アクセスカウンタ
< 2020年11月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人
オーナーへメッセージ




ヤフオク新着メール登録はこちらから

2020年06月08日

VSRガンケース購入2

前回のブログで掲載したガンケースに本体や付属品が全て入ったので、再び、アマゾンで同じ大きさのガンケースを購入!

遠近法で手前の新たに購入したガンケースが異様にデカくみえるけど同じ大きさです。



最初に買ったのは無印品でしたが、今回のはUFC製みたい。



つか、、シール要らないので即座に剥がした(笑)



で、ライト型スピーカーを搭載した黒いガンサウンドを入れようとしたけど、このままだと、スコープ上のドットサイトが飛び出るので、



パイポットを外してVSRを少し斜めにすれば収納できそうでしたが、、、



蓋が閉まらない!



そりゃそうだよね、、、スコープの両側面にスピーカーや受信機が付いたままでは厚みがあり過ぎるw



ライトケース型の受信機を外して、、、



ここまで分解すれば蓋も閉じるけど、、組み立てるのが面倒くさいし、、、



ライト型スピーカーが細くて、マウントリンクに合わせる為に黒く巻いたビニールテープが劣化してるし、イマイチ気に入らない!
この黒モデルは後回しにしよっと!



つう事で、このガンケースには、このGスペック外装のガンサウンドを入れます。



トリセツや受信機も収納して、いつでも出品できる準備を行います。



スピーカーは、この小型なのがいいかなと? トリセツも残っていたし♪



こんな感じに接続すれば音が出ます。



うん、いい感じ?



今回の3丁は受信機側の電池は全て新品にしたけど、ストック内の送信機側のボタン電池は古いままなので、
買い置きしていた新品ボタン電池を8個ずつ同梱しときます。



で、、先ほどのスピーカーでガンサウンドテストしたら音質悪い! これはテスト用には使えるかも知れないがメインでは駄目だな。



よって、大型のスピーカーをお付けします!



デカいけど、、、、



ガンケースに入ればいいよね?



スポンジそのまんまだと強く蓋を押さないと閉じないけど、スポンジを切れば楽々収納できるかも。



音質の悪い小型スピーカーも同梱しています。



気分はスナイパー!



うし、これで2丁の収納は終わった。
残りは黒いガンサウンドだけだな。。。。。  

2020年06月04日

3丁のガンサウンド

場所を取るヘンロン戦車が一気に放出できたので、次なる大物はVSRかな?

全部、新次元のガンサウンドだけど、手元に残すのは1丁のみで、他の2丁はヤフオク行きかと?



一番、ノーマルに近いガンサウンド、、、ストックを塗ったくらい?



本来の新次元のガンサウンドモデルはGスペックモデルで銃身が太くてサイレンサーが付いてる上のオレンジストックなんだけど、
この黒モデルは普通の長い銃身で、銃身の先には光るハイダーが付いており、



スコープ型のスピーカーが付いてる、音とマズルフラッシュが可能な1丁です!
どこで撃とうが前方から銃声が聞こえて大変にリアルです。



で、こいつも細い普通の銃身仕様に変更して、簡単に着脱できるサプレッサーを付けたモデル。



受信機側の電池を3丁共新品にして動作チェックしたところ、3丁共ガンサウンドに異常なし!



やっぱ、手元に残すのは、このマズルフラッシュ&スコープ型スピーカーの付いた黒モデルかな?
見た目は一番気に入らないんだけどね(笑) 見た目は隣のオレンジストックがお気に入り!



このストックもお気に入り! お気に入りの2丁がヤフオク行きかな?
ただ、そのまんま出しても不人気なガンサウンドなので、、



高価ライフルモデル仕様にする為にガンケースを新品で買った!
ケースの中にそれっぽく収納して高値で売るつもり、、、だって、音の出るVSRは希少だよ?   

