アクセスカウンタ
< 2020年12月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2020年12月02日

最終的なブルーイング開始

前回からの続きです。

以前に染め直してから日数も経過しましたので、再度チェックをして部分的に染め直しをしたいかと思います。



まず気になるのがハンドガード前方のこのパーツの色がバレル類に比べて銀色が強い事。



薄めた液や原液を布やスポンジやすりに付けてたりして研磨したり染み込ませたりしたけど、、中々黒くならない。



何度も繰り返すが目指す色にはならん。



これも違う。



だいぶ黒くなったけど、とりあえず、このまんま放置しておこう。



問題はこのレシーバーで左側面はご覧のように濃く鏡面風になってるんだけど、、、



右側面が全然色合いが違って新たにブルー液を塗ったらこんなネズミ色になってもうた、、、、、、汗



アルミブラックの各種濃度の薄めたヤツで擦り付けたり、ハケで塗って拭き上げたり、、



スポンジやすりで地金が出る位色を落としてから染めてみたり、大苦戦!



延々と塗ってはやり直しを繰り返す。



原液も使用したり、



どうなる?(汗)



バーチウッドのアルミブラック以外にも国産のブルー液や手持ちのブルー液を総動員!
そんな中でパーマブルーだと、こんな風になるし、



そこにアルミブラックを足したり、、



2時間以上、ほとんどの手持ちブル-液を試し、布やテッシュに染み込ませ擦り付けたり、筆で塗りつけて拭き取ったり、
ビシャビシャに液を染み込ませた布を染める分に置いたり、ドライヤーで温めたり、染めては研磨を繰り返す。



ブルー液を付けたスポンジやすりで擦ったり、コンパウンドで磨いたり、脱脂して染めたりしてだいぶ色濃くなって来た。



ただ、反対側の真っ黒な面とは色合いが違うので、



反対側の黒染めを落として、今回の色に合わせる事にした、、、真っ黒にするのは以前に染めた時にはスーパーブルー液があったけど、
今回の染めの初期段階で使い切ってしまったし、黒を落として染めてみたら、こんな感じになったので、これでいいかと?



右側。



左側。



もちろん、まだ終わった訳ではなく、さらに染めてこんな風に、、、



レシーバーばかりで飽きたのでこの辺も。



リンクの上の方のレシーバー部分のいくつかの銀色部分が染まらない。



この日は時間切れで、このまんま終了、、、約3時間の格闘でした。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年12月01日

駄目元でCMCのネジ購入

前回からの続きです。

今回のUMAREXのM1894はストック上部とリアサイトのネジはマイナスネジになってるんだけど、
普段はコッキングレバーで隠れて見えないストック下部のネジがノーマルのプラスネジのままで、やっぱ、ここもマイナスにしたいやん?



自分用のM1894は、MGCランダルのウインチェスターのネジ類がヤフオクに出ていたのでそれを購入して付け替えていたので
今回はCMCのウインチェスターのネジ類を送料含めて約900円で落札したので、早速プラスネジを外します♪



CMCの一杯あるネジの中からサイズが合うのは長さが半分くらいだけど、一応、ストック内部の穴まで届いたので、



それを締め付けて完成! まっ、ほとんど目立たないネジですが、やっぱネジはマイナスだべさ(笑)



以上でプラスネジを撲滅したと思っていたら、今更ですがマガジンチューブ先端下部のこのネジが手付かずでした。



向かって左の短いのがCMCのネジで、、



ネジの太さは同じでバッチシ入ったんだけど、、



再度、長いノーマルネジと比べると、長いネジはアウターバレルのマズルキャップの固定ネジも兼ねており短いのだと届かない。



そして、今回GETしたCMCのネジの中にウルトラ長いネジが向かって右端のネジです。



そのネジを真ん中のノーマルネジと同じような長さに切断して、



無事に装着出来ました♪



以前に不用になったマイナスネジの袋に今回のマガジンチューブのネジを入れて、、



ストックポーチ内に入れておく。



これで、、、



見える部分からマイナスネジが一掃された。



以前の私物の時のM1894でも書いたけど、銃器類にマイナスネジが多用される理由は、工具が無くても、ナイフ等で
代用できる事とプラスネジだと水の流れが悪くて錆びやすい? マイナスネジは一文字だから水が溜まり難いからとか?



ストック上部のマイナスネジは私が購入した時から付いていた品で、本来、社外品の木ストックにすると同梱でプラスネジが入ってたはず。
この辺が今回のM1894の謎の部分です。



せっかくだから、我が家の私物の一号機M1894にも同様に、、



CMCのネジを切って、



付け替えました♪  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(1)UMAREX・M1894

2020年11月30日

自分用のM1894仕上げ


元々は完全に仕上げ終わって専用GUNケースまで用意されて大切にしていた自分用のM1894ですが、



木製パーツ類とパットプレート以外の、主に金属製のパーツ類が、今回購入したヤフオク用の品と入れ替えたままです。
よって細部の手直しが残っています。



まずは装弾口のパーツが真っ黒なままなので、、



リューターで削り落として、、



ペーパーで均して、



レシーバーの色に合うように薄めたブルー液で染めました。



あとはフロント周りのマガジンチューブ先端の丸くて黒いカバーとフロントサイトです。
これらは共に樹脂製パーツなので染めるのは無理。



やった事無いけど、初めての分解です。
マガジンチューブ下のネジを外したら丸い先端パーツは簡単に取れた。



ただ、フロントサイトはビクとも動かないのでアウターバレルからインナーバレルを抜き出して、
代わりに6mmの長いプラ棒を入れて、銃口部分のキャップを内部からトンカチで叩いたら、、、、、



先端のパーツが取れた。



それが外れたら簡単にフロントサイトも取り出せた。



なるほどね、、、先端パーツの溝にフロントサイトが挟まって固定される仕組みなのね。



真鍮のピンはプライヤーで引っ張れば抜けました。



樹脂製のパーツなので染めるのは無理だから塗装します。



銀色塗って、



黒塗って、



研磨して装着!



