アクセスカウンタ
< 2013年01>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 26人
オーナーへメッセージ




ダイレクトメッセージ      お座敷掲示板専用スレ      ヤフオク全出品リスト



2013年01月31日

下染めMP44

前回からの続きです。

黒塗料の剥がしも無事に終ったので、いよいよブルーイングです! いくつかのブルー液を取り出して、まずは、小物から染めていきます♪



いくつかのブルー液で、亜鉛パーツのマガジンキャッチを染める!



どの液が、どんな色になるか試しながら塗っては磨いてを繰り返す。



マガジンキャッチの反対側も同様に染める。。  まぁ、下地染めなんで、こんなんでいいか?



鉄製のマガジンは、ブルー液を塗った途端に、青々しく染まって気持ちいいです。



てか、、、マガジン下部の側面が銀色のままになっていますが、、これ、、材質は何? どのブルー液でも染まらないっす!!



ほんで、全部、染めました。  ブルー液は2倍に薄めた物と原液をテッシュに付けての塗り込みです。



まだ、一度塗りの状態でススもありますし、、汚い!  



この後に、磨き出しと重ね塗りを何度か繰り返して、仕上げて行く予定です。



どんな色合いで完成とするのか、、現時点では不明です。
恐れていた、亜鉛と鉄の素材の違いによる染め色の差は、現時点なら違和感は無いな、、、ほっ♪  

Posted by 塔四郎 at 23:09Comments(4)◆マイカスタムMP44

2013年01月31日

さびてんねん完成?

前回からの続きです。

削って、再度、B液を塗った4時間後?



なんていうのかな、、錆びて、朽ち果てたような仕上げには向くかな、、この塗料!



下のボロボロになった実銃画像のような感じをトイガンで再現するには適してるけど、、、



ここまでボロボロなコレクションを、わざわざ、トイガンで作る気は、、、うぅぅ、、、、無い!  

Posted by 塔四郎 at 10:18Comments(16)◆マイカスタム

2013年01月30日

銀色のMP44

前回からの続きです。

カンペの剥離剤のお陰で、裸にされたAGMのMP44です!



銀色でテカテカしてるのが鉄で、白っぽいのが亜鉛です。



ここまで準備が出来たら染めたくなるね!



亜鉛は剥離剤で塗料を落としたので艶消しのまんま、、これは、スチーツウールで磨いて艶出してから染めます。



グリップ部分は出来るだけAGMの黒塗料を残しています! だって、金属地肌を出して金属プライマーを塗って、それからグリップを
上塗りするよりも、このAGM黒塗料を残して、剥げたとこだけ黒塗りした方が皮膜強度ありそうだなーと思ったので♪



この日の休みは、ここまでの仕上げで、染めは次の休みに行う予定だったけど、、せっかく、早く剥離出来たので、一気にブルーイング
まで行っちゃいます!  てか、、ブルーイングは、塗った当日と数日後では若干色合いが変わるし、最終的な仕上げを次の休みに♪



ただ、こんだけの面積にブルーイングするのは初めてで、手持ちのブルー液で足りるのか不安だし、それ以前に思ったような感じで
染まるのか? どう見ても、ドブ漬け出来る大きさじゃないし、、亜鉛と鉄部分の染めた色は同じに出来るのか、、未知数な事ばかり、、汗!

我が家の家訓! 「やらずに悩むより、やってから悩め!」 いざ、、出動!!!ww  

Posted by 塔四郎 at 22:26Comments(6)◆マイカスタムMP44

2013年01月30日

MP44のプラスネジ

カンペの剥離剤で順調に下地出し作業が進みそうだったので、剥離待ちをしている間に気になっていた部分をイジろうかと♪

そう、このプラスネジ! ストック後部に全部で4つあるんです!  これをマイナスネジに変更しようと1週間前にホームセンターを
ハシゴしたけど、マイナスネジは、どこも売っていない!



だったら、作ればいいじゃん!
ネジ頭の塗料を落として、、余分な溝をパテ埋めすれば、マイナスになるじゃん! 
こんな小さな溝を埋めるのは簡単だし、、オレって天才と思ったんですが、、





でも、、何かが違うよね、、、これ?



そうかぁ!!  マイナスネジは、ハジからハジまでの一本線にしないとイカんのかぁぁ!!!
で、ヤスリやら、ルーターの砥石やら、ノコギリなんかも総動員して、、マイナス溝の延長工事! (やっぱし、オレって馬鹿だった、、、笑)



その延長工事が想像以上に大変な作業で、、(合うサイズの工具がない、、鉄が硬い、、埋めたパテが欠ける等・・・)



2時間近く掛かって、、やっと1本のネジが完成!



