アクセスカウンタ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年04月02日

木グリを待ってたら6ミリが出た(笑)

マテバの木グリを待てば、、、、もう、、数年、、、笑!

インチ木グリップ仕様の我が家の1キロマテバ8ミリ、、、、、


そのインチ木から黒ラバー仕様に塗り替えました!



だって、6ミリの木グリ付きのマテバを買ったから♪



自分としては、念願の木グリップのGET! そしたらおまけで6ミリ本体が付いて来た?って感じです。
欲しかったのは、あくまで木グリップ、、、笑! 



丸ごと購入する前に、マルシンさんに、木グリだけオプションとして再販しないのかと問い合わせてみたけど、予定は無いとの返事が、、、
予定に無くても、絶対に数個は倉庫にあるはずだと思うのですが出す気は無いのね、、、、泣!



それなら6ミリを丸ごと買うしかなく、古い8ミリはインチ木だと見劣りするので黒ラバー仕様にしました。



で、新旧を見比べると、8ミリには、こんな刻印があるけど、、



6ミリでは刻印は省略されて、四角く区切られた跡だけありんす。



8ミリのカートの重さ、、、



約4倍の重さになった6ミリのカート!



シリンダーの穴は、向かって左が6ミリで、カートの有無が誰の目でも分かりますが、
右側の8ミリはシリンダーにカートは入っているけど見えません。



つか、私の8ミリシリンダーの穴は黒染めしてた、、、汗!
本来は、こんな感じで、弾の有無関係無しで、真鍮パイプが見えます。



まっ、比較はそんなもんで、、届いた6ミリをウエイトアップします。
アウターバレルは先端のキャップを外せば簡単に抜けて、インナーバレルとアウターの隙間は大きいので、
鉛シールを一杯インナーに貼れます(笑)



問題はグリップ内部です。
8ミリのプラグリだと、グリップの奥の方にも鉛を入れる事ができたけど、木グリには、そんな余裕無さそうです。



よって、こんなとこに気持ち鉛を入れるだけ。



カートが重くても、グリップ内部にウエイトを入れる隙間が無い為に、以前の1キロマテバより、2グラム重いだけ、、
実質、重さは大差無しです(笑)



3年前に木グリ付きを再販したマルシンさん、、今回の6ミリでの再販はいいんだけど、、木グリ欲しさに丸ごと買える人少ないよ。
それ以前に、マルシンが築こうとした8ミリ路線に乗って購入した人の事を考えたら、せめて木グリくらい再販しなさいよ。
WAのゴルゴモデルもそうだけど、そうゆうの買ったお客さんを見捨てるような対応は、、やらない方がいいと、私は思うけどなぁ、、、、



(お知らせ)
当ブログは休みに書き終えた記事を日時を決めて自動公開するように設定していますので、
せっかく頂いたコメントへのお返事は、休日にまとめてお返しします。
ちなみに、今週月曜日から土曜日まで、毎日17時に、どうでもいい記事を公開するように設定してます)
  

Posted by 塔四郎 at 17:00Comments(2)2号