アクセスカウンタ
< 2020年12月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2016年12月31日

どれもナンバーワン!

2016年後半はライフル系にハマッた! 以前にライフル系がマイブームだった時は、結局、空撃ちしても音がショボイので飽きたが、
再び、そんなライフル系に舞い戻ってしまった! その中で一番のお気に入りは何だろうと考えた時、順位がつけれなかった!
だって、どれも長短あるし、それぞれがNo1なとこがあるんだもん、、、だから、増えちゃうのね、、、(笑)


タナカM40A1バージョン2(カート式ガスガン)

こいつが、私にライフル熱を再発させた主犯格の銃! とにかく排莢アクションはNo1モデル!!



マルイプロハンターG(エアコキ)
私にライフル熱を加速させた共犯格の音の出る銃!  夢だった銃声の再現? それだけでNo1モデル!




普通のプロハンター(エアコキ)

副産物で生まれたケースレスでつまらない銃だけど、一見Gモデル風の外見は、詐欺度No1モデル!



クラウンU10シニア(エアコキ)

排莢繋がりで購入した昔のSS9000の子孫となる銃! コストパフォーマンスではNo1モデル!!



マルシンM1カービン(ガスオペレーション)

一気にトリガーを引けば、立派な排莢アクションが楽しめる銃!  希少なカート式ガスブロ度No1モデル!



WE・M14(ガスブロ)

重さの迫力、ガスブロの迫力、質感の迫力、限りなくリアルな銃!!  まるでモノホン度No1モデル!



コクサイM700BDL(エアコキ&モデルガン)

モデルガンとエアガンを合体した歴史的銃! パッと見の美しさはNo1で壊れやすさもNo1モデル!



タナカL96(ガスタイプ)

WEのM14に負けない重さと質感! ストックのデザインや色がお気に入りの銃!  欲しかったんだ度No1モデル!(笑)



WA・AR-7(モデルガン)

念願のスコープマウントも手に入り、やっと思い描いていた形になった銃! 分解の容易度とスパイチックな所がNo1モデル!



マルゼンAPS2?(ケースレスなエアコキ)

第一次ライフルブームの生き残り銃! 使い込んだボロボロ感と重さが変にリアル度No1モデル!



マルシンM1カービン(エアコキ・カート式)

経年劣化による使用感、戦場を感じさせる銃!  普及の名作度No1モデル!



Bボーイズ・Kar98K(エアコキ・カート式)

チープな木ストを仕上げ直して、金属部分は黒染めに変更した銃!  外装手直し度No1モデル!(笑)



KJワークス・ホークアイ(ガスブロ)

長いのが好きな私仕様に見た目を変更した銃!  完成後、狭い室内だと触り難い度No1モデル!



WE・ドラグノフ(ガスブロ)

ド迫力のリコイルや作動音に美しさが加わった銃! 唯我独尊的なデザインの芸術指数がNo1モデル!



マルコシ・スーパー9(エアコキ)

ケースレス化されてカートが使えず金色シリンダー装備の銃! このままだと要らない度No1だけど、なぜか捨てれない銃(笑)



以上が、我が家のライフル系かな? 

どれもこれも甲乙つけがたし!! でも、もう買わないから、、いや、マジに、、、(笑)




と言う訳で、今年もお世話になりやした!
来年も皆様にとって良い年になる事をライフルと共に祈ります!

  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)

2016年12月15日

変換マウントベースを購入

前回からの続きです。

WAのAR-7純正レールが細くて、現在主流の20mmレール対応のスコープ類が装着できず、10mm仕様のスコープを
装着して自分を誤魔化していましたが、本当は、やっぱ、普通の20mmレール対応のスコープを付けたかった。



で、ヤフオクを探したら、10mmレールを20mmレールにするマウントを見つけた! 
速攻で落札したけど、長さがAR7に合うのか?



そして届きました♪



WAのマウントベースの後方にお尻を合わせると、ご覧のようにバレル側にレールが飛び出します。 案の定、レールが長かった!



でも、リアサイトが隠れてしまいますが、レシーバーの幅に合わせて装着する事は出来る! 
4本ある6角ネジのうち3本が、WAのマウントベースにしっかりと締め付けてあるので問題ないけど、見た目は、ちょっと、、、?



まっ、とりあえず、スコープを装着してみようと、以前のMP5マウントベースを加工した時に取り付けていた20mm用スコープを装着♪



やっぱ、腰高になる、、、つか、、仕方ないよね、、、マウントベースの上にベースが積み重なっているんだから。
つか、こうゆう変換マウントが世の中にあるって事は、、他にもいいのがあるのかも? 続く。
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)AR-7

2016年12月07日

WA・AR-7スコープ装着

前回からの続きです。

念願のAR7純正のスコープマウントが手に入ったのですが、レール幅が最近主流の20mmではない10mmでした、、、汗!



