アクセスカウンタ
< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2018年05月20日

カスタムナーフ勢ぞろい!

前回からの続きです。

長物ナーフの2ショットです♪



半光沢の銀色ナーフと艶消しナーフです。



てか、銀色ナーフのフォアグリップ部分が茶色を塗ったままだったので、



黒系エナメルを追加しやした♪



こうやって2丁ならべると、少しは芸術性が増す?



3つ並べると、もっと芸術点が増えます?(笑)



ゴールドナーフは光沢仕上げです♪



スチームパンク勢ぞろいって感じです。



三者三様!



そこら中に点在してたナーフを集めました。
全部で6丁かぁ? よく塗ったな♪



どれもお気に入りです。



この小さいのもいい色してますし、



シンプルな造形のこの子もいい感じです。



1号ナーフも、複数のナーフの中にいると存在感が増します。



1個1個で見ると、「センスないなぁ、、おれ!」と思ったけど、集めると、「結構がんばったやん、おれ!」と思えて来たw



つか、、6丁だけだっけ?



長物置き場に陳列させていた音と光の出るナーフを忘れてた!



唯一、普通ぽい塗装で仕上げたスターウォーズのナーフです。



あと、君の存在も忘れてました!



ちゅう事で、塗装終わったナーフは全部で8丁ありました!
ほんで、まだ待機中のナーフ系が5丁? 6丁? まだまだあります、、、、、終わらんで、、ホンマにw  

2018年05月07日

ナーフ・バガボンド完成

前回からの続きです。

一応、ここまで塗り終わり、最後のデコレーション付けと微修正を行います。



専用のカートを入れるとこんな感じです。
黒と黄色のツートンのカートを入れる事を想定して本体を塗ったので違和感は無いかと思います、、、色的にはね、、、笑



ほんで、スマホ用の丸いカラフルなシールを適当に貼ります。



元々、ネジ穴みたいなモールド部分に丁度良い大きさで貼れました♪



あと、大量に購入した歯車は、このブロンズ色のを瞬間接着剤ゼリータイプで貼った!w



赤いのも追加で貼る。



この辺には黄色を♪



適当に3つ並べて貼るw



フロントサイト後部には黒いのを二つ貼りました♪



こんなんでいいかな?



いくつか宝石が貼られてるみたいになった♪



あとは、、、、



グリップ部分の黒い塗料が剥げ過ぎているし、茶色い部分も目立たないので、



塗り直して、、、



後ろ側のグリップも同様のツートンに変身させた。



完璧に塗り絵の世界♪



現時点では最高傑作のナーフ!w



ゴロリと横たわった姿も素敵です♪



逆さにすると、宇宙戦艦ヤマトに出て来る戦艦風にもなる?w



よし! 完成!!



だいぶ塗装にも慣れて来た! 完全にラジコン戦車と同じような重ね塗りでいいのね。



逆に、ドイツ軍戦車の色、、、例えば、ジャーマングレーで塗って、使い込んだ感じにして、ナチスマークを貼ったり?
そんなのも面白いかもね、、、やらないけどw  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(4)バガボンド

2018年05月06日

結構、凄くない?

バガボンドの続きです。

単純に、銀色に適当な色を加えただけだと迫力ないけど、これがバケるんですよねぇぇ!(笑)



前回未塗装だった反対側の面も着色して、水性クリアー、そして、皮膜が強固なラッカークリアーで、下地を侵さないようにコートして、
三日くらい放置した後に、エナメルやアクリル系塗料で汚します。



ベタベタと塗っては、綿棒やテッシュで吹いたり、スポンジで叩いたり、好みの色合いにして行きます。



この時点でバレルはどうしようか分からず、それ以外の部分を汚してます。



いくらでもやり直しが出来るので楽しくて楽しくてw



毎晩、5日間くらいは、汚しては微調整してやした♪



そして、ほぼ出来上がったのが、これ!



バレルと言うかシリンダーは、アクリルガッシュの銀を塗っては溶剤で拭き取って、こんな感じになった。



最終的には、この後、細かな所の色モレや、ハイライトの追加をして、最終的なクリアーコートをします。



コートしちゃうと、もう、溶剤で色をボカしたり出来なくなるので、毎晩、眺めながら微修正。



毎回思う事、、、、今まで塗った中で、最高の出来!(笑)



凄くないですか? この存在感?



技術的には戦車塗装の要領かな、、、戦車では使わない色がメインの、、、笑



こうして画像で見ると重量感あるけど、ナーフだから、とっても軽い!w
一番最初に買ったナーフは重くしたけど、合わないんだよね、重いナーフって、、持って違和感がするので、その後は全部軽いまま♪



あとは、この前買った、歯車とかスマホ用の立体シールをデコレーションすれば完璧?



収入が減って、鉄砲購入は自粛してたけど、ナーフは安いので、いくらでも買っちゃうけど、手持ちの塗料がどんどん無くなる。



特に、高価なトイガン用塗料をほとんど使い切ってしまった事が悔やまれる! 戦車やナーフは安い塗料で充分だべ、、汚すんだしw



迫力あるでしょ?