2017年10月19日

新次元を直す

戦車ばかりで飽きたので、前回のブログで中断していた新次元に再度トライする事にしました。

音の出ないガンサウンドシステムを簡単に調べたけど、原因が分からなかったので、今回は徹底的に調査する事にしました。 
前回取り外した送信機は、その後、黄色のストックに入れていましたが、その送信機を再び取り出して調べます。



前回はシールの貼られた未使用と思えるボタン電池が付いていましたが、シールを剥がしても音が出なかったし、
正常に機能していた別の新次元の電池を入れても音が出なかったけど、今度は、新しく購入したボタン電池を入れて端子を針金で繋いで、
電池BOXのフタを連打したら音が出た!



謎です! 前回は正常に機能していた別の新次元の電池を入れても鳴らなかったのに?? 謎だ??
でも、まぁ、、音が鳴るのなら問題ないと思いストックに組み込んだら、やっぱ、音が出ない! どうなってるんだぁ、、こりゃ?w



再度、レシーバーをストックから外して、、



ストック内部から出ている配線に再び針金を入れて、、



ストック内の電池BOXの金属製の丸いフタを連打! うん、ちゃんと音が鳴るじゃん!



と言う事は、トリガースイッチ周りがおかしいのかと、、、ただ、、この辺は見ても分からないんだよね、、、汗!
以前に同様のトラブルを経験した時は、微妙な端子の変形で導通できなかったので、、、つか、、まずは、端子まで電気は来ているのか?



二つの端子の間に、鉄のレンチを入れて電気が通電しているようにして、電池BOXのフタを連打すれば音が鳴った!
ただ、レンチを外して左右の端子を接触させても音は鳴らず、、、何度か微妙に曲げたりしてたら、、、ついに音が鳴った!
新次元の端子って本当に繊細!(笑)



慎重にストックにレシーバー類を入れてネジを締めても音が出る! 5~6回、トリガー引いても音が出るので、
最後に、ゴルフクラブのように、部屋で何度か振り回してみたけど、それでもちゃんと音が鳴った!
微妙な配線の接触不良やスイッチの接触不良なら、ぶん回せば音が出なくなるかと思ったけど、、これで、安心して良さそうです♪



と言う事で、ついに我が家の新次元VSRは全部で3丁になった!
全て音の出る完動品です!  (つか、どれもBB弾を入れた事が無いので、弾が飛ぶかは未確認ですけどw)



ヤフオクで出品される新次元は音が鳴るか未確認の物も多いし、つか、我が家の1号機だって最初は音が出てたけど、
いきなり鳴らなくなって直した事がある位だから、非常にシビアなオモチャですよ、、これ(汗)



我が家の場合だと、スイッチ部分の端子の接触不良が一番多いトラブルですね、、、ストックを外したり付けたりする時に、
スイッチの端子がストックに当たって変形させてるのかもね、、、なるべくストックは外さない方が良さそうだな、、、オレw
最後に、忘れない為にメモを残しておこっと♪



自己流・自分メモ「音が鳴らない時の基本チェック」
1.送信機+受信機の電池を新品に入れ替える。
2.ストックからレシーバー類を取り外し、トリガースイッチから延びる赤い接続端子を外す。
3.その赤い端子の左右の穴に針金を入れてスイッチON状態にする。
4.ストック後部の電池BOXのカバーを開けて、中の丸い金属板を指で連打する。
5.それで音が鳴れば、針金で接続したコードより先の、トリガー側に異常がある。
6.トリガースイッチの2つの金属板の間に金属を入れてスイッチON状態にして「4」の動作を行う。
7.それで音が鳴らなければ、赤い端子からトリガースイッチまでの配線コードやハンダ部分を疑う。
8.「6」の状態で音が鳴る場合は、二つの金属板の接触面が微妙にズレているので微調整で直る。
  金属板の変形が怖い場合は、ストックの脱着を行わなければ、多分、変形はしないと考えるw
  

