アクセスカウンタ
< 2020年11月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2020年11月23日

パットプレート直し

前回からの続きです。

まずは商品ページの画像には無かったこの金色塗装をハザと剥がしたのか剥げたのか分からないプレートを黒に戻します。



そうそう! 私がこの2号機をどうゆう風に手直ししたいのかと言うと、私が気に入った黄色が強い木製品に対して金属部分が灰色でしょ?
共に薄い色なので締まりがないので、金属部分は黒っぽく染め直したい。ありきたりだけど、黄色と黒のコントラストが一番良いかと?



もし、前のオーナーさんが普通のM1894を買って、エイジングして木製品も仕上げ直したテクをお持ちなら、この金色塗装は考えられない?
そんな謎のパットプレートを、、、



溶剤で金色塗装をふき取り、、



見えない部分まで金色だったので、その辺も色を落とし、



動きの悪かったプッシュボタンを取り外したら可動部がザラザラな状態でした。



大体の色落としを終えて水抜き剤のプールに漬ける。



最終的には大分復元したけど、、



プッシュボタンの中にはまだ金色が残っているので、



ダークパーカーで塗る。



まっ、こんな感じ♪



このストックにはこの色だよね?



で、、ここで思いついたんです!
別に、せっかく灰色近くまでエイジングされた金属部分を濃く染め直すより、1号機の金属パーツと付け替えれば良いのでは?
その方が1号機の方も、よりビンテージ風になるし♪  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年11月22日

UMAREX・M1894の細部

前回からの続きです。

中古で手に入れたM1894です。 我が家では2丁めのUMAREX・M1894なので2号機と命名しました。
これまで同社の製品画像は数百枚NET検索して見て来ましたが、こんな色合いの製品は初めてで、前オーナーの手による
品なのか? それとも、なんらかのメーカー限定品なのか、細部を見て勝手に推測しようかと(笑)



元々のメーカー仕様のビンテージ加工や木製ストックとは明らかに木製品と金属製品の色合いが違います。



もし、前オーナーの方がご自身で手を加えたとしたら、この黒いフロントサイトは黒いまま残します?



同様にこの装弾口も真っ黒のまま残します?



この輪っかや、



リアサイトを黒いまま残します? ストックの上部ネジはマイナスだったけど、このサイトのネジをプラスのまま残します?



金属本体はかなり灰色に近い状態でエイジングされています。



これだけの研磨技術があるのに、、、



真っ黒パーツを残します?(笑)



木製品は、もしかしたらメーカー純正の着色剤を溶剤で薄めて色を薄くした事は考えられます。



私と違って木材に傷を付けるとかの加工はされていません。



マニアがご自身で外装カスタムした品だとすれば、かなり中途半端ですよね。



パットプレートはこんな金色に塗られて色落ちもしてるし、個人カスタムでこの色で塗ってこんな感じにはしないと思うんだけど?



私の推測では、メーカーもしくはSHOPがカスタム販売されていた品ではないかと推測します。
まっ、、以上で検証を終えて、次からは手直しスタートです。  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年11月21日

長物の黒染め歴史?

すっかりと金属&木製の長物外装イジりにハマッている私で、過去に金属部分を全て染め直したのっていくつあるのか調べた。

このMP44が金属部分は全て染め直して木製ストックもビンテージ風に仕上げた品だけどもう7年以上も前になるんですね。



金属部分は中華塗装を削ってビンテージ風にしたけど、ストック類は真面目にビンテージ風にしたPPSHも7年前かぁ、、、、



マルイの電動トンプソンも7年前かぁ、、、やっぱ、金属部分は元々の色を研磨して誤魔化していた頃ですね。



このモーゼルの98kが多分初めて長物で黒染めしてストックをイジッた品かな、、、ブログは8年前に手直しした記事だけど、
最初に行ったのは更に3年前とか書いてあるので。



GHKのAKの金属は磨き直しただけでストック等は実銃用に替えただけで見た目はビンテージ(笑)



金属製の長物で全て染め直したのはMP44とモーゼル98k位かな、、、後はほとんど、元々の黒色を研磨してビンテージ風にしてるって感じ。



やっぱ、面積がデカいので元々の黒仕上げを削ってそれらしく見えれば、それでOKって感じでしたね。
もちろん、削って表れた金属地肌部分を部分的な染めを加えたりはしたけど全部地肌にしてから染めたのは圧倒的に少ない。



最近仕上げたお気に入りのM1894だって、真面目に金属地肌を出して染め直したのはレシーバー部分だけのようだし、、



最新作のM1887が久しぶりに金属部分全体を染め直した品でしたが、、面白いけど、貴重なブルー液の消費も激しいし、
部分的な研磨でビンテージ風に見えればその方がいいんだけど、、、ヤフオクに出品する場合は全て染め直した方が、
落札者さんとしては楽だと思うんだよねぇ、、、悩むな。



