< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ

2018年02月12日

綺麗な戦車もいいですね

前回からの続きです。

中塗りとなる黄土色の塗装は終わったので、ここらで小物を付けて、一度、汚し等を加えて、最終的な上塗りとなる白塗装の下準備?
白い塗装が剥がれて、この黄土色の層が見えるんだけど、その層が綺麗なままじゃおかしいと思うので、、そうゆう手順でやろうかと?



まずは、イメージの為に金属ワイヤーを付けてみた!
ワイヤー自体は、白塗装が終わってからの塗り作業になると思うので、今は、雰囲気を見る為の仮付けっす。



自作フックにワイヤーの先端を引っ掛けて、、



後部のフックにこんな感じてワイヤーを挟めばOKかと♪



スペアタイヤや木箱やジャッキなども装着!



そして、デカールを貼る!
今回購入した付属のデカールはイマイチだったので、手持ちの他のヘンロン用のデカールを貼る! 水転写ではないステッカータイプです。



ステンシルも考えたけど、まずは、溶きパテで荒れた表面にステッカーが貼れるかを試した、、、



一応、現時点では、ちゃんと貼り付いているので、この後、クリアースプレーでステッカーを保護して、ウォッシングとかしたら
どうなるかだよねぇぇ、、、、ヤークトは、ウォッシングの段階で裏側に液が入り、ステッカーが浮き上がってしまったので、、、、、汗



てか、、この中塗りの時点でウォッシングまで必要なのかなぁぁ? 私のイメージでは上塗りの白は、そんなに剥がさない予定です。



全体の一割くらいじゃないのかなぁ、、、この中間色の黄土色が見えるのは?? 他車との兼ね合いで白っぽい戦車が欲しいのです。



黄土色の露出が多いと、隣のH型と似たような色になるので、、、



てか、、、我が家の戦車は全部汚いので、このまんま綺麗な状態のが一台あってもいいんじゃないかって気もするけど、、、、



それじゃぁ、、、戦車イジリの楽しさが半減するんです。
戦車は、汚しの作業が一番楽しいので、、、笑



その前に片付ける事があった!



真鍮線をL字に曲げて、、、アロンアルファーのキャップの穴に通して、、、



可動式アンテナを作った!(笑)



アロンアルファーの柔らかい樹脂キャップが車体の穴に密着するので、その圧力でアンテナは一応、立つけど、、、



少しでもアンテナの重心が傾くと、アンテナケースの中に倒れ込む!
まっ、、アンテナを立てたままだと、砲塔旋回させた時にぶつかるし、普段はケースに収納だから、とりあえず、これで良いかと♪



次は、黄土色皮膜を部分的に剥がして段差を付ける、、、、この後のチッピング作業の下地作りっす。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月11日

ライト繋いで色塗って♪

前回からの続きです。

茶色のサーフェーサー塗りも終わったので次は、、、



切断していたヘッドライトの配線ですが、スイッチを追加するのは面倒臭いので、そのまんま車体側の配線にハンダ付け!



その配線を動かないようにグルーガンで車体裏側に接着♪



電源入れたら、ちゃんと点灯しました!



後は、ダミーのヘッドライトコードを真鍮線で作って貼り付け、、



本物なら溶接されていた部分をハンダゴテで溶かしてギザギザに♪



下準備が終わったので、



上塗りスタート!  
今回は冬季迷彩カラーにするので、一度、黄土色系の塗料で塗って仕上げてから白い塗料を吹こうかと思います。



ただ、冬季迷彩塗装なんてやった事が無いので、どうなるか分かりません、、、笑



タミヤのライトサンドとダークイエローの二色で、まずは塗り終えました。



金属製のメッシュカバーも貼り付けて、車体に穴も開けてネジも差し込みました。



車輪はタイヤ部分の塗装を落とさずに上塗りしたので、後で剥がします、、、面倒くさいけど、、、



この後、どうすんだろ? 一度、サビやウェザリングとかして、それから白塗装して、白を部分的に剥がして、ウェザリング?



その前にデカール貼りかぁ~♪



前回のブログでも書いたけど、溶きパテを塗って表面をデコボコにした効果が凄いです。



このH型は、一生懸命に汚しているけど、黄色い部分の肌がツルツルだもん、、こんなに肌の綺麗な戦車って不自然だもんね。



画像で小さくなると肌のデコボコは分からないけど、実際には巨大な1/16サイズのラジコンですから、質感が全然違います。



ひと休みしたらデカール貼りと小物の装着をしよっと♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月10日

砲塔届く!

