アクセスカウンタ
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2013年12月04日

追加・錆び塗装

以前に仕上げたサウンドガン!

もう少し味付けが欲しくなって来たので、、



粉末にした鉄粉を錆びさせた自家製「サビ粉」と、、、



適当な茶色系の塗料を混ぜて、、、



スポンジの付いた割り箸に、その塗料を付けて、サウンドガンを叩く♪



がははっ、、、鉄粉塗料の上に黄土色が加わったのが分かりますか?



うん、、前よりは少し進化したな!



同様に、このマルシンのガスオペUZIにも追加したろっと!



追加前のマガジンです。



今度は赤味の強い塗料とサビ粉を混ぜて、スポンジで叩く!



見えます??



つか、、、ここなら、誰でも分かるかな?  結構、、いい色になってます。



お金を使わないお遊びで楽しんでいます。




上が補修前で下が補修後、、、、目を皿のようにして見ると、若干、赤味が増えているのが、、わかります、、つか、、、わかれ!  



マイナスネジが叩いて赤くしたとこで、金具自体の赤味は本物のサビです、、、似てるっしょ?



いいんです、、、地味な暇つぶしですから、、、、笑!



このUZIは、重たいし、外装は樹脂製に見えない仕上がりなのでお気に入りです♪



ガスオペレーションシステムだけど、、この時期、調子悪いので、、完全に置物、、、、泣!  

Posted by 塔四郎 at 11:00Comments(0)マルシン・ガスオペ

2013年09月11日

ガスオペUZI完成

前回からの続きです。

真っ黒なABSウージーが、、、



変身しました!



亜鉛製のバレル周りに錆びた鉄粉塗ったので鉄っぽい???



金属製折り畳みストックは研磨しただけだけど、、本体側の塗装と色の違和感はありません♪



TOPカバーは染めずに塗装処理にして研磨。



要所要所に錆びた鉄粉がいます、、、、笑!



グリップスクリューのナットの赤錆は天然物です♪



ここ最近は、長物のビンテージ風の塗装をいくつか仕上げていますが、塗れば塗るほど、満足度の高い質感に仕上がっています。



ハンドガンだと、これまでに、何度も同じような外装仕上げを行って来ましたが、自分の中で、マンネリ感を感じ始めてたけど、、
長物は、まだ進化途中って感じで、飽きないです♪



塗ってる本人が以前に塗ったものと大差無いなと思えた時が、マンネリなんだろうな、、、そこが、その時点での技術の到達点?



下塗りも上塗りも全部缶スプレーで、削る面積はデカいので、仕上げるのが面倒くさいけど、、その分、満足いく仕上がりになると嬉しい♪



上塗りの黒系塗料は3種類使ったので、それぞれが微妙に違った色合いになので、表情が複雑になったと感じる。。



最近のマイブームであるザラザラ塗装仕上げは、最後に、ほんの少し施しています。



樹脂製の黒グリップは、元々、キズだらけでしたが、更にスポンジヤスリでキズ付けた!



トリガーの後ろの方に、ワンポイントで錆びた鉄粉を大量に塗ってます♪



金属っぽいけど樹脂製のトリガーガードです。



これで冷たければ完璧なんだけど、、、叶わぬ夢、、、、泣!



マルシンのガスオペUZIは実測では2.4キロ位だけど、手にした重さは、コンパクトなのでそれ以上に感じるし、お気に入り♪



リアサイト側面の下部には、錆び鉄粉! 



ボルトは純正の亜鉛を少し研磨しただけ。。



ガスオペ自体は5発くらいフルオートで撃つと、ブシュっとガス漏れするけど、、リキッドチャージだと、こんなもんなのか??



まぁ、、この外見で、カートが飛び散るのは、モデルガンみたいで楽しいです♪



真っ黒ABSの時には似合わなかったスイベル金具の赤味や、フォアグリップのネジ類の赤錆が違和感ない状態になった。



以上、ガスブロUZIの完成披露でした! ご清聴ありがとーやした♪
  

Posted by 塔四郎 at 22:00Comments(8)マルシン・ガスオペ

2013年09月11日

ガスオペUZI下準備

前回からの続きです。

金属パーツは適当に表面の黒色を削り落として、、、



ヒケだらけのABSパーツは大雑把に平面化して、、、



TOPカバーは、こんな感じで、、、



ABSパーツはステンレスタフの塗料が在庫切れなので、同じくキャロムのチタニウムシルバーで塗る!
ステンレスタフよりは硬度が弱いので厚めに塗る。。



今回は、天然の赤錆を活かした仕上げにするので、部分的に茶色の塗料も吹き付けて、、、



ブラックスチールとダークパーカーを適当に塗り、、



削れば、こんな感じ♪



下地の茶色が錆びっぽく見えますか??