たとえば、このAKなんかはスチーツウールやスポンジやすりでノーマル地肌を研磨すればこうなるんだけど、
下のPPSHは黒い部分が中華特有の厚い黒塗装、、、



研磨だけでもこれ位には仕上げられるけど、ただ、経年劣化で仕上げ直したい時は染めならコンパウンドで落とせるけど
塗装だとコンパだと厳しいし、、まぁ、、買われる人のスキルや技術にもよるけど、、



今から30年以上前に買ったこのMGCの金属モデルガンを買った頃かな、、黒染め部分は真鍮ブラシで擦ると色が落ちて
いい感じになると言われて、当時、どの銃でやったかは忘れたけど、傷だらけにした覚えがある。



ブラシの毛先に柔らかいのや硬いのなんかある事は知らないので、カチカチのブラシで擦ったら深い傷が付くばかりだった。
私もよくスチールウールで磨くとか書くけど、めちゃ細くて柔らかいスチールウールだかんね、、使ってるのは(笑)



今なら簡単にNETで調べられるけど、鉄砲カスタムの達人がそう言うんだから、こんな硬いブラシで削っても、一杯削れば
傷が消えて良い色合いになると信じて1丁をゴミにした遠い思い出(笑)  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)◆雑記

2020年11月20日

M1894出品用購入

一応、忘れなければ毎日M1894とM1887は、NETで24時間以内で新たに公開された画像をグーグルでチェックしている。
そんなある日、見慣れない色の木製ストック類が付いたUMAREXのM1894の画像を見つけてリンク先をクリックしたら群馬の中古屋さんだった。

そのページには最近入荷した品として店内に置かれたM1894の画像が一枚だけ掲載されており、ホームページには中古品で
リアルウッド仕様と明記されているくらいで価格は不明だったが、その掲載画像のプライスカードを拡大したら3万円と書かれていた。
即座にメールして通販はしていないかを問い合わせたら、翌日返事が届き、明日楽天市場に出品してくれるとの事。



で、翌日、出品のご連絡を頂き楽天の商品ページから速攻で購入したんだけど、気になる部分としては、複数の商品画像が
今度の楽天のページには掲載されていたけど、それらの画像にストック後部の黒いパットプレートが写っていなかった。



出品の連絡を頂いたメールに購入手続きを終えた旨と、確認でパットプレートは画像に写ってないけど付いてますよねと問い合わせると、
付いているとの返信があった、、、つか、、画像だと見えないんだけど、、まっいいか? と到着を待つ。



そして、届いた品が今回ブログに掲載している画像に写るM1894なんだけど、パットプレートはこんな風に金色に?
これだと遠目の画像だと木材と同色に見えて分からなかった。



てか、、金色に塗ってエイジング? 謎の処理だなぁぁ? 謎の木製品と合わせてメーカーがリアルウッド仕様で販売した限定品なのか、
前オーナーの手による物なのか、、分からん。



パットプレートは1号機のように指だけでは回らずコインを使って回して外せた。 商品ページには初速とかCo2ボンベが
別途必要とか書いてあったけど、ボンベは内蔵済みでトリガーを引いたら元気にガスが出た! カートの装填排莢も普通に出来た。



最初からリアルウッドが付いた製品は以前にヤフオクにも出ていたし、海外サイトでも見かけたけど、
今回のような木の色は初めてだし、謎の金色パットプレートも初めて(笑)



楽天での価格は32000円でした。 店頭価格は3万円でしたが、送料込みの価格なので納得です。
ガス漏れも無く、空撃ちによる装填排莢も問題が無かったのでかなりお買い得な商品かと。



で、ヤフオク出品用に買ったので、空撃ち派の私は興味無いですが、一応、BB弾を入れて実射テストをしてみる。
カートの個体差だけど、4個位は抵抗なくBB弾が中に入る、、、まぁ、こぼれ落ちる事は無かったけどユルユルだった。



銃口から3メートル位先のターゲットに撃つと、



10発中5発かな? ターゲットの紙を貫通したのは? あとはパワー不足でBB弾は弾き返される。



命中精度は悪いかな、、、一番、的の中心部に近いのがこれだから(笑)
ただ、パワーの無さや命中精度の悪いのは先に新品購入していたもう一丁の1号機と同程度だから異常無しかと思う。



カートの装填は、我が家の1号機は使い込んで滑らかに装填できるけど、この2号機は使用頻度が少ないのか装填口のパーツの
色落ちも少なく、内部の挿入感も新品に近い方な感じがした。



カートを上に移動するパーツの使用感も少ないように見える。



ハンマー部分も黒色が色落ちしているけど、銀色下地までは出ていない。



レバー部分の作動痕も目立たない程度かな? 以上の事から使用頻度の少なめな中古って感じだと思う。



木製ストック上部の固定ネジはマイナスネジでした。 UMAREXの木製ストック類の多くは「A-PLUS AIRSOFT製 」の2種類の
木材の品がメインだと思うけど、その製品だと同梱されたネジはプラスネジなんだよね。



前オーナーが私と同様にマイナスネジに付け替えたとしたら、この一番目立つリアサイトのネジをプラスのままにはしないと思う。



普段はレバーに隠れて見えないプラスネジは付け替えないとしても、、ストック上部のネジに拘るならリアサイトのネジは無視できないかと?