前回からの続きです。
ヤフオクで安値でヘンロン戦車を定期的にご出品なされる出品者様から新たな砲塔パーツが届きました!

製造時にステーが折れて接着剤で出荷された商品の尻ぬぐいを出品者様がメーカーからの部品待ちだと時間がかかるのでと、
自ら手持ち在庫の商品をバラして送って頂いたパーツです! 気持ちよく行ってくれました。 本当に感謝の気持ちで一杯です!



届いたパーツを直ぐにひっくり返しました。



ステーが折れてない!(笑)
これならポン付けできます! 本当に助かります♪



ただ、防盾は一杯パテを盛った古い物を再使用するので、そのパテを落とすのに時間を要しましたw



砲塔に防盾を組み込み、そして、無事に砲身ユニットが収まりました♪



後は、、、



底板を付ける!
以前は、ちゃんと閉まらなかったけど、問題無く装着可能!



サーフェーサーを塗った車体に載せてみると、色の違いで不気味です、、、、笑



砲塔に溶きパテを塗って、、



車体側と同様に2色の茶色サーフェーサーを塗りました。



パテの効果は絶大で、荒れた塗装肌を表現しています♪



再度、全体を整えるサーフェーサーを塗り、三突で不要になった塗装済み樹脂キャタピラを長さを調整して取り付けた。
タイヤ部分のサーフェーサー落としは途中までの状態ですが、一度、これで、内部の配線を繋いで作動チェックをしようかと、、、



ライトの配線は切断したままなので光りませんが、無事に砲塔の旋回も砲身上下もラジコン操作出来ました。
もちろん、前進、後進、機銃の音や光、排煙機能など、全て異常なく動きます。



過去の経験上だと、こんだけ分解すると、どっかの配線が取れ掛かっていたり、分かり難いとこの線が抜けてたりする確率が
3割くらいあるんだけど、、無事に機能して良かったぁぁぁ!♪



この後はライトの配線かな、、単純に常時点灯のままで線を繋ぐか、面倒くさいけど、途中にスイッチ入れてONOFF可能にするか?
それが終われば上塗りに専念できるけど、、まだ、何色に塗るかを決めていない、、、、汗



兄弟車のH型が黄土色で、撮影忘れたけど同じ兄弟車の三突がグレーと白のツートンで、親戚にあたる4号戦車がグレーでしょ?
同じような色合いにはしたくないし、、どうするべ??



悩んでいる時は、お気に入りの場所を眺めてホッコリするw



いい感じの下地です、、、これを塗って汚したら、いい物が出来そうっす♪



ブログの画像だと縮小されて分かり難いので、この画像はクリックすると大きな元画像で表示されます。
大きな画像だと、H型は塗装で汚してはいるけど、地肌は平面でとってもスベスベした風に見えて、溶きパテを使ったL型と全然違います。



上塗りもチッピングもウェザリングも何もしていない状態でこれなら、仕上げたら、これまで以上の物になりますよね?
自分で自分に期待します、、、、笑



その上塗りですが、候補としては、簡単なのは茶色のまま、、、、で、やりたいのは冬季仕様の白いヤツ!
ただ、白だと、その下に塗るのがグレーだと三突に似た感じになるし、黄土色ならOKだけど、白を落とし過ぎるとH型と同色になる、、
結果はどうなるか分からないけど、やっぱ、今は冬だし、冬季迷彩にチャレンジしよっと♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)Ⅲ号戦車L型

2018年02月09日

暇だからデトいじり

ヘンロンのⅢ号L型の砲塔が届くまで暇なので、

砲塔以外の部分をサーフェーサーを塗るとこまで進めたけど、、ここらで飽きて来たので、



息抜きで、この子を直します!(笑)



向かって右側が普通のデトニクスのフレームで、今回、手直しする左側のフレームの先端が少し長いのが分かるでしょ?



そうです! 以前に北海道のタケさんから頂いた先っぽが延長されたデトフレームですが、もう6年以上も前の事なのね、、、、



長い年月で接合部分にスジが現れ始めており、、スライドも外されたまま、部品庫で眠ってた子を暇つぶしに直します。



古い記事を見れば分かりますが、6年前は自分の中ではハーフモデルはOKでしたが、時代の変化と共に、やっぱ、ハンドガンは
ハーフはまずいんじゃないかと考えが変わり、スライドを外したまま放置してたんだけど、やっと純正の樹脂スライドを手に入れました。



スジ部分を削ってサーフェーサーを塗って整える。



そんで、ダークパーカーを塗る。



あっと言う間に出来上がり♪



そうなると、このグリップも気になる、、、、なんで、コルトのお馬さんマークなのよぉぉ?(笑)

当時のブログでも書いたと思うけど、私、最初は違和感なかったのよ、元々、デトニクスはコルト製だと思ってた時期もあるし、(笑)
ヤフオクで購入したグリップで、当日は複数出回っていたような気がしますが、オフ会で誰かに指摘されて、初めて違和感に気づいたw



さすがにコルトもグリップは変なので、いくつか余ってるグリップに付け替えた結果、、、



普通の普通のマルイ純正の樹脂グリップにしました!