自己流・自分メモ「マルイガンサウンドの仕組み」
1.トリガーを引いて、トリガースイッチの左右の金属板が接触しただけでは音は鳴らない。
2.トリガースイッチの左右金属が接触した時に電池BOXに振動が同時発生して初めて音がなる。
3.よってプロハンターGは、リアルショック機能の付いたGスペックになっている。

自己流・自分メモ「他の長物への流用」
1.タナカのM700などリコイルが発生しない銃には加工して装着してもリコイルが無いので音は出ないはず。
2.逆に、ガスブロでリコイルするような長物にはトリガースイッチを自作すれば取り付ければ流用は可能と思える。
3.似たようなトリガースイッチはラジコン用パーツで市販されている。
4.ちなみにマルイ純正のガンサウンドパーツは以前に問い合わせた時は在庫なく全て修理対応と言われた。
5.流用する場合は、ストック内に送信機が入る空洞タイプなら簡単だと思う。(M16とか?)
6.ただし、フルオートには使えない。 (トリガーを1回引いたら1度鳴る仕組みなので、ずっと引いても続けては鳴らない構造)
7.ちなみに、送信機側の左右の端子に針金など入れて通電させた状態で、電池BOXの金属製フタを連打すると、
  バッ、バキュ、バっ、バキューン、バキュ、バッと単発音が指の速度に合わせて鳴るけど、、とても変!(笑)  

2017年10月13日

新次元の修理

前回からの続きです。

14500円で手に入れた新次元に必要となるパーツ一式、、組み込んだけど、音が出ない、、、世の中、甘くなかった。
でも、今までに2丁の新次元で、同様のトラブルを直して来たので、なんとかなるはず。



受信機は、新品電池を入れて、スピーカーに繋げば普通に音が出るので問題無しと判断。
出品者さんからの情報だと、新品を動作テストもなく、バラして販売したとの事。



受信機には異常が見られないので、次は、取り出すのが面倒くさいストック内の送信機をひねり出す、、、、笑



送信機内部のボタン電池を調べたら、新品の絶縁テープも貼られており、そのテープのせいで音が出なかったのかと思い、
これなら、簡単に問題は解決すると、早速、テープを剥がして送信機にセットした。



次に針金を用意して、



送信機の端子に入れる!
これで、配線は繋がったままになり、



最後に送信機の電源を入れて、電池カバーを開けて、内部の電池の後部の丸い銀色のカバーを指で連打。
そうすれば、正常なら、音が出るんだけど、まったく反応しない。他の正常な新次元から電池を抜いて入れ替えても音が出ない、、、、、、汗!
こりゃ、原因調べるのに時間が掛かるな、、、、、しばらく放置決定w  

2017年10月12日

買ったど、、、、

久しぶりのVSRネタです。

ヤフオクを散歩してたら、このマルイ純正のウッド風ストックがスタート価格7000円で出ていた。
純正ストックの相場からしたら倍近くのお値段。



ただ、違うのは、これ!



新次元のストックで、送信機内蔵!



受信機も付いており、出品ページには、「作動させるには別途トリガースイッチユニットが必要です」と記載があり、



その人の出品物を調べると、スタート価格3000円でスイッチ付きのトリガーユニットも売りに出ていた。
両方足して1万円のスタート価格でしたが、競合もいたので、合わせて14500円で落札となった!



でも、これで手持ちのVSRが1本、新次元に変身できると思えば、まっ、お買い得な品かと♪



早速、レシーバーやバレル類は、以前に新次元モデルに付いていた、このガンサウンドでは無い赤ストックとニコイチにする事に。。



レシーバー部分をストックから取り外すと、普通のトリガーユニットが顔を出し、、



それをスイッチ付きの今回GETしたトリガーユニットに付け替えた。



そして、送信機内蔵のウッド風純正ストック内の配線と繋いで、普通のガンサウンド仕様の新次元になった。
でもさぁ、、、、音が出ないんだよね!
受信機側は音が出るので、送信機側か、トリガースイッチ側に異常がある。
出品者の方に問い合わせると、新品をバラして出品しただけなのでメーカーに相談してくれと、、、汗!
部品でバラバラにされた品をメーカーで保証してくれるのか? そんな訳ないじゃん、、、世の中甘くはなかった、、、泣
  

2017年06月24日

キャッチボタンは接着

VSRのストックは全部、ウレタンクリアーで塗り終わり、磨き上げも終わりました。

中身の無いストック達は、いつでも、本体と組み合わせて、その日の気分で見た目の色合いを楽しむワケですが、
付け替えを、より簡単にするには、マガジンキャッチもストック内に外れないように組み込めばいいと、、



色々と考えた結果、一番簡単な接着対応にした(笑)



瞬間接着剤で、まずは、スプリングをマガジンキャッチの突起部分に接着して、



ストックに組み込んでから、スプリングの反対側をストック壁面に接着♪



これで、中身の無い状態でも、キャッチボタンを無理に奥まで押さなければ外れなくなった。
ストック内に本体を組み込むには2本のネジの脱着だけで、その日の気分に合わせて違う色のストックを装着できます。
ネジを4本外さないとグリップ交換出来ないデトニクスやガバよりも簡単♪



で、買い置きのキャッチボタンASSYは、残り3個あるので、



先日、二液ウレタンクリアーを再び塗って研磨も終わった青ストックを取り出す。



何度もウレタンクリアーを塗ったので光沢は問題無し♪



マガジンキャッチを接着!
つか、、気にしてなかったけど、ストック内部、汚いなぁぁ、、、、汗!



キャッチボタンの動作チェックも終えて、わざと外すつもりで押さない限りは、ポロッと取れる事は無い。



青ストック終了♪



同様に黄色ストックや、



白ストックにも装着!



残り4本の中身の無いストックがいたので、ヤフオクでマガジンキャッチを探したら、1944円の即決価格ばかり、、、、、汗!
以前に買い揃えた出品者様は、500円前後だったので、その方が再度ご出品したら、まとめて購入しようと思います。



本当は、各ストックに本体が組み込まれていれば一番ラクですが、撃ちもしないVSRをそんなに増やしても意味無いし、、、、
その日の気分で、容易にストック交換できれば満足です♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ガンサウンド3号

2017年06月14日

ウレタン塗装開始

前回からの続きです。

塗装ブースに扇風機や空気清浄機を増やした環境で、いよいよ塗装スタート!



使い切りタイプの缶スプレー1本で2本のストックを塗り終えました。



塗りっ放しで、皮膜は少し荒れていますが、乾燥後の研磨で修復可能。



大量にクリアーが塗られているので濡れたように艶々な光沢です。



ただ、表面にはゴミの付着や、塗装粒などもいくつかあるので、塗りっ放しの状態では艶があっても見た目はNG。



毎度の事ですが、乾燥したら地道な研磨作業が待ってます。



今回の塗装は、扇風機効果か、ベッドの置いてある部屋の方には粉塵がほとんど届かなかった。



ただ、反面、ブース側の空中に粉塵やゴミが舞っているせいか、画像では分からないけど、細かな付着物が多い気がする。



まっ、ひと皮、ふた皮、研磨で剥いてしまうので問題ないかと。



白ストックの方も透明皮膜が増していますが、画像だと分かり難いかな?



こっちは、やはり画像では分からないけど、黒や灰色の埃が目立ちます。



まっ、、ライフルのストックだし、細かい事は気にしない♪



そんなの気にしてたら、このステッカーの貼りミス、、、致命的やんか!
パッと見は綺麗だけど、長年使い込んで、各部にアラが一杯なストックと言う位置づけで問題から脱出!(笑)



これで一応、缶スプレーの中身を90%くらい消費しました。



残りの10%は、後日、研磨した後に部分的に補修が必要になる場合があるので、いつものように冷凍庫に保存しておきます。



これにて、まだ、未塗装のVSRストックの残りは2本となり、1本は新品黒ストックで、これはノーマルのまま保存して、
塗装するのは残り1本のみ、、、



せっかく、扇風機や清浄機を追加して塗装環境が整っているので、急遽、残り1本のストックも塗っちゃおうと思います。
そのストックは実験を兼ねて、スピード仕上げで、一気にウレタンまで行く予定♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ガンサウンド3号

2017年06月13日

ウレタン塗装準備

さてと、ウレタンクリアー待ちの2本のストックをボチボチ塗る事にします。

毎回、部屋中が粉塵だらけになり、やっと、綺麗になりかけた頃に、次なるウレタン塗装がスタートして、再び、粉塵だらけ、、、汗!



今回は、そんな粉塵対策として、まずは、塗装エリアにあるトイガンとかを新聞紙でカバーして、



そして、扇風機を移動して、



空気の流れが塗装ブースに行くようにして、



そのブースには、ブース用のエアダクトと空気清浄機に空気が向かうようにして、



更にベッド横にあった、もう一台の空気清浄機もブース横に置いた。



まっ、こんな感じで空気が流れれば、とりあえず、ベッドの置いてある部屋側への粉塵は抑えられるかと?



後は、二液ウレタンクリアーで2本のストックを塗ります。



今回は、缶スプレー1本で2本のストックを塗る予定ですので、かなり厚塗りになるかと思う♪  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ガンサウンド3号

2017年05月29日

昭和レトロなストック?

前回からの続きです。

タトゥーシールの上にラッカー系のクリアーを吹き付けました。



まったく問題なく塗装出来ました。



自動車用のステッカーと違い、シールの厚みが薄いので、いい感じです♪



最終的には二液ウレタンのクリアーを過去最大レベルで厚塗りして研磨すれば、透明皮膜の奥の方にお花模様があるって感じ?
そんな風に仕上がればいいなぁーと♪



まっ、やってみないと、どうなるか分かりませんけど、、、、笑!



発射機能の無い外装キットと組み合わせてみました♪



センスの問題だけど、、なんか和風っぽい、、、つうか、昭和のイメージ?



こればっかは仕方ないべさ、、、、泣!



タトゥーシールは一杯残っているので、ライフルのストックだけじゃなくて、ハンドガンのスムースグリップなんかにも応用できそう。



とりあえず、後は、そのうち二液ウレタンを塗るとして、見た目のイメージは完成です。
ストック名は、、、、、



花と蝶!(笑)  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(2)ガンサウンド3号

2017年05月27日

タトゥーシールの続き

前回からの続きです。

テストで貼ったタトゥーシールは、なんとか使えそうな予感がしたので、



いろんな部分に、いろんなシールを貼ってみました。



下地の塗装被膜を平面まで磨いていないせいか、貼り方が悪いのか、部分的にシールがデコボコしてるけど、
水を吹き付けて、出来るだけシールを伸ばしています。



後は数日間乾燥させてから、クリアーでコーティングするんだけど、、シールは溶けたりしないのだろうか?
プラモのデカールと同じであれば大丈夫なはずですが、、一応、人体に貼るシールなので、



要らない板で同色のイエローに塗ったのがあったので、そこに、余っていたシールを貼り、まずは、ラッカークリアーで実験!
どんな時もそうだけど、最初は薄くスプレーして、下地やシールを薄い皮膜で覆います。



ある程度、薄塗りを重ねてから、一気に厚塗りしましたが、シールが溶ける事はありませんでした。



ついでに、以前のブログで掲載した二液ウレタンの艶消しクリアーが、まだ、わずかに液が残っていた!
前回から1週間近く経過しており、更に、冷凍保存もせず、室内保管でゴミに出す予定だったものですが、これを試しに塗った!



結果、大量のダマみたいな噴射で、綺麗に塗るのは無理だったけど、乾燥後に削れば使えるレベルかも?  

Posted by 塔四郎 at 12:00Comments(0)ガンサウンド3号