今回のM1894は前オーナーによる外装カスタム品なのか、それともメーカーがリアルウッド仕様で販売した限定品?なのか、
その辺は次回のブログで再検証します。



1号機のケースに入れてみた。



1号機と2号機のツーショット。



1号機は手元に保管しておくけど、2号機はイジッてヤフオク行き。



特徴は初めて見る黄色の強い木製品、、、そこに惚れた(笑)  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)UMAREX・M1894

2020年11月19日

最後のデトを塗った

前々回からの続きです。

数百丁あったコレクションをヤフオクに放出して、拳銃ではリバルバー1丁とオートマチックはこの下地処理を終えたデトのみの我が家。
てか、デトは永久保管用のエングレデトはあるけど、それはガスを入れて遊ぶ品では無いもん♪



で、前回のブログでトイガン仲間から空撃ち用で頂いたデカベレッタ! これを家に残す事にしたので、作業していたデトはヤフオク行き(笑)



と言う事で、下地研磨や脱脂の終わったデトを塗る為にキャロムの銀色を自分用なら缶スプレーだけど、ヤフオクに出すのなら
エアブラシの方が良いかなと、、、



塗った!



この段階では上塗りをどうするとか決めていなかったけど、、



仮組みしたら、このまんまでグリップ似合うじゃんか?



つう事で、上塗り無しで完成!
決して手抜きじゃないぞ(笑)



本当は銀色を塗ってから黒系の色をラップ塗装で追加しようと考えていたけど、エアブラシで塗った銀色のままが一番グリップが映える。
グリップは北海道の巨匠の作品だし、それが主役のデトならこれが一番良いかと?



つか、、、スライドストップの溝の塗装が剥げてる?
塗装して2時間後に組み上げたから皮膜が硬化していなかった、、、、後日、再塗装だな。



グリップのネジは下側が黒で、、、



上が銀色。



ハンマーだけがマルイの他製品の流用。



寄せ集めパーツで組み上げた品だから、各部の小物パーツが黒や銀の品でメーカーに無いオリジナリティを出している。



基本的にはマルイのパーツで組み上げたつもりですが、見分けのつかない小物パーツは海外製のコピー品が混ざっているかも。



スライドのセレーション2本に凹み傷がある。



うーん、、平面出ししたつもりでしたが、スライド前方のマルイデト特有のヒケが若干目立つな、、、画像では分からん程度に(笑)



アウターバレルはノーマルで多分スポンジやすりで研磨した品を使った。



ガスは3日位前に入れてた状態で普通にブローバックしたので、ガス漏れはOK?



あっ、、、インナーバレルが黒っぽくなってる、、、、以前に染めたのか???



スライド側だけ、ヒケを再度整えて塗装かな、、、スライドストップの溝の塗装剥げもあったし、



でも、、この時点で新たにヤフオク用でイジる長物を2丁購入して届くのを待つばかりの状態だから、



このデトイジリは先送りかな?



それとも長物の到着前に片付けるか?



先送りにしたら来年になりそうなので、長物が届いた当日に、まずはヒケがあった部分を研磨して、、



再塗装。



スライドストップ部分の塗装剥げも見えなくなった。



まっ、こんなんでいいだろう!



長物が来たので強制終了(笑)
  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)◆デトニクス

2020年11月18日

謎の荷物が届いた

前回からの続きです。

ある日突然予定にない品が宅配便BOXに届いており、梱包を開けるとご覧の張り紙だらけの黒いケースが!



ビンテージ不可?



改造不可???



このまま保管だとぉぉ??????



中を開けるとベレッタが入っていた! 以前に我が家で残ってる鉄砲で塗装して遊べるのは前回のブログで公開したデトのみで、
それを塗ってヤフオクに出したら、手元に残るガスブロ拳銃が無くなると掲示板に書いたら、中京の首領が贈ってくれた(笑)



本体はABS製で、マガジンを見たらWA製品だと分かった!



うん、確かに空撃ち用で手元に残しておくには良いかも知れない、、だってデトより重たいしと思って計測したら、こんなもんか?
以前の私ならデカベレだと1kg位の重量が無いと満足しなかったけど、最近はハンドガンに触れてないので、これでも重く感じる。



今までだと、ほとんど全ての銃を塗装したり外装をイジッてたけど、1丁くらいドノーマルもいいかも知れない。



まぁ、手にして構えた感じではマルイのデトニクスよりは重量感あるし、我が家で作動させるガスブロ拳銃はこの1丁があればいいか?



そうすると、今、作業しているデトニクスはヤフオク行きだな。



つか、思いも寄らずの贈り物だった。



さすがは教授! 気配り、思い付きが凄い(笑)



マルイのデトニクスと比べるとガスブロの動作がモッタリしてるけど、ニギニギには最高だし、



ドノーマル外装なら、神経使わずに、そこらに気軽に置いたりできるし、



あんがとね、花教授!♪  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(0)M92・M9