とりあえず、20mmのマウントベースをスコープマウントにネジ付けすれば問題は解決するけど、、



スコープマウントの下側は、AR7本体に密着する感じで取り付くので、ネジの長さが少しでもオーバーしたら装着出来ないし、、、
そうゆうシビアな加工は面倒くさいので、、



家中を探して、以前に間違えて購入した10mm幅のマウントが付いたスコープを発見!



おおおおおっ、、ポン付けやん!



がっはっは、、、細いスコープだけど、これはこれでアリかな?



これで良しとしよう! 楽だし♪



めでたし、めでたし! (つか、、このスコープ、バレルと太さ変わらないなぁ、、、ほそっww)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)◆長物(ライフル系)AR-7

2016年10月28日

我が家のライフル軍団

前回からの続きです。

迫力のリコイルで空撃ちでも楽しいWE製M14は、作動音がうるさいので夜間室内での空撃ちは出来なかったけど、
タナカ製M40A1は、ブローバックとかしないけど、カートを入れての排莢アクションが楽しめて、音が静かなので夜間でも遊べる。
この2丁が我が家の一軍入りライフルだとすれば、



コッキング式カートレスなAPS-2とスーパー9? この2丁は、室内で空撃ちしても全然面白くないので二軍、、いや、三軍落ちのライフル(笑)
せっかくなので、この2丁がせめて置き物鑑賞用として二軍に昇格できないかイジッてみようかと♪



まずは、数年前にヤフオクで落札したスーパー9は、大昔に一世を風靡したSS9000の後継モデルで、生まれて初めて購入した長物が、
そのSS9000でした。 つづみ弾仕様で飽きて置き物になってから数年後に、ハイパワーカスタムの時代が来て、イジッて、ぶっ壊した!



そうした懐かしさもあって数年前に中古カスタムのスーパー9を購入したけど、すっかり、弾を飛ばす事を卒業していたのを忘れてた。
鑑賞オンリー、空撃ちオンリーの私にとっては、真鍮シリンダーの色は、とてもトイガンらしく、空撃ちはコッキング重いし、即、押し入れ行き!



それでも、今回、ライフル熱が再発したので、せめて、カート式に戻して排莢が出来ればと、カートを入れてみたけどコッキング出来ない、、



たぶん、このバネの見えるパーツにBB弾を入れて撃てるようにカスタムしてある?せいで、内部はカートレス仕様になってるのが原因。
つか、真鍮シリンダーの色と、このバネの見えるパーツで、どうあがいても観賞用にはならないべ? と言う事で先送り放置決定!



もう1丁のAPS2は、前回、少しイジッたので、この時点で二軍入り出来そうな見た目です。



各部が汚れていたので、アルコールで拭いたり、黒染めの落ちていた部分を適当に染め直しました。
ボルト部分には注油してコッキングも軽くはなったけど、空撃ち後に、ビヨーンと言うシリンダー内のバネ音が少し気になる。。



まぁ、カートレスで排莢もしないので、空撃ちしないと思うので、バネ音はどうでもいいや♪
で、ライフルと言えば、バイポッドが必要で、部品庫に余っていたスイベルネジをストックに穴を開けて装着して、バイポッドはアマゾンに発注!



バイポッドが届く間に、サイレンサーを眺めると、、



5.56mmの文字が??   ダミーカートは7.62mmなので、この文字はおかしいよね?



よって塗装!  最初、ブラックスチールで塗ったらバレルと色が違い過ぎたので、黒組を上塗りした。



そうこうしてる間にバイポッドが届く! M40A1に付けたのと同じ1495円の安物だけど、意外とちゃんとしてる品!(笑)



よし、これで二軍入り、、、いや、、見た目だけなら一軍入りでいいか?♪



うーむ、、かっこいいど。
カートレスだし、空撃ちしてもつまらないので、完全に観賞用の置物ですが、見た目だけならM40よりもタイプなので一軍入り決定!!



一軍仲間のタナカM40A1は、排莢ピョーンのアクションが最高! もちろん、1発1発、カートを挿入する楽しさも最高っす。



WEのM14は、重さと手触り、ブローバックと作動音、最高傑作の長物ブローバックだと思います。 



我が家のお気に入りのタイプの違う3丁の狙撃銃♪  3丁とも、手に入れてから一度もBB弾を入れて撃った記憶は無い、、、、(笑)



で、どうしようもない3軍ライフルのスーパー9君。。。
この子を一軍に昇格させるのは、お金と手間が掛かり過ぎるのでお悩み中、、、、、続く。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)◆長物(ライフル系)