更に、錆びた鉄粉パウダーを、、



部分的に塗り付ける。。



同時進行で、アッパーレシーバーはマスキングをして、、



チタニウムシルバーを塗る。



で、同様にブラックスチール、ダークパーカー、、部分的にブラッセンなども塗る。



塗っては削るを繰り返して、バトルダメージ風に、、、次は、完成披露です♪  

Posted by 塔四郎 at 16:00Comments(0)マルシン・ガスオペ

2013年09月11日

ガスオペUZIバラす

前回からの続きです。

オフ会の後日、キズだらけのABS地肌のガスオペUZIのお色直しを行いました。



このキズや赤錆を活かしながら、歴戦の勇士って感じに塗って削ります♪



各部をバラして行きながら、、、



向って左がバラし中のUZIですが、フロントサイトが折れていたので、右側の部品取りUZIから、、、



フロントサイトを抜き取る! これって金属製だったのね♪



試行錯誤してネジ式だと言うのが分かり、無事に、パーツ取りできました。



一応、塗装の為の分解は終了! 複雑なロアレシーバー内部はマスキング処理にするのでバラさずに、このまんま♪  

Posted by 塔四郎 at 10:00Comments(6)マルシン・ガスオペ

2013年08月05日

ガスオペUZI組み上がる

前回からの続きです!

画像下が部品取り用に入手したのにブローバックしたUZIですが、外装面ではマーカー部分の突起がありません!



アッパーレシーバーと一体整形されていた物が切り落とされてる感じです、、、、汗!
そうなると部品取り用からアッパーレシーバーを取り外して移植?  そんな難しい事は出来ないので、、要らないや、、この部分、笑!



スイベル関係は部品取りから簡単に移植は出来そう!!



ストック類も移植して完成です!
発射側にもガスを入れましたが、バレルより空気が噴き出しているので、BB弾を入れれば多分飛ぶ!!



それにしてもキズだらけです!  私の推測ですが、元の持ち主はゲーム仕様にしてたのではないかと思います!
余分なパーツは切り落とし、ストックまで外して??  カート式でゲーム?  でも、、そう思える程、、キズだらけ!!



ややこしいですが、画像向って左が、再生中のボロボロUZIで、ロアレシーバーがガスが入らなかった初代の物が付いています。
右側のUZIがロアレシーバー以外は、初代のガス漏れUZIから移植したパーツが付いています。



再生中のUZIはロアレシーバーを丸ごと綺麗なパーツに移し替えてしまったので、汚いアッパー側とバランスが悪い!!



このトリガーガードの無い方はレシーバーとしては使えないので、グリップと錆びたグリップスクリューを外して、、、、
綺麗な可動する方のロアレシーバーに付ければバランス良くなるかと、、




移植完了!




マガジンだけはピカピカの綺麗なヤツですが、、、これは、、今回手に入れた傷だらけには付いていなかったので仕方が無いっす!



こんなにリアルなバトルダメージが付いている外装のUZIがニコイチで生まれました! 
最終的には、そのキズを活かした塗装をします♪



上側のグリップスクリュー周辺の無数の擦り傷なんて、最高にバトルの証やん!  人工では付けるの難しい、、、天然物!!
塗装は盆休みに行う予定です。



アッパーのバトル具合も最高だけど、、問題は、移植した金属ストックが綺麗過ぎる事、、、この辺もお盆休みにキズ付け作業します。



面白いもんだね、、可動すると思って落札した綺麗な外装のUZIが動かなくて、トリガー周辺が割れて、欠品パーツ多数の方が動いて、、
動かない方が6750円で、動いた方がオマケでエアコキUZIが付いて2800円! 総額で9550円かよぉ、、、タケッ!


