アクセスカウンタ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2018年07月09日

TOP・MP40弐号の出品

本日お昼に掲載しました新品バッテリー等が付いて可動するTOP製MP40壱号に続いて、今回のブログはバッテリーの代わりに鉛板が入り、
BB弾の代わりにマガジン内部に鉛板の入った無可動ジャンク品です。 共に明日の夜にヤフオクに出品します。

出品ページはこちらです。



元々は中古で購入した品で、前オーナー様が言われる事では、どこかのハンダが取れているので動かないとの事でした。
実際に、今回の出品に際して新品バッテリーを繋ぎましたが無反応でしたので無可動ジャンクとして出品します。



TOPのMP40は、古い電動ですが、見た目はスチールパーツを多用しており、また、金属部分は塗装仕上げではなく染めによるもの、、
だから、観賞用としてなら、ピカイチの製品ではないかと思います。



その無可動な製品の内部に鉛を入れて、更に重くして、見て良し、持って良しの1丁がこのジャンク品です。
もちろん、故障個所を直して楽しむのも良し? 部品取りで確保しておくのも良し? そんなお品になります。



バッテリーを入れても動きませんでしたので、バッテリーの収納スペースには他のMP40から外した鉛板の束が入っています。



マガジンの見た目は普通ですが、、、



内部には鉛板が入っているので装弾できませんが、鉛を入れていないスペアマガジンもスペアでお付けします。
(ただ、空撃ち専門でBB弾を使った事が無いので、そのマガジンに弾が入るかは不明です)



ウィキによる実銃重量は4025gなので約600g位、実銃より重くなりますが、実銃に32発の弾を入れた場合には、
このTOPの重さに近いかなと想像します。 見た目と重さがリアルな無可動電動ガンです!(笑)



この丸い突起を下に引けば、



簡単にバレル部分とレシーバー部分を分割できます。



スチール製のアッパーは非常にリアルです。



茶色のハンドカバーの一部にはストックの肩当て部分が干渉して下地の黒が露出しています。



同時出品予定の可動するMP40に対して、この無可動の方が見た目は綺麗で、バレル先端にも赤サビも発生してません。



亜鉛部分の黒染めの色落ちも少なめです。



重たいまま、観賞用としてコレクションされるか、ハンダが取れたとか言う部分(私にはどの部分か分かりません)を直して、



別途、バッテリー等を用意して動くようにされるか、又は、同時出品のMP40の部品取りで確保しておくか? 落札者様次第です。



ストックの棒部分に一部銀色下地が出ていますね、、、



スチールへの染めは大変に綺麗です。



スチール部分が濃紺で、亜鉛部分が黒い艶消し? 



そんな風に見分けがつきます。



コッキングハンドルを後方に引けば、



こんな感じにポートは開くけど、見た目は、、、、、笑



レシーバーの下側



無可動実銃は高いけど無可動電動ガンはいくらで落札されるのでしょうか?(笑)



鉛入りのマガジンと動作未確認の私は改造していないマガジンもお付けします。
(つか、、紙に隠れてスペアマガジン写ってないやんw)



MP40が好きな人ならインテリアにお勧めの1丁です。  

Posted by 塔四郎 at 21:55Comments(0)TOP製放出品リスト

2018年07月09日

TOP・MP40壱号の出品

今回の出品は、TOP製電動ガンのMP40です。 
我が家ではTOPのMP40は2丁持っており、過去記事に掲載の壱号と名付けた方をまずは出品致します。

上の画像は過去記事に掲載したものです。 元々はジャンク品で2台まとめて購入した時の記事がこちらです。
前オーナー様によると、ひとつは可動するけど、もうひとつはハンドトリガーのがたつきと一カ所配線のはんだが取れているとの事でしたが、
完全に置き物にする予定でしたし、ブローバックもしない電動ガンには興味はなく、見た目重視で修復して、その後、置きっ放しに、、、笑!