このグリップを付ける事で、あっ、デトニクスだと、誰でも分かるから?(笑)



この6年の間にはいろんな事があったよねぇぇ、、、トイガン業界では圧倒的に勢力を拡大して来ている海外製メーカー!
それに対して国内メーカーも細々と頑張ってるとは思うけど、今のままだとこの先も苦しいだろうなぁーと思う。



いくつも組合は要らないし、メーカー同士が協力し合ったり、、ほら、バイクだってホンダとヤマハが手を組んだりしたじゃん?
てか、大昔は各メーカーは仲良かった頃もあったよね? でも、その後、パクり合いと足の引っ張り合い、、それがトラウマになってる?



まぁ、、そんな事はどーでもいいや、、もう、鉄砲は新たに買うより手放す事を考えるお年頃だし、、
と言う事で、、、長めのデト完成!



業界の事よりも、身近な問題では、やっぱ、北海道のタケさんの引退が寂しいよね。
実銃風に見せるカスタムより、創作銃って言えばいいのかな? オリジナルデザインに夢があったし、楽しませてくれたもんね。



10年前の私はグリップ交換すればネジ舐めるし、オートマチックのスライドとフレームの二分割に命がけだったし、
フレームなんかバラしたらスプリングは飛んで無くなるし、ネジが入らないからトンカチで叩いて割っちゃうしw



でも、周りに大勢のカスタム職人さんが居たので、真似っ子して、色々とイジる楽しさを学んだような、、で、深みに連れ込まれて、
台所と玄関以外は部屋中鉄砲だらけで、一般人入室禁止の家になってしもうた気がする。 今年のGWあたりに手放す用意しよっと。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系

2018年02月08日

やれるとこを進める

前回からの続きです。

新しい砲塔が届くまで暇なので、車体下側部分を先に仕上げて行こうかと、、いつものように火遊びで、樹脂を変形させます♪



熱で炙ると、溶きパテが、いい感じに焼けます♪



フェンダーサイドも少し炙って変形させて、



調子に乗ると小物とかも変形しちゃうので、大胆かつ慎重にバーナーやライターで熱し、熱いうちに指などで曲げます、、、
指先は軽い火傷状態でヒリヒリしやす、、、、笑



上半身は、これくらいにして、、



次は車輪を取り外して、塗装できる準備を、、、



てか、上側の小さな車輪はネジではなくピンで打ち込まれている? 全然、外れないので、、無視する事に、、、笑



外した車輪は、後でまとめて茶色のサーフェーサーを塗ります。



今まで気づかなかったけど、両端の車輪は、ちゃんとしたサスペンションで上下するようになってた!




その分、他の車輪より少しテンションが強めな感じ。




で、車輪を受ける軸部分などをマスキングして、茶色のサーフェーサーを塗る事にしました。



塗ってから気づいた!
車体下部に溶きパテを塗るのを忘れてた、、、でも、、車輪やキャタピラを付ければ目立たない部分なので、まっ、いいかと進めた。、、



溶きパテ部分は、いい感じにデコボコしています!
実物戦車の表面が荒れた感じと厚塗り感が出ていると思います! 今まで、色々と試した中では一番いいかも? 簡単だし、、、笑



最終的には、このデコボコ部分にチッピングで部分的に凹みが追加されるので、更に味わい深くなる予感♪



早く、傷とか付けたいなぁぁぁ、、、、、笑



溶きパテを焼き過ぎた部分も面白い感じになってます。



そうした溶きパテの効果を見た後だと、、溶きパテしなかった車体下部の、なんとも味気の無い仕上がり、、、、
何度も言いますが、キャタピラや車輪を付ければほとんど見えないし、、それ以前に泥を塗りたくる部分なので、これでいいのです♪



そして、面倒くさいのが車輪塗り!