うん、違和感無くなった♪



つう事で、とりあえず気になる部分は終了。



真っ黒だったリンクは以前に色合わせしてたので、もうする事は無いな♪  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(2)UMAREX・M1894

2020年11月29日

ストックホルダーとダミカ追加

前回からの続きです。

前後の木材の色を調和する為、ハンドガード側の一部にオイルステインを塗ったUMAREX・M1894ですが、
元々は中古で購入した品と以前に新品で購入してビンテージ仕様にした品とのニコイチです。



ハンドガードとストックとパットプレートとリアサイと10発のカートトが中古購入品で、それ以外のパーツは元々新品購入して
100回前後装填排莢を行い、1か月位前にガスケツになりCo2ボンベを交換して、その後はほとんど壁の置き物化してた品です。



そんなニコイチですが、もう9割がた完成して来たので、ここで新たに安物のストックホルダーを買いました。



フルダー付属のシェル用ホルダーはS&TのM1887の方に使います。
それ以外をM1894にガスカートとダミーカートを付けてヤフオク行きです。



マジックテープの付いたベルトでストックに固定すんだけど長いので短く切断。



こんな形で簡単装着。



ダミーカートは装填排莢可能な物を3発付けます。
ガスで撃ちたい時にはガスカート、、、装填排莢だけしたいのならダミーカートって感じです。



ダミーカートはリアル製の357マグナム弾です、、、普通に市販されていますのでご自身で購入して増やす事も可能。



ウインチェスターに357マグナム? 西部劇の時代の19世紀には無いけど、20世紀の時代の実銃には実在しています。



残りのガスカートはポーチの中に♪



これでいつでもどこでも素早く装填排莢が出来ます。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年11月28日

M1894の木製品

前回のブログでは作業待機中のS&T・M1887を紹介しましたが、その作業に入る前に、まずはUMAREXのM1894を片付けないと。。

前々回のブログで画像を見て、やっと気が付いたモヤモヤ感の原因ですが、、、



下段のM1894はストック類の色や模様が気に入って手に入れた品でしたが、、ストックとハンドガードの色が違うんですよね。



当初はストック側の弓なりの木目とハンドガード側のゼブラグリップみたいな直線的な木目の違和感だと思っていたんだけど、
木材その物の色がストック側が濃くてハンドガード側が薄かった。 それにより一体感がなかった?



マーカー部分の色が濃い目なんだよね。



反対側だとこの部分、、、厳密に言えばストック後部の一部がハンドガードに近い色が残ってるけど、一体感が無いでしょ?
木目がストックとガードで同じ感じなら一体感も生まれるけど、木目の模様が違って色も違うからなんか違和感を覚えるんだよね。



カメラならはっきりと分かるけど肉眼だと光の加減などが影響して「なんか変」てな感じでずっとモヤモヤしてた。



よって、前後の色を調和します。



オイルステインをハンドガードの付け根部分を重点的に前方の途中まで伸ばして塗り込んでひと晩放置。



翌日の状態。



レシーバー側のハンドガードの色が濃くなってるよね。



どう? ストック側の色合いと近いよね?



反対側はまだストックの色が濃いかな?



シンナーで拭いてみたら若干色が落とせた。



この辺も拭き取り調整。



どうだろね?



こんな感じで?



少なくても以前よりは前後の色バランスはいいよね?



うし、、木材加工はこれにて終了。



大分完成して来た♪



手放すのが惜しい。



UMAREX最高(笑)  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年11月27日

もう1丁の長物

ヤフオク用で購入したのが我が家で2丁めとなる向かって左のUMAREXのM1894でしたが、

これは偶然にNETで見つけて木の色が気に入って購入した品で、本当にヤフオク用で次に出品したかったのは、



この前、出品したS&TのM1887なんですよね、、、ただ、このストックの長いフルサイズ仕様はヤフオク、アマゾン、楽天も
どこも品切れだったので、それ以外のSHOPを毎晩検索して探していたらUMAREXの画像を見つけて、それを代用品で買った。



そのUMAREXを購入した後に大阪のお店で本命のM1887の中古が20900円で売ってるのを見つけて、オンラインから通販できる
お店だったので、即座に会員登録して購入した!



中古品だから届いてみないと程度が分からないけど、、



商品ページにはシェルにはヒビ割れがありと書いてあった。



標準装備の5発だと思うが、、、



確かに、この3発の、、、



矢印部分にクラックが入ってますね。



そのうちの1発は側面にまでクラックが、、、、、まぁ、これらは覚悟してたので、私が出品する時は新品用意すればOKかと。



一番気になる使用感ですが、外装は新品並みでシールまで付いていたけど、内部のパーツは???
うん、綺麗ですね♪



この辺も目立つスレとか無いし、



届いた時点でガスが残っていたし、シェルの装填排莢も異常無しでした。



このM1887を再度外装カスタムします。



まだ、手元に残っていた1号機とのツーショトです。



UMAREXの方と一緒に4丁!
うち3丁がヤフオク用なんですけど、、コレクターを引退してなければ全部このまま飾っておきたい。



M1887は1号機同様、金属部分も木製品も全て色を落としての再仕上げの予定です。



その下地作りが面倒くさいけど、、その分、再仕上げが終わった時には喜び倍増(笑)



先に進行しているUMAREXの方は1号機とパーツ移植すると言う想定外の方法を採用したのでまもなく完成。
そしたら、次は、この面倒くさい方の作業をします。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)S&T・M1887