ここからは現在の画像でご説明いたします。



今回、まずは壱号を出品する事にしたのは、マルイのバッテリーと充電器を新品で購入して取り付けたら動いたのが壱号で、
弐号はウンともスンとも動かなかった、、、前オーナーさんが言うように、どこかの配線のハンダが取れているのでしょうね。



元々は、まったく動かす気が無かったので、バッテリーを入れてのチェックもしませんでしたし、この壱号は、こちらの記事をご覧ください。
動くのにバッテリーの代わりに鉛板が入れられ、マガジンの中にも鉛が詰め込まれ、そこら中に鉛を入れて4.9kgと実銃の重さにした品です。



それを、バッテリー部分の鉛を取り出して、今回購入したバッテリーを繋ぎ、弾の入らないマガジンは弐号のノーマルマガジンと入れ替えた。
弾を入れての実射テストはしていませんが、トリガーを引けばバババッと撃てるし、マズルからも空気が出ています。



私が購入した時と同様に2丁まとめて出品しようとも思いましたが、正直、2丁は要らないでしょ?
だから、まず、動く方を出品して、もう1丁は、バッテリーの代わりに鉛を入れて、マガジンも弾が装填出来ない鉛入りの状態で出品する予定。
古いMP40ですから、部品取りも欲しい人なら両方入札されればいいかなと?



で、前説が長くなりましたが、今回出品する壱号は、実射テストはしていませんが空撃ちでは動きますし、マズルから空気も出ます。



新品のバッテリーと充電器はマルイ製で、本体とバッテリーを繋ぐカプラーの大きさが違ったのでメーカー不明の変換コードも同梱致します。



元々、完全に置き物として購入した品ですが、その理由は、見た目が素晴らしかったからです。



アッパーカバーとかはスチール製で、それら金属パーツを塗装ではなく、ちゃんと染めてメーカーが販売した品で、



本来は5万円以上で売られていた高級電動ガン! 



見た目は、所有するマルシンやAGMのMP40とは別次元のクオリティかと?



ただ、私は、電動自体には、まったく興味がないので、あまり覚えていませんが、マルイの電動よりは性能も耐久性もない?
壊れやすい? 購入時にNETで製品の事を調べてたら、そんな風に多数書かれていたような気がします。



当時の私はインテリア用で購入したので、その辺は気にしませんが、もし、今回撃って遊ぶような方は、ご自身で検索して下さい。



各部の画像を掲載していきます。 2丁あるTOP製のMP40ですが、この壱号は外装を研磨したりして使い込んだ感じに当時仕上げました。
バレル先端などには赤サビも出ており私はお気に入りですが、綺麗な外装がいい人は後日出品する無可動の弐号の方が綺麗です。



モデルガンでは不可能なスチール製パーツも多用された製品で、スチールパーツの染めは問題ないですが、
亜鉛パーツの方は経年で色落ちしています。 気になる人はご自身で染め直してください。



私が購入した時の亜鉛部分の色落ちはもっと酷く、その時の記事はこの辺を参照願います。 



出荷に際して全体をシリコンスプレーを吹いて簡単に清掃しましたので、染める時は一度脱脂してから研磨すれば



亜鉛用ブルー液やアルミブラックあたりで染まったと思います。



私はやりませんでしたが、この辺の刻印も消せば、もっとリアルに?



亜鉛以外のスチール部分は濃い青って感じで非常に良い感じです。



古いTOPの電動ガンでブローバックはしません。



一応、空撃ちは出来ますし、新品のバッテリーとかも付けていますが、間違いなく観賞用のトイガンかと思います。
(元々の性能も今の時代では?ですし、耐久性も不安ですし、、)