茶色系サーフェーサー2色を重ね塗りして、、後日、一個一個、タイヤ部分だけを溶剤で拭き取り黒に戻す、、、、
そして、車体色が決まったら上塗りして、再び、タイヤ部分だけ塗料を落としてウェザリング、、、
サーフェーサーの後に一度拭き取らないで上塗りしちゃうと、溶剤で黒に戻すのが大変なんだよねぇ、、皮膜が厚過ぎて、、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月07日

暇なので、、、、

前回からの続きです。

破損していた砲塔パーツの修復を諦めて、出品者様の神対応で、それに代わるパーツの到着待ちとなり、その間、暇なので、、、、
いくつか新たに購入していた物で遊びます♪



まずは、ステンシルスタンプ! 専用溶剤と赤いインクとかで合わせて4500円くらいしました。



そう! 以前はステンシルの型を使ってヤークトパンターに鉄十字を入れたけど、これはスタンプ方式で文字や数字が入れられる品♪



インクとスタンプ台が別売りになっていて、とりあえず、実験用で赤を頼んだんだけど、、色合いが戦車には合わなそう、、、、汗



新しい砲塔が届くので、ステーの折れた古い砲塔で実験してみました。
まぁ、確かに簡単に文字入れできますね。 でも、専用インクだと色が限られるし、戦車に合う赤色は出て無いし、、



と言う事で、ラッカーの白をスタンプに付けてやってみた! 
専用インクより粘り気があるので、スタンプを剥がす時にコツがいるけど、まっ、使えそうですね。



念の為、白の専用インクも追加で取り寄せました。
今回の3号L型はデカールにするかステンシルにするか決めていませんが、せっかく、買ったので、どこかで使いたいかと♪



それから、タミヤの情景テスクチャーペイントとか言うのも複数買ってみました。



土汚れとかに使えるんじゃないかと?



蓋を開けると不気味な泥状の液体が!
説明を読むとセラミックの粉と水性塗料が混ざっている物らしい。



再び、要らなくなる砲塔で実験!
うん、簡単に土みたいになる! これ位の量なら塗って30分くらいでカチカチに固まってる。



厚塗りしてみたら、1時間でも一部柔らかいまま、、、でも、、これいいかもしんない♪



問題は、これらのメタルパーツ!
3号L型用のスモークランチャーとキャタピラホルダーですが、ランチャーの方は砲塔に穴を開けて付けるので、
位置決めとか結構面倒くさいので先送り!



キャタピラのホルダーは、既に純正の樹脂ホルダーを加工して車体に接着してたけど、素材が薄い樹脂なので弾力があるのが不満だった。
それを金属に変えれば、キャタピラを差し込んでもホルダーが変形したりしないかと思ったけど、、、



車体裏側からネジを差し込み、マーカー部分の円筒に締め付けて取り付けるんだけど、その円筒が丸見えなんだよね、、、、
いくら固い板状のパーツでも、そんな円筒が丸見えなら、板が柔らかくて弾力あっても樹脂製の方がいいかと、、無駄遣いしました。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月06日

げげっ!”

前回からの続きです。
妥協できるレベルまで防盾の傾きは修正できたので、砲身をちゃんと砲塔に組み込んでラジコンで機能するかをチェック!

する予定でしたが、、、、



砲塔の底板が綺麗にハマらない!



無理に取り付けると、こんな風に隙間が丸見えになる、、、、、



この部分の補強パテが底板に干渉しているのか?



ルーターで削り落としてみるが、、



なにかに干渉して、やはり、ちゃんと底板が付かずに隙間が見える、、、、、泣



いろいろ調べたが、どうやら、パテ盛りで砲身の受けが腰高になり、マーカー部分の砲身パーツが、底板にぶつかり完全に閉まらないようだ。



また、最初から、やり直し、、、、、、涙!



内部パーツを全部取り出す。



その状態なら綺麗に底板は付く、、、、



ただ、この部分の修正は、削ると再び、防盾が斜めに付いたり、もう、泥沼、、、、、




ここで、一度、出品者様に駄目元で問い合わせてみようと、以前に掲載したこの画像と、



この接着剤の流れた痕跡の写る画像を送り、状況を伝えました。
砲塔の上側外装パーツだけ取り寄せ出来るのか? 藁をも掴むつもりでメールしたら、



数時間後に連絡が入り、写真を見て、「整形不良で接着してからの痕のようです」と言うお返事に続き、「後日ヘンロンに報告しますが、
砲塔パーツが届くのは1か月以上先なので、手持ちの在庫品から砲塔の上の部分を外して送ります」との事でした。
神様がいた!