そうそう、ガスブロの感想は、面白いですよ!
カートがいろんな方向に飛び散って、リコイルはTOPのM4電動よりはあると思う!

たまには面白いですよ、、、カートを1個ずつ詰めて、、バババババッて撒き散らかすのも、、、本体の重さもいい感じだし♪
最終的な仕上げは盆休みに行うけど、塗装イメージは赤錆もあるボロボロな感じにしたろうかと、、、塗るの楽しみ!!  

Posted by 塔四郎 at 18:00Comments(6)マルシン・ガスオペ

2013年08月05日

UZI予想外の展開

ガスオペUZIの続きです!

届いたジャンク品の、まず、このバルブが使えるのか? これが使えなければ買った意味が無い!



ガスを入れてみたら、かすかにガス漏れの音がするけど、、ちゃんとガスが入っている!  
後部側の発射バルブにもガスを入れたけど、そっちはガス漏れの音さえしない!  やった! 使える!!



早速、ガスが入らないUZIにバルブの移植を行う事にしました!



画像下のバルブが不動UZIに入れていたバルブで、、なんか、バルブ先端のデザインが違いますね??




ほんで付け替えましたが、
ガスは入りません!

そのまま、タンクを素通りして内部にガスをバラまいている以前のまんまで改善出来ず!



このガスオペUZIは、コッキングしないとガスが入らないのが仕様で、、
コッキングを忘れると、ダダ漏れ状態になるんですが、、それと同じような感じです!



そうなると、ガスがちゃんと入った汚い方を復活させた方が早いかなと、、現時点ではロアレシーバーが外れかかっているので、
ガスが入っても、トリガーが噛みあっていないのか、うまく作動しません。 もうひとつのUZIと見比べたら、、、、



トリガーガードが無いじゃん!!   笑!
今頃、気付く? 汗!!



トリガーガードが無いので、ロアレシーバーの後ろのピンを抜いただけで、簡単に外れました!!
本来はマーカー部分の突起にトリガー周辺のパーツを引っ掛けて、それから後ろのピンで留めるだけみたいです♪



ついでに不動UZIのロアレシーバーも外して、、本体比較!
チャンバーなの?  本体内部の部品が黒と銀色の違いがありますね?  さっきのバルブもそうだけど、いくつか内部変更してる??



で、、ボロボロの方に、不動UZIのロアレシーバーを組み込んだ時に、うっかり、トリガーに指が引っ掛かったら、、
バババババッとカートが宙を舞った!!!

こりゃ、、このまんま、キズだらけのこいつを仕上げ直したら、問題解決やん!   最初に買った綺麗だけど動かないのが部品取り!
逆転現象!!!!  笑!  

Posted by 塔四郎 at 13:00Comments(4)マルシン・ガスオペ

2013年08月05日

2丁で2800円のUZI

先週は記事が一杯で公開できなかった7月28日の休日の続きです!

出品ページにはモデルガン2丁のジャンク品として出されていたウージーですが、、、
1丁は、どっから見てもマルシンのガスオペレーションUZIでした。



だって、この特徴的なハンドガード内のバルブ、、、、絶対にモデルガンにはありません、、、、笑!



で、届いて検証してみると、ロアレシーバーが取れかかっている。。



で、、なぜか違うUZIのマガジンが取り付けられている、、、、それも、マガジンリップの向きが逆のまま、、、、笑!



ガスオペUZI以外のもう1丁は、、、モデルガンだったらいいなと思ったけど、世の中、そんなに甘くない! マルイのエアコキでした!



ガスオペUZIに付いていたマガジンは、このマルイ用の物!



BB弾入れのスリットがマガジン側面にあるのはマルイの特徴、、、、笑!



このエアコキはストックが無いだけで、後は、コッキングも出来るし、トリガーも引けた!  いつか暇つぶしで遊べそう!!!



我が家のビンテージ塗装済み、マルイのエアコキUZIと並べて記念撮影!



手前がビンテージ!



つか、、こんなのは、マルイ製は、どうでもいいんです!
ガスオペUZIのパーツを移植して我が家の不動マルシンを直さなくては!!!  

Posted by 塔四郎 at 09:00Comments(0)マルシン・ガスオペ

2013年07月26日

こんなんも届いた!

前回からの続きです!  