今回、バッテリーを内蔵して可動するMP40にしていますが、元々は鉛を一杯詰めた品ですので、ハンドガード内や
グリップ内には多数の鉛が入っているので、、、



いい感じの重さです♪



画像に写るのが全ての商品です。トリセツ以外に黄色の補足説明書も付きます。 



バッテリーや充電器に入っていた各説明書も同梱します。



マルシン製のMP40も、ガスガンと樹脂製モデルガンは所有していますし、現在出品中のAGMのMP40も所有していましたが、
鑑賞用としては一番リアルなトイガンはTOP製かなと? 私は思いました。  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)TOP製放出品リスト

2013年01月06日

TOP壱号のウエイトUP

TOPの電動MP40、、、あるショップのホームページで3.4キロと書いてあったけど、持った感じは、AGMの3キロと大差がない。

TOPの取り扱い説明書を見ると重さは3キロって書いてある、、、どれが、本当の重さか気になったので簡単に分解して2キロまで測れる体重計へ♪



まず、この部分の重さが1546グラムでしょ?



それ以外のパーツが1656グラムだから、3202グラムですね、、、実測でのTOP・MP40の重さは♪



実銃は、マガジンを付けた状態で4.7キロとウィキペディア に書いてあったので、、ついでに、このTOP壱号をリアル重量にしようと鉛作り!



108グラムの鉛はハンドガードの裏に接着して、、、



このメカボックス側面には、、、



114グラムの鉛を用意して、、



貼り付ける!!



そして、この1キロを超える鉛は、、、、、



テープの重さが1グラム加算されて、、



何も入っていなかったバッテリースペースに入れてみる!



アッパーカバーも無事に取り付け出来る大きさで作っています。



ただ、メガボックスの両サイドに貼った鉛には、ハンドガード取り付けの穴が無かった!!



位置を調べて穴を開けるのが面倒なので切断!!



切り取られた鉛が、マイナス12グラム!



そのマイナス分を、新たな鉛を51グラム用意して差し引き39グラムの増量!!



それを、グリップフレームに入れる。



更に、予備マガジンを分解して、



その中に、上の鉛の固まりを入れると、、、、
1546 + 1656 + 108 + 114 + 1043 + 39 + 394 = 4900グラム



実銃のMP40に何発かカートが装弾されたリアルウエイトになった!!
4.9キロです!
無可動実銃並みにリアルになって来ましたよん!  てか、、、重いので、、触りたくないオモチャになって来ました、、、(汗)  

Posted by 塔四郎 at 15:21Comments(6)TOP製

2013年01月05日

TOPの壱号・弐号は終了!

前回からの続きです。

TOPの壱号と弐号の外装手直しも無事に終わり、それぞれ、明確に個性の違いを表現出来たと思います!
我が家では、同じような印象を受ける銃の所持は禁止ですからね! 



古びた壱号に、綺麗な弐号!!
えっ、、、どっちが、どっちか見分けが付かないって??  どっちも同じに見えるって??  マジですかぁぁぁ!!!!



こんなに違うじゃないですか、、、、、汗!!



ほらほら、、、ストックのパイプの色が違うでしょ!!!!



ほら、ほら、、ほら!!  トリガーやグリップ周りの金属パーツの色が全然違うでしょ、、、、汗×汗!!



ねっ、、、ねっ、、、金属パーツの色が断然違うやん!!!!



まぁ、、、違いの分かる人だけをお友達にします、、、、、泣!www



バレルの先端が赤く錆びているのが壱号です!!



つか、、、本気でカスタムするなら、この文字を削って落とすべきなんだろうけど、、、希少なTOPの紋章消すの勿体無い?



見た目はTOPで、電動ガンとして使うなら、AGMの方がいいのかな? まっ、、TOPも内部機関部をマルイにすればOKだけど♪
最新のM4みたいに、カート式電動ブローバック化してくれたら、、間違いなく無敵! No1のMP40になる、、、かな? 



AKは電動からエア、ガスブロまで多数トイガン化されているけど、、、MP40の商品バリエーションは少ないね。
やっぱ、敗戦国の銃だし、今でも現役で活躍しているAK軍団には敵わないか、、、、泣!