正直、中華製だし、ヤフオクでいつも最安値の価格で新品のヘンロン戦車を販売してくれている輸入業者様だし、そこまでの対応を
してくれるとは思っていませんでした!  有償でパーツが手に入ればいい位に思ってたのに、、神対応です!
特に、在庫品をバラして送ると言う点は、お客重視の発想で、手持ち商品をダメにしちゃう訳だし、自身の手間も掛かる訳で、
1か月以上掛かろうが、ヘンロンからパーツを届き次第送りますってしなかった事に感激しました!   

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月05日

修復終了!

前回からの続きです。

不足していたグリルパーツも届いたので、残すは、この防盾の傾きを直すのみ!



内部の修復箇所は悲惨な状況ですよぉ、、、、破損個所にパテを盛っては削って、又、盛ってを繰り返しているので、、、、笑



防盾と砲塔正面の横のラインがほぼ水平になっても、、、



上部から見えるラインでは、こんな風に片側が飛び出してしまったり、それを直すと、今度は正面のラインが傾いたり、、、、、



以前より左側が下がってしまってますが、、



上から見たラインは以前よりは傾きが減っている、、、、泥沼作業です、、、、笑



そんな事を繰り返して、上側のラインも、、



正面側のラインも、なんとか妥協できるレベルになって来た!



この辺で見た目は終了!



ただ、問題なのは、一杯、盛り付けたので、ちゃんと砲身がラジコンで上下に動くのか?
正式に車体に組み付けて動作チェックを行わないと。。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月04日

届いたど!

前回からの続きです。

防盾の微妙な傾きは現在修復中で、まだ新しい撮影はしていません、、、次は、ちゃんと出来上がった時に掲載します、、、
そうしないと、毎日、ずっと、このネタでブログが続きそうなので、、、、汗



ほんで、やっと届きました!
ラブリーさんで購入した「エンジン吸気孔グリル左右セット」と、それに使う「金属製エッチングパーツ」が!!!



実物だと、こんな感じなのに、、



ヘンロンは、この長方形の所に網目のシールを貼れとの事、、、、それは無理っしょ! 
いくらなんでも、それは酷い! 適当な私でも、これは無理! 使えない(笑)



ヘンロンの手抜きパーツは既に取り外していたので、今回購入したグリルは、そこに貼り付けるだけみたいですが、、



以前の純正グリルを取り付ける溝が丸見えじゃん、、、パテで埋めて隠すのだろうか? と思いましたが、、、、



網目パーツを載せると見えないので、そのまんまでいいかと♪



エッチングパーツの取り付けは、枠に網目を接着して、それをグリルに丸ごと接着、、最後にネジ部分に穴を開けて、
ネジを挿して接着するらしい。



ただ、今、貼り付けちゃうと、この後の塗装で網目が潰れちゃう可能性があるので、



現時点では、塗装の食い付きを良くする為、表面を削って荒らして、枠と網目のパーツを接着するだけにした。



車体への装着は、車体にサーフェーサーを厚塗りしてからかな?
うし! 残すは砲身付け根の破損部分の修復さえ終えれば、色塗りの段階に進める! やる気が出て来たど、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型

2018年02月03日

超面倒くさいんですけど

前回からの続きです。

防盾と砲塔の横のラインは妥協できるレベルまで平行に修復したけど、



今度は縦のラインが斜めになってしまった! 高く上がってる方の受け側にパテを盛り過ぎた事が原因なのですが、
その部分を削るのは狭い場所で、それでも削ったら、また、横のラインまで狂って来たり、で、再び、パテを盛ったりを毎晩繰り返す。



前日の寝る前にパテを盛り、翌日の寝る前に、硬化した部分に砲身を入れて曲がりをチェック、、そして削ったり微調整、、、
横のラインは直ったけど、まだ縦が駄目だったり、その逆だったりを一週間以上も続けている、、、、泣



最初は向かって左が下がっていたのが、今は微妙に上がってる、、、撮影しないで肉眼で見る分なら、傾きが分からないレベル、、
これで妥協しちまうか、最後にもう一度トライするか、、でも失敗すると振り出しに戻って現状より酷くなる確率も高い、、、、汗



ストレス発散で、砲塔側にも溶きパテを盛って息抜きをする。



正面から見なければ傾いてるのは分からないけど、、、やっぱ、、、それじゃぁ~ダメだよね?



大体、テンションが掛かる部分を破損して、それを接着剤で繋いで出荷したヘンロンの工員のいい加減さが元凶だべさ!
遠い海の向こうで、普通に暮らしているんだろうなぁぁ、、、アンタのケツを拭いてるのが私? なんか、また、腹が立って来たw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)Ⅲ号戦車L型