で、取り付けてみたけど、溝が浅いので、ネジ山を舐めそう!!
ヤフオクになら、似たようなネジが50本とか100本単位でなら売っているけど、そんなに数は要らないから自作したワケですが、、、
加工する手間隙を考えたら、やっぱ、落札してくるべ! そして、MP44に無事に違和感なく取り付けられたら、残ったネジはヤフオクで、
「AGM・MP44用、ストック部分のマイナスネジ4本ゼット、、、600円」で売ると、、ぼろ儲け??  (面倒くさいから、やらないけどww)  

Posted by 塔四郎 at 17:55Comments(10)◆マイカスタムMP44

2013年01月30日

さびてんねん実験

さびてんねんの実験の続きです。

前回は、鉄粉液が簡単に剥げたので、この遠い昔に錆びた鉄粉をクリア塗料の上にまぶして貼りついてるスタームルガーを生贄に再実験!



実験ですので、銃の片面だけに、さびてんねんのA液(鉄粉配合液)をハケ塗りしました。
元々の錆びた鉄粉が貼りついているトコが茶色くなって残っています。 (A液だけでは錆びませんのでお間違えなく)



こんだけ塗っておけば、剥げてもOK??



で、それから1週間後、、完全にA液は固まったはずです。



塗って数時間後だと簡単に、、指で触っただけでも、ポロポロと剥げ落ちたA液部分ですが、、、、



1週間経過してもテッシュで拭けば塗料は落ちるし、、指で強くゴシゴシすれば、全ては無理でも剥げ落ちそうな喰い付きの弱さでした。



まっ、大量な鉄粉と思える異物が混入されているワケですから、塗料としての喰い付きは悪くて当たり前なのかと思うようになりました。
でも、表面が錆びれば、錆が結合して、それが皮膜自体の強度を上げるのかとも考えられるし、、とりあえず、B液(錆びさせる液体)を塗る。



6時間後かな? こんなになった!
確かに、見事に錆びました!



テッシュで拭けば、錆びは落ちるけど、、まっ、これは、普通に鉄金属が錆びていても同様に錆びは色落ちするので無問題!
肝心のA液自体の皮膜は、やはり、錆びる前よりは強固な感じになり喰い付いています。



ハケ塗りで鉄粉塗料が厚塗りになっているし、厚みにデコボコがあったので、細かめのスポンジやすりで表面を削ってみました。




削る事によって、A液皮膜を少し薄くさせてから、再度、B液を塗って、、しばらく放置、、、、(次号へ続くww)  

Posted by 塔四郎 at 09:28Comments(0)錆び加工

2013年01月29日

恐るべしカンペ!

前回からの続きです。

水性の剥離剤では、まったく塗料が落ちなかったMP44のハンドガードに市場から姿を消しつつある塩素系の剥離剤を塗った。



1時間後、期待してたような、簡単にボロボロを落ちる感じではなかったけど、真鍮ブラシで擦れば、こんな感じで塗料が剥がれた。
金色ぽくなってるのは、真鍮ブラシで擦ったからです。



簡単にハブラシで擦れば落ちるって程にはならなかったけど、、まっ、、以前の剥離剤よりは全然いいので他のパーツにもスプレーした!
すると、、あれ??  明らかにハンドガードの時と違う! 塗った瞬間にブツブツの量が膨れる??



3分も経っていない状態でハブラシを当てると、ヌルッと簡単に黒塗料が取れる!!!
これですよ、、これ! この強力感を待っていた!
落ち難かったハンドガードはスチール製で、簡単に落ちるのが亜鉛製でした。 鉄製のハンドガードは、そのままバレルにバチンと挟み込む
タイプなので、落ち難かったのは、もしかして焼付け塗装なのかも知れん! (適当な推測) 
でもって、作業に熱中してると、手が焼けるようにヒリヒリして来た!!  おぉぉ、、飛び散った履剥離剤で、火傷のような痛み! 
これですよ、これ! その痛みこそ、、地球に優しくない証明です! (確かに危険だろうな、、幼いお子さんが居る家とかだと。。)
  

Posted by 塔四郎 at 22:17Comments(6)◆マイカスタム

2013年01月29日

MP44剥離準備

同じく、休みに届いたブツ!

この時のブログでぜっぷさんに教えて頂いたヤフオクストアーで落札した品です。
落札金額は600円でしたが、別途消費税と、支払い方法にヤフー簡単決済がなくて、商品代引きとなった為に、
結局、総額で2053円と言う金額になってしもうた、、、、汗!



使うのは、T8サイズの位だと思うと、高い買い物だなぁ!!!
で、早速、MP44のグリップ下のネジを外しました。



研磨によって黒塗料を落とした、このパーツも、外せば、剥離剤をベタベタ塗れるので、磨き落しが終ってないトコも綺麗に落とせる!



ほんで、未研磨の反対側のパーツを取り外して行く!  てか、、こんなにバラして、後で、ちゃんと組み立てが出来るのか、、私、、、汗!



笑えるでしょう! この、見事までな、均一黒塗装! ゲームなどで実戦に使うなら、この外装でもいいけど、お座敷鑑賞派の私には、これはNG!



メガボって言うんでしたっけ?  こんなの今まで外した事ないっす!



さて、これで、カンペの剥離剤を使う下準備は整いましたので、いよいよ、、剥離開始ですよん!
お楽しみに♪  

Posted by 塔四郎 at 11:51Comments(4)◆マイカスタムMP44

2013年01月28日

カンペ塗料はがし剤

27日の休日に届いた、待ちに待ったカンペの剥離剤です。

スプレータイプは初めての購入です。



同日、他のお店に頼んでいたハケ塗り用も二本届きました。



先日のブログでなかなか売っているところが少なくなったとお伝えした、地球に優しくない塩素系の剥離剤ですが、まだ、探せば、手に入る。



早速、剥離剤待ちだったMP44のパーツ類に、今回は、スプレータイプの物を使用して、剥離したいと思います。
水性タイプでは、まったく剥離できなかった、このハンドガードも、塩素系なら剥がせましたよん、、委細は近日ブログしやす♪  

Posted by 塔四郎 at 22:15Comments(6)◆マイカスタム

2013年01月28日

タングステン粉末

ないとさんから頂いたタングステンの金属片!
この機会にちょっと調べてみたら、ありますね、、
粉末タイプの市販品が!

ゴルフ用かぁ!!  盲点でした!




500グラムで税抜き価格が5000円だから、1グラム10円!!
以前にヤフオクで買ったタングステンのオモリよりは安い!
今回見つけたゴルフ屋さんだと、鉛のウエイトパウダーも売っています。
700グラムで税抜き2400円と、グラムあたり3.4円って感じですね。
鉄粉だと、アマゾンで実験用が500グラムで1500円(グラム3円)
ずば抜けて、タングステンはお高い!!!



てか、、タングステンって、いわゆるレアメタルの事なんですね!
重いのが好きな私ですけど、1グラムに10円の投資は、、やっぱ、、、無理です!
再び、貴重な材料を恵んでくれた、ないとさんとあじゃさんに感謝致します♪  

Posted by 塔四郎 at 11:25Comments(6)◆マイカスタム

2013年01月26日

届いたブツ第二弾!

すみません、すみません! 今年は鉄砲購入自粛と宣言していた私です!

それなのに、この前は、中古のエンフィールドを買ってるし、、、






そして、、、また、、、汗!







6丁めのMP40!




マルシンのABS組み立てキットを完成させた中古のM40モデルガンです!





あっ、、痛い、、石、、投げないで!!


だって、、1万円ちょっとだったし、、、






発火用が欲しかったので、、、汗!




いいの!!  私のお金なんだから、、いいの!!  ほっといてチョーダイ!!  笑!



ABSはブルーメタル調に塗られた発火済みの中古品でした!
まっ、内部は綺麗に清掃されていたし、未使用カートが5発付いて10600円でした。。。



すでに、所有してるABSモデルガンは黒基調な色だし、ハンドガードも黒だけど、、この子は濃紺基調の茶色のハンドガードです。
よって、ABSモデルガンで同じ物が2丁になりましたが、色が違うので別物です!



てか、、もしかしたら、マルシンのキットって、グリップもハンドガードも茶色が正規なのかもね!
最初に手に入れた黒い方は塗りだったし、、まっ、、中古は分からん。。



それと、キットモデルって、ここに刻印がないって聞いてたけど、、あるやん、、、これもよく分からん、、、笑!



ついでに、バラシて計測すると、、



合計で2415グラム(カート無し状態)でした。  マルシンのホームページだと2300グラムと書いてあるけど??  まっ、、いいか!



カートは5発入りの未使用が一箱、銃に付いて来て、 画像に写るもう一箱は、出品者様が同時出品されてたのを落札!



今、我が家では、先にGETしてた一箱を入れて、これで三箱、、15発の発火用カートをGET!
フル装弾が32発だから、、あと20発は気長に安いの探します!



ちなみに1発の重さが9グラム、、、32発なら288グラム、、マガジンにフルロードすれば、結構重くなる!!!!
一応、発火目的で購入しましたが、発火は、32発揃うまでは我慢です!  10発くらい撃っても、すぐ終っちゃうし、、、♪



ほんで、一応、、青く塗られていたけど、、イマイチな気がしたので、スプレーで青組を塗って、艶がでるまで研磨し直した!



下地に銀色塗った方が絶対に金属感が出るんだけど、、まっ、、発火専用のMP40ですので、、これでいいや♪ 



鉛ウエイトも入れる予定なし! 撃って遊ぶのに、重さは、要らないような気がするし、6丁あると、どれがどれだか分からないので、
一番軽いのが発火用だと分かり易くする為にも、、このまんまで、、OKです!☆
MP40集めは、これにて終わり! あと、もし、増えるとすれば、金属製のガスブローバックが新発売された時でしょう!  待ってます!!