あっ、、見て、、見て!  向って右がビンテージ仕上げの壱号なんだけど、、ちゃんと、グリップスクリューを外して研磨したのよ、、
グリップ自体も研磨して、少し艶を落としているのが、、分かるよね、、分かるよね???www



ただ、、いくら外見を削ったり磨いたり染めたりしても、所詮、素材が電動ガンですので、コッキングレバーがスライドするレールの
後ろ半分が閉鎖されているんだよね、、、実銃は後ろまでレールが延びてるし、、それが大きな特徴だったと思えるんだけど、、、



その不満点が解決できないので、マルシンのモデルガンやガスブロまで買う結果になった訳です。
ただ、、ABSモデルガンは軽いし、ガスブロはマガジンに大きなBB弾入れるスリットが付いてるし、、どれも完璧なMP40では無い。。



WEでもGHKでもいいから、リアルなガスブロで出してくれたら絶対に買いたいけど、、第二次大戦物の長物って、
電動では、ステンマークにしろ、トンプソンにしろ出てるけど、、ガスブロは無いんだよね、、、古いのは人気無いのかな?



てか、、、手前の色の濃いのが弐号で、後ろの色が少し銀色ぽいのが壱号なの!!  
壱号と弐号とでは、、マガジンキャッチの色の剥げ具合も大きく異なる!!  そう、、、大きく違うのです!  ねっ!  ねっ!!



MP40は、、M4と違って、アクセサリーパーツによる個性の変更が出来ないので、、5丁の違いを明確に出すのは至難の技です。



とにかく、箱出しの状態では、TOPの外装がNo1です!  亜鉛の染め仕上げは耐久性がなかったようだけど、
スチール部分の染めは古いワリには綺麗だったし、、、ただ、内部の電動システムは今の時代では使えない品物らしいっすね?
私は、撃たないので興味がないですけど、、、、、さぁーて、、次はABSモデルガンをイジるかな??  

Posted by 塔四郎 at 17:10Comments(0)TOP製

2013年01月05日

TOP・MP40弐号の手直し

前回からの続きです。

向って左がTOP壱号で、右がこれからイジるTOP弐号です。



壱号の時は、分解しないで亜鉛パーツを染めたけど、、弐号は、ちょっとだけ分解してみた、、、、笑!



スリングスイベルだっけ? まるで、亜鉛塗料のローバルで塗ったような色になってるけど、、



まっ、、真面目に、粗いスポンジやすりと細かいスポンジやすりで磨いて光らせた♪
ハンドガンなんかの金属パーツで青く染めたい場合は、この後に更に研磨剤で鏡面にしてから染めたりするけど、、
長物でMP40なら、こんなもんでいいでしょ、、、たぶん♪



で、、染め終わる! ブルー液は、12月に購入した、パーマブルーとスーパーブルーとアルミブラックで適当に塗る。。



画像だと、スチールパーツの色と違うけど、、実物は大差無いので気にしない♪



このバレルとレシーバーをワンタッチで分解できる丸いノブは、見事なまでの亜鉛地肌色! 分解方法分からないので、、、



そのまま、磨いて、綿棒で染めて、磨いて黒染め終了!



同じく、トリガー!!  こんなの分解したら、元に戻せないので、このまま研磨して、、、、



綿棒で染めて完了♪



白っぽく変色してたマガジンキャッチの裏側パーツも、、



そのまま染める。。。



ストックの軸の丸いパーツも染めて、、、、



はい、完成!



まっ、、、新品みたいな感じにはならなかったけど、、綺麗なMP40弐号は、、大体、、こんなもんだろ♪



あのね、、、あのね、、、今の季節、、、とっても冷たいのよ、、、この子達!  初めて、我が家に届いた時に箱から出したら
氷みたいに冷たかったんだから!!  冷たくて、、重い!!  やっぱ、、銃の大切な要素だねぇぇ!!



