 部品取りで確保しておくのも良し? そんなお品になります。



バッテリーを入れても動きませんでしたので、バッテリーの収納スペースには他のMP40から外した鉛板の束が入っています。



マガジンの見た目は普通ですが、、、



内部には鉛板が入っているので装弾できませんが、鉛を入れていないスペアマガジンもスペアでお付けします。
(ただ、空撃ち専門でBB弾を使った事が無いので、そのマガジンに弾が入るかは不明です)



ウィキによる実銃重量は4025gなので約600g位、実銃より重くなりますが、実銃に32発の弾を入れた場合には、
このTOPの重さに近いかなと想像します。 見た目と重さがリアルな無可動電動ガンです!(笑)



この丸い突起を下に引けば、



簡単にバレル部分とレシーバー部分を分割できます。



スチール製のアッパーは非常にリアルです。



茶色のハンドカバーの一部にはストックの肩当て部分が干渉して下地の黒が露出しています。



同時出品予定の可動するMP40に対して、この無可動の方が見た目は綺麗で、バレル先端にも赤サビも発生してません。



亜鉛部分の黒染めの色落ちも少なめです。



重たいまま、観賞用としてコレクションされるか、ハンダが取れたとか言う部分(私にはどの部分か分かりません)を直して、



別途、バッテリー等を用意して動くようにされるか、又は、同時出品のMP40の部品取りで確保しておくか? 落札者様次第です。



ストックの棒部分に一部銀色下地が出ていますね、、、



スチールへの染めは大変に綺麗です。



スチール部分が濃紺で、亜鉛部分が黒い艶消し? 



そんな風に見分けがつきます。



コッキングハンドルを後方に引けば、



こんな感じにポートは開くけど、見た目は、、、、、笑



レシーバーの下側



無可動実銃は高いけど無可動電動ガンはいくらで落札されるのでしょうか?(笑)



鉛入りのマガジンと動作未確認の私は改造していないマガジンもお付けします。
(つか、、紙に隠れてスペアマガジン写ってないやんw)



MP40が好きな人ならインテリアにお勧めの1丁です。




同じカテゴリー(TOP製)の記事画像
TOP・MP40壱号の出品
TOP壱号のウエイトUP
TOPの壱号・弐号は終了!
TOP・MP40弐号の手直し
TOPの壱号と弐号
TOP・MP40手直し
同じカテゴリー(TOP製)の記事
 TOP・MP40壱号の出品 (2018-07-09 12:00)
 TOP壱号のウエイトUP (2013-01-06 15:21)
 TOPの壱号・弐号は終了! (2013-01-05 17:10)
 TOP・MP40弐号の手直し (2013-01-05 13:34)
 TOPの壱号と弐号 (2013-01-04 22:16)
 TOP・MP40手直し (2013-01-04 18:35)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。