なんか、いろんなのが届いた休みでした!  これはなんだろ?  あっ、、カート類ですね!!



マルシンUZI用と、なぜか、マルゼンのカート式エアガン、KG9のカート! (なんで・・・笑??)



それ以外に、、これも買ってしまったんだよなぁ、、、安かったので、、、、泣!



WAのミニUZI用の金属外装、、、だって、、7000円ちょっとだったので、、、、、二度と買える金額じゃないと思って、、、、
こうゆう考えだから、ずっと貧乏なんだろうな、、、、、汗!!!
あっ、、自粛宣言する前ですよ、入札したのは!  あれ? した後だったかな? 
お金が無くても出物があれば飛び付く!  泳げないのに溺れている人がいたら飛び込むのと一緒の感覚? (←溺れ死ぬやん、、、汗!)  

2013年07月25日

再び休みに届いたブツ!

赤猫さんから届いたKG9のコッキングピースを活用したKB9のリアル化計画は、長引くないようなので先送りして、
その他、休日に届いた品物をご案内!

ガス漏れで使えなかったマルシン・ガスオペ・UZIの付属品パーツが出品者様から届きました!



これが届いた数々!



欲しかった、発射側の注入バルブらしきもんは無い、、、、、、泣!



これはなんだろ???



穴にネジ込めないし、どう見てもリキッドチャージには要らないパーツだべ??



あじゃさんから伺っていた、発射側バルブを外して、ガスブロ側バルブに取り付けてみて? のアドバイスを試してみた!



見た目の大きさが違うので付かないだろうと思って、、ダメ元でのトライ!



つか、、見た目に騙された! どんピシャで移植成功!!!
バルブの外側の金具の大きさが違っただけで、バルブは同じサイズでした!!



で、閉め込んでガスを入れるも、内部から盛大にガス漏れの音!  せいじさんのアドバイスでコッキングレバー引いてやっても無理!
最後の希望は、、ヤフオクで部品取りをGETするしかないと、、、、、、今度の休みに届きます、、、、笑!
絶対に動かしてみせるぞぉ!!!  

Posted by 塔四郎 at 23:00Comments(0)◆雑記マルシン・ガスオペ

2013年07月20日

UZIが好きなワケ

UZIネタの続きです!

現時点では動かないガスオペレーションシステムのマルシンUZIと、以前に購入した600円のエアコキUZIとツーショット!!



ABS地肌の真っ黒なマルシンより600円ウージーの方が、色塗り替えてるので見た目はリアル!



ただ、600円ウージーは1キロ位しか重さが無いのでマルシンの半分以下の体重です、、、、笑!



マルシンのガスオペレーションのUZIについて、落札後に色々と調べましたが、リキッドチャージだと、まともに作動しないような??



マルシンのUZI、、、一番欲しいのはモデルガンのヤツなんだけど、、ヤフオクで結構高いし、、、ずっと昔にキットで売ってたのよ。
まだ、それこそ、普通の鉄砲のグリップ交換させ出来なかった遠い昔に、、、中野のブルードウェイで、、、、笑!



3階の大きな本屋かおもちゃ屋の向いに小さなモデルガン屋があって、よく、そこで買い物をしてた、、、もう20年以上前の事だな。。



ガキの頃は、シュマイザーに憧れて、、次がトンプソン、、、その次がウージーだった!  M16なんて近代的な鉄砲は眼中に無い時代!
UZIのキットモデルはアルミ製で、自分で組み立てて色を塗るヤツで、価格的には頑張れば買えたけど、技術的に断念してた。



UZIはMP5が出る前まではコンパクトマシンガンの頂点モデルだったような気がする! 人気は時代と共に変わるもんね!
聞いた話しだと、マルイが電動でトンプソンを出した時に予想以上に売れなかったそうな、、、光学機器が付かないような長物は終った?



で、、話しをマルシンのガスオペに戻すと、、アウターバレルが亜鉛製かな、、、結構重たそう!!



ちょこっとヤスッたらこんな風になった!  真面目に削って染めてから色を落としたいな!!



あと、お決まりのスイベルの赤錆!  マルシンのUZIって、モデルガンもガスガンも中古だと、ほとんど、こんな感じで錆びますね!



ちょっと研磨して染め直してみた!!
つか、、、動かないから、、つまらない、、、、泣!