やっぱ、元々の造形美と言うのか、スタイルがいいんだよね? こんなデザインで金属製のガスブロあったら最高なんだけど、
ナーフの価格にゼロが1個は確実に付いちゃうんだよねぇぇ、、そうなるとw このナーフは送料込みで4880円だもん♪



塗る遊びとしてはラジコン戦車と同じくらい楽しめるし、ラジコン戦車より、ずっと安いし、、、今回の長物は高いけど、
普通の大きさなら、1000円台、2000円台でも買えるのあるしw



で、対象年齢が6歳以上なんだけど、6歳とかの子供には人気無いだろうなぁぁ、、、この色だと、、、、笑  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)バガボンド

2018年05月04日

その後のバガボンド

前回からの続きです。

ナーフの長物であるバガボンドを仕上げながら、同時進行でナーフ用の小物も届く!
スチームパンクだっけ? アンテークなSF銃の装飾に歯車が多用されているようなので、こんなんをアマゾンで買った♪



ただ、そうゆうセンスが無いので、試しにこのナーフに、



接着はしないで、いろいろ載せてみたけど、全然、かっこよくないので、



ケースに収納する事に、、、、



同様にスマホに貼る立体シールも、センスが無かったので、、先送り!
まっ、そのうち、歯車と合わせてデコレーシュンするさ♪



そんな事よりバガボンド!



銀色の上に色々と違う色を筆塗りで追加中!



ブロンズ色とでも言うのか? 銅っぽい色と、黄色っぽく見えるゴールドは、共にアクリルガッシュで塗ってます。
緑は、タミヤのクリアーグリーンだっけ? それで塗った。



最終的には黒のエナメルでウォッシングして汚します。



汚しちゃうから色ムラがあっても気にしません、、、多分、戦車塗装と同じで分からなくなるはずだから♪



今は、どこに何色を加えるかで悩んでます。



半乾きだった黒いグリップを握ってたので塗装が剥げてますが気にしませんw



結局、こんな風に銀色の上に色を散りばめて、全体の色構成は終了!



あとは、塗料保護の為に、薄く何度も水性クリアーを塗って、それが完全に乾いたら、ラッカークリアーで下地色を侵さないよう塗ります。



面倒くさいのは、同じ色合いで反対側も塗らなきゃいけない事!
同じ事の繰り返しって、やってても、つまんないんだよね、、、、、、、でも、やらないとクリアーに進めない、、、泣  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)バガボンド

2018年04月30日

新たなナーフを塗る

これで何丁めのナーフ塗装なんだろ?

今度の犠牲者は、バガボンドだっけ? 比較的最初の頃に買ってた品だけど、デカいので塗るのが後回しになってた子!
デカいと塗るのも大変だし、ある程度、ナーフ塗装に慣れてからじゃないと、マジで陳腐な塗装になりそうだから、、、、、笑



見た目のデザインは迫力あると思うし、おもしろいカラーリングが出来そうな素材かと。



いつものように、立体的に浮き出た文字が一杯あるので、



全部削り落とす。



ほんで、全体をペーパー掛けをして、



分解せずにサーフェーサーを吹く。



削り落とした部分をチェック。



立体文字が見える部分を発見!



再度削って、



サーフェーサーを塗って仕上げ直す。



文字が見えなくなったら、ホムセンの銀メタのラッカーで吹き付ける。



ギンギンギラギラ♪



で、さすがにこのまんまじゃ、細部の塗装が出来ないから、



分解する♪



グリップやトリガーは黒系で塗り、



分解して未塗装だった部分は銀色をこの後に塗った。



ほんで、バレル風のシリンダーは、黒系の塗料が底を付いたので、インディのメタルパーカーで塗って、クリアーでコートした。



メタルコートって、塗った後に擦ると金属感が増す塗料なんだけど、塗って30分位で上からクリアーを塗ると青っぽくなるのね。
これはこれで面白い色合いなので採用!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)バガボンド

2018年04月01日

新たなナーフガン達

前回からの続きです。

ナーフ1号は一応塗り終えたけど、未だ仕上げに満足が行かず終了、、、てか、中断?



そんな1号を塗装中に、調子に乗って購入した3号4号がアマゾンから届いている、、、、



2号も手つかずで待機してるのに、、、、汗



色々とナーフを調べていると、独創的なデザインの物も多くて、塗り変えたら楽しそうだと思ったけど、1号で手間取ってるし、
どうなる事やら、、、、、



で、この3号は、ドゥームランズ パースエイダーと言う名前の銃で、アマゾンで2700円でした。
縦に4つ並ぶ銃身が斬新で惚れました!  



ハンマーを引いて1発ずつ発射するんだけど、どうゆう仕組みで勝手に次のバレルに入っている弾が撃てるようになるのか?
メカニズム音痴には、まったく分かりませんでしたw



4号は、 ゾンビ ダブル ストライク ブラスターとか言う名前の鉄砲で、一般的なトイガンサイズの大きさかな?
これは、並行輸入品でアマゾンで2980円でした。



NETで見かけた情報だと、並行輸入品のトリガーはオレンジ色で、国内モデルは灰色になっているとか、、
それと、並行輸入品の方がパワーがあるらしく、実際に撃ってみると、若干、弾の勢いが良く、音もうるさい???



てか、、グリップ部分に布が巻かれたように成形されてるけど、、、塗装前提での購入の場合、こうゆう余分な事は要らない!
素直に普通のグリップだけで成形してください、、、布が必要なら、自分で包帯でも買って巻きますww



デリンジャー同様の上下二連のバレルっす。
このデザインなら近未来銃としてではなく、古い実銃ぽく仕上げても似合いそうかな?



そうこうしてる時に5号も届いた!



4号までがハンドガンサイズでしたが、これは長物サイズでアマゾンで4880円でした。
名前はドゥームランズ・バガボンドと言うナーフガンです♪  ナーフの鉄砲の名前って覚えにくいけど、バカボンドは覚えた!w



1号は塗装の最終仕上げの壁にぶち当たり、2号は手つかずで、更に3号4号5号が届く、、、ちなみに5丁合わせると、
総額で13879円でした、、、、普通のガスハンドガン1丁と同額? でも5倍、塗装できる、、、、笑