ずっと、ずっと、、ここ20年位は、毎年、欲しい長物リストにいたMP40!!  モデルガンじゃないけど、、やっと手に入った♪



画像手前が綺麗な弐号で、奥が古びた壱号です!
なにっ、、どっちも同じに見えるって??   な、、、何を言うかなぁ、、、汗!!  

Posted by 塔四郎 at 13:34Comments(0)TOP製

2013年01月04日

TOPの壱号と弐号

前回からの続きです。

染め直し&磨き直しの終えたMP40壱号(手前)と、まだ手付かずの弐号(奥側)です。
整形前と整形後って感じで並べてみました。



NETだと、AGMのスリングスイベルの向きが逆だとか書いてあったけど、TOPにしろ、AGMにしろ、スリングスイベルの向きは
どちらでも付け替えが可能です。 我が家では、見分ける為に壱号と弐号の向きは、それぞれ逆になるように変えています。
上側の弐号のスリングスイベルは、色落ちした亜鉛地肌の色のまんまになっていますが、後日、壱号同等に染め直します♪



こうして2丁並べれば、手前の壱号の各部が研磨されて古めかしい感じになっているのが分かりますよね?  よね? よね!www



ストックの丸パイプの色も、全然違います♪



トリガーやストック後部の亜鉛パーツを染め直した壱号と、まだ手付かずな弐号!!



機関部が機能する壱号だけを残して、弐号はAGMと組み合わせれば、セレクターの穴加工もしなくて済むと思ったけど、
動かなくても外装に欠品パーツの無い弐号を潰すワケにはいかないやん、、、勿体無くて、、、てか、、壱号より綺麗だし、、笑!



どの道、電動ガンでブローバックもしないMP40は置き物になるのは確定しているワケで、無可動のデニックスと同様の扱いです。



つか、、、ずっと長い事、私らの年代は、シュマイザーと呼んでたんだよね、、、それと、、モーゼルなんかもそうですけど、
ドイツの鉄砲の名前って、結構いい加減に伝わって来ているんですね、、、アメリカ人のせいかな?  彼等、、いい加減だし、、、笑!



この後の欲しいものリストとしては、MP41とMP44だな、、、MP41にはシュマイザーさんは関わっていたみたいですね?



てか、、、当分は、今回、手に入れたMP40軍団の手直しでヒマつぶします!



まずは、弐号の亜鉛パーツを染め直して、綺麗なMP40にする事!



あと、ABSの軽いMP40も何とかしないといけないし、、ガスブロMP40は外装を塗り直したいかな??
その点、、TOPのMP40は、3,4キロあるし、見た目もリアルだから、、色落ちした部分だけ補修すれば簡単に完成しそう♪  

Posted by 塔四郎 at 22:16Comments(0)TOP製

2013年01月04日

TOP・MP40手直し

前回からの続きです。
てか、、MP40に興味が無い人には、この後も延々と続くので辛いでしょうね、、、他のブログで生き抜きしてて下さいwww

2丁入手したTOPのMP40! どちらも亜鉛パーツが変色していますので、それらを染め直しつつ、それぞれの見た目を変更しようと、、、
そのうち、今回取り上げるMP40の方が全体の色落ちが酷いので、これをビンテージ風にして、もう1丁を綺麗なMP40にしようかと♪



面倒くさいので、分解もしないで、亜鉛パーツ類をスポンジやすりや真鍮ブラシで磨いて、適当なブルー液を布や綿棒で塗り、
ルーターに柔らかい毛ブラシみたいなのを付けて磨いて完成!!



グレーだったスリングスイベルだっけ? ヒモを掛ける金具、、、なるべくスチールの黒染めに近い色合いで染めたつもり。。。



元々、染めが生き残ってる部分や、、このグリップ周りは黒塗装かな? そうゆうトコも、スポンジやすりで研磨して使用感を増やす。



で、、、完成!




亜鉛と鉄素材の色合わせも、、まったく同じには出来ないけど、、こんなもんでいいでしょう??



