アクセスカウンタ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2018年06月20日

ローバルデト出品

次なる出品はローバル塗装によるブルーイング仕上げのデトニクスです。
6年以上前に仕上げたデトで当時は青々としていましたが、その後の経年劣化などで、今はオールド風ダメージ仕上げぽくなってます。

実銃のデトニクス自体が古い鉄砲で、どちらかと言えば荒々しいイメージがあるので、これはこれで個人的にはお気に入りの見た目ですが、
色むらや研磨傷などもありますので、ジャンク品扱いの1円スタートの送料無料での出品となります。



出品ページはこちらです♪



出品に際してガスを入れて空撃ちしましたがキビキビとブローバックします。 ガス漏れも無いと思いますが、
BB弾を入れて撃つ事は私はしませんので、弾が飛ぶかのチェックはしていません。



黒いグリップ以外に茶色のグリップも予備でお付けします。
共にマルイ純正の樹脂グリップかと思います。



付属品とかも一応揃っていますが、外箱には破れがあります。



素人目ですが内部は摩耗とか少ないように思えます。



で、問題のローバル塗装ですが、一応ご説明しておきますと、ローバルと言う名の亜鉛塗料を塗り、それを鏡面研磨すれば
ブルーイング可能になるのですが、研磨が弱いと染まりが悪く、亜鉛地肌の色とでも言いましょうか? グレーな色合いになります。



この45の文字の後ろ辺りのグレーな擦り傷は、ブルーイング後に染まりが悪かったのでスポンジやすりで研磨して、
それからコンパウンドで磨き直して再ブルーをしようと試みましたが、鏡面にならずに染まらなかった部分です。



同様の染まりの悪かったスライド上部のエッジ部分など、こんな感じで色むらがありますが、



個人的には、実銃でもブルーイングが落ちて、こんな色合いのもあると思うので、古びた感があって、これはこれでいいかなと?(笑)



各エッジ部分もローバル塗料を磨いて鏡面にする場合、磨き過ぎて下地の樹脂地肌が出たら終わりなので、研磨が弱くて染まっていません。
が、それがグレーと言うか銀色ぽくも見えるので、使い込んだ実銃デトニクスみたいな感じに見えます。



ブルーイングの撮影は光の角度や背景の色で、色々と変化するので、場所を変えて、いくつか撮影しました。
6年前には青々としていましたが、今は黒とグレー主体に部分的に青って感じでしょうか?



スライドのセレーション部分(ギザギザ部分)の溝の中も亜鉛塗料を鏡面にしにくい部分なので綺麗に染まっていませんが、
指で掴んでスライドを引く部分なので、色落ちしてた方が実銃的でリアルだと言い聞かせます(笑)



フレームの刻印は残念ながらマルイ刻印のままです。



でも、リアサイトのネジは、穴を開けて別ネジ仕様にしています。
マルイの場合は、ネジ風のモールド仕上げだったので、、、変なとこはリアルに仕上げ、でも、刻印はマルイのまま(笑)



いろんな表情を見せるブルーイング仕上げです。



この画像だとセレーション部分が綺麗に染まってないのが分かりますね。



元々、マルイのデトはグリップ内部に大きなウエイトが入っていて重たいので、この外装だと、手にした時に金属って思える時も?w



マルイ製のハンドガンはHW出していないので、ある意味ではブルーイング仕上げは希少です♪



ただ、綺麗な仕上げの好きな人には向かないかと、、、私みたいに傷だらけのビンテージ風が好きな人がいればお買い得?



HWのブルーイングなら再研磨して染め直せるけど、ローバル塗装の場合にそれをすると、高い確率で亜鉛塗料が剥げて
黒い樹脂素肌が現れますので、落札後、手直ししようと思う方はお気をつけ下さい。



スライド先端のエッジ部分はいい感じに亜鉛地肌?が出ています。



この辺のエッジもいい感じ?



皆様のご入札をお待ちしております♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系放出品リスト

2018年06月06日

ヤフオク出品・一発目

さて、お待たせしました! ついにヤフオクにてコレクションの放出が今夜から始まります! その第一弾は1円スタートのこれ!!

鉄粉塗装の実動ジャンク扱いの寄せ集めデトニクスです。
発送はヤマト急便のみです! 時間指定とか日時指定は、1円スタートの送料込みですのでご勘弁ください。




もう5年前になるのでしょうか? 寄せ集めのパーツで組み上げたデトニクスをリアルアイアンブラックとか言う塗料で塗装して仕上げた
品で、当時の作業内容はこのブログとか、この辺をご参照ください。




ガイアのリアルアイアンブラックと言う鉄粉入りの塗料をエアブラシで塗った品ですが、過去ブログでも、一度、剥げて塗り直してるけど、
今回の出品に際して、1か所、小さな塗装剥げがあったので、その部分だけエアブラシで部分塗装しました。 
どこを部分塗装したかは分からないレベルに仕上がっています。



感覚的には皮膜強度は弱い塗料かと思います。 落札後に剥げたら同塗料で補修出来る方や、全部剥離して、お好きな色に
塗り直す人か、とりあえず動けばいいやって人がご入札ください。 



皮膜強度が弱い事や、パーツを寄せ集めて組み立てた品ですので、一応、普通に動作するけどジャンク品として出品します。
1円スタートの送料込みですが、送料以下での落札になったら泣きます! いくらで落札頂けるかが楽しみです♪



当時、ヤフオクで入手したワンオフ物と思える木グリップですが、マーカー部分に、以前に棚から落とした時に付けた窪みがあります。
個人的には、こうゆう窪みやキズがあった方が実銃ぽくて好きです!(笑)



木グリを装着しての重量です。 木グリの裏にはウエイトを貼っているので、こんな重さです。



数年放置していたので、マガジンはガスが空っぽで、ガスを注入して動作確認は2回、空撃ちでブローバックさせました。
ガス漏れの音しませんでしたが、それらの動作テストや写真撮影したのは今から1か月前の事です。



今回の出品に際して、昨日、ガスも補充せずに、スライド引いて、トリガーを引いたところ、ちゃんとブローバックしたので、
ガス漏れの心配は無いかと思いますが、ある日、突然漏れるのがガスガンの宿命ですw



それと、当ブログの常連さんならご存知ですが、私はBB弾を入れて撃った事はありませんので、ちゃんと弾を入れて撃てるのか?
真っ直ぐに飛ぶのかは一切分かりません! 1円スタートの送料込みですので、ノークレームノーリターンでお願いいたします♪



スライドストップやセフティは、なんか綺麗ですね?



たぶん、純正の黒染めをスポンジやすりで磨いただけです。 別に今回の出品に際して磨き直してはいません。 簡単に拭いただけ♪



内部パーツは手持ちのパーツの寄せ集めですので、一部のパーツには東京マルイを模っしたARMY製のパーツが混じっている
可能性があります。 形は同じですが材質の精度では国産と違いはあるかも? 気になる人は入札されないようにお願いします。



海外製のパーツと国産のパーツは、メッキの厚み等が違って、なんでも互換性がある訳ではなく、その組み合わせによっては
動作しませんが、一応、このデトニクスは普通に動作するので問題ありませんが、パーツの耐久性とかは不明です。



アイアンブラックの塗料は剥がれやすそうですが、手にした時の質感はザラザラとした硬質な感じで、手触り感は良いと思います! 
剥げたら、同塗料を購入してエアブラシ塗装するか、小さな剥げなら筆塗りでタッチアップできるかも?



あっ、それと、当方、喫煙者にて、その室内の棚に陳列してたので煙草臭がするかも?(1年以上前からアイコスに切り替え)
煙草の匂いって喫煙者には分かりませんので、これまた、気になる人は入札されないように♪



デトニクスは全部で95丁前後所有していますが、そのほとんどを放出する予定となっています。 
(エングレデトの黄門様御一行は手放しません)



付属のマガジンはちゃんと東京マルイの刻印がある品でした。



撮影した時には見えなかったけど、この画像を見ると細かい傷が複数あるみたい。



メカ的な事は不得意ですが、この辺のパーツを見る限りでは使用頻度が少なそうなマガジンかなと?
基本、私は空撃ち専門で、どのガスガンも、せいぜい作動させても、3マガジンも作動させない人かと思います。



グリップスクリューの色褪せや変形具合です。



本体の色はグレーに赤味が混じった感じで、一般的に市販されているトイガンには無い色で私は好きです。



塗装時、エアブラシで遠吹きしてザラザラした硬質な手触り感にしていますが、食い付きは悪いので、一杯、触ると剥げると思います。



木グリ装備の為、マルイの純正デトニクスと比較すると40g位軽くなっていますので、重いのが好きな人用に、
純正の大きなウエイト入りの樹脂グリは山ほどあるので、その中から黒いのをスペアでお付けしますのでご活用ください。



グリップもマルイ製とARMY製は見分けの付かない物があります。 初期の頃のARMY製はひと目で質感や光沢が違っており、
ひと目で分かりましたが、中華製の品は、日々、精度アップしてるので、次第に見分けが付かなくなって来ました。
ちなみに、このグリップは、その中からラバー塗装の手触りが国産ぽいやつを選んだつもりです。



組み合わせパーツが全てマルイ製だと断言が出来ない品ですが、一応、完動品で、ワンオフ物と言える木グリップと、
純正品ぽい黒い樹脂グリップと、多分、外箱とか購入時の付属品はひと通り揃っているような、ジャンク品扱いの塗装済みデトニクス。



デトニクスを買い漁っていた頃の私なら1万円以上でも入札しただろうなぁぁ、、、今回、いくらで落札されるんだろうね?
出品ページはこちらです!
終了時間がなぜか午前中しか選択できなかったので深夜になってもうた、、、なんでだろ? まっ、いいか?



当初は一日に何丁も出品しようと思っていましたが、落札後のやり取りや梱包など時間が掛かるので、一日一丁?
場合によっては週に一丁とかの出品になりそうで、これまで書き溜めた原稿で毎日更新していた当ブログも、出品に合わせて
リアルタイムな更新となる為、毎日更新は終了となります。 つか、400丁以上ある鉄砲、そんなペースで放出してたら何年かかるんだ?(汗)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系放出品リスト

2018年02月09日

暇だからデトいじり

ヘンロンのⅢ号L型の砲塔が届くまで暇なので、

砲塔以外の部分をサーフェーサーを塗るとこまで進めたけど、、ここらで飽きて来たので、



息抜きで、この子を直します!(笑)



向かって右側が普通のデトニクスのフレームで、今回、手直しする左側のフレームの先端が少し長いのが分かるでしょ?



そうです! 以前に北海道のタケさんから頂いた先っぽが延長されたデトフレームですが、もう6年以上も前の事なのね、、、、



長い年月で接合部分にスジが現れ始めており、、スライドも外されたまま、部品庫で眠ってた子を暇つぶしに直します。



古い記事を見れば分かりますが、6年前は自分の中ではハーフモデルはOKでしたが、時代の変化と共に、やっぱ、ハンドガンは
ハーフはまずいんじゃないかと考えが変わり、スライドを外したまま放置してたんだけど、やっと純正の樹脂スライドを手に入れました。



スジ部分を削ってサーフェーサーを塗って整える。



そんで、ダークパーカーを塗る。



あっと言う間に出来上がり♪



そうなると、このグリップも気になる、、、、なんで、コルトのお馬さんマークなのよぉぉ?(笑)

当時のブログでも書いたと思うけど、私、最初は違和感なかったのよ、元々、デトニクスはコルト製だと思ってた時期もあるし、(笑)
ヤフオクで購入したグリップで、当日は複数出回っていたような気がしますが、オフ会で誰かに指摘されて、初めて違和感に気づいたw



さすがにコルトもグリップは変なので、いくつか余ってるグリップに付け替えた結果、、、



普通の普通のマルイ純正の樹脂グリップにしました!



このグリップを付ける事で、あっ、デトニクスだと、誰でも分かるから?(笑)



この6年の間にはいろんな事があったよねぇぇ、、、トイガン業界では圧倒的に勢力を拡大して来ている海外製メーカー!
それに対して国内メーカーも細々と頑張ってるとは思うけど、今のままだとこの先も苦しいだろうなぁーと思う。



いくつも組合は要らないし、メーカー同士が協力し合ったり、、ほら、バイクだってホンダとヤマハが手を組んだりしたじゃん?
てか、大昔は各メーカーは仲良かった頃もあったよね? でも、その後、パクり合いと足の引っ張り合い、、それがトラウマになってる?



まぁ、、そんな事はどーでもいいや、、もう、鉄砲は新たに買うより手放す事を考えるお年頃だし、、
と言う事で、、、長めのデト完成!



業界の事よりも、身近な問題では、やっぱ、北海道のタケさんの引退が寂しいよね。
実銃風に見せるカスタムより、創作銃って言えばいいのかな? オリジナルデザインに夢があったし、楽しませてくれたもんね。



10年前の私はグリップ交換すればネジ舐めるし、オートマチックのスライドとフレームの二分割に命がけだったし、
フレームなんかバラしたらスプリングは飛んで無くなるし、ネジが入らないからトンカチで叩いて割っちゃうしw



でも、周りに大勢のカスタム職人さんが居たので、真似っ子して、色々とイジる楽しさを学んだような、、で、深みに連れ込まれて、
台所と玄関以外は部屋中鉄砲だらけで、一般人入室禁止の家になってしもうた気がする。 今年のGWあたりに手放す用意しよっと。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系

2017年07月03日

ストライクなデトニクス

塗装ブース周辺のお掃除は終わり、次は、それ以外でも汚れてしまった鉄砲達の清掃です。

いつも撮影する背景にいるデトニクスの中で、お気づきでしょうか? 



最下段のデト達は、汚れ防止の透明アクリル板が短くて届かないので、埃が蓄積されています。
特に、まったく触った事の無かった、このストライク君は悲惨な状態でした。



ほら、、、(笑)



笑いごとじゃないよね!(汗)
この半年で缶スプレーを10本以上消費して、締めきった12畳の部屋での塗装は、とにかく、部屋の隅々まで粉塵が舞い散っている。
私の肺の中も粉塵だらけだと思うけど、、未だ、健康!(笑)



つか、、、、清掃めんどうくせぇなぁ、、、、ここまで汚れを貯めるなよ、、、自分!
えっ、、ストック塗装を全て終わらなければ、途中で清掃しても無駄だって? おっしゃる通りです、、、自分!(笑)



細かいとこは爪楊枝でホジホジして清掃完了のストライク!
フラッシュライトは固着して取れなくなっていたストライク君、、、力任せで外すと壊れそうなので、付けたまま清掃♪



工房Sさんのワンオフグリックが主役のストライク!



本来なら、ちゃんとコレクションケースに収納すべきカスタムデトですが、我が家でケースに入れるのは、本当に極わずかで、、
この前のブログで掲載した井浦先生のエングレ入りのクーガーだって野ざらしですから、、、、、笑。



全て箱に入れて収納するのが鉄砲にとって一番いいのは分かっているけど、もうそうなら、私は、こんなに買っていないです。
剥き出しのまま、部屋中に陳列して、簡単に手にする事が前提だったので、置き場が無くなるまで増殖させたw



基本的に銃とは道具であり、キズがつこうが汚れようが簡単に掃除したらOKと言う、アメリカ人の感覚で集めましたから、、、
ド埼玉人なのに、、、、汗w



いつガスを入れたんだろ、、、清掃後、空撃ちしたら元気にブローバック! さすが、マルイ製♪



ライトはさすがに点灯しなかった。



ガスを追加しようとマガジンを抜いたらビックリ! ボーディさんの弾丸シールを貼ったマガジンでした。



まったく、どの銃にこのマガジンを装着していたのか忘れていたので新鮮に驚いた!
こうゆう小技、大好きです♪



ガスブロの季節なので動作チェックしながら各鉄砲を清掃していますが、、大量にあるデトニクスは、どれを撃っても同じだし、新鮮さ無しw



再び元の場所に戻ったストライク君、、、今度、手にするのはいつだろう??
手にする数は少ないけど、ほとんど毎日、一度は目にしてるので許してね、、、、、笑。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系

2017年03月24日

無残な黒デト、、、泣

前回からの続きです。

ラップデトの次は、この黒いデトです! 以前にエアブラシによる二液ウレタン塗装した物だと思っていましたが、ウレタンで塗ったのは
フレームのみで、スライドはインディの黒系塗料を塗って磨いただけだった事を忘れており、ウレタンのつもりでゴシゴシと研磨したら、
黒い塗料が剥げてしまい、その下に塗った銀塗装がエッジ部分に顔を出してしまった! この時点でウレタンじゃない事に気づいた(笑)



ウレタンクリア層、黒塗装、銀塗装が表面に顔を出している、ややっこしいスライドは先送りする事にして、フレーム側を片付ける事に♪
昔塗ったウレタンの上に今回塗ったウレタンを塗っただけなので、表面のデコボコをゴシゴシと削り滑らかにすれば完成のはずが、、



削り過ぎて黒い樹脂地肌が出てしまった!



元々、黒地肌にウレタンクリアーを塗っただけだったので、この上から、もう一度ウレタン塗れば消えると思い、、



冷凍庫で残っていた缶スプレーをお湯で温めてから上塗りしたら、



再び、デコボコ!(笑)



まぁ、、それを気長に削り、、、



なんとか我慢できそうなレベルまで修復、、、



これ以上磨くと、また、クリアー層が無くなってしまうので、、フレームは終わり!



次に途中で投げ出したスライドをなんとかしようと、削って平面に近い状態にしてから黒鉄を塗ってみた。。。



削って平面に近づけたと言っても、ウレタン皮膜や黒や銀の皮膜が残った上への塗装でしたので、超悲惨な状態に、、、汗!



泣きながら、そのザラザラしたものを削り落としても、かなり奥まで皮膜破壊を起こしている、、、、泣!



エッジ部分の銀下地がますます顔を出てくるし、、、こりゃ、さすがに修復不可能だと、代わりのスライドをヤフオクで探したけど無い!!



とりあえず、ウレタン皮膜も残っているので、水抜き剤では剥離できないだろうと思ったけど、一応プールの中にドボンしておいた。
そして、数日後に歯ブラシで擦ったら、銀下地以外の皮膜は簡単に落ちた! 銀皮膜も数日後には落とす事が出来ました♪



黒地肌に戻ったスライドに、冷凍庫で保存してたウレタンクリアーで再度塗るべきか? いや、そんなにウレタン塗料残っていないし、
缶スプレーで塗れば、また大変な事になるのは学習したので、普通にインディーの黒スプレーで塗った!



で、ウレタンレシーバーと合体させて強制完了!!!(笑)



ウレタンレシーバーはユズ肌&波打ちしてるし、、いつか、スライドと同じ普通の黒塗装に戻します!
ストック等の大きな面積へのウレタンスプレーは部分的にユズ肌になる部分はあるけど、人並みレベルでは塗れていると思うけど、
ハンドガンのような小物だと、昔やったエアブラシでも今回の缶スプレーでも、塗装面のほとんどがデコボコになる。
塗り方に何か致命的な欠陥があると思うけど、それを解析するにはもっと塗らないと分からない、、そして、それは面倒だから嫌!

ウレタン塗装はストックの時だけにしよっと(笑)
  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)マルイ系

2013年11月29日

寄せ集めデトを組み上げる

パーツが足りずに、外装はブルーイングしたけど、組み上がらなかったマルイのデトニクス!

やっぱ、ここまで染めたら仕上げたいので、不足しているパーツをヤフオクで落札しました。



インナーシャーシーが980円で、その内部パーツが1280円、、、合わせて2260円の出費!!!
で、まずは、シア周りを組み込もうとしたけど、、、



手持ちのハンマーは一杯あるんだけど、、、



ハンマーの穴に入れるカラーと言うのかシャフトと言うのか、それが無いので、インナーシャーシーにハンマーが付けれない。。
そんな小物パーツだけヤフオクで出品されているのは今まで見た事が無い!!



手持ち在庫では、ひと回り細いカラーを見つけたので、



それを装着!  (ブカブカです、、、笑)



ハンマーがグラ付くけど、これで一応組み立ててみようかと。。



スライドを後ろに引くとハンマーがエンジンパーツにぶつかり、こんな感じで止まるけど、、目一杯後ろに引かなけりゃ動く事は動く!



とにかく、そのカラーだけヤフオクで売られているのは見た事も無いので、カラー付きのハンマーを690円にて落札!
それが届くまでは現状で我慢しよっと!  つか、結局、寄せ集めを組み上げるのに総額で2950円の出費かぁ、、、、泣!



外装では、イマイチ、スライド側の染めが気に入らない。。



よって再び、ブルー液のプールにドボンしました。  

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(8)マルイ系ブルーイング

2013年10月01日

塗料調合は終了

前回からの続きです。

チタニウムシルバーが無くなり、わずかに残っていたスーパーステンレスタフと、オレンジクリアーを前回の塗料に混ぜ合わせて塗る。



塗りながら、オレンジを足したり、銀色を足したりして様子を見る!  この画像だと赤味が強いので、、この後、銀を足す!



ステンレスタフを使い切って、最終的に出来上がった色が、手前のデトフレーム! 奥にいるのが以前に塗ったコガバフレーム!
以前の塗料よりは赤味成分の多い色合いになっています。  こうゆう調合遊びが出来るのがエアブラシの楽しいとこですね♪



イメージを見る為に、インナーフレームも入れずに、外装小物パーツと、スライドを合わせてみた。



調合塗料は塗ったまんまなので艶が少ないですが、乾燥してから研磨すれば光沢は出るでしょう、、、多分!



ちなみに、MGCの純正シャンパンメッキとの比較!  
フレームの色はかなり似た感じにはなったけど、、スライドのメッキの色合いがマルイとMGCでは違うのね!



MGCのコガバのスライドは、赤味成分が入っている銀メッキだから、同様の赤味が混じるフレームと調和してるけど、、
マルイのスライドには赤味成分が入っていないのでフレーム側と一体感が無い! 銀メッキスライドを塗るのは皮膜強度に不安があり、
なんとか小物類で、色の調和が出来ないか誤魔化してみよっと♪  こうなると、ファッションコーデネイターだね、、、似合わんww  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(0)マルイ系

2012年10月11日

休みにイジる!

さて、休みに届いたブツの紹介は終りましたので、今度は実際にイジッたり細部をチェックしたりのブログに変わります♪
WAM4もSVDも一杯イジりましたけど、、まずは、前座から??  笑!

ドイト(埼玉と東京方面にしかないホムセンでしたww)で購入したスプリングで壊れたデトを直します!



何種類かのスプリングを買って来ましたが、ドンピシャなのは、この外径2.5ミリのバネでした。



エンジンに入れると、こんな感じに収まります。



長く余った部分はニッパで切って、、、



はい、完成!!!
切断して残った分で、あと3丁分は作れそう♪



スライドを引けば、ちゃんとノズルも後ろに移動しやす。



ただ、、新たな問題が発覚!!



スライドの動きがシブい! スライドとフレームの相性が悪いみたいです。
完全にスライドが戻らない、、この画像の位置で、何かと干渉しています。



いろいろと削ってみたけど、、この日に直る事はなかった!  つか、面倒くさくなったので、、ポイして、他の銃に移行したのでした♪  

Posted by 塔四郎 at 08:51Comments(2)マルイ系

2012年07月31日

レーザーデトニクス誕生

以前にブログで紹介したレーザーサイト!

そのブログでのやり取りで、ともさんが海外から直接通販で取り寄せてくれると言う事になり、、
そのブツが差出人不明の小包で我が家に届いた! (差出人の名前書くの忘れたとメールありwww)



さっそく中を開けると、半透明なクリアケースが現れて、、、



中には、サイト類一式が綺麗に収納されている!  取り付けレンチや電池も付いて、ともさんからご請求頂いた金額は二千数百円でした!!
貧乏人のくせに見栄っ張りな私は、ポンと三千円を振り込ませて頂きました!  (よっ、、太っ腹!!! www)



つかさぁぁ、、、これで3千円未満だなんて、、、安すぎますよね!  もちろん、電池入れればレーザー付くし! (国内規定クリアの出力品です)



別途、電池の組み込み方も画像を添えて、ともさんがメールで教えてくれたので、それを見ながら組み立てちゃった!



てか、、、組み立てたら銃に付かないやん!  分解した状態で、トリガーガードをハサんで組み立てるヤツでした、、、これ!!(笑)



取り付けたデトは、タケさん特製のパイソン皮貼りグリップ装備の、この悪そうなデトです!!



見て、見て、、、赤く光ってる!!!!



光らなければ、鉛でも入れてウエイト代わりにしようかと思ったけど、どうやら、その必要性も無さそうです!!



さっそく、真似っ子大好きな、てるぱさんが、ともさんに依頼して、同じの注文してやした!  (てか、ともさんはSHOPじゃないぞww)



このレーザーサイト、デト以外にもガバ系にも付くみたいだから、ヤフオクで売れば、儲かるかと思います。
だって、原価二千数百円ですから!!! (つか、5800円で売ってると言う最新情報あり)



デトニクスは、アクセサリー用品が少ないので、こうゆうの手に入ると超嬉しいっす!!!



凄い革貼りのデトニクスでしたが、フロント側にも個性的なレーザーが付いたので、グリップ製作者のタケさんも草葉の陰で、
大喜びしてくれていると思います!   (てか、、、草葉の陰って、、、ニホンゴ、、ツカイカタ、、マチガッテル? ワタシ、、ガイジンデスww)



海外から直接購入できる人は凄いな!  
私にそんな能力があったら、どんどん仕入れて、ヤフオクで儲けます!   ともさん、あんがとね♪
(えっ、、、ブログ夏休みだったのに、、、また、、更新???  ニホンゴ、、ヨク、、ワカラナイ、、アルヨ、、、ニゲッ!!)  

Posted by 塔四郎 at 15:20Comments(14)マルイ系

2012年07月02日

3時間カスタム完成!

前回からの続きです!

出来ました! トータル所要時間2時間半!! ノーマルを分解して、この状態で生まれ変わるまで、塗装乾燥時間全て含んでの時間です♪
てか、スライド側面の平面出し! 今までの私の中では最高の出来映え?? (ウルトラ自己満足!!)



イメージは、銀色ぽい、綺麗なビンテージ風カスタム♪  昔、エコブラで塗った喧嘩エンフィールドの感じで仕上げた!



この工房Sさん作成の木グリに合わせようと考えて塗りやした~☆
むしし、、世界でひとつのワンオフなグリップ♪



アウターバレルはヘアライン加工にして、元々付いてたキズを除去して、ポートまわりの窪みは研磨時、適当に修正♪



金属小物パーツはスチールウールで研磨! 一部磨き過ぎた部分だけ、簡単ブルーイング♪



このマガジンキャッチは、マルイ特有のヒケがあり、それを消すと全面が銀色になるので、テッシュにブルー液つけて黒染めしてから、
再び、スチールウールで色落して仕上げやした♪



写真映りが悪いけど、実物はメタリックシルバー系の半光沢仕上げにしています!



スライドストップも研磨して色落とし&一部ブルー液♪



ヒケの一杯あったスライド部分! 完璧???(笑)



置き場を代えた撮影! こっちの方が、実物に近い色なので。。



いい感じに古びてるでしょ?



若干、光沢あるの分かります? パフ掛けすれば光沢仕上げにもなるけど、、これは半光沢くらいが似合うかなと??



ほい! デッカイ画像!!



平面出しはスライド側面しかやってないけど、、まっ、問題ないよね?



組合マークはそのまんま!  だって、埋めても、前側の3行刻印はマルイって書いてあるし、、だったら、埋めても意味ないやんwww



あっと言う間に完成すると、それはそれで、する事がなくなり退屈すっけど、、やっぱ、集中して一気に完成して、目指した感じに近いと
達成感って言うのかな、、満足感が高まります! てか、余分な事を考える時間がないので、その辺も気が楽だし私向き???
長期戦のカスタムだと、あーだ、こーだと、、迷いが出たり??  私は、やっぱ、短距離ランナーがいい! マラソンは嫌いです♪
以上、完成! めでたし、めでたし♪  

Posted by 塔四郎 at 15:36Comments(4)マルイ系