2丁あるTOPのMP40の中から、バッテリー繋げば可動するこの子をビンテージ仕様に選んだ理由は、この素敵な銃口の錆びのせい♪
いいよね、、、いいよね、、、真っ赤に錆びた金属銃口!!  これは、、加工して作るのは大変な、、天然物です、、、笑!



バレルの下の細長いパーツは、実銃だと最初は樹脂製でスタートして、それがアルミやスチールに変化した説もありやした。
ちなみに、TOPもAGMも共に金属製です。



こちら側のストックの丸パイプを研磨したら、下地が錆びているからかな? 茶色くなって来た♪



単純にやすって磨くだけのビンテージ作業、、、これが一番大好き! 特に金属製の場合は、削り過ぎても、染め直せばいいだけだし、
塗装だと、そうはいかないもんね~☆



ハンドガードの茶色い樹脂パーツ! NETで画像だけで見た時は変な色だと思ったけど、実物は結構いい感じ!
実銃のMP40が初めて樹脂パーツを採用した銃らしいですね! それまでの長物は木と鉄のコラボがメインだった。。



鉄製のモデルガンは現在製造は出来ないけど、電動ガンなら国内メーカーも作っていたのね、、TOPって凄いね。
(てか、、元々は5万位した高価な鉄砲なので、当時は、エラン同様、まったく興味がなかった!!)



スチール製ではGHKのAKM持ってるけど、、GHKさん、MP40のガスブロ出して下さいな、、、AKM並みのお値段なら買います!



AGMを落札した後に、外装のリアルさでは、TOPがNo1だとNET情報を得て手に入れたけど、、確かに見た目はトップです!
(TOPとトップを掛けてみた親父ギャグでしたが、、、誰も笑わないぞ、、、汗!www)



再び、全体像での完成図で、、TOPの壱号は終了です、、、次は弐号をイジります♪
(いつの間にか、壱号、弐号って命名してるし、、、笑)  

Posted by 塔四郎 at 18:35Comments(4)TOP製

2013年01月04日

TOPのMP40

AGMのMP40を落札後、いろいろと調べてみると、TOPのMP40もスチール製だと知った! そして黒染めの外装は非常にリアルらしい!
てっきり樹脂製だと思ってた私の知識が、、根底から間違っていた事に気付く!!!!

AGMの各プラスネジを付け替えるにしろ、、参考となるMP40が手元にないし、、NET画像だと分かり難いし、、
そうしたら、、ヤフオクでジャンク2丁&スペアマガジン2個付きで2万円と言う出品物を見つけた。 掲載画像は小さく、なぜジャンクなのか
説明も無いし、、謎の出品物でした。



終了前日になっても、誰も入札しないし、、ジャンク理由の質問すら無い。。  小さな画像自体は、綺麗なMP40に見えるし、、
意を決して、ジャンク理由を質問すると、「ハンドトリガーのがたつきと一カ所配線のはんだが取れてます。
もう一丁は一応問題無く作動します。」との事でした! AGMとのニコイチや部品取りにと考えていましたが、2丁で2万なら買いだと。。
翌終了間際に入札して応札無しで即GET!!



届いたMP40は、どちらも亜鉛パーツ部分がグレーに変色していました。



まっ、磨いて染め直せばいいだけです♪



スチールパーツは目立つサビもなく、綺麗な色で染められていやす! 
古い製品だとは思うけど、国内メーカーで、よくスチールで作ったね! 今では多数の海外製でスチールあるけど、、TOP偉い!ww



1丁だけ、コッキングレバーがガタガタしてるので、裏側を見ると、、、



穴が1個、余ってる??



外してみたら、、、



レバー側から飛び出ているピンが穴に入りストッパーの役目を果たすみたいだけど、そのピンが短く磨耗してるだけ?
まっ、、なんとか修復できるべ? いざとなれば、瞬着でjもいいし、、、、続く!  

Posted by 塔四郎 at 16:33